<   2005年 03月 ( 70 )   > この月の画像一覧

寝るといいつつ、思い出したときに書いておこうと思うことが二つ。


(^oo^)買い物熱(^oo^)
ニューヨークといえば買い物天国、エンタメ天国ですよね。
昨日友人から届いたメールでも、「いろんなことが楽しめるNYにいるなんてうらやましい!」と言われました。その友人もこないだまでNYに行ってて帰ったところだとか。ミュージカルやら買い物やら、グルメやら短期滞在だし、とっても楽しんだみたいです。

で、私はどうか・・。私の今の暮らしって、ニュージーにいたときやカナダにいたときと、ほとんど変わりないような気がします。特別グルメな暮らしもしてなくて、買い物といっても、最初の頃に買った5ドルだかの安いサングラスぐらい。食べ物以外で買ったのは、メトロカードとそのサングラスだけです。あっ、あとオープンリハのチケットか。服やさんを何度かのぞいてはみたものの、まだ食指が動きません。きっと暑くなったら半そでがほしくなるんかなあ。

なんでかって考えてみたけど、結局、ここNYに来ると、何を着ててもいい気がしてくるんですね。民族ごとにとっても特徴のある服装してる人もいるし、ファッショナブルの人もいる、それでもって、どっちかというといわゆる「ださい」って日本だと思われるようなかっこの人もいて、誰も人の趣味をとやかく言わないし、気にしない。もしかして会社勤めとかしてて、その会社のブランドや雰囲気がハイソだと、きっともっと服装や趣味にもこだわるんだろうけど、私が行動する学校や教会の範囲ではそれもない。だから、持ってきたジーンズやパンツ、ティーシャツやシャツをまわしまわし着るので、事足りてしまうんですね。

もっと誘惑に負けそうになるのかとも思ってたけど、今のところは違ってます。これから変化していくのか、このままなのか、自分でも予想できませんが、今のところこんな感じ。とにかく日本にいるときよりも、服装なんてどうでもいいやんってますます思えるようになった私です。今のところ。



(^oo^)外国で学ぶ英語(^oo^)

今回、三回目の短期留学。外国で英語学校に行く一番の意味って何だろうって考えてみました。うちの学校の教科書は、とってもアメリカに偏ってます。アメリカの自慢を並べた教科書ともいえます(^oo^;)でも、だからこそそれによって、英語を使ってアメリカってどんな人がいて、どんなことがあって、どういう国なんだろうということを勉強しながら学べるんですよね。これも、その国に行って学ぶ一つの成果かもしれませんね。


で、もう一つは・・。なんといっても、いろんな国の英語が聴けるってことですね(^oo^)最初のカナダや次のニュージーランドと比べてみても、今、クラスを楽しめている大きな理由は「クラスメートが言うことが理解できるから・・」ということだと、最近強く感じるようになってきました。

クラスでも、眺めていると、同じ国や同じ言語を使う国同士の生徒間だと、わかりあえるって感じなんですよね。だから、違う言語を使う学生が発言しても、先生だけがわかっていて、他の学生はしらーっとしてたり。これは興味がないのではなく、何を言ってるのかわかんない場合も多いみたいです。

実際私も、最初にいったカナダでは、日本人と韓国人の英語以外は、本当にわかんなかった(-oo-;)あっ先生の英語はわかったけど。ブラジル人の英語、中国人の英語、ベトナム人の英語、そしてヨーロッパ各国の人たちの英語。それぞれ元々の言語にもとづいたというか、そういう訛りがあるんですね。でも、たとえば教科書を読むときなど書かれた英語を読んでいるのを聴いてると、そのなまり方の特徴がわかってくるんですね。あと、ブライアンのラジオを聴いてて、いろんな英語を聞きなれてきたのもあるのかも。

これは、本当に外国で英語を学ぶメリットだと思います。だって、綺麗なというか典型的なニュースのアナウンサーの英語だけを聴けたって、世の中では結局は使えないですもんね。テストの成績はいいかもしれないけど、実際、人と交わろうとすると、結局相手が何を言ってるのかわからないと・・・。

日本で英語を学ぶこともできるし、学校に通うこともできるけど、一番の問題というか特徴は、クラスメートがほとんど日本人だということ。お互いの間では通じやすいかもしれないけど、それで通じてしまって安心していると、実際に海外に行ったときに、別の国の人とはわかりあえなかったりするんですよね。
私にもたくさんこういう経験があります(^oo^;)(^oo^;)

別に、外国でしか学んではいけないというんじゃないけど、チャンスがあったらあろんな民族が入り混じってる外国での英語の勉強って、やっぱり意味があるんだなって思います。私が今通ってる英語学校は、学校の質としては、決して高いとはいえないのですが(^oo^;)いろんな国の人が集まってるという点では、気に入ってます。うちのクラスだけでも、ポーランド、ロシア、パラグアイ、ウクライナ、スペイン、チリ、ブラジル、ベトナム、韓国、ハンガリーなど様々。彼らが話す英語、しっかり理解できるようになって帰りたいです(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-03-31 20:50 | NY・留学 | Trackback | Comments(3)

三月も終わりかぁ・・・

・・って、みんながいる日本はもう4月になってるんですな(^oo^;)あはは。
こっちはまだ3月です。不思議ですねぇ。

今日は、w4丁目駅で降りて、そこから学校があるところまで歩いてあがってみました。あんまり暖かくなくて、曇って涼しくなってたので、ちょっと歩いてる間に疲れた来た。ってことで、またまた24丁目の中華やです。もうここに入り浸りになりそう。

なんというか、朝はパンとコーヒーとアップルジュースで、あと一食もついベーグルにチーズをぬって・・とかですませてしまいます。そうなると、せめて一日に一食は野菜を食べたいとなり、デリのサラダとかもいいんだけど米粒もあってもいいなと思うと、ついついこの店に足が向くんですね。韓国やさんでこんぐらい気軽に食べられるお店があると入り浸りになるかもしれないけど、韓国料理やさんはわりとちゃんとしたレストランしか今のところ知らないので、今のところ中華に偏ってます。野菜をとるのが。でも、ここの本日のスペシャルは毎日通っても楽しめそうなので、まっいいか。

