<   2005年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

たこぶもひとり言に書いてるけど、昨日は、宇治まで出かけてきました。
前日に突然「明日天気よさそうやから、どっか行こう!」ってことになり、奈良か京都、近場で近鉄でいけるところ・・という条件で探し、片道670円で行ける宇治に決定(^oo^)

平等院見て、抹茶ソフトとほうじ茶ソフト食べて、茶うどん食し、天ケ瀬のつり橋渡り、もみじ谷という東海自然歩道の一部をお散歩、そうこうしてる間に疲れた。全部で4時間ぐらいは歩いたかな。もみじ谷を出て、普通の道に入り、住宅街を抜けたところに、地域の文化センターがあった。そこの前には魅惑のバス停が(^oo^)

「そーや、こっからバスで行こう!歩いたら駅まで1時間近くはかかりそうやし、そんな元気ないもんな」と決定。しかし目の前にある道路沿いのバス停は近鉄の駅には行かないみたい。あきらめかけたところに、ふと後ろにある空き地みたいなところを見たら、その空き地みたいなところに小さな小屋みたいな建物があり、その前に小さなバスが止まってた。そう、大阪市のバスに比べたらふた回りぐらい小さなバス。何か特別なバスなんかと思ってよく見たら、なんと宇治市営バスやった。おっ、でもって、「近鉄大久保駅行き」と書いてあるやん!

中には誰もいない・・・ように見えたけど、一人だけおばさん(おばさんと呼ぶのを許してねっ。親しみをこめてそうあえて呼びます)が乗ってはった。これ、もうすぐ出発するんかも・・と思い、思わず走ってそこに向った。バス停や、やっぱり!時刻表を見たら、なんと一日に4本ぐらいしかないバスやん。土曜用のやら日曜用のがややこしくて、よくわからん!

で、中に座ってるおばさんに「あの、これ近鉄の駅に行きますか?」と聞いてみた。
「はいはい。行きますよー。大久保はね、色々なところ回っていくからちょっと遠回りかも。でも、小倉駅でもよかったら近鉄小倉駅も行きますよ」と教えてくれたので、早速乗り込む私たち(^oo^)(^◎^)

今日朝からどこどこにいったと、早速報告する私。だって、宇治がとってもいいところだなって思ったから、地元の人にありがとうって意味もこめて、言いたくなったんだもん(^oo^)すんごく気持ちよかったって。おばさんはニコニコ笑って聞いてくれて、「宇治もねぇ、京都の中では離れてるから、観光の人たちが通り過ぎてしまうので、色々人が寄ってくれるようにがんばってはるみたいですけどねぇ」と最近の観光客の減少をなげいてはった。

お話しもひとしきり終わり、私たちはぼーっとそばの景色を眺めつつ、そのすぐ前にある文化センターの話しに。「ここって、文化センターやから、色々な催しとかやってるんやろね(^oo^)」「そやな、そらやってるんやろな(^◎^)」

すると、そのおばさんがいきなり、かばんをごそごそし始め(私たちとおばさんは、バスの前の方の席に、通路をはさんで座ってました)、一枚の紙を手渡してくれます。「これ持っといて!」と言いながら。見てみると、それはその文化センターの11月の催し案内です。せっかく自分のために取ってきたものを下さるなんて、なんて親切なんだ!「ありがとうございます!(^oo^)へえ、いろんなのがやってるんですねぇ」と私は感激。それからしばらくその紙を見ながらたこぶと楽しんだ。おばさん、「私もねぇ、そこにある茂山さんの狂言が見たくて、整理券をもらいに来たんだけど、市役所でもらいなさいって言われたのよ」とかそんな話しをしてくれた。

そうして話してる間にバスは出発。私たちが降りるのは近鉄小倉という駅の近く。

バスが「次は小倉ー小倉ー」といった。「あれ?これって小倉駅の小倉かな?」そう思って近くの人に尋ねたけど、答えははっきりしない。結局運転手さんに尋ねたら、「小倉」というバス停の次に「小倉駅前」というのがあるんやって。ややこしい!!

