<   2005年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

祝・開講(^oo^)

九月に申し込んでいた十月から始まる英語学校のクラス。最低開講人数は、4人からということなんだけど、私が申し込んだ時点ではまだ2人。第一希望の平日午後のクラスと、第二希望の平日午前、両方とも週に二日というコースで申し込みを出して結果を待っていた。

こないだ来た確認書でもまだ人数が届かないので開講決定には至らず、もう少し待つように・・との内容だった。なんか、このまま開講しなかったら、秋からせっかくやる気出そうとしてたのに、気持ちがそがれるなぁ・・・なんて、ブルーになってた。

そしたら、今朝、スタッフの方からお知らせが届いた(^oo^)申し込み期限ギリギリまで2人という状態が続いて、開講が危ぶまれたそうだけど、最後になって1人の申し込みがあり、三人になった。少ないけど、開講しましょうという判断になり、三人のクラスでクラススタートとなったそうだ。よかったぁぁぁぁぁぁ。

生徒同士の討論の時間も多い授業なので、たとえば三人だと2人ずつの二組にも分かれられないとか、プレゼンしたりするときにも、いろんな人の話を聴けるというためには、三人だと少ないかも・・・というマイナスもあるけど、考えてみたらプラス面もいっぱいだ。

なにせ人数が少ないから、講師の先生のチェックが多分全員に行き届くはずで、手厚い指導を受けられるということもある。以前7-8人のクラスのときは、プレゼンも全員でやろうとすると一人一人がかける時間が少なくなるので、1つの部屋で並行して二組に分かれてプレゼンするなんてこともあって、全員のが聴けなくて残念だったのを覚えているけど、三人なら、もうゆっくり他の2人のが聴けて、しかもその後の討論とかにも時間がかけられる。自分が話さなければならない・・といういい意味でのプレッシャーもかかるやろうし。人数多いと、黙ってても時間がたっていくので、ついつい黙ってしまうこともできるけど、この人数だと黙ってたら話が進まないもんね(^oo^;)

誰かが休んだりすると、たちまち2人になるというすんごく危うい人数ではあるけど(^oo^;)、そうなったりなったで、チューターみたいに個別指導を受けられると割り切るしかないと思うし、とにかく、プラス面を見て、半年またがんばろうと決意を新たにしているところです。

聞くところでは夜や週末のクラスだと、人数が多いとか。同じ金額が少ない人数で指導を受けられるんだから、「お得」ともいえるよね。安くない授業料なんだし。

あとは、クラスメートとの相性と、先生との相性。気が合う人だといいな。もし気が合わなくても、お互いに違いを面白がったり、楽しめるようだといいな。先生からだけでなく、クラスメートから教わること、吸収することは多いと思うし。



とにかくっ!これで、月曜と木曜の午後はサイマル、木曜の夜は近所の大学の少しやさしめの英会話コースで一時間半のクラス(多分こっちは費用も安いから人数も多いと思う)の二本立てでこの秋からは気持ちを新たにがんばろうっと。

わくわく・・・もするけど、やっぱり新しい先生やクラスとの出会いってのは、緊張するなぁ。10月半ばからなんだけど、早く来て欲しいような、怖いような・・・複雑な気分です。
[PR]
by butakotanaka | 2005-09-30 17:16 | 英語・学校 | Trackback | Comments(12)

記念の夜のこと、記録しておかねば(^oo^)

テレビを持たない(持てないのではなく、ポリシーとして持たないというすんばらしい)友人のさりちゃんが、この日ばかりはとテレビ観戦にやってくることになり、いそいそと夕食の準備するぶたこ。昼は、馴染みのお店万代御厨店にて、足りないものをお買い物。おかき、せんべい、饅頭類、調味料などなど買ってきました。

夕食のメニューは、赤箱シューマイスープ(一箱98円の赤箱シュウマイ、白菜、春雨の中華味)、五目ヒジキ(大豆、ヒジキ、ニンジン、うすあげ、ちくわ)、かぼちゃサラダ(かぼちゃレンジでチンしたのに、マスタードドレッシングあえ)、新生サンマの塩焼きに大根おろし・・・という面々でした。

冷やしといたら美味しいサラダとヒジキは、3時ぐらいに仕込み、サラダは粗熱を取り冷蔵庫へ。その他のものは5時半ぐらいからたたたっと用意。そうしつつも、もうソワソワして英語のペーパーバックを読もうとしては挫折・・の繰り返し。ラジオ聴いて今日の戦線予想など心に描きつつ時間を過ごす。5時半を過ぎ、夕食の準備も仕上げようとしていたところ、5時45分、早くも旦那(^◎^)の帰宅。会社の人に「今日5時で帰りたいんですが・・・」と、都合のいいこと言うて、なんと虎ファンの社員Mさんに「そりゃそおでしょー」とあっさりOKしてもらったらしい。

