<   2005年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

うーん・・・・浮かばない(^oo^;)

明日のサイマルの宿題ができなーい(^oo^;)

明日の宿題は、自分の体験を語るというもので、次の中から好きなテーマを選んでクラスメートにその体験を語るんですね。

テーマは・・・。

・soul-destroying→ うんざりするほど単調な・・って辞書ひいたら書いてあります。
この英語からいったら、ショッキングな体験なんかと勝手に思い込んでた(^oo^;)うんざりするほど単調かぁぁぁ。

・Near-Death→これは見た通り、死にかけた体験。死ぬかと思ったこと。

・character-forming→自分の人格形成に影響した経験

・positive learning→積極的学習と、英辞郎には出てた。人生のレッスンって感じかな。経験から人生に影響するようなことを学んだってことかな。

・disturbing→めっちゃうっとおしかった、心配した、あせった・・とかそんな経験かな。

・free→その他なんでも。


・・・てな感じです。
そうそう、ルールとしては、語る前に「私は○○のテーマについて語ります!」とは言わないんです。で、ストーリーだけを語って、聴いた人が、このうちのどのテーマについて語ったのかを当てるというものです。実はこれはテキストから来ていて、前にレベル5だったときも同じことをやったんですね。確か前は、人格形成について、幼い頃いろんな親戚に育てられた経験を話したんだったけな。

だから、今度は違うのから選ぼうって思うんだけど、語るほどのもんって思うと、なかなか浮かばないもんですね。こういうのっていくつでも語れなくてはいけないんでしょね。それぞれのテーマで1つや2つずつとか。

英語・・って以前のことで悩んでるって感じ(^oo^;)
頭の中で、あれでもない、これでもない・・って考えてるだけで、そっからスピーチの順番考えたり英文作ったりするって段階になかなかいかず、結局今日はだらーって過ごしてます。あかんがな(^oo^;)

えらい寒くなってきましたね。
なんだか、たこぶの風邪をもらいそうなので、あったかいもの食べて対策しなければ・・・。今夜はクリームシチューでも作ろうかなー。
[PR]
by butakotanaka | 2005-11-30 16:11 | 英語・学校 | Trackback | Comments(2)

今日はええ日やった(^oo^)

今日は、ちょっと忙しかったけど、ええ日でした(^oo^)

午前中は歌の生徒さんが1人。
歌と英語の勉強と一緒にしてます。
まずは英語から、2人でこないだからがんばって英語メールを何度か交換していて、そのメールをプリントアウトして、2人で一緒にどこかおかしなところがないか、間違いじゃなくても不自然なところがないかって考えた。お互い、ネイティブの友人を持っていてメールを交換してるんだけど、その相手の出身国が違ったりするので、目にする表現も違うし、よく使う文章のパターンとかも違っていて、情報交換しながら色々考えるのは、なかなかタメになりました。楽しかった。

歌のレッスンはイタリア語。彼女は古い時代の歌あまり知らないということで、イタリア古典歌曲をやりはじめたんだけど、気にいってくれた様子。帰りにバードやらパレストリーナやらイギリスの古い歌のやらCDをいくつか貸してあげました。「拍子がわからない」ところが、逆に聴いてて落ち着くんだそうです。なるほどねぇ。最近の音楽ってのは、ビートを感じて、それをつかんで、ノッて聴くっていう音楽だから、なんていうか心が忙しいのかもしれませんね、聴いてる間。確かにルネッサンス時代の曲って、ノッて聴くって感じでもないから、忙しくないのかも。面白いなぁ。

そういえば(^oo^;)って・・・いうのも変ですけど、たこぶ(^◎^)が風邪ひいてまして、今日は会社お休みしはりました。昼は2人してインスタントラーメン。お粥を食べるほどは具合が最悪ではないらしく、仕事が落ち着いてるということで体調を戻すためにも・・と一日お休みをもらったようです。

レッスン終ってラーメン食べたら、私は友人とお茶の約束があったので出かけました。2時間ぐらいしゃべりまくり、またまた元気になりました(^oo^)ブタ好きの私にと、ぶたキャラのめちゃ可愛いカレンダーをプレゼントしてくれた(*^oo^*)☆うふふふふふ。