それにしても、この店、いつも込んでます。わりと半端な時間にいっても、常に10人以上はいます。そんなに大きな店でもないのに。今日は一時過ぎだったせいもあって、レジの前に注文して出来上がるのを待ってる人、今から注文する人などで10人ぐらい、あと食べてる人がまた15人くらいと大賑わいでした。

今日は牛肉と野菜と生姜炒めで焼き飯にしてみました。玄米にしなかったのは、実は失敗(^oo^;)だって、おかずが辛かったんだもん。焼き飯もしょうゆ味がわりときつくて、毎日食べたら高血圧で死にそうな取り合わせでした。あははは。今度は玄米にしよっと。では写真です。

b0057103_1061997.jpg


腹もいっぱいになり、またいつものように、モールのマクドへ向かってしまう私。もうこのマクドが私の図書館になりつつあります。今日もここで二時間以上の読書してしまいました。コーヒーのラージサイズと共に。

b0057103_1074674.jpg


これで大きさが伝わるかしら?この大きさで1.19ドルは安いと思うなぁ。あんまりコーヒーにこだわる人でない私は、これで十分。最近注文のパターンもわかってきたし。コーヒー頼むと必ず「ミルクと砂糖はいくつ?」と聴いてくるんですね。なんていってるか聴こえてなくても、とにかく「いくつっ」って答えたら大丈夫みたい。今日はミルクを三つ入れて、これを二時間かけて飲もうとしたけど飲みきれず、学校にも持ち込んで、コーヒー大活躍でした。ラージコーヒー万歳(^oo^)

しかし、読書が面白くなってきてかなりエネルギーを費やした私は、学校では、わりとぼーっとしてました。風邪薬のせいもあるかも。まっ、こんな日もあらーな。日本人の1人男の子のSくんが遊びにきてました。今週の月曜でこの学校を終わり、来週からカレッジでビジネスの勉強をするんだそうです。よかったね(^oo^)


あーー・・・今日は、なんだか疲れてます・・と言ってしまいます。いっぱい寝ようっと。うーん、今週はいっぱい寝てばっかりやな(^oo^;)あはははは。日本にいるときと同じやがな。早起きしてる以外は(^oo^;)

では皆様、おやすみなさい(^oo^)/~~~
[PR]
by butakotanaka | 2005-03-31 20:01 | NY・留学 | Trackback | Comments(0)

朝のんびり・・。

明日はとうとうエイプリルフールですね。ブライアンの番組では毎年何かジョークをやるので、今年もあるのかなと楽しみにしている私です。
そうそう、番組といえば、昨日の彼らの番組のブログは面白かったです。三月三十日は歴史上どんな日やったか。それとともにいろんなところにリンクしてます。音楽や絵や大統領やら・・。読んでみると面白いと思います。興味のある人はここへどうぞ(^oo^)

風邪はなおったかと思うと、夜になりベッドに入ると特に咳が出て、なかなか気持ちよく眠れない・・って感じです。朝になって昼に近づくにつれて、マシになってきます。寝るとダメ。まっ最悪じゃないんだけど。風邪薬を今朝飲んだので、ちょっとぼーっとしてて、今日は必死でラジオを聴く集中力もなく、ちょっと脱力しながら聴いてます。

ニュースとしては、尊厳死問題で騒がれたシャイボさんが今朝なくなったというのを繰り返しやってます。彼女の人生を振り返ったりして、1人の女性なだけなんだけど、すっかり歴史に残る有名人になりましたね。41才というから私とほとんど同じ年。彼女には意識があったんだろうか、あったとしたら、この騒ぎをどう思ってたんだろうかって、聞きたくなりますね。

最近、朝、10時のブライアンの番組が始まるまでが、あっという間に過ぎるようになりました。新聞記事をチェックしたり、読みかけの雑誌に目を通したり、メール書いたり、学校の復習したりとしてると、あっという間に時間が過ぎます。ただ家にいるだけなのに(^oo^;)のんびりしてるようで、忙しいって感じ。

ただ、やっぱり思うのは、学校以外で話す機会が圧倒的に少ないなってこと。家でソフィと話すけど、朝晩の数十分だけだし。学校でも授業中は雑談する機会もほとんどなく(^oo^;)・・・。

金曜のレッスンやコーラス、日曜の教会がとても大切な会話練習の時間になりそうです。これからも。あとの平日は、聴き、読み、書き・・・言葉の貯金をする時間って感じかなぁ。でも、この貯金があるからこそ、週末の時間試して見れるんだもんね。毎日バリバリしゃべってたとしても、語彙が増えるわけでもないし、これが私なりの過ごし方なのかなって思って、続けていきたいって思います。


さっ、今日は少し昼から曇ってきて、夜は雨だそうです。雨がふる前に、早めに出て歩こうかな。明日もあさっても天気悪いという予報だし。しくしく・・。」
[PR]
by butakotanaka | 2005-03-31 11:15 | NY・留学 | Trackback | Comments(2)

お散歩してきた

こんばんは(^oo^)夜九時半になろうとしているブルックリンです。
いや、ええ天気でした。昼からは少し曇りがちだったとはいえ、ここんところの天気からすると贅沢はいえません。温度もだいぶあがったみたい。あったかかった。

昼からの水曜コンサートは、声楽。
声楽となると、自分の中に色々思うこともあるから、めちゃ気に入ったというわけでもなかったです中でも、今日はなんとブラームスのジプシーの歌があったんですね。メゾソプラノのソロだったんだけど。これがあんまり気に入らなかった。この曲はピアノの伴奏を何度か弾いたことがあるのと、合唱を歌ったことがあるので、歌詞も伴奏も頭に入ってるので、余計に見えてしまうんですな。