なにせ、今日はサンテレビが巨人戦やというのに珍しく中継だ。しかも、実況が谷口アナ、ベンチレポートが湯浅アナという我が家でいうゴールデンコンビ!!サンテレビは、6時の試合開始から中継してくれる唯一の局。試合開始のその時、なんという言葉で谷口さんがはじめるのか、聞き逃したくない。ということで、6時ぴったりまでに間に合わせようと必死で準備をすすめる・・・。たこぶに大根おろししてもらったり、食器を運んだりしてたら、6時ほんの少し前に、さりちゃん到着。みんなで準備を加速し、テーブルの上に全ての夕食面々が整ったその時、ちゃーちゃららっちゃちゃちゃちゃ、ちゃちゃららっちゃちゃ・・・!とサンテレビの中継が始まった。うーん、グッドタイミングぅぅぅぅ!!

もうそっからは、わいわいがやがやと、ご飯食べつつ、三人で賑やかに観戦。おなかもいっぱいになった途中からは、3階のでかいテレビに移動したりして・・・。最初から得点して、なんだか負けそうな気がしないまま、最後まであまりにもすんなりいって、なんだかハラハラドギトキが全くない展開に物足りなささえ感じた(^oo^;)贅沢やな・・・。もう中日がどうかなんて気にならない。だってこっちが勝ったら関係ないんだもん。

大変やったのは、とにかくさりちゃんの質問攻勢(^oo^;)
なにせ彼女テレビ持ってない。二年前、優勝が決まったときに我が家でテレビ見て、その時に何人かの選手の顔覚えたらしく、それ以来は音声だけの生活。そして今年は資格試験のため、試合やってる時間帯に家にいないから、あとでニュースで確認するのみで、今年のいろんな動きにもついていってない。選手の顔が映るたびに「これ誰?」「それってどういう意味?」「えっ、この人、休んではったん?何があったん?」「この人、調子どうやったん?」とか、とにかく疑問が次々から次へと湧いてくる。まるで、純粋無垢な少女のようやったかも(^oo^;)あはははは。とにかく、わかる限りのことをたこぶと交替で答えつつの観戦となったのでありまして・・・。いや、面白かったけどね。

試合終ったあとは、特番のハシゴ。お約束(^oo^)
あと、全国放送のニュースがどう伝えてるのかとか。

結局、午前3時ぐらいまで全員でテレビにはりついておりました。途中おやつ食べたり、順番にシャワー浴びたりしながら・・・。

ちょっと気になったのは、井川くん。昨日、おったっけ?ビールかけのときおったっけ?後のインタビューにはおらんかったなぁ。どうしてたんやろ・・・。あと、後のぐるぐる順番インタビューグループに、シーツがおらんかったのも寂しかったかな。スペンサーとか。外国人選手はウイリアムズだけやったな。通訳の手配が難しかったんかなぁ。特にシーツはほとんどの試合出てたし、めちゃ貢献してくれたから、いろんな話聴きたかったなぁ。

今朝は、さりちゃんとたこぶは出勤。ってことで、みんなで7時過ぎには起床して、それぞれ好きなもんで朝食。朝は、おはよう朝日です!を見て、一夜明けた大阪の情報をキャッチ。うーん、満足(^oo^)


昨日のインタビュー、一番よかったのは、やっぱサンテレビの湯浅アナ、谷口アナ、福本さんのトリオかな。あと、毎日は、八木さんがおったから、選手や監督がちょっと本音出てた気がした。朝日は武田和歌子アナが、オフシーズン矢野捕手と一緒に週に一度の番組担当してたし、親しそうやったかな、選手たちと。ビールかけでもがんばってた。根性あったな。一番好きになれんかったのは、8ちゃんの梅田さんとこかな。あの人騒がしくてあんまり好きじゃないなぁぁぁぁ。NHKは、すんごく静かな番組作りでしたね(^oo^;)読売は陣内くんを中心とした若手お笑いコンビ中心やった。

日本シリーズ終ったあとも、優勝記念番組できるようになったらええのになぁ。相手がソフトバンクやったら勝ち目がない気もするけど、ソフトバンクやからこそ勝つ意味があるって気もするし、気分は複雑・・・・。


とにかく、ええ晩やった(^oo^)
タイガースのみんな、素晴らしい夜をありがとぉぉぉぉぉ!
[PR]
by butakotanaka | 2005-09-30 15:56 | スポーツ | Trackback | Comments(2)

ここんところ、注目をあびてきているのが大阪の玉造ってところです。
岡田監督が生まれ育った場所だから(^oo^)