日曜の仕事で疲れ気味、月曜の授業は、今期最悪の出来で、全くニュースリポートが聞き取れなくて、先生も「今日は疲れてるみたいだけど大丈夫?何か質問があったら放課後でもいいから、いつでもスタッフの部屋にいるから聴いていいんだよ」って声かけてもらいました。よっぽど元気がなかったようで、もう1人の前に見てもらってたことある先生にも「今日、疲れてるみたいだね」と言われた(^oo^;)実際頭痛もひどかったので、きっと不調はそのせいだそのせいだ。

ちょっと涙ちょちょぎれるぐらい落ち込んだ昨日だったけど、今日でちょっと元気出た(^oo^)
また明日は違う日だからね。毎日違う日なんだもんね。

そうそう、夜になって、何のきっかけだったか忘れたけど、たこぶと二人して急に写真の整理をはじめたのでした。気がついたら3時間ぐらいしてた(^oo^;)あんまり動かなくてもできるものの、終ったらめちゃ肩こりしてた。あははは(^oo^;)

そんだけかけても、まだ半分以上残ってる。でも、これから先見ることないかなっていうのとか、出来の悪いのとか、とりあえず置いてたのとかだいぶ処分できて、なんとなくいい気分。それにしても、ようさんあるなぁ、写真。もしこれから先引越しとかなって、全部持っていくの大変やけど、写真って捨て難いしなぁ・・なんて、引越しが決まってるわけでもないのに考えてしまった。ここ数年の写真は、コンピューターの中にあるデジタル写真だから、やっぱり気軽。ハードディスクが壊れたらおしまいだからCDとかにバックアップはいるものの、それでも写真という紙とフィルムという形で保存するよりは、本当に場所とらないもんね。それは利点だ。

でもでもでも・・・心はあっちいったりこっちいったりするんだけどね(^oo^;)
やっぱりええカメラでとった写真は、綺麗なぁ・・とも思った。
最近全く使ってないけど、オートだけど一眼レフカメラを持ってて、望遠レンズも二種類ぐらい持ってる私。昔は重たいカメラと三脚かかえて、けっこうあちこちに出かけて写真撮ったもんです。その頃の写真は、めちゃ綺麗。捨てる気になれないぐらい。

んじゃ、これからも一眼レフで撮るべきなんか・・っていうと、これもまた難しい。だって重いし(^oo^;)旅行とかに持っていくの、めちゃ重いし。それに何よりも現像にお金かかるから、枚数たくさんとると、メチャ不経済やし。っていうかデジタルやと気に行ったのしか現像しないし、ほとんど現像しないからタダみたいなもんやし。

あれこれを天秤にかけると、やっぱデジカメなんかなぁ。
そのうち余裕ができたら一眼レフ風のデジカメとかを買うんかなぁ。それももったいないけどなぁ。・・・・・などとウダウダ考えながらの写真整理なのでした。

三匹のネコ達の小猫時代の写真がいっぱい出てきて、眺めてる間に、めちゃ和んでしまいましたしね(^oo^)


うん。ええ日やったな。
寝ようっと。
おやすみなさい(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-11-30 02:31 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

経理から警官か・・・。

NYの話題です。

1つは、地下鉄。何やらストライキに突入する可能性が出てきたみたい。もし突入したらものすごーく久しぶり。60年代以来とか。


もう1つは、事件。悲しい話。1人の警官が勤務中に銃撃され、死亡したというもの。スチュアートさんという警官。今年になってはじめての警官死亡事件ということです。

彼がユニークなのは、元々、なんと私がいつも聴いているラジオ局WNYCで経理の仕事をしていたということ。さっきブライアンが「ボクの給料なんかを計算してくれていた彼が、警官になっていたということもボクは恥ずかしながら知らなかったんだ。記事を読むまで。ただ、彼には子供がいて、その子供の1人がボクの下の子とほんの数ヶ月しか違わない同い年。彼の名前を新聞で見たとき、本当に心が凍るような気がしたよ」とかなんとかいってはりました。

自分の身近な人、それも、危険な仕事をするタイプじゃないって思ってた、穏やかなタイプの人が、何時の間にか転職していて、それも警官になっていて、そして勤務しているときに銃で撃たれて亡くなるってのは、かなりのショックやろなぁ・・って想像できますね。

