これからどうしようかなー。

英語の勉強には終わりはなく・・・っていうか、人生、学ぶということに終わりはなく、生きてる限り知らんこととの出会いの連続ですね。

もうすぐ今期も終るということで、サイマル、今度の月曜は最終面接というのがあります。4月からも今の実践英語というネイティブの先生による週に2回のクラスをとりつづけるか悩んでいるところです。1つは、学費がなかなか高いってこと。今回、3割引がゲットできる作文というのに挑んでみました。400字以内で「私がサイマルで学んだこと」というのを書きました。この短さで思いをまとめるのは、難しかったなー。

それから、何か他の形で勉強ができないかと方向を探り始めてます。
たとえば、「翻訳」のクラスとか。「とか」って書くと、とっても翻訳をとってる方にシツレイなのかもしれませんが、本当に自分がこれからどうしていったらええのか、何が向いてるんか、ようわからんのです(;oo;)去年、通訳入門クラスをとってみて、とても役に立ったし、司会の仕事や歌を通じて考えている「日本語」というものと、今、学んでいる「英語」というものの間に、掛け橋がかかったって感じやったし。

通訳クラスってのは、もっと上のレベルでないと入れないんですね。私はちなみに7段階の5というレベルで、通訳クラスに入るためには、7でないといけなくて、しかもテストにうからないとダメなんだそうです。翻訳クラスは4というレベルから入門クラスに入ることが出来て、でも、課題を出して提出しないといけないんだそうです。翻訳のクラスを受けた人に聞くと、一冊の本をまるまる訳したとか、今の私がやってることからしたら、とんでもない量の作業が必要なようで、ちょっとおぢけづくところもあるんだけど・・・。でも、今、私は時間があるわけで、いつも授業の予習とかで色々調べることは、しんどいけど楽しいし、この機会に何か違う勉強の仕方でのぞんでみるのもいいかも・・・と思い始めてます。まだわからんけど。

で、翻訳のクラスの見学というのを申し込んでみました。
今度の土曜の午前のクラス。どんなんかなー。

それからもう1つ。ある翻訳のワークショップというのに申し込んでみました。これは課題を期間内に訳して提出して、たった10人だけが受けられるというものなので、私には、おそらくムリやと思うけど(^oo^;)それでも、あこがれの翻訳の先生が教えられるというので、ダメで元々、これも経験、いつかまたもっと実力がついてちゃん勉強できる日を目指して・・でもいいから、やってみようと思ってます。・・・あかんと思うけど(^oo^;)(^oo^;)


**************
で、今日はサイマルだったんだけど、放課後、こないだから借りてて、なかなか読み進まないカポーティさんの本を読んでました。読みながら「もしこれを翻訳してって言われたらどう訳すかなー」と思いながら。そしたら、もう、あーた、えらいことです(^oo^;) だって、一語一語ずつ辞書をひきたくなるんだもん。今まで知ってるつもりの単語もここでは違う意味かもしれない、こっちの辞書にはこう載ってるけど、もしかしたら珍しい意味なのかも、隠喩なのかも、英英辞典とどう違うんやろ・・・と、もうキリがないのだ。でも、きっと翻訳するってことは、こういうことなんかもなーなんて思いました。英語の辞書だけじゃなくて、百科事典とか、専門書とか、ありとあらゆることを調べながらすすめて行くんでしょうね。通訳だってそういう仕事だと聞いたことあるし。根性いるなー。

そうやって一語一語に疑いを持って、細かく調べてしまう・・・ということをしながら、一方では、私の耳にいつも先生から言われる言葉が聴こえてきます。「ぶたこ、一語にこだわったらダメ、コンテクストよ、内容。前後の流れ、状況から考えるの。その言葉自体の意味にこだわってたら、いつまでたっても理解できない時が多いのよ。1つの言葉でも、いくつもの響きがあるんだから。文字としてもだし、響きとしても。言い方によっても全く反対の意味こともあるかもしれない。その場の雰囲気を感じなくちゃ。背景をわからなきゃ」と。

そう、細かいことにこだわってると、全体が見えないということもあるんですよね。


こんな風に書いてると、私が基本的な意味は知ってて、それより上のレベルで悩んでると誤解を受けそうですが、今日読んでて、もうめっちゃ基本的そうに見える言葉も全然知らんもんなーなんて落ち込んでしまいました。もっともっと本を読まんとあかんなー。っていうか、訳そうと考えた時に適切な日本語が浮かばないというのは、日本語の本も足りない。でも一日の時間は限られている・・・・。あせっても仕方ないねんけど、自分はもう中年だ(^oo^;)(^oo^;)