玉造って駅は、JR環状線沿いにあります。鶴橋と森之宮の間です。大阪城に近いところ。わたし、このあたり、めちゃ馴染みがあります。なんでって、私の出身高校の最寄駅やからです。私の出身高校は大阪府立清水谷高校。玉造から10分ぐらい歩いた長堀通り沿いにあります。今もそこにあります。近くには大阪女学院もあったなぁ。

この玉造駅前の日の出通り商店街は、二年前の阪神優勝の時は何もしなかったんだけど、20年前の岡田選手が現役やったとき売り出しして、そして今回、久しぶりに優勝記念売り出しをするんだそうです。今でも監督のお母さんがこのあたりに在住なので、ゲストに呼んだりしてイベントも考えてるとか。

今日もラジオでそんな話をしてたんだけど、面白かったのは、このあたりに住んでるご近所さんで、「三浦さん」の話。この三浦さんは、そうあのハマの番長、横浜の三浦投手のお父さんなんだそうです。三浦投手も玉造出身だったとは知らんかった(@oo@)近所やったんだそうで、三浦少年は子供の頃から岡田選手にあこがれていて、サインをもらって喜んだりしてたそうです。三浦一家は実は昔からの阪神ファンだそうで、息子さんが横浜に入るまでは熱烈に応援してたらしいです。今も、複雑な気持ちだそーで・・。阪神がマジックを点灯させたときは、うちの息子が中日をやっつけて貢献したやろ・・と、そんな話もしてたそうです。

三浦投手といえば、阪神キラーとして有名なんだけど、こんな話を聴くと親近感わいてしまいますね。なんだか応援したくなるわぁ。

日の出商店街は、地域の商店街の典型みたいなところで、決して大規模でも賑やかでも今はないと思います(^oo^;)でも、こんだけ話題になったから、今夜もし優勝が決まったら、きっと賑わうんやろなぁ。鶴橋側からも歩いてこられるし、たくさんの人が集まって喜びを分ち合うんやろなぁ・・・。

高校時代、毎日のようのあのあたりをウロウロし、喫茶店でパフェ食べたり、たこ焼き食ったりしてたなぁ・・・。懐かしい(●^oo^●)
[PR]
by butakotanaka | 2005-09-29 16:10 | スポーツ | Trackback | Comments(3)

みなさーん、なんと、マジック1まで来ましたで!!!すごいーーー!
中日が漫画みたいに負けてくれて、阪神が勝ってしまいました。一気にきましたね。
明日、ほんまに甲子園で胴上げってなるかもしれん。
勝って胴上げやったら最高やのになぁ。負けてでもタイガースらしいといえばそうやけど・・・。

木曜ってことで、もし明日優勝したら、徹夜して特別番組やる人たち、それを見る人たちで、金曜は関西人、いや、全国中、寝不足の虎ファンでいっぱいになるかも(^oo^;)(^oo^;)


明日・・・勝ってくれへんかなぁぁぁぁぁ。
[PR]
by butakotanaka | 2005-09-28 21:32 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

NY滞在中、アラバマ物語という洋書のペーパーバックを一冊読みきり、段階別の薄い本をのぞいて、はじめてのペーパーバック読破体験をした私。

帰国後、向こうで買ってきた、もらってきたなどの本を読み始めるけど、なかなか日本にいるとまとまった時間をとって落ち着いて読書する気持ちになれなかった。で、ニュースを読んだり、社説を読んだり、毎日ラジオ聴いたり、メールのやり取りをしたりしつつ、なんだか定まらないまま数ヶ月が過ぎた。

この間、「SPOOKY NEW YORK」という本を読んだ。これは、ニューヨークの各地区にまつわる怖い話、幽霊の話、魔法使いの話、海賊の話などを集めた短編集。短編集なので、1つ読んだらまた新しいのがはじまる・・・。なんとか読みつづけることができた。結局、200ページほどのこの本を読むのに、八月の末ぐらいまでかかったよ(^oo^;)

向こうでもらった本がまだいっぱいあるんだけど、次に何を読もうって思ったとき、それより以前に買って、我が家の本棚にある本を一冊読んでみようと思った。

今までカナダやニュージーランドからの短期留学から帰るたびに「本を英語で読んでみたい!」と思い、買っては見るんだけど、一冊読みきったことがなかった。っていうよりは、買い込んだ本を、最初の数十ページ読んだところあたりで、進めなくなるのだ(^oo^;)

・丁寧にいちいちわからん単語を調べつつ読んだ場合、そのしんどさに耐えられなくなる

・できるだけあんまりわかんない単語を調べないで、想像しながら読もうとした場合、あまりにもわからない単語だらけで、全く筋が追えなくなる・・

この2つのどちらかにはまり、結局、ほんの少し読んだところで挫折・・・というのがパターン。どれもこれもその状態で、ほおりっぱなしやった。その時の私の印象では「今の私には早すぎるのね(^oo^;)いつかもうちょっと成長したら読めるかも」という感じ。