なんていうか、民族音楽だし、シンコペーションのリズムが素敵だと思うんだけど、好きなタイミングでブレスして、どんどんテンポを勝手な都合でルバートするタイプの人でした。伴奏と全くあってない。っていうか、あれだとあわせられない。オペラアリアのように歌ってたけど、私は嫌いだったなぁ。まっ音楽ってのは好き嫌いあってのもんですからね。いいんだけどっ。やっぱ声だけの問題ではなくて、音楽をマネージメントするってのは大切だと思うのです。

私は(自分のことを棚に上げていうと・・)、「つじつまの合わないゆらし」は嫌いです。でも、これ、多いんですよね。根拠がないというか。どっかで緩めたら、どっかでしめてやらないと、とめどなくなると思うんだけど・・・。そんなことをつらつらと思いながら聴いてました。他は、ベッリーニとか、リハルトシュトラウスとか歌ってはりました。五人ぐらい出てきてました。最後に黒人の女の人がシュトラウスを歌ったんだけど、この人、すんごく豊かな身体なんですね。多分100キロかもしかして150キロあるかも・・・。なんでか知らんけど、出てきただけで歓声と拍手が大きい。なんだか、あんまりいい気がしなかったです(^oo^;)体が大きいからって、うまいとも限らないと思うんだけど。実際、演奏特別すごくなかったし。でも、拍手終わってからも一番大きかったなぁ。うーん・・・。

まっ、とにかくタダで楽しませてもらいました。はい。
ってことで、終わったあとは、エイブリーフィッシャーホールのチケット売り場へ。来週の木曜のオープンリハーサルチケットをゲットしました。15ドルなりぃ。売り切れるってことはあんまりないみたいだし、一回ごとに買っていこうと思います。その次の週はまた次の機会に。どんな予定が入るかわかんないもんね。

アリスタリーホールで開演前の雰囲気を一枚と、エイブリフィッシャーホール前の噴水で太陽を楽しむ人たちを一枚撮ってきました(^oo^)
b0057103_11334311.jpg


b0057103_11341750.jpg

で、早速セントラルパークです。学校が始まるまでに二時間ぐらいあったので、一時間ぐらいたっぷりお散歩しました。たくさんの人が来てました。岩に登って遊ぶ人たち、ベンチでご飯食べてる人、本読んでる人、ジョギング、遠足に来てるみたいな子どもたちの団体、そうそうスケートリンクでスケートしてる人たちとそれを眺める人たち・・・。楽しそうでしたねぇ。かんかん照りというわけでもなかったので、お散歩には丁度よかった感じ。

鳥たちは機嫌よく鳴いてたし、小さなお花も少し咲き始め、リスも何匹か見かけたけど、みんなまだやせてました。これから夏にかけて栄養をいっぱいとるのかな。前、秋に来たときは、みんな太ってたもんなぁぁぁ。

ゆっくり楽しんで、そのあとはSophiaさんのアドバイスどおりバスに乗りまして・・。学校近くまで移動し、フードコートでベジタリアン用の野菜炒めのせご飯を食べました。これ3ドルぐらいなんだけど、肉をそんなにほしいと思わない私には、いいんですよね。量はしっかりあるし。で、学校に向かったのでした。

今日は、今までゆっくり話したことのなかった日本人のクラスメートとはじめて授業の後ゆっくり話しました。彼女は写真家。こっちで写真の仕事しながら足りない収入をバイトでおぎなってます。ここに来て10ヶ月だそうです。忙しいからクラスを休むことも多くて、いなかったときの授業を知らないせいもあって、今の授業の内容になかなかついていけない・・と、話してくれました。私はヒマだし、毎日授業に出ているから、また協力できることがあれば、してあげたいなと思った次第(^oo^)いいなぁ、一年とか二年とかいられるなんて。素敵。

私も三ヶ月いられるだけで幸せなんですけどね(^oo^)

なんだか、楽しいことがたくさんあって気分もよく、帰りには24丁目のホールフーズでベーグルを三つ買いました。今日の夜軽くと明日のランチ用。帰ってからその買ってきたベーグルを食べながら、わりと長い時間ソフィと話し込みました。

さてっと、明日はディクテーションの日だ。勉強しなくちゃ。本も楽しくなってきたから、続きも読まなければ・・・。ではまた明日(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-03-30 21:31 | NY・留学 | Trackback | Comments(2)

いい天気だよ(^oo^)

おはようございますっ(^oo^)

水曜の朝です。もぉぉぉぉ、めっちゃいいお天気です!なんだか心が明るくなりますね。日差しが差し込んで朝目覚めると。

咳がなかなか止まらなくて、もひとつすっきりしなかったゆうべだけど、まぶしい日差しで気持ちよく起きました。で、シャワーを浴び、朝食を食べ、そしてコインランドリーへ。二回めなので、もう慣れてきました。

洗濯は1.25ドル。洗剤を洗濯機の上の番号があるところに入れると、そのタイミングにあったときに投入してくれる仕組みです。洗いの洗剤は2番に、ソフト剤は3番に入れます。私は気を使うものがないので、ソフト剤はなし。洗剤だけです。

乾燥機は、25セントごと追加していけます。25セントで八分間動きます。高温、低温など指定できます。私の量の場合は高温で、75セントから1ドルぐらいが適当なようです。これで、ほとんど乾くという感じ。少し湿ってる分厚いシャツや靴下などは、部屋の中につるしておくと、部屋が乾燥しているので夕方には乾いてます。

洗濯にも、アラバマくんを連れて行き読んでました。なんだか面白くなってきました。っていうか、悲しいところに入ってきた。なんだかちょっと切ない貧しさの表現が少しずつ出てきました。こうなってくると場面が目に浮かぶようになるし、格キャラクターを自分なりに色づけして読んでいけるので、頭の中で人々が動いてる感じ。きっと最後まで読んでしまうなって、やっと思えるようになってきました。

今日は、無料コンサートに行くけど、二時半には終わるから、そっから一時間ぐらいはセントラルパークを散歩すべきですね。絶対すべきだ。こんなに美しい日なんだもん。いい写真が撮れたら、また報告します(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-03-30 08:55 | NY・留学 | Trackback | Comments(3)

静かな日(^oo^)