「小倉駅前」で下車した私たち。降りしなにおばさんに「ありがとうございました!(^oo^)(^◎^)」とお礼を言うと、おばさんも一緒に降りてきた。「私も行くから一緒にどうぞ!」やって。


私が「電車でどちらかに出かけられるんですか?」と聞いても「いや、ちょっとそこまで行くから」みたいな感じでぼかしてよくわかんない。駅に用事でもあるんかな。どっか近くまで行くんかなと思った。

道すがら色々話しがはずむ。
おばさんには三人の息子さんがいて、みんな結婚してるんやって。そのうち上の2人の息子さんにはそれぞれ2人ずつの子供さんがいて、おばさんは四人の孫を持ってる。一番上は高校生やって。来年は沖縄にある大学を目指して勉強しているらしい。一番若い息子さんは、2003年にミヤコホテルで結婚式をあげたんだそうです。そして、おばさんが一番心配してるのは、一人娘さん。娘さんは、聞いてみると、たこぶと同い年。で、未婚なんだそうです。「この子が結婚するまで私死んでも死にきれないんです」と悲しそうにおっしゃいます。

私が「いや、何歳でも素敵な人とめぐり合えば結婚する、それが時ですから、きっと大丈夫!」と言うと、「そうですかねえ。そうだといいんですけど。仕事を一生懸命やってがんばってるんですけど、なかなか結婚するっていってくれなくてねぇ。彼も紹介してくれたことがないんですよ」といいます。

で、私たちに「新婚さんですか?そうでしょ?仲よくて、よろしいなぁ」と言ってくれました。「お子さんは?」との言葉に私が、「私たち、たまたま子どもがいないんですよ。ねっ、子供さんが欲しいとなると、娘さんの結婚の時期も気になるかもしれないですけど、たとえば私たちみたいに子どもがいない夫婦もいるし、出産が関係なければ、何歳で結婚してもあまり関係ないと思いますよ。いくつになってもいい相手が見つかるときはあるし。いい人が見つかるといいですね」と言いました。なんだか、お話しを聞いてるうちに、昔からの知り合いみたいな気がしてきます。

バス停からたった2-3分の駅に行くまでの間にこんなに話しがはずんでしまいました。別れ際、「いやー、今日はこんなに綺麗な人に会えてよかったです」とか、歯の浮くような言葉までくれたりして(^oo^;)
私も「私たちも、本当に親切にしていただいてお礼の言葉もないです。本当にありがとうございました。お元気で!!」と言い合い別れました。電車に乗るのかと思ったら、なんと「私はこっちに行きますので・・・・」と、駅から離れた方向に歩き出すおばさん!えっ、ってことは、私たちを送るだけのために、一緒に駅まで来てくれたの???なんという親切な人なんだ!

なんだか心が本当にあったかくなって、たこぶとそれからしばらくそのおばさんの話しをしてました。「ええ人やったねぇ。ほんまにええ人やったねぇ。」と。

3分ぐらいしたでしょうか。次の電車が間もなく来る時間です。その時、誰かが走る音が聞こえてきました。そして「あのー!!」と聞き覚えのある声が。そう、さっきのおばさんです!何かと思えば、「今、駅員さんにいうて、いれてもらってきたんですけどね、あのね、大久保っていう駅で急行に乗り換えたら早く着きますから、乗り換えてください!それが言いたくてきたんです。気をつけて帰ってね!」やてーーー!!

もう私、涙がちょちょぎれるぐらい感動してしまいました。おばさんと握手をかわしたりなんかして、「わざわざ本当にありがとうございますぅぅぅ。本当に!!ありがとうございました!お元気で!」と最後の言葉を交わし、あわただしくその時ホームに入ってきた電車に乗り込んだのでした。


なんか、宇治にこの日に出かけて本当によかったなって思いました。
たくさんの観光名所を見て、名所じゃない景色も見て、それぞれのお宅の丹精に手入れされた草木も楽しんで、そして最後にこんなに素敵なおばさんに出会ったんですもんね(^oo^)

日帰りのミニ旅行だったけど、ほんまにほんまにいい気持ちになりました。おばさんありがとう(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-10-31 20:19 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