かくして、今回、再々再度って感じで一冊挑戦中であります(^oo^)
作家は有名なスティーブン・キング。題名は「The Dead Zone」。
今まで何度も挫折してきたこの本。多分読み始める段階で、三回目以上やったと思う(^oo^;)でも、いつもすっかり忘れてしまってるので、最初から読まなくてはならないんですね。今回も挫折するかも・・・と思いつつ、がんばって我慢しつつ読み進めてみた。NYで一冊読んだ経験は思ったよりも大きいと感じはじめたのは、読み始めてしばらくしてから。わからない単語をできるだけ調べすぎず、何度も出てくるのだけ調べつつ読んでも、なんとなく筋を追うことができるようになってるのだ(^oo^)

多分今日で一週間目ぐらいだと思うんだけど、昼間テレビも何もかも消して、静かな中で読書するようになった。空いた時間、先の話が気になって、ヒマがあれば本を開くようになった。450ページ以上あるこの本の、ただ今186ページ!!!これは、快挙です!なんとなく読了できそうな気がしてきました。

読んでて思ったけど、ペーパーバックを原語で読むって、ほんま文化背景とか政治背景とかの知識がいりますね。この本にも、大統領選挙のことやらウォーターゲート事件のことやら、遊園地の遊具の名前やらテレビ番組の名前やらゲームの名前やら・・・・。その国に住んでる人なら当り前の固有名詞たちが並んでて、それがジョークになったり、会話のキーポイントになったりしてるんですね。これがわかんないと、話がわかんないことも多くて・・・・。

そんな背景知識が、前にこの本を買った数年前より増えている自分に気が付きました。なので、読みつづけられるんですな。


ちなみにスティーブン・キングは三冊持ってます。数年前バンコクに旅行したときに、古本フェアやつてて、なぜかバンコクで購入したんです(^oo^;)

このDead Zoneが75バーツやから、225円ぐらいで、Fire StarterとPet Semataryも同じ値段で購入してます。日本で買うよりは安いよね。この三冊、なんとか今年中に読みきれたらいいなぁ。

話は、学校の先生してるジョニーって人が、恋人とのデートの帰り事故にあって、そこから植物人間になり、なんと4年半も眠りつづけて、その後奇跡的に目覚める。そして、彼には不思議な才能が備わっている。そのことで彼の人生が変わっていく・・・みたいな話です。恋の話、医学的な用語、そして政治の世界にもこれからかかわっていくみたい。あらすじ読んでると・・。

さっきアマゾンで検索してみたら、この話有名なんですね。スティーブンキングが自分で一番空きな作品といってるものとか。映画化もされていて、マーティン・シーンが出てるみたい。ストーリーを日本語で説明してるのを読んだら、なんかこの映画見たことある気がしてきた(^oo^;)見たことあるかも・・・。今のところ本を読んでても全然知ってる話って気がしてない鈍感な私だけど(^oo^;)(^oo^;)(^oo^;)まっいいや。読みつづけるぞっと。


秋は読書の季節ですね(^oo^)みんなも何か読んでますかー?(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-09-27 15:00 | 英語・学校 | Trackback | Comments(0)

いやぁ・・・・買いすぎました(^oo^;)
いつもは週末にしか買い物に行かない我が家。自転車一台を連れて行き、それに乗らずに荷台代わりにして2人で歩いていきます。でも、こないだの週末は、ホームセンターに行ったついでにちらっとサティに寄って少しだけ買っただけなので、冷蔵庫の中がだんだん心細くなってきました。こういうとき、普段だと弁当で何日か夕食をごまかすんだけど、今朝、チラシを見たら、万代が安いっ!珍しく1人で自転車に乗って出かけました(^oo^)

いや、万代百貨店(これって関西にしかないのかな?「一で、マンダイ、十で、マンダイ、百で、マンダイ、千で、マンダイ、万で、マンダイ、まんだーいひゃっかてん!」っていうコマーシャルで有名な店です)自身も好きなんだけど、私は特にこの東大阪御厨店のファンです(^oo^)

今朝のチラシは「秋の総力祭」のチラシ。いつもの週末特売よりも力を入れた売り出しの始まりのようです。30店ぐらいのこの近辺のマンダイの共通チラシ。

買ったものの一例を示しますと・・・。

ネスカフェエクセラ250g→598円→我が家の底値です。チラシにはお一人様各1本限りとありますが、実際行ってみると「1人3本限り」とあります。三本買いました。くさらへんし。