こんぱんは(^oo^)火曜の夜です。本当は今日、ホームステイ斡旋のサラが主催する「ゲットトゥギャザー」というまっ、軽いパーティみたいなのが夕方からあったんだけど、もひとつ調子が出ないままだったので、行かないで帰ってきました。
ビールが美味しい店ってことだったし、しゃべりすぎてここで喉を痛めたらどうしようもないですもんね。英語だけでなく歌も習い始めたから、その辺は自覚を持たないといけませんのです。はい。

今日は、けっこう静かに暮らしました。おかげで昨日は一日出てた咳もほとんど止まり、喉の痛みもマシ。いい感じ(^oo^)

午前中、ラジオが始まるまでは、読書。なかなか進まないアラバマ物語と格闘。

今日のブライアンのラジオ、最後のコーナーに、ブライアンの後に番組を担当しているレナートさんがゲスト出演してました。なかなか面白かったです。二人は入れ替わりで番組を担当しているので、実際は普段あんまり話す機会がないんだそうです。ブライアンが番組をやってる頃にレナートさんが事務所入りして準備に入り、ブライアンが番組終わると入れ替わりにレナートさんがスタジオ。ニュースを読んでる合間があるから、エレベーターや廊下であって「ハロー」とか言うのが関の山なんだって(^oo^;)

レナートさんの番組は今年で20周年。ブライアンのところよりも五年近く長いことになります。番組のウェブを見たらわかるんだけど、とにかくレナートさんの番組、スタッフがいっぱいいます。多分ブライアンのところの倍ぐらいはいると思う。でもって、ゲストがすごいんですね。映画や音楽関係やその他いろんな人がくるんだけど、映画関係だとアカデミー賞を受賞したような俳優・監督・脚本家などがバンバン来るんですね。あと作家も大物だらけ。

どうやってそういう人をブッキングするのかとか、今までの中で一番緊張したときはどんなときかとか、作家を呼ぶとき、特に小説家のとき、事前にその作品すべてを読むっていうのは、毎日番組を担当してる限り不可能に近いけど、どうしてるのか・・とか、そういうインタビューをブライアンがレナートさんにしてました。
一回しか聴いてないけど、面白かったから録音を聞きなおしてみようと思います。

番組が終わってから、いつもならすぐに出かけるんだけど、少しゆっくり目に身支度を整えて、家を出ました。今日は学校の前に予定もないし。24丁目あたりホールフーズ近くの前にもいったチャイニーズやさんが気に入ったので、また出かけてお昼ご飯。としにかくスタミナをつけなくちゃ、それに野菜も食べなくちゃ。

前も適当に頼んだんだけど、今日も、行くなり「ネクスト!」とか言われてレジのお姉さんのところへ。「あの、ドンブリみたいなのないですか?ご飯の上におかずがのってる・・。でご飯は玄米ご飯がいいんです」みたいな聞き方しました。めんどくさがられるかなと思いつつ。とにかくすんごく頭の回転がいいんです。ここのレジのお姉さん二人。すごいテンポ感。「鶏肉、牛肉?それとも海老がいい?なんでもあるわよ」というので「んじゃ鶏肉で!」「野菜は何がいいの?」「あのなんでもいいです。」「わかった、じゃこれでどう?」と、レジ横にあるホワイトボードに書いてあるメニューを指差したので「それでいいです(^oo^)」と決定。

しばらく待ってたら、めちゃ大きな入れ物に鶏肉ササミスライスと、青梗菜をあっさり上海風にガーリック炒めしかのが、玄米ご飯と出てきました。値段は4.75ドル。一応食べられなかったときのためにお持ち帰りとして包んでもらい、座席へ。座って食べていたら、さっきのレジのお姉さんがやってきます。そうそう、私はレジにあったメニューを一枚もらって眺めてました。次に来たときは、何かここに書いてるのから頼むと、能率がいいのかなとか思いながら・・・。

そしたら、レジのお姉さんが話しかけてきます。「どう、美味しい?」こんなこと、この店で何回か来たけどはじめて。もしかして覚えられたか(^oo^;)
「はい、めちゃ美味しいです!」というと「あのね、このメニューに書いてあるのは、レギュラーでいつでもあるのよね。でも、あのボードに書いてあるのは、その日に一番状態がいいものだから、新鮮でしかも安いのよ。今度からもあそこに書いてる中から頼むといいと思うわ」だと。ほほほほ、嬉しいなぁ。「はいっそうしますっ!」元気よく答えた私。ちょくちょく通うことになりそうです。この玄米ご飯が気に入ってるので。あっ、美味しすぎて写真を撮るのを忘れました(^oo^;)次の機会に。

今日のスペシャル類は、ご飯つきで4.75ドル均一のようでした。麺類もあるしスープ関係もあるし、色々頼んでみたいなぁ。ニンニクパワーで、ちょっと元気になった気がして、食べた後は少しお散歩。

学校近くまで来て、まだ二時間ある。そうだ、もう今日は読書の日にしよっと。ってことで、学校近くのモールのマクド。ここももう三回目かな。座席がいっぱいあって、長居しやすいので気に入ってます。いつもはポテトとコーヒーという組み合わせだけど、今日はコーヒーだけ。コーヒーって、大中小とあるんだけど、小と大では三倍は違うんちゃうかってぐらい違うんだけど、値段は1.5倍ぐらい。長居するつもりだったので、一番大きなコーヒーを頼みました。

で、そっからひたすら二時間。本を読み続けました。日本語の本ならだいぶ読めるんでしょね(^oo^;)でも、アラバマくんは甘くないので、10ページも進まなかったです。でも、話が面白くなってきました。面白くなってきたので退屈しない。だから進まないようでも、進んでる気がする。いい感じ。喉の調子が悪い間は読書のチャンスですね(^oo^)学校が始まるギリギリまでそこにいて、すぐ近くの学校へ。今日は学校でも授業中以外はほとんど話さず、おとなしくしてました。