ネタ探し・・・。

月曜の先生には、できるだけ毎週何かライティングを提出しようって決心したのに、いきなりネタにつまってます(^oo^;)もう今日と明日しかないっちゅーねん。

何か書こう何か書こうと思うけど、書きたいネタがないんですねぇ。


それから、木曜の授業、次回は祝日でお休み。その次11/10には、ニュース&ビューズってのがあります。これは、自分が気にいった記事やニュースレポートなど、何かネタを用意し、まずそれがどんな内容なのかをクラスメートに説明し、その後、それを元に議論を誘導するってもの。

まず初めに、その中に出てくる新しい表現、難しい単語をみんなに前もって説明し、その後記事の内容を紹介、そして何問か討論のための質問を用意し、みんなの意見を引き出す・・・という役割をこなさなくてはならないんですね。簡単なプレゼンです。

みんなが興味がわきそうなネタを探すのがいつも一苦労。大体半年のタームの間に3-4回、こういう機会があります。今期はじめてのこの機会、何か話がはずみそうなのないかなぁ・・と、あちこちの新聞ウェブとかウロウロしてます。

それと共に、どうやって話す内容をまとめるか、プレゼンのやり方を指南した本を図書館から借りてきて読んでたりもします。人に伝わりやすい話し方、文章のまとめ方って、日本語と英語と違う面もあるから、色々面白い。

うーーー・・・。なんかええのん、ないかなぁぁぁぁ。
[PR]
by butakotanaka | 2005-10-29 12:24 | 英語・学校 | Trackback | Comments(4)

何を書こうということもなく、ここに向っています・・・・。

いやー、シリーズも終わり、野球シーズンも終りました。
これから何を楽しみにすればいいんだぁぁ(;oo;)(;oo;)
今年は、3月から6月はじめまで日本にいなかったからオープン戦も見られなかったし、開幕当初の戦いや、交流戦のこともよくわかんなかった。途中からやったけど、楽しませてくれたなぁ。

冬のスポーツといえば、フィギュアスケートが好きなんです。
でも、あんまり放映されへんしなぁ。こないだのスケート・アメリカでも、関大の高橋くんが優勝したけど、詳しく放送はあんまりされてへんかったなぁ。

水曜の夜は、さりちゃんが泊まりに来まして・・・。
もし勝ったら木曜も泊まるということで二日分お泊まりの用意してきたんだけど、一泊で終ってしまいました(^oo^;)最高の興奮ということもなかったけど、それなりに盛り上がり、ロッテの優勝瞬間を見て、その後は特別番組があったわけでもなかったから、雑談に花が咲きました。次の日にある英語クラスでの討論のネタについてどう思うかなどをインタビューしたりして、マヂメな話でも盛り上がったりしました。

昨日木曜は英語の日。
先生は風邪でお休み。だいぶひどいみたいやから心配。でも、代わりの先生が見つかって休めたってことで、それは身体のためにはよかったから、その点はほっとした。代わりの先生は、初めて教えてもらう先生。男の先生でイギリスの人。すごくおだやかな性格のやさしいタイプ。

昨日は、最初から最後までずぅぅぅっと討論って感じ。お互いの論点をつかんで、それに対して意見を述べたりってのを繰り返してると、やっぱかなり疲れる。必死でわかろうとするから、余計に疲れる・・・。これこそがいい勉強なんだけど。

ちょっとびっくりたのは、授業の最初。先生が「ボクはここのみんなのことを知らないから簡単に紹介してほしいなぁ。えっと、自己紹介は面白くないから、誰かが他の誰かを紹介するって形でどうかな」と言った。で、現役大学生のMくんが私を紹介することに。ちなみに今日で4回目の授業です。生徒は三人ね。私もいれて。自分以外は2人だけってことね。

私がびっくりしたのは、彼がモジモジってしてるから、どうしたのかなって思ったら、私の名前を覚えてなかったってことでありまして(^oo^;)(^oo^;)