超熟食パン100円→2斤買い込みました。冷凍しといたら美味しいままやし。

ネオソフト→138円→まあ底値だと思うので1つ。

ヒガシマル醤油うすくち・こいくち1リットル各105円→これは明日水曜限りの品物とチラシではなってたけど、今日もこの値段で売ってた(^oo^;)うすくちだけ購入。

その他チラシでは1個68円となってた新じゃがコロッケ各種ってのも「チラシでは68円ですが、当店は50円ですー」と店内放送が流れてました。今日限りの68円がそれ以上下がって50円とは根性あるかも。

新生サンマは一匹78円、夕食に食べよう。二匹購入。
銀シャケわりと厚切りは一切れ68円。冷凍しておこう。4切れ購入。

野菜類は大きさとか色々あるからどんな風に安いか書きにくいけど、大根128円とか割と大きいナンキンが半分で100円とか、まっそのあたりを購入しました。
その他買いだめ用に、ゴールデンカレー138円、こくまろシチュー138円などをちょこっと。

一袋100円のじゃがいもやら、にんじんやら、色々買ってたら、もう自転車の前後のかごがいっぱいになったあるよ(・oo・;)(^oo^;)欲と道連れっていうんですな。こういうのは。LL卵98円が割れないように、ゆっくりゆっくり自転車をこぎながらやっと帰り着いたのでした。

さっ、休憩しよっと(^oo^;)
万代さん、ありがとー(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-09-27 11:44 | 日常生活 | Trackback | Comments(8)

またまたブライアンのブログからです。
2004年アメリカで生まれた子供に、人種別に子供にどんな名前をつけるかっていうのの統計が発表されたそうで。ヒスパニック系の1位は女の子がAshleyで、男の子がJustin、アジア・パシフィック系は女の子がEmily、男の子がJayson、アフリカ系では、男の子がElijah、女の子がKaylaなどとなってます。へぇ・・・・。人種別に統計とるんやぁ。面白いなぁ。この国って。

http://www.nyc.gov/html/doh/html/pr/pr098-05.shtml

ここに行くと見られます(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-09-25 09:46 | 英語・学校 | Trackback | Comments(2)

ブライアンのブログに面白いのが載ってました。

フォーリンポリシーとプロスペクトっていう二冊の雑誌が、世界の知識人を100人あげていて、この中からベスト5を選ぶってものです。誰でも自由に投票できるようです。もしこの中に自分が思う人が入ってなかったら、その名前をあげて投票することもできるみたい。

興味ある人はここまで(^oo^)
http://www.foreignpolicy.com/story/cms.php?story_id=3249


私が注目したのは、やっぱ日本人があがってるかってこと。
日本人は2人あがってました。でも、両方とも私の中でピタって来る人じゃなかったなぁ・・・。みんなはどう思うか聞いてみたい(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-09-22 19:46 | 英語・学校 | Trackback | Comments(6)

いや、カテゴリを英語としたんだけど、英語に直接関係ある話しでもないかもしらん(^oo^;)

たこぶがこないだの休みに部屋の掃除してくれたことやし、椅子も新しくなって、ええ気分。ってことで、テーブルの上をちょこっと整理することに。

我が家のダイニングルーム(そんなええもんちゃいますが・・・)は、「なんでもする部屋」です。私が独身の頃にまず一人で越してきて、何年か住んでたこの家なわけですが、ダイニングテーブルはその越してきた時に購入しました。多分通販で。とにかくでかいのがほしかった。今計ってみたら、170cm×80cmぐらいあります。この部屋で何をするか・・・。ほんまに色々です。ご飯食べます、テレビ見ます、パソコンします、勉強します、本を読みます、化粧します・・などなど。リビング兼ダイニング兼書斎ってイメージかも。3階にも、こたつがあるリビングみたいなのがあるんだけど、3階ではネコたちがいるので、紙類を持っていって読書や勉強しようとすると、ネコたちがその上にのっかったり、爪とぎと間違えてガリガリやったりするので、3階にあがる時は何も持っていけないんですね。紙類も、食べ物も・・・。

というわけで、全てのことがこの部屋に集約するんです。

テーブルの上は何もないのが理想・・・とわかってはいるんだけど、だんだんモノが増えてきます。今、向こう半分近くは、本棚状態になっとります。学校の教科書や、プリントや、本や、書類たちが立っていて、その他、ティッシュ、筆記用具、郵便物などを入れた箱などがのっかってるんです。で、それがだんだん手前の方に侵食してきていたんですね。

特に私がNYから帰ったあたりからは、狭くなってきてました。NYで買ったりもらったりした本類が10冊近く。すぐに読み始めるからと、積み上げてあった。でもって、そのまた手前に、たこぶが定期的に図書館から借りてくる本たちが積み上げられてるわけです。最近では、無線LANが開通した我が家、テーブル上には、ノートPCが常にのっているようにもなって、ほんま、モノがいっぱい!