それと共に、この1人の警官の死亡という事件は、世界中の事件から見たら、ほんの小さなもので、大きく報道されることはないかもしれない。こうやって身近な人を亡くすという哀しみを、同じ哀しみを、イラクでは何千倍、何万倍の人たちが感じてるんだろうなぁ・・とかそういうのも思いますね。。

別に私が仲良しだったわけじゃないんだけど、なんだか心に響いたなぁ。

私も、細かいこと、つまらないことでウジウジしてたらあかんなって、別に関係ないねんけど、思った。いつ人生って終わってしまうかわからないんだよね。少しでも誰かのタメになれるとそれも素敵だし、そうなれなくても、自分自身が幸せに生きることもとっても素敵。

いい時間を過ごしたいなぁ・・・・って改めて思ったのでした。
それに、他の人にもいい時間を過ごしてほしい。
友達にも、家族にも、そして、私が知らない人たちみんなにも。
やっぱ完全にはムリかもしれないけど、争いはイヤやなぁ・・・。



あ・・・そうそう、明日、現地時間の朝、ブッシュ大統領が演説しはるそうです。今のところのイラクでの成果みたいなタイトルで。何言うんやろ。日本時間でいうと午後11時過ぎってことで、ラジオで生放送するみたいやから、聴かなければ。
[PR]
by butakotanaka | 2005-11-30 02:17 | Watch&Say | Trackback | Comments(0)

疲れたかも(^oo^;)

今日は・・っていうより、もう昨日だけど珍しく日曜にお仕事でした。

二週間後にあるある大学のマンドリンクラブ演奏会の司会をするんですが(もう多分10年以上やってます)、そのリハーサル。毎年のように使ってるホールが予約とれなかったということで、今年は柏原市にあるホールでやることになり、使い慣れていないということもあって、毎年は当日しかやってなかった本番場所でのリハを事前にやることになったんだそうです。

毎年の段取りだと、二週間ぐらい前に大学に出かけて、学校の教室かなんかで簡単なリハをやり、その段階で司会原稿とかをつめていくって感じ。つまりその段階ではちゃんとした原稿はまだできてない。

今年、原稿が送られてきたのは、今週はじめやったかな。原稿といっても、人前で話せる状態には全くなってなかった(^oo^;)「~である」と「~です」と「~でございます」が入り混じりまくっていたり、「私はこう思う」と作曲者の言葉がそのまま司会者の言葉のように書かれていたり、「コーダと序奏がついたロンド形式で、マンドリンのピッキングが特徴の・・・ドローンに支えられた」とか、そんな感じの音楽専門用語満載の内容だったり・・・。

送られてきた原稿に添えられていた手紙に「まだ不完全なので、完全なものができたら改めて送ります」とあったので、送られて来るのを待っていたけど、今日まで来なかった。楽屋入りの時間は「15時」と書いてあった。でもって、担当の子の名前はあったけど、向こうの連絡先が電話番号もメールアドレスもなかったので、不明な点を問い合わせることもできず、結局今日直接行くしかなかった。

曲を聴くのは、いつもこのリハがはじめてで、そっから本番までの間に、もらった原稿を参考に曲紹介の原稿を練り直すので、今日までにその原稿を練り直すわけにもいかず、そのまま。

今日。
15時に会場に行くと「あれ?早いですね」ときた。「ん?15時と書いてあったから来たんだけど」と言うと「15時半としてませんでしたか?」ときた。手紙を見直したけど15時となってた。数十分打ち合わせして、「で、今日のリハは何時から?」と聴くと「17時からです」。うーん・・・。2時間近くヒマなんやぁ。「で、今日は何時に終るの?2時間ぐらいだと゜19時ぐらいかな?」と言うと「えっと、多分3時間かかると思うんです。だから、20時ぐらいなるかと」。

なにやら、今年はOBたちも合同の記念演奏会で、なのでいつも予約しているホールを土日にとろうとしたけど取れなくて、このホールになったそうで、演奏する曲も多め・長めになり、はかってみたら3時間かかりそうだったので、開演も土曜の15時からと早めに設定したんだそうです。で、本番の日、団員たちは9時から来るんだけど、15時までの間にリハはムリだと考え(毎年、夜6時半からの演奏会の時も、彼らは朝9時から会場に入り、午後からリハをして本番にのぞむんですね。リハ以外のこと、チューニングやら準備やらで色々していて、それと比べて15時からの本番だと絶対リハはムリだと考えたらしい。)