ものすごーーく難しい単語や言い回しをいっぱい知ってて、記憶力もかなりあると思われる彼なのに、名前を覚えてないんだーってちょっと驚いた。で、もう1人の人Yの名前はなんとか覚えてみたいだけど、その名前を私の名前だと勘違いもしていたりして(^oo^;)「Yさんでしたか?」というので、私が「いや、Yはこっちだよ」と隣にいたYをさした。で、私の名前はというと、わかんかなったというわけです。

で、考えた。その後続く討論の中で・・・。
日本人って、相手の名前を呼ぶ習慣がない気がする・・・。誰かを「だれだれさーん!」と呼ぶって時は別だけど。挨拶するときや質問するときのこと。「おはよう!」とか「こんにちは!」とか「これについてどうおもう?」っていうとき、主語がない。で、名前の呼びかけもない。

英語だと、必ずといっていいほど、「おはよう、ぶたこ!」「元気にしてる?ぶたこ」「これってどう思う?ぶたこ」と、必ず最後に相手の名前を付け加えるんですよね。「YOU」という観念ではなくて、その人の名前で意識してる。

討論の中でも、お互い質問しあったりするときも。
What do you think about it?
As she said....
How about you?
とか言うとき、「you」だったり「she」だったりするんだけど、そこに名前が存在しないって感じ。私はどうかというと、いつも名前を付け加えるかどうかは自信ないけど、何時の間にか、できるだれけ名前を呼ぶようにしてる自分に気がついた。多分、数少ないながらも外国で生活することを経験して、相手からそんな風に名前を呼んでもらうことがあって、素敵だなって思って、自分もそうしなくちゃ・・って思ったんだと思う。できるだけ呼ぶようにしてるから、名前を覚えるってことになるし。

まあ、そういう文化的背景もあって、名前を覚えなかったり、忘れたりするのかなぁ・・・って思ったのでした。授業の中で先生が何度も生徒の名前を呼んでいるんだけど、生徒同士が呼び合わないって、考えてみたら面白いね(^oo^)


外国語を学ぶって、ほんと、面白い。

昨日は知らない言葉がいっぱい出てきた。
特にその学生の彼から、いっぱい知らない単語が出てくる。よう難しい単語知ってるねんなぁぁぁ。聞いてみたら最近英検一級の一次試験を受けたばっかりで、いろんな単語が頭の中に残ってるんだとか。ふーん、すごいなぁ。

昨日知った単語たち・・・
gratuitous
tenacious
glamorise
laborious
media literacy
leftist
rightist

あかん・・・覚えられへん(^oo^;)(^oo^;)知っただけでは使えないのであった。


ちょっと疲れきった私は、大好きなうどんの四国で、最近お気に入りの「ごぼ天ぶっかけうどん」を食し、ちょっと元気回復。夜のクラスに向いました。

合間の時間には、いつもの福本さんの野球番組をラジオで楽しみます。福本さんのおしゃべり聞いてると癒されるなぁ。

夜のクラス、少し早い目に着くように行ったら、数人の方が来られていて雑談。みんな先週のリスニングが難しかったとか、1人の人は娘さんに「お母さん学校行くのイヤ」とグチッてしまい、娘さんから「子供の登校拒否やな」と叱られたとかおっしゃってました。

悩みつつ落ち込みつつ、みんな一生懸命学んでるんやなあ・・・とここに来るとなんか元気が出るんです。よかった、今期このクラスをとって(^oo^)

夜は、前日聴けなかったブライアンのラジオ。多分来週からサマータイムが終って1時間始まるのが遅くなるんじゃないかしらん。今が11時からなんが、12時からかぁ。うーん、きついな(^oo^;)

なんやかやで充実している木曜日。
金曜の今朝、起きたらお昼過ぎていた(^oo^;)(^oo^;)寝すぎやって(^oo^;)(^oo^;)

いっぱい寝て、すきっとした(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-10-28 14:58 | 日常生活 | Trackback | Comments(5)


こないだ書いたニューヨーク地下鉄の特別限定割引セールの話ですが、まだ決定とは行かないようです。パタキ知事が「やめたら?」って言い出したんだって。市長さんと知事さんが合意したってのは違うかったんかな。記事はここです↓
http://www.nypost.com/news/regionalnews/56181.htm