せめて、この本類を減らそう(とっても小さい変化だけど(^oo^;))ってことで、NYからもって帰った本を前の本棚状態のところに収める努力をすることに。まずはそこに元々ある本を減らすために、めったに使わないものを1階の本棚に移動することに。候補にあがったのは、辞書類。一番でかいオックスフォードの辞書、紙で買ったんですよねぇ。カナダにいったとき。これ、今ではほんまに使わない!小さ目のロングマンも買ったなぁ。持ち歩こうと思って。これも使わない。なんでって、電子辞書あるもんね(^oo^;)これがあると、紙の辞書はほんまに開かなくなった。ってことで、これは1階行きだ。

英語の今まで使ってきた教科書などは、たまに振り返って見たりするし、文法書はわりと頻度高く開くことあるし・・・。

んじゃ、プリント類を見てみよう。ってことで、ビニールのファイルにはさまったプリント類を根性決めてチェック。いやぁ・・・・。これ、ほんまに大変ですね(^oo^;)結局半分には減らなかった。悩んでしまいます。何がって、捨てられないから(^oo^;)

実際、いくつかの文書は、コンピューターの中に入ってるんですね。それを印刷したもの。持って歩こうと思ったもの。なんで捨てられないか。「書き込みがあるから」なんですな(^oo^;)わかんない単語を調べたり、例文を書いたり・・・・。でもって、今、振り返ってその単語を見てみても、ほとんど忘れとる(^oo^;)何回も繰り返して読んだり見たりしないと、全く頭に入ってないってことと対面し、ボーゼンとする私・・・。サイマルの授業で使ったもの、その予習のためにネットを調べて印刷した資料、もー・・・ほんまに、捨てようって思うけど、捨てられない。こういうのはいつのタイミングで捨てるんやろ。引越しする時かなぁ、いつやろう・・・なんて考え込んでしまいました。

カナダやニュージーランドで授業で使ったプリント類も、かなり持って帰ってきていて、いつ振り返って眺めるんやって感じ(^oo^;)役立ちそうなものいっぱいあるのに、あんまり見ない。やばいですね、これ(^oo^;)たとえばいいなって思うものは、ワードとかに打ち込んだり、もっと簡単なのではスキャナでスキャンしてコンピューターの中に保存して、紙そのものは捨てる・・っていう手立てもあるわけなんだけど、そうするほどの重要書類でもないしなぁ・・・・。


まぁ、そんなことを考えつつ、一応おさめたいと思ってた本はおさまったので、ヨシとしますが、秋からまた学校に通いはじめたら、またまた紙類が増えるんだなぁ・・なんて思うと、嬉しいんだかうっとおしいんだか・・って感じです。

習ったこと、読んだことが、頭の中にどんどん残っていって、捨てても大丈夫状態になるといいねんけどなぁ・・・。昔、コピーや印刷ができなかった時代の人たちって、学ぶときには、そういう追い詰められた気持ちがあったんでしょね。手書きで写すしかなかったり、今覚えるしかなかったり・・・・。そんな時代に学んでるつもりで、頭の中に残していかないといけないですね。


ほんまにちょこっとしか整理できなったけど、いろんなことを考えさせられた時間なのでした。はぁぁぁぁぁ。。。。。

とりあえず、目の前にある本たちを読みすすめなければ。
[PR]
by butakotanaka | 2005-09-21 12:39 | 英語・学校 | Trackback | Comments(0)

不敗伝説の終焉(;oo;)

とうとうこの日がやってきました(;oo;)(;oo;)(;oo;)
そう、今まで積み上げてきた不敗伝説の終わりの日です。

土曜日、甲子園に観戦に行きましたが、ご存知の通り、初めて負けた試合を観戦することになりました。でも、私の中にはなぜか「ほっとした」気持ちもありました。だって、永遠に続くわけはないんだし、いつか負けると思ってたし、これでよかったなって。そんなに悪い試合じゃなかったし、タイガースもしっかり点をとってくれて、次につながるいい試合だったし。楽しかったです(^oo^)

今回は、たこぶ(^◎^)の姪っ子、Mちゃん夫婦から「チケットがあまってるけど行かない?」というお誘いを受けて飛びついたものです。Mちゃん夫婦、ありがとー!!