まっ、そのかいあって、だいぶ楽になったもんね。終わってからもすぐに帰ってきて、ジュースとパンで晩御飯。昼が充実してたからこんなもんでしょ。


明日は、洗濯いかなくちゃ。靴下が切れてるんだ。昼からは水曜午後のジュリアードのコンサートの日だし。まあまあ忙しくなりそうでっす。洗濯しながらも本読めるかなっと。

こっちでも、地震のニュースを繰り返しやってます。
あっ、そういえば朝、小泉さんがリチャードギアと会ってるところも少しだけ取り上げられてました。なんかミーハーですよね、小泉さん(^oo^;)

あとは、尊厳死問題、学校であった大量殺人で新しく少年に協力したんちゃうかっていう仲間が逮捕されたとか、マイケルジャクソンの話とか、そんな話がニュースの中心です。
[PR]
by butakotanaka | 2005-03-29 19:46 | NY・留学 | Trackback | Comments(2)

雨雨雨ぇぇぇぇぇ('oo')

雨です。もう思い切り雨です。一日中降っておりました。

こんだけ降ってても、この国では傘をさしてない人がいーっぱいいます。日本ではあまり見かけない光景です。ヨットパーカーのフードをかぶってるだけの人、ユダヤ系の人はあの特徴的な黒い帽子の上にスーパーのビニール袋をかぶせてる人もいました。ビニールのレインコートを着てる人もよく見かけた。傘を持ってる人でも、やわい傘ではなくゴルフ用の傘みたいなものすごーくしっかりしたのを持ってる人も多いです。雨の風景もさまざまで面白いですね(^oo^)

今日のブライアンの番組は色々考えさせられるものが多かったです。「差別」ってことに通じるものが多かった。

・ヒップホップ界における男女差別について。女のラップ歌手はあんまりいないけど、なんでか・・みたいな話だったと思います。

・コロンビア大学での問題に関してニューヨークタイムズマガジンに載った記事について。ユダヤ系学生が差別を受けているということ。特定の教授陣から、授業のときに特に関係ない話題だったのに、「パレスチナ人を君たちは何人殺したかいってみろ」とかそういう質問をするとか・・・。これもまた難しくて全部理解したわけじやないんだけど・・・。教授が悪いのかというと、途中で出てきた意見では、パレスティナ系の学生運動の力が強いので、パレスチナ系についつい偏ったやり方を教授陣が強いられる部分があると・・・そういう噂もあるとか。何度も聴かないとわかんない難しい話です。テロ以降、アラブ系の人たちには、それでなくてもつらい状態が続いているし、「差別」問題は避けられない話題なんですね。やっぱり。

・最後の話題は刑務所から一般家庭への電話代が高いということについて。
刑務所から一般家庭への電話は、コレクトコールしかダメで、しかも一社独占状態なんだそうです。MCIという大手長距離電話会社だそうです。これはニューヨーク州だけの話なのか、他の州もそうなのかは、聴き取れなかった・・。とにかく、普通に電話をかけるよりもすんごく高いし、いわゆるフォンカードとかも使えないんだとか。わがままにかけたい電話だけでなくて、たとえば、外に子どもを残していて、親として子どもに頻繁に電話したいとき、子どもに支払い能力があるのかとか、そういうことも話されていたと思います。

日本はどうなってるのかなぁ、知らないなぁ・・・なんて考えてしまいました。


昼からは雨だからお散歩には向いてない。ってことで、グランドセントラルステーションにあるストーリィコアに行くことにしました。これについては以前英語勉強日記に紹介したものがあります。
ここ

ここにぜひ一度行って見たかったです(^oo^)中央のコンコースから少しサイドの通路に入ったところにありました。今日は残念ながら誰も録音してなかった。でも、どんなものか見てちょっと満足。また週末にでも来てみたら、誰かが誰かをインタビユーしてるかもなぁ。ここは、自分が好きな人を連れてきてインタビューできる場所なんですね。しっかりしたスタジオで。一時間ほどの録音CDを10ドルで作れる。親でもいいし友達でも恋人でもパートナーでも、そのへんで知り合った人をいきなり連れてくるのも面白い。

私もここでいつか誰かを英語でインタビューして録音してみたい!これが私の夢の一つです(^oo^)

b0057103_10474745.jpg



b0057103_10481767.jpg


見学も終わり、学校へ。まだ二時間近く時間があるから、本でも読もうと思い、学校のカフェへ行きコーヒーを買います。そしたら隣に座った人となんか知らんが、話し始めてしまいまして・・。なんとクラスが始まるまで話し込んでしまいました(^oo^;)あはははは。

彼は、シャヒーンというトルコ人。職業はコックさん。シェフなんだと言ってました。トルコ料理レストランで働いてるそうです。月曜だけがお休みで、今日は時間があるから、午前中に授業が終わったんだけど、ここにいるんだって言ってました。丁度友達を待ってて暇で話し相手を探してたみたい。私も本はいつでも読めるから、人と英語で話すのはいい練習だと思って、ずっと話してました。

彼は、レベルは私よりも低いクラスにいるんだけど、食べ物に関してはプロ!ってことで、お店のメニューを見せてくれながら、メニューの説明をしてくれました。ヨーグルトの作り方や、料理に使うヨーグルトソースの作り方、トルコ風のデザートのことなど・・・。

ニューヨークでは弟と二人暮しなんだって。彼もブルックリン暮らし。ビーチのすぐ近くで、彼の近所はロシア系の人のコミュニティなんだそうです。
途中で彼の友達も加わって3人で話しました。その友達は、韓国語も日本語もできる言語学を学んでる人。とっても語学ができそうで、英語もすんごく流暢でした。この学校で出会った人のうちで、一番流暢だと思います。今までの中で。

トルコ語と英語で、発音しにくい子音や母音はあるのかって聞いたら、なんと「ない」という返事!なんとうらやましい。英語が持ってる子音も母音もすべてトルコ人にとっては違和感がないというか、自分の言語でも持ってる発音なんだそうです。いいですねぇぇぇぇ。だから、進歩も早いのかもね(^oo^)

またいつか月曜日に会えるかもねといって別れました。本は読めなかったけど面白い時間になりましたとさ。

授業は先生が風邪ひいててしんどそうだった・・ってぐらいかな。あっそうそう、オリンピックについて学びました。いついつのオリンピックは戦争で中止になったとか、テロがあったとか、女子が加えられたとか、たくさんの国がボイコットしたとか、冬なのに雪がなくて外国から人が運んだとか・・・。その時々のエピソードを知るのはとっても面白かったです。昔は芸術もオリンピックで評価されていたとか。知らなかったなぁぁぁぁ。

家に帰るとソフィの機嫌があんまりよくなかった・・・。雨のせいもあるんだろうけど、ちょっと心配ごとがあるみたい。まっ、こんな日もあるよね。

ラーメンを作らせてもらって晩御飯に。クリーム味のラーメンにコーン缶詰と卵を入れたら、相性ばっちり!!!