この予想外の黒字は、一時的な値下げで乗客を増やすことに使うよりは、もっと基本的なこと、たとえばセキュリティとか、駅舎や線路のメンテナンスなんかに使うべきちゃうか・・やって。まっ、そうともいえるけど。ぬか喜びした人の気持ちはどーなるねんって感じですね(^oo^;)もうちょっと事態は動いていきそうです。
[PR]
by butakotanaka | 2005-10-27 10:12 | NY・留学 | Trackback | Comments(0)

マヂメに・・・・

勉強してまーす(^oo^)

ちょっと疲れたので休憩だ。
今夜で終るかもしれない日本シリーズにあせった私たち、さりちゃんを呼んで観戦会を開くことになった。ってことで夜は勉強しないし、夜更かしもするかもしれない。明日はサイマルだ。宿題やらなくちゃ。。。お尻に火がついて真面目に勉強してるわけです。

しかーし、宿題のリーディングアーティクルに行く前に、こないだまでの復習しようと、こないだやったスクリプトを音読し、知らない表現を調べてたら面白いから辞書の中をお散歩。ついでにここ2-3日で得た新しい単語や表現を英語の方のブログにアップ。

それからこないだ授業でやったジョーンズ・ソーダっていう面白い炭酸飲料の会社のことを英文ブログにアップ。でもって、しばらく書いてなかったアメリカの友人へのメールを数通書きたくなって書いた。そんなんしてる間に数時間たったあるよ(^oo^;)いや、これもまた自分のためになってるねんけど。

で、やっと宿題のリーディング。これは実は以前のクラスでやった教科書の中の文章やった。映画ランボーの。思い出した。で、教科書開くといっぱい書き込みがあった。でも・・・。ほとんど何も覚えてないやんけ(^oo^;)(^oo^;)

収穫はあった。この文章、めちゃ難しかったんですね。去年授業でやった時、多分ほとんど意味がわかってなかった。この文章が否定的なのか肯定的なのかも多分言えなかったぐらいだと思う。そんぐらい自分の理解についていけないレベルやった。レベル5にあがってすぐにやった授業やったしなぁ。

で、今日読んでみて嬉しいなって思ったのは、難しい単語は前と同じように知らないのもあるけど、文章全体の意味が前よりもつかめるようになってるってこと。単語一個一個を知ってるとかそういうのよりも、全体を通して何をいってるのか、言いたいことの色合いみたいなのが見えてきた。これは前に読んだときには全くなかったこと。今、やっと一通り読み終わったところ。音読しながら、試しに大体の意味を段落ごとに日本語でサマリーしながら書きながらやってみた。意味がちゃんと理解できた。嬉しい(^oo^)

今から、いよいよ質問に答えるという段階。いやー時間かけたなぁ。かけすぎかも(^oo^;)いや、たまにはこうやって丁寧にやるのも必要やんね。気持ちええし。ちゃんとやれたら。時間制限があるときはゆっくりしてたらあかんけど。

それにしても、この著者、めっちゃランボーって映画が嫌いみたい(^oo^;)私、見たことないから知らんけど。すんごく暴力的らしく・・・。肉体さらけ出してるだけで、セリフらしいセリフもしゃべらへんやんけって論調。こんなんと比べたら、クリントイーストウッドなんて、しゃべっりっぱなしっていう風になるやんってぐらい、スタローンはまともにセリフ言ってないやん、筋肉見せるだけがノウちゃうで・・・とか(^oo^;)(^oo^;)めちゃめちゃいうとる。

書いた人は女か男か当てるという質問があるけど、まっ女やろな。この書き方は(^oo^;)


ふぅーーー・・・疲れた。ここまでで力尽きるかもぉぉ。


こうしながらも、タイガースのこと気にかかるよー。ええゲームしてほしい(;oo;)(;oo;)今夜こそ。
[PR]
by butakotanaka | 2005-10-26 15:54 | 英語・学校 | Trackback | Comments(2)