でも、今日二週間前の状態で、リハをするとなると、出演するはずのOBの皆さんは半分以下の人数しか集まってない。賛助出演といって、フルートやらクラリネットやらの他の楽器のトラ(エキストラ)の皆さんも来ていない。私の原稿には、その人たちの名前もない。その人たちの入退場の練習もできない。リハに毎年頼んで撮ってもらっていた写真も撮れない。・・・・と、本番の通りにできないことだらけなんですね。で、係りの子はかなりあせっていました。

それから、いつもはステージマネージャーが、OBであることが多くて、この大学のやり方をよく知ってるんだけど、今年は、OBたちがステージに乗ることもあって、ステマネは、他大学の方。この方がまたとってもしっかりしているんだけど、いくらしっかりしている彼女でも、段取りができていない状態では、しっかりこなすことも難しく、だいぶテンパってはりました(^oo^;)

とにかく、ステマネさんと、その担当の学生と私との3人で、リハをしながら、照明の調整、音声の調整、進行が不自然なところの調整をしながら、本番までにこれからやってほしいことなどを確認していきます。

細かいことだけど、いつのタイミングで照明をあげるのか、客席の明るさはどのぐらいにするのか、こういうことって、担当の学生の子にしたら、3回生なんだけど、去年までの二年、演奏する側にいても見てなかったことだらけ。だから、どうしていいものやら、なかなかわかんないものなんですね。で、いろんなこと、いちいちが指揮者と話し合う必要があったり、係りが細分化していてややこしかったり。


結局・・・・。
3時間かかるといってた本番時間は、なんと2時間15分で終った(^oo^;)いくらなんでも誤差が大きすぎると思うねん(^oo^;)

台本や進行表に、各曲にかかる時間が全く書かれていないので、それぞれの曲がどのぐらいの長さか予測できなくて、いつ終るのかわからないのも、なかなかのスリル(^oo^;)
いろんことがスリル満点ですすんでいきました。


まっ、私の仕事は、今日あったリハを元にアナウンス原稿を全面改装して、彼らメールすること。そのために、演奏の音源を送ってもらい、それを聴いて曲の紹介を考えるんですね。あと、同じ曲を過去にやったことある他の団体をネットで検索して、そこがどんな風に曲を紹介しているのかなども参考にしながら・・・・。曲紹介って、あんまり長くてもダメだし、短すぎてもダメで、専門的になりすぎても音楽やってない人にはわかんないし・・・。けっこう難しいです。

資料が一番早くて一週間後ぐらいまでに揃うから、そっから一週間足らずが原稿作りの時間。頭使う日々が続きそうです(^oo^;)

旦那もつきあってくれた今日のリハ。
自宅近くにたどりつき、うどん定食で夕食をすませ、2人ともそのままこたつでダラダラと寝てしまいまして・・・。気が付いたら真夜中過ぎ。う・・・。変な時間に起きてしまったやん。紅茶でその後少し和んだあと、旦那は風呂。寝ようとするが、さっき妙に数時間寝てしまったので二人とも寝られず、私はネット、旦那は隣で読書してはります。

なかなか疲れた一日なのでした(^oo^;)お疲れ様っと。
当日には・・なんとかなるでっしょ(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-11-28 02:35 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

Curveballがキーワードになるかも・・・。

カーブボールって知ってますか?

ある人物のコードネームらしいです。
こないだの日曜にロスアンジェルスタイムズに載った記事が、すごい内容です。

この人、イラク人で、今、ドイツにいます。ドイツの情報機関の保護の元、家族もイラクから呼んで暮らしてるそうです。彼こそが、イラクにあるbiological weapons stockについての情報をもたらした人なんだそうです。で、その情報を得るのに協力したドイツ人の情報機関の人たちが、「彼の情報は、確かなものではない。真実である可能性が低い。何度も何度もアメリカには警告したのに、この情報を真実として扱われ、そのことがイラク戦争をはじめるきっかけにもなった。国連での演説にも使われた。我々はその事実に愕然としている」みたいなことを言ったというんですね。