そういえば、今日は一日咳が止まらなかったから、音読をあまりしないで、黙ってラジオ聴くと本を読むかぐらいで、今日は早く寝ようっと。明日はお天気になるといいなぁぁぁぁぁぁぁ。

ってことで、おやすみなさい(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-03-28 20:26 | NY・留学 | Trackback | Comments(11)

おはよーございます。またまたよく寝てしまいました(^oo^;)
いやぁ、本は進めへんなぁ。なぜか私の場合新聞系の方が今のところ楽しめるみたい。新聞に関係ある話をラジオでよく聴いてるから知ってる単語が多いのと、やっぱ文学作品に出てくるような「たとえ」とか「詩的構文」とかについていけてないんですね。小説を読んでいても場面がなかなか浮かばない(^oo^;)倒置とか出てくるとまったく意味を追えないです。ほんま、ぜんぜんまだまだやなぁ・・と思います。

さて、イースターのディナーですが、わりと普通でした。お花が飾られている様子もなく、わりとあっさり食べて、半時間もたたないうちに「ごちそうさま」でした。っていうか、家族がものすごく盛り上がり、いろんな知り合いのことを話していて、とても入っていける様子もないし、黙って聞いているのも、噂に耳を傾けてるみたいで悪いかとも思うし・・。そんな空気でまっ、さっさと席を立ったいうことですね。招待していただいただけでとってもありがたいので、文句を言ってるわけではありません(^oo^)家族によってのやり方があるんですよね。

さて、写真ですが、チョコの写真は、朝ごはんのときに座席においてあったものです。ソフィが「これはあなたにプレゼントよ」やって。ありがたいですね。料理の写真はディナー。手前がホワイトソース入りでかマカロニと、向こう側がミートソースで煮込んだ、ミートボール、ソーセージ、そして豚肉のかたまり肉です。おいしかったです(●^oo^●)

b0057103_2044456.jpg


b0057103_20443443.jpg


もう腹いっぱいになり部屋に戻りまして・・・。
ニューヨークタイムズの日曜版には、テレビ番組ガイドがついてるので、テレビ番組をチェック。60ミニッツという有名なニュース特集番組が丁度やってたので、見ました。昨日はイスラムの世界での女性差別についてやってました。普段は顔をかくしている女性が数人、カメラの前に顔を出して(モザイクをかけてたけど)、「ドライブにもいきたい、もっといろんなことを経験したい。自由になりたい」と訴えていました。何をするにも女性と男性が区別というか差別されていて、本当に宗教上とはいえ、時代にそぐわないなぁ・・・と思いました。

ふと他のチャンネル見ると、スタトレが(^oo^)エンタープライズとボイジャーと二時間続けてやってました。両方とも知らないエピやった。あんまりしっかりは見れてないけど。こころなしか、前に見たときよりも一人一人が何を言ってるのかがわかる気がしたので気をよくした私でした。スタトレシリーズって、英語がかなりクリアなんですよね。トレンディドラマとかよりは、わかりやすいです。テレビ番組表を手に入れてしまったので、夜テレビを見るのも楽しみの一つになるかも。何時から何があるかわかってないと、テレビってもひとつ見ないんですよね。

あとは・・・熟睡です(^oo^;)でも、ちゃんと六時には起きましたよー。今はまだ七時になってません。朝食もすませました。今からシャワーを浴びて、新聞記事をチェックしたりします。そうそう、今日のNYはすごーーーく雨模様です。一日中続き、明日まで続くといってます。外を出歩くにはきっつい環境ですね。どうしようかなぁ。
[PR]
by butakotanaka | 2005-03-28 07:38 | NY・留学 | Trackback | Comments(11)

聖歌隊で歌ったよ(^oo^)

ハッピーイースター!ってことで、イースターの日曜がやってきました。
今日は、早起きして、聖歌隊の練習が始まる午前九時半までに教会に着く予定。でも、日曜は家族全員が朝ゆっくりしています。六時半に起きて何度か下に降りたけど、誰もおきてない(^oo^;)部屋でニュースを見たり、ネットをチェックしたりして時間をつぶします。朝早いので歌の練習するわけにもいかんし・・・。

体調はバッチリ!なんでって、昨日ものすごよく寝たから(^oo^;)読書なんて、ほんの少ししか続かない。すぐに目が閉じてくるんですね。考えたら先週一週間もいろんなことあったしなぁ。緊張もあったし。疲れてるのかも。


ラジオ聴きながら夕べも知らん間に寝てました。目覚めもばっちり。体調万全で教会に向かいました。着いたのは練習が始まる15分ぐらい前。ほとんど誰も来てない(^oo^;)数人だけ。後で知ったけど、この数人の人は教会の役員だったみたい。ある人は司会してたし、ある人は聖書を読んでたし、ある人は礼拝の後後片付けしてたし・・・。オルガニストでもある音楽ディレクター(聖歌隊の指導もしてる)パムは、もう来てオルガン弾いてました。私はオルガニスが聖歌隊のリーダーだと先週は認識してなくて、今日、練習が始まってやっと認識したんだけど(^oo^;)