いやー、三試合で30点かぁ。まぎれもなく歴史に残る試合やったな(^oo^;)
いやー、ここまで来るといろんなことが心配になってきます。

ファンもつらい。しかし、選手や監督は、もっともっとつらいはずや。
責任も感じてるはずや。
その家族はどんな気持ちなんやろ。久しぶりに自宅に戻った彼らを今夜迎える気持ちは・・・。
ヒットが出ていない出ていないと取り上げられる金本を楽にしてあげたい。誰も責めないでほしい。みんな一生懸命やってるのは間違いなく、誰もが勝ちたいと思ってやってるのは間違いないんだから。

怒るとかそんな気持ちはまったくない。
でも、このまま明日も負けたりして終ったら、パレードもなんだかすっきりしない気持ちでするんかなぁとか、お祭り気分にはなられへんのかなぁとか・・・。
ファン同士がケンカはじめたりしないといいな、ヤケになる人が出ないといいな、あんなに一生懸命やってるんだから、選手たちにひどいヤジを飛ばすのはやめてほしいなぁ(;oo;)とか。ほんまにいろんなことが心配になって、胃が痛くなるね(^oo^;)彼らにはこれからがあり来年もある。今年で全てが終るわけではない。今年本当に強いと言われた阪神だけど、それ以上にプレイオフを勝ち残り、戦いながらどんどん成長しつづけたロッテの選手たちが更にすごかったってことで、もっと努力する余地があるってこと。楽しみが残ってるともいえるもんね。

虎フアンも今年で終るわけではないし、これからも強くても弱くてもいつも選手たちの、チームの味方のはず。長い長いお付き合いなんだもん。家族のような存在なんだもん。それをふまえて、最後の最後まで応援したいよね。

福本さんのラジオの解説も、佐々木さんのも、テレビの吉田さんや真弓さんのも、みんなあたたかい気がした。特に福本さんは、アナウンサーが「もう情けない出来ですねぇ」とか金本のことをあおっても、「カネだけが目立つから言われるけど、あいつだけやない、みんなが本来じゃないだけ。彼だけを責めてもあかん」と言ってた。ちょっと感動した。ありがとー。福本さん。


なんか、哀しいね。
さりちゃんとのテレビ観戦もこのままだと実現しないまま終りそうなので、明日急遽やることになりましたぁ(^oo^)もしロッテの胴上げを見ることになっても、阪神の選手たちにテレビの前で「お疲れさん!」って言ってあげたいもんね。試合が盛り上がらなかったら、おしゃべりで盛り上がろうじゃあないの(^oo^)

さてっと、明日はさりちゃんを迎えることだし、夜は野球に集中するから、昼間のあいだにあさってのサイマルのために宿題を片付けなくちゃ。映画ランボーに関する話です。映画やメディアにおける暴力シーンの話や、子供がそれを真似したりして危ないのかとか、どんぐらい規制すべきか、映画の中でのアメリカの勝利主義、愛国主義、ベトナム戦争の影響は・・などなど。英語で自分の意見を言うのは難しい!どう思うか考えを整理していかなければ・・・。


ところで、宿題の質問の中で「最近、レオナルド・ディカプリオが、これから先暴力シーンのある映画にはもう出演しないと決心したと語ったけど、これについてどう思うか」ってのがあったんだけど、これってほんと?全然知らなかったです。誰か知ってる人います?調べたけどわからんかった。ほんまかなぁ。ひっかけ問題やったりして(^oo^;)

さっ、今夜もラジオでも聴こうっと。
[PR]
by butakotanaka | 2005-10-25 23:34 | 日常生活 | Trackback(1) | Comments(0)

眠たいねん(^oo^;)

いつもなら午前1時に終るはずのブライアンのショーですが・・・。
NY時間で午後1時からブッシュ大統領の生会見があることになり、ブライアンも1時間休憩した後、急遽その会見を中継し、その後専門家と共に分析する特別番組・・・となったので、ついつい1時間余分に夜更かしし聞きつづけております。