実は、私はここしばらくMちゃんとごぶさたでした。結婚式もたこぶが参列したので、旦那さんとも初対面。その点ではちょっぴり緊張もしていたのでした。

この日の試合は、午後4時から。
もう今シーズン今日で最後かもしれない・・と思った私たちは、できるだけ長い時間球場にいたいということで、2時間前の開門に間にあうように、1時半にはもう甲子園に到着してました。球場前は、すんごいことになってました。とにかく、人、人、人!!!アルプス自由席、そして外野の一部自由席のために、半端じゃない人たちが並んでました。球場前の高速道路の高架下の広い広い敷地が、人で埋まってました(@oo@)これはアルプス自由席のための人たち。

少し席が少なめのレフト外野自由席の列はこんな感じです。
b0057103_10312843.jpg



私たちの席はレフトの外野指定席だったので、あわてて並ぶこともないかと、植え込みのあたりで腰掛けてラジオを聞きながら開門の時間を待ちます。そろそろ開門というあたりで、外野指定席の入り口の列に加わりました。先着何名様かわかんないけど、記念品をもらいました。タイガース模様のノートブックです(^^)vうふふふ・・・。今日の席はレフト外野の前から9列目。席からの眺めはこんな感じ。
b0057103_10331417.jpg


そう、金本のすぐ近くなんですね。ほんま、すぐ目の前って感じでした。
今回印象に残ったこととして、その金本ではなくて、相手チームのラミレス選手のことがあります。あの人、ほんまにほんまにサービス精神旺盛なんですね。なんか感動さえ覚えました。

始まる前、守備練習してる間も、ヒマを見ては、レフトアルプスの前列に陣取ったたくさんの虎ファンの子供たちに、何度も何度も愛想をふりまいてました。話し掛けたり、握手したり・・・。ラミちゃん、ペッとかもしてくれてました。あと、守備練習で使ってたボールをそのアルプス席に投げ込み、ファンにプレゼント。2-3人が組になって練習していたので、実際この後、センターの人と、ラミちゃんの練習するボールがなくなり、他のメンバーたちはキャッチボールを続けてるのに、「おいおい、ボールがなかったら何したらええねん、わしら・・・」と、ラミちゃん組の人たちは、手持ちぶさたそうで、なんだか面白かったです。

試合が始まってからも、守備につくたびに、少しの間キャッチボールをするんですが、ラミちゃんは、多分全ての回で、そのボールを客席にプレゼントしてくれてました。観客もそのことをよく知っていて、ラミちゃんが守備につくたびに「ラミちゃーーーん!!」と大声援です。ラミちゃんは回が変わるごとに、投げ入れる方向を変えて、満遍なくいろんな場所のファンへボールをプレゼントしてました。こういう風景を見ていると、野球は闘いなんだけど、スポーツであって、敵も味方もなく、お互いの選手のいいプレイを認め合いながら、楽しむといいんだなぁ・・・って改めて思いますね。

ヤクルトのファンは、丁度私たちの席の後ろの方。人数は少ないながらも、すんごくがんばって応援してはりました。得点が入ったりすると、あの例の傘が出てきます。こんな感じ(^oo^)

b0057103_1040419.jpg


なんかこっちまで、「点が入ってよかったね!」と一緒に応援したくなりました。いや、虎ファンからすればくやしいんだけど・・・・(^oo^;)

そうそう、Mちゃん夫妻ですが、なんだかとってもさわやかカップル!ええ感じの夫婦でしたわぁ。Mちゃんは、昔のままで、若いし可愛いし。旦那さんは、毎日放送の西アナと、阪神の矢野を足して2で割ったような濃い系の男前で、性格もめっちゃええヤツって感じ。この2人の横での観戦は、快適でした(^oo^)彼らは、今シーズン18回っていってたかなぁ、観戦。なので、たとえばジェット風船にしても、私たちみたいに行く度に4本入り200円を買うというようなことはありません。37本入り1000円というのを購入するそうです。さすがっ!観客席によって、「ここにしか売ってないものがあるんです」と、そこだけにある売店で美味しいもんを食いつつの観戦でした。慣れてくるといろーんな楽しみ方があるんですね。

私の周りでは、赤星ラーメンとか、金本弁当とか、あと何て名前か知らんけど、カレーうどんがはやってました。あと焼き鳥とか。今度おなか空かせていって食べてみるのもええなって思いました。

負けた試合ってのをはじめて体験したわけですが、負けた時って、試合の終わりがめちゃ淡白なんですね(^oo^;)試合が終った途端に解散っ!なわけです。いつもなら(勝ったときなら)、ヒーローインタビュー、六甲颪、スタメン応援歌のおさらい・・・と色々な儀式があって、三々五々帰っていくってパターンなんだけど、とにかく全員がいっせいに球場を後にするんですね、負けたときは(^oo^;)(^oo^;)

今回は、4時からの試合だったので、終わって球場の外に出てもまだ7時すぎ。ってことで、球場のすぐ近くのケンタッキーで休憩することにしました。晩御飯も食べようってことで。カーネルおぢさんはこんな感じ(^oo^)
b0057103_104544.jpg


なかなか可愛いでしょ?(^oo^)
チキン食って、休憩して、なんだか妙にゆったりした気分。そっからおもむろに駅に向かい、すぐに出発した臨時ノンストップ特急にてさっさと梅田に着くことができました。