「まだ始まらないからここで座っててね」と案内され、椅子に座って待ちます。
あっそうそう、行きしなにデリで、念願だったニューヨークタイムズの日曜版を買い込みました。家の近所にはないので、こうやって日曜に教会に来たときに週に一度買うのもよさそう。で一週間かけて、少しずつ読んでいく・・これいいですよね。読書もあるから、どんくらいできるのかわかんないけど。ネットでもニュースは読めるんだけど家にいるときしか読めないし画面を見てると疲れるので、持ち歩ける紙の新聞を週に一度ぐらい買うのもいいと思います。

待つことしばらく、練習が始まりました。練習のはじめに「今日から加わってくれるぶたこです」とパムが紹介してくれました。ここの聖歌隊はなんというかカジュアルな雰囲気。練習も面白かったです。次回に歌うはずのレパートリーを下見がてら発声がてら、歌ってみたりして、いよいよ今日歌う曲。私の隣にはとっても素敵な声の女声が座ってくれたので歌いやすかった。で、その人に一曲歌い終わったときに「ぶたこ、あなたの声とっても素敵よ。それに音程がとってもいいのね。素晴らしいわ」とか言ってもらえて、お世辞もあると思うけど、それでだいぶリラックスできました。やさしいなぁ。


楽器はないけど、大体家で読んできてたので、大体歌えました。はじめは、椅子に座って練習。SATBとパートごとに並んでなくて、ピアノを中心にして、東方向にソプラノ、西方向にアルト、南方向に男声陣というような並び方。北方向が祭壇ね。要するにリーダーのパムにすべてのパートが独立して聴こえるようにできてます。こういうやりかたもあるんですね。

どごも音取りに困るのはテナーってのが定番のようで(^oo^;)、テナーが何度か音に迷い、単独で音取りしてみたり、またバスがわかんないよーってぃってみたりで、練習が進みます。パムの指摘は的確で、わかりやすかったです。

一通りできあがると、今度は実際の並びでやります。一曲めは、祭壇の上、お説教するところのあたり、オルガンの周りでという場所。私はオルガンのすぐ向かって右側で、パムの近くだったので歌いやすかったです。アルトでも、なかなか音がとりにくいところがあるみたいで、たまに意見がわかれるところもあったけど、歌いこんでいくごとにまとまってきました。

もう一曲は、説教台の下あたり。少し低い場所で歌うということに。並び方も少し変えて。出来はまあまあみたいで、ほめ上手のパムにのせられて楽しく歌えました。

ここの聖歌隊は、特にローブなどの制服もなく、決まった席もないのが特徴。それぞれが好きなところに自分の家族や知り合いと座っていて、いざ歌うっていうときになると、三々五々前に集まってくるというやり方。これなんか素敵ですよね。民衆の中から「歌います」と気軽に集まってくるって感じで。

でも、私にとったら出て行くタイミングとかがわかんなくて困ってたら、メンバーの1人エレンが声をかけてくれました。「もしよかったら、私と息子と一緒に座る?」と。もうお願いします!ってことで、礼拝の間、エレンと息子さんのマシューと一緒に座りました。マシューは、ワシントンDCで働いてるんだけど、休暇で帰ってきてるんだって。とってもスマートそうで素敵な人でしたよー。27才だそうです。モテるやろなぁ。

礼拝中に歌う讃美歌、今日は一曲だけ知ってました。あとは知らないけど、そんなに難しくなかったし、なんとか楽譜を読みながら歌えたって感じ。礼拝の進め方も二度目なので少しはわかってきた。ちょっとずつ慣れてくるんやろな。

ここの教会を見てて思うのは、ほとんどが白人で、他に黒人とスパニッシュらしき人はたくさんいるんだけど、アジア人がいないってこと。まったくいないってこともないのかもしれないけど、少なくとも聖歌隊には1人もいなかったし、その他でも私は1人も見たことがない(^oo^;)

だから、きっと私って、目だってるんでしょね。礼拝の後、コーヒータイムで何人かに声をかけられたけど、そのときに「今日から聖歌隊で歌ってたんです」と自己紹介すると「知ってるわよ。見てたわ」といわれる。アジア人が1人混じってるってのに、みんなすぐ気がついたのかもしれないですね。こういうのは、地域によって違うんだろうけど、英語を勉強しに来ている私には、いい環境なのかなって思いました。甘える相手がいないから(^oo^;)

数人ぐらい今日にでも会うかなって思ってたけど、ほんとに誰にも会わないから、ほんと、アジア人が少ない地域なんでしょね。聞くところによるとクイーンズとか、マンハッタンのビレッジとかにたくさん日本人が住んでるらしいし。


あ・・っていうか、日本人にクリスチャンが少ないってのもあるか(^oo^;)韓国の人はクリスチャンがけっこう多いんですよね。あんまり詳しくないけど。多分。
日本はなんといっても、クリスチャン1%だからとってもマイナーなんですよね。

礼拝が終わり、パムにお礼に行きました。「とってもわかりやすい練習をありがとう!一緒に歌えて幸せでした」と言うと、パムが「そういってくれると嬉しいわ。私たちもあなたが来てくれて本当に感謝よ。とってもよく歌ってくれて」とかなんとか言いながら、抱きついてきてくれました。ほっぺにキスも(*^oo^*)☆  なんか泣きそうになった・・。

来週は聖歌隊はお休み。第一日曜はお休みなんだって。で、次の日曜には歌うだけど、第二日曜の前の日、第二土曜だけ、土曜練習があるんだそうです。午後三時から二時間。絶対参加じゃないのよって言われたけど、面白そうだから参加したいな。その第二日曜に歌う歌の楽譜を二曲もらいました。これで予習できるぞっと。音はすぐに読めるのが多いんだけど、なにせ英語はイタリア語やドイツ語ラテン語などに比べて発音が難しい!ぱっとスペルを見ただけで他の言語のように発音が一定してない。だから、予習して歌詞を読んでいかないとヤバイのだ。

コーヒータイムということで階下の食堂に下りて、少しベーグルとコーヒーをいただく。何人かの人とお話して、教会を出た。

今日はソフィがディナーに招いてくれているので、花を買おう。花やさんにいった。そこでふと・・・。イースターってどんな花を買えばいいんだろうと悩んでしまった。日本だと花に色々ルールがあるでしょ?匂いのきついのは病院にはダメだとか、菊はお葬式だとか・・。イースターの花ってあるんかなと思ってしまったのだ。