ネタは、FRBのグリーンスパン議長の後釜発表ってやつです。
http://www.princeton.edu/~bernanke/
こんな人のようです。
名前の発音が難しいみたいだけど、カタカナで書くと「バナーキー」みたいな感じかな。「ナー」のところにストレスがあるみたい。どうやって発音するのかいくつかのメディアで意見が分かれているようです(^oo^;)面白いよね。とにかく、このベンさんに決まったようです。

ヒマやからネットのニュースをウロウロしてたら、ロンドンの地下鉄が値上げってニュースが。
私、1回しかロンドンに行ったことなくて、それもだいぶ前だから知らなかったんだけど、ロンドンの地下鉄って、めちゃめちゃ高いんですね(@oo@)(@oo@)(@oo@)現行でも初乗りが2ポンド。
それが値上がりして、なんと3ポンド、約610円になるとか!初乗りでっせ!レートの違いはあるにしても、これはかなりの値段だ(@oo@)(@oo@)ロンドンに住んで地下鉄に毎日乗る人にとっては、かなりの値上げだよねぇ。いや、ほんま。

さて、特別番組も終ったか・・・。
ぼちぼち寝ようっと。おやすみなさい(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-10-25 02:24 | Watch&Say | Trackback | Comments(0)

興味ない人もいるかもしらんが(^oo^;)自分の記憶のためにも・・・。
こないだ書いた作文を先生が早速添削してくれました。
授業の休憩時間に渡して、放課後「もうちょっとここに残って自習していくんです(^oo^)」と雑談と思って話してたら、勉強してる部屋に授業が終わって30分後ぐらいに入ってきて、「はいっこれ。もし何か質問があったら・・・」というので、私が「あっ、次回に質問すればいいんですよね(^oo^)」と言うと、「いや、まだしばらく職員室にいるから聞きにきてくれていいからね」だって。なんて親切なんだ。お言葉に甘えて、それからなおしてもらった箇所を見直し、辞書で調べ、それでもしっかり理解できなかったところを職員室に聞きに行きました。大体は次の週に返してくれて、その次の週までに見直してわからないことを質問する・・という感じだったから、すんごく展開が早くて、書いたことを自分でもまだしっかり覚えていていい感じ。

なおしてもらったところを赤字で書いてます(^oo^)
*************

*****************
Prime Minister Junichiro Koizumi visited Yasukuni Shrine on Monday morning despite strong objections from China and South Korea. This time, he emphasized his visit not as the leader of Japan but as an individual. Following his promise to make annual visits and showing them to be personal, Mr. Koizumi wore an ordinary suit compared to a formal one in his previous visits.

Looking at one of the strong reactions against it, China has announced it will cancel the top-executives’ upcoming meeting. We don’t yet know whether or not we will see any worse effects from it in the future.

I’m not an expert on the international relationship between Japan and Asian countries. I’m just sad about desperately repeated conflicts with the two neighbouring countries, both of which we really want to get along with. The violent demonstrations against Japan that occurred in China this spring were memorable for me. It gave me a strong impression because I was not in Japan but in the U.S. at that time. I was in New York to study English. I want there this spring and spent three months. When the movement occurred suddenly, I felt sad and isolated at the same time. People on the street in NY seemed not to care about Asian issues at all. The mainstream media didn’t mention it for at least the first few days. I felt that only I was worried about it. I have a few friends living and working in China. I thought about them being in danger in a foreign country. There was a long-distance between us. I couldn’t do anything for them except praying. Tears came out as I walked on the street.

After a lot of tears, I got helped out by the countries’ people, who were my classmates. One day while struggling with the feeling of isolation, I had dinner with two of my classmates, a Korean and a Chinese. In our class, there were students from all over the world. We, Asian students, gradually get united with each other under the circumstance. We could relate to each other because of having similar cultures and customs in many ways. On our way to the restaurant, we shouted out, “Oh, we all are Asians!! That’s great!” I talked about the difficult situation with the Chinese classmate later on. To my delight, she loves Japan! she told me about her visit to Japan and how much she loves my country. I was really glad to hear that and my sadness went away. We became really close friends.