・・・とこういう風に心の中で思いをめぐらせながら、本を読んでいたのでした。

ティファニーがやっと半分を越えました。明日とあさって時間があるし、月曜はサイマルの授業がなくて面接だけ。予習しなくていいので、金曜と土曜で本を読む時間をいっぱいとりたいなぁ。


私って、何をやりたいねんやろ。私って、どこに向って行くねんやろ。
私のこれからの人生どんな風になるんやろ。まだこれから新しいことやり始めるんかな。
そんなことも可能なんかな。

こう雨が続いたりすると、こんなことを考えてしまいます。
[PR]
トラックバックURL : http://butako.exblog.jp/tb/4163628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by funfun at 2006-02-19 22:54 x
ぶたこさん、ごぶさたしています。でも、とっても元気ですから、安心してね~。

わたしも、4月からの学校選び、またまた、迷っています。残念ながら、うちの近くにはサイマルはありません。秋に、体験レッスンを受けたのは、インター。その時、受けたレベルチェックテストが、まだ有効なんだけど、わたしが受けたかったコースは、今回は開講されません。英語専修Ⅲっていう、通訳/翻訳の基礎訓練コースが受講可能なんだそうです。今まで、ずっとネイティブと楽しくおしゃべり!ばかりだったので、通訳/翻訳を目指すわけではないけれど、日本人講師のもと、基礎を鍛えるのも、新鮮かも・・・と思っています。4月から1年間は、半分独身みたいなものだし。ちょっときついかもしれないけれど、平日週2日のコースで、まずは半年間がんばってみようかなぁと思っています。まずは、体験レッスンを申し込もう!
Commented by funfun at 2006-02-19 22:55 x
(続き)
わたし、いつも、振り返ってみると、人生に無駄なことってないなぁって思うんです。どんなにつらいことも、何やってるんだろうと思ったことも、何年も後に生きてくる。あぁ、あの体験は、ここにつながるためのものだったんだって思うことが何度もあった。わたしも、何のために、どうしてこんなに英語に夢中になっているのか、今は全くわからないんだけれど、きっといつかそれがわかる日が来ると信じて疑っていないんです。それは、なんだろう?って、楽しみなくらいです。娘が英語圏の人と結婚するとか??まぁ、そんなことはないと思うけれど・・・。
Commented by butakotanaka at 2006-02-20 19:35
funfunさん(^oo^)
うわっ、忙しいところコメントありがとう。それに読んでくれていてありがとう。学校って、一回行きだすと簡単にはやめられないし、迷うよね。そっか、インタースクールなんですね。あそこも厳しいって有名だもんね。しっかり力がつきそうだし。英語専修って、またサイマルとは違うんでしょうね。それぞれ特色あるもんね。もしかしてその書き方だと日本人講師なのかな?こっちは実践英語コースってのは2人のネイティブの先生なんですね。だから、だいぶ違いそうやね。通訳翻訳の基礎訓練って、絶対ためになると思う。funfunさんは、基礎の部分がとってもしっかりしているし、それをどんどん積み上げていけそう。

私も翻訳クラスを考えているのは、今まで極力日本語にいちいち訳さないでって考えてきたけど、日本語にするとしたらどんな風に考えるんやろうって最近よく思うようになってきたから。
Commented by butakotanaka at 2006-02-20 19:39
(続き)
なんていうか、直訳するっていうよりは、文章の順番とか切るところが変わったとしても、その元々の言語が言ってる内容を一番近く伝えられるのは、どんな風に訳したときなんだろうって考えるようになったのね。訳すってのは、すごいなーって。背景の知識だとか、その国の文化だとか、あるいは専門知識とかがわかってないと訳せないことって多いし。
そうやね、後で振り返ったときに人生無駄がないってわかる・・・、これ私も実感してます。きっと今悩んでいるこの時間全部が、あとで自分の栄養になってるんだよね。一生懸命働いて時間を夢中で過ごしている人も、私みたいにヒマが多くてゆっくり考えるからやたら悩んでしまう人も、両方とも後で思うと意味があるんだよね。私がこれからどうなっていくかなんて、誰にもわからないもんね。今、目の前にあること、興味あることに向って続けていくしかないのかな。
娘さんが英語話す人と結婚かー・・・。あるかもよー(^oo^)
by butakotanaka | 2006-02-16 23:02 | 英語・学校 | Trackback | Comments(4)