しかぁし、観戦記はここでは終らないのです(^oo^)
難波まで地下鉄、そしてそこから近鉄に乗った私たち。しっかり座席も確保してぼーっと休憩しつつ座ってました。途中の駅で、つえをついた、でもしっかりした感じのおぢさんが乗ってこられたので、「どーぞ(^oo^)」と席をゆずりました。そのおぢさんは、たこぶの横に座ります。譲った私も、たこぶのそばを離れるのもおかしいので、そのままたこぶの前に座ります。ふと見ると、そのおぢさん、タイガースの帽子をかぶってるんですね。しかも、そのツバのところには、誰かのサインが!!誰のサインやろう・・・って考えながらしばらく見つめるも、あまりにもその字がミミズすぎて、読めない。知りたい、誰のやろ・・・。でも、全然知らん人やしな。。と考えるうちに、勝手に口が動いてました(^oo^;)

「それ、誰のサインなんですか?(^oo^)」と・・・(^oo^;)
おぢさんも、横におったたこぶも、ちょっとビクっとしてましたが・・・。「あの、私たちも今甲子園からの帰りなんです!」というと、おぢさんしっかり答えてくれました。「あっ、これな、今岡!」「えっ、今岡ですか?(@oo@)すごいっ!ええなあぁぁぁ」と、こっから、会話が始まりまして・・・・。

このおぢさんの帽子自体は、何年か前の開幕試合でもらったものだそうです。開幕試合では、先着何名さまかにこうやって毎年違う形の帽子をくれるんだって。記念品で。このおぢさんも2つ持ってたんだけど、1つは、なくしてしまったんだそうです。なにやら、今日かぶってるのと嬉しいから2つ重ねてかぶってたら、何時の間にか1つになってたんだそーです(^oo^;)あははは。

で、サインはどうやってもらったかというと、なんと、契約更改のときに球場前で待ち伏せしてもらうという方法があるんだって。おぢさんの息子さんがめちゃトラファンで、息子さんと一緒に行って、何時間も何時間も待ってやっともらったんだといってました。考えてみたら契約更改の時期というと、12月とか1月。球場前で待つといっても、寒くて大変だったと思います。そういうファンの気持ちもわかっているのか、待ってる人全員にサインくれたりしたんだそうです。

そんな話で盛り上がってる間、途中の駅から、別のトラファンが乗ってきました。なんとそれが今話題になってたおぢさんの息子さん。偶然なのか、この電車に乗ることをしめしあってたのはわかんないんだけど(^oo^;)とにかく、またそっから話がはずみまして・・・。その息子さんは今日の試合を見に行ってはったそうです。で、記念品は私たちみたいなノートブックではなくて、お米だったんだって(@oo@)そういえば今日の始球式は、福井県のコシヒカリ協会の人やったなぁ。ホーム側の記念品は、アウェイ側と違うんですね。知らんかったなぁ・・・・。ま、アウェイ側でも何かくれるだけええけど。

契約更改の時にサインもらうときは、なんと7時間も並んだことあるとか、いってました。でも、ここ最近、前回優勝してから後は、ものすごーく人数が増えて、日程が公開されなくなったし、いつ契約更改がおこなわれるかわかんなくなったんだそうです。で、この親子もここ数年は行かなくなったんだとか。優勝する前は、ほんの数人しかいなかったことも多くて、野崎前球団社長には「おっ」と、挨拶されるぐらい顔を覚えられてたんだって(^oo^;)筋金入りのファンですな。まだまだ話してたかったんだけど、あっという間に、私たちの駅に着いてしまいました。「私らも、追いつけるように、これからもがんばって応援しまーす!」と挨拶して電車を降りました。

別に住所も名前も交換しあったわけじゃなくて、今日だけ、今だけの会話なんだけど、なんだか虎ファンってだけで話がめちゃはずんで、一瞬で信頼感が生まれて、なんか楽しくてあったかくて嬉しい時間でした(^oo^)


ここまでの時間全部が楽しかった土曜日なのでした。
負けたけど、そんなのは仕方ない。
日曜、気持ちよーく勝ってくれたし。


さァ、今日からは中日との3連戦ですよね。私の中では、1つ勝ってくれたらそれで充分って気持ちです。昨日今岡がデッドボール受けて途中退場してるし、シーツもしばらくお休み、安藤は奥さんの病気で登録抹消っていうなんだか緊急事態にいるみたいだし、選手たちの健康やらいろんなことが心配。みんな、元気で気持ちよく優勝の瞬間を迎えてほしいなぁ。

今日もがんばって応援するぞー(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-09-19 10:59 | スポーツ | Trackback(1) | Comments(1)