What I learned by the experience is that any difficult problems between us would be solved if everyone were a good diplomat. I believe we can make a wonderful relationship with every Asian nation in the near future. Each nation’s effort is definitely needed. Also I want Mr. Koizumi to think about what he can do for the better relationship apart from his personal religion because he cannot just think of his personal matters as a leader of a nation. But at the same time, we should keep in mind that we shouldn’t only leave everything to our leader but also sincerely try to solve any problems by making individual efforts. I want to be a good diplomat myself!
**********************

いらないところを省いたのは、赤字で書けないから、ただ省いただけになってます。
どなたかの参考になれば・・・。

(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-10-24 22:57 | 英語・学校 | Trackback | Comments(4)

当たりぃーーー(^oo^)

前に書いたシルバーコーラスの来年春の文化祭に出演できるかどうかの抽選の結果です。
そう、当たりましたぁぁぁ!!!
景気のいい話も書いておかなくちゃね(^oo^)

前の月曜の抽選が行われているはずだったんだけど、金曜の練習の時点では、まだ結果を知らせるハガキが来てなくて、みんなに知らせられなかったんですね。

で、何やら練習が終わり帰りに役員の方が事務所に顔を出した時に、結果を教えてくださり、その後みんなが帰宅したら、役員の方んちにハガキが届いていて、確定。すぐに我が家にお電話をくださいました。これに参加できなくても、楽しく練習を続ければいいんだけど、でもやっぱり年に一度の誰かの前で歌うという気持ちのはりあいは、あったほうがいいわけです。

たとえば、大阪府の合唱連盟とかに所属させてもらって合唱祭に出演するという選択肢もあるんだけど、シルバーの皆さんにとっては、府内といえども、市外に出かけて朝から晩まで行動する・・なんてのは、かなり大変。体力のある人と、少ししんどい人に差があるので、行ける人は限られてしまいます。なので、こういう市内で行われる行事に出ることが今の私たちのできることなんですね。だから貴重。

今年の春は出られなかったので、役員の皆さんは特に今回の出演を祈っておられました。こないだの月曜が過ぎてからも係りの人からは「本当は事務所に電話で問い合わせたら、わかるかもしれないんですけど、もし私が問い合わせてダメだってわかったら、私が申し訳ないような気がしてできないんですぅぅぅ」とか、おっしゃってました。それだけ責任を感じておられるんですね。

とにかく、出演できるとなったことは、めでたいのだ!!!
これから来年の春に向けて、こないだから練習しはじめた4曲を仕上げていきまーす。これからたこぶとパート練習テープを作ったり、舞台指示用の書類や紹介アナウンス原稿を考えたりと、色々準備活動が続きます。がんばろうっと。


よかった(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-10-24 08:35 | 音楽・趣味 | Trackback | Comments(1)

霧・・って(^oo^;)

なんか木曜の夜ぐらいからおかしくて、風邪っぽくなってしまって・・へこんでるぶたこです。
もうこの3日間はヒマな時間ひたすら寝ております(^oo^;)はい。
今日も昼前から夕方5時まで寝てしまった。
そんだけ寝たので、少し元気も取り戻し、ちょっとマシな感じでシリーズ第一戦観戦。

しかぁぁぁし。
井川くーん、今日もかぁ。
確かに13勝はしてるんだけど、今シーズン、すかっとした勝利というのがどうも頭に残ってないなぁ。その印象を象徴するみたいな今夜の試合運びになったね。
シリーズ史上初めてという濃霧によるコールドゲームやったけど、くそーーーとも思えなかった。あの点差やし、ダラダラと1時間とか中断してもう一回はじめて勝てる確率はかなり低いわけだし、ちゃちゃっと終わって明日に備えて切り替える方がいい気がするもんね。

とにかく、負けて終ってしまったことはかえらない。
明日から気持ちを入れ替えて、選手もファンもがんばろう!!

今日は、何よりもスタンド半分をしっかりうめてくれていた虎フアンのみんなの熱い応援に感動した。中断中、スタンド全体がどっちファンと関係なく全員でウェーブをつないでる姿に感動した。そういう意味ではええ試合やった。


明日こそ。明日こそ・・・。
[PR]
by butakotanaka | 2005-10-22 22:05 | 日常生活 | Trackback(1) | Comments(4)