お店の人は玄関の花売り場のところにはいなかったから、しばらく花を眺めた末に、その近くで談笑してた黒人の男の人に思わず、「すみません、ちょっと質問してもいいですか?私のステイマザーがイースターディナーに招いてくれたんですけど、イースターにいいお花ってあるんでしょぅか?」と聞いたみた。

その人は一瞬驚いた風だったけど、すぐに微笑んでくれて「おっ、それは、実際なかなかいい質問だよ。でも、多分何もルールなんてないよ。何でも好きなのをかえばいいんだよ。まっ聞きたいんなら、店の人に聞いてみたら?僕、ここで働いてるわけじゃないからさ」とかなんとか。親切に答えてくれました。なんか愉快な話し方でこっちまで楽しくなった(^oo^)

結局悩んだ末、ディジー風の花を購入。5ドルなり!10本ぐらい入ってるから安いよね。それをもって帰宅。ソフィに渡しました。

ディナーだけなのかと思ってたら、午後2時ごろになって「アンティパストの用意ができたから降りてらっしゃい」とドアを叩いてくれます。アンティパストって前菜みたいな意味だと思うんだけど、みんなは毎年ランチに食べるんだって。

b0057103_559329.jpg



美味しそうでしょ?思わず写真を撮りました。
さっきベーグル一つ食べたけど、あんまりたくさんじゃなくてよかった。思い切り食べてきてたら食べられないところだ。食事しながらの会話は、早くて全部はついていけなかったけど、この料理を全部作ったというビクトリア、ビッキーが、ラジオ局のことを聴いてきてくれて、いろいろ話しました。彼女もラジオが好きで、もう一つのニュース局AM770の方をよく聴いてるんだそうです。私はAM820。フランクが両方のラジオ局でどんな番組をやってるのか、うれしそうに説明してました。ラジオはフランクの専門だもんね。いつも聴いてるから!

ってことで、その美味しいランチを終え、自分の部屋に戻ったところです。六時過ぎからディナーということで、それまで少しゆっくりしよっと。早速買ってきた新聞でもめくってみようかな。

そうそう、部屋に戻ってメールをチェックしたら、ブライアンから来てました。
アラバマ物語について教えてくれました。アメリカ小説の中でもとっても大切な作品の一つで、彼の息子さんが学校で英語の授業で課題として読んでいるんだそうです。読んだあと討論のネタに使うんだって。あと、数年前にシカゴの市長が、自分の市民に必ず読んでそれについてみんなで話し合うべきだと、提案したんだって。それで市民の多くの人がそれに従って読んでそして作品について話し合ったんだそうです。

ちょっと難しくてどうしようなんて思ってたけど、そんなに大切な作品を、しかも愛をこめてもらったんだから、なんとしてでも読んでみたいし、内容を知りたいなって思いました。がんばるぞっと。


ではまた夜にディナーの報告するかも・・・のぶたこでした(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-03-27 15:31 | NY・留学 | Trackback | Comments(6)

土曜の午後三時になろうとしているところです。

晴れたらお散歩でもって思ったけど、わりと曇ってるので、今日はあまり動かない日に決定。朝少し2度寝。二時間ぐらい寝たかな。ベッドの上でこないだ買った古本を音読してみたりした。こっちの方は読めそう難しくない。

でも、問題はプリヤにもらったアラバマ物語(>oo<)
いやーー、私って知らない単語だらけなんだわって、正直ちょっと落ち込んだぐらい、何が書いているのかわからん(^oo^;)映画のあらすじを検索して、ちょっとでも話についていけるようにしてみた。一つ一つ単語を調べるってのはしたくないからなぁ。わからんなりにも読み進めて、後でもう一回読むといいのかもね。とにかく進んでいくべきなのかな。こういうときは悩みます。

わかんない単語があまり多いとどんどん進んでもわかんないままだったりするから(^oo^;)ある程度キーになる単語ぐらいは調べながら読むかなぁ。今日夕方までちょっと後で読んでみようっと。

昼過ぎにスーパー「シータウン」に買い物。前に来たときに好きになったトップラーメンというブランドのラーメンを見つけたので買ってみた。冷蔵庫のスペースが大きくないし、ソフィんちが人数多いからあんまり冷蔵庫にキープするようなものは、あんまり買えないところが、ちょっとつらい。

野菜もほしいけどスペースのことがあるので、コーンとさやえんどうの小さな缶詰をそれぞれ二つずつ。これをラーメンに入れるといいよね。あとは卵。1ダースで79セントやった。ラーメンは三つで79セント。こんな感じ。あと、シナモンレーズン味の食パン。味がついてかるから、これならランチにジュースと一緒に食べられるし。平日の昼間にいいかな。

卵だけ冷蔵庫に入れてもらい、後はソフィに確認した上で、部屋の中にキープしておいていいことに。台所も自由に使えるって雰囲気もなく、あんまり本格的な料理ができないのは不自由なこともあるけど、使ってはダメって言ってるわけじゃないし、かなり幸せな鴇田と思います。はい。

さてっと、これからはたいした予定もなく、もう家にいることにしたので、ラジオ聴きながら読書かな。とにかくなんとしてでも、英語に耳から目からふれていって、少しでもいいから、毎日進歩したいって気持ちでいっぱいです。なんでここまで思えるかっていうと、やっぱり学校の外に友達ができたからだと思うなぁ。

学校の中だけだと、通じる表現もしれてるし、なんていうか狭いけど、ネイティブで普通に英語を使う人と話す機会が増えてきて、自分が試され、そして自分を試せる機会がある今だからこそ、毎日少しずつでも成長して、それを試し試されて、鍛えていきたいと思うのだ。あと10週間しかないともいうし、10週間もあるともいえるもんね。うん。

二週間たった所信表明でした(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-03-26 14:46 | NY・留学 | Trackback | Comments(7)