この記事けっこう長いんだけど、読み始めると、なんていうか映画みたいなドラマ性があります。

読んでいくと・・・。
彼は、とにかくイラクを出て、ドイツに住みたかった。本国に送り返されたくなかった。彼は、とにかく住み続けるために、話を作り上げたってことみたいです。化学兵器関係の機関で働いていた、その中で責任者をしていた、何箇所もそんな場所を知ってる、同僚の名前も言える・・・と、数々のかなりの具体的証言をしていたけど、それを検証していくと、彼が働いていたのはかなり前までで、彼は責任者ではなく、かなり下の地位でしかなく、彼は幼い頃からうそつきで有名で・・・と、えらい彼がいうことと食い違いが出てきたんだそうです。

興味深いことには、言語の問題がこの話をややこしくしているということ。
彼はイラクの言葉、アラビア語かな?しか話せなかった。最初にドイツに入ってきたときは、ほんの片言の英語と自分の国の言葉でこの国に住みたいと訴えたそうです。その後彼はドイツ語を学び、ドイツ語を少しずつ話すようになる。それでも、ドイツ語が完璧に話せるようになったわけでもない。

彼はつい最近までアメリカの情報機関と会うことが禁じられていて、彼自身も会いたくないって言ってるということだったそうです。そうなると、彼に関する証言や情報は、ドイツ語できる人が取り調べて、それを英語に訳したりして、ロンドンやワシントンに報告することになる。そうすると、彼のあまり流暢でないドイツ語の証言に、更に英語に訳すときに、訳す側の感情がまざってきて、その人の都合のいいように訳されたりするわけです。で、どんどん情報が「それらしく」なってきた・・・というんですね。

いや、私、この記事、1回ざざって読んだだけなので、(長かったから、2回読む気になれない(^oo^;)あははは)、しっかり意味がわかってるかは自信ないんだけど。


とにかく、興味ある人は、ぜひぜひ読んでみてください。
今、上院もイラクから来年には軍隊を引き上げさせるべきだって決議を通したし、イラクのことが、すごく動き始めてる感じです。それに、ブッシュさんがアメリカの人たちを、ウソついて戦争に持っていったとか、国民というだけでなく、議員の皆さんをも騙して、イラク開戦決議に賛成させたんちゃうかとか、いろんな話が出てきてるみたいです。これからどうなるのか、目を離してはいけないのかも・・・って感じます。

記事はここにあります。
http://www.latimes.com/news/printedition/la-na-curveball20nov20,0,65910,full.story
[PR]
by butakotanaka | 2005-11-25 01:27 | 英語・学校 | Trackback | Comments(0)

研ぎ澄まされた能力

昨日のNHKニュースだったかでやってたネタ。


視力障害者の人たちを対象に、音声ファイルをどのぐらい早回ししても、内容が聞き取れるかという実験。なんと、ほとんどの人が3倍ぐらいの速さなら問題なく聞き取れるということがわかったそうです。その3倍の速さの音声、ニュースで流してたけど、たまーにこんなこと言ってるのかなって想像できるけど、多分何回も聴かないとわかんないぐらいの速さでした。鳥の鳴き声かなって思ったぐらい(^oo^;)

それを次々と替わって出てくる視力が不自由な皆さんが「あー、こういってるんでしょ」と、ものすご簡単に答えていき、「えっ、これって、普通の人には聴こえないんですか?そんなにすごいことなんですか?そんなにすごいことだと思ってなかったです」・・だそーです。すごいっ!

盲人の牧師さんにピアノを教えていたことがあって、すぐに曲を暗譜するし、我が家への道順も一度で覚えるし、とにかく記憶力がすごいなとは思ってたけど、速回しで聞けるというのは、想像してなかったです。

ずっと前に、朗読ボランティア講座に通ってたことがあるんだけど、朗読ボランティアといっても、普通のアナウンス教室と同じようなことをやった覚えがあります。アクセントの勉強とか、ハキハキとゆっくり明確に発音するとか。

でも、今回の実験を聞いて思ったんだけど、たとえば新聞とかの対面朗読の時、ボランティアの人たちが、よかれと思って、ゆっくりはっきりと読んであげてるのって、実はどうなんでしょね。もしかして、ものすごーく速く速く必死でスピードあげて、あんまり感情込めずに読んであげた方が情報としてはいいのかも。

朗読をイベントなんかで演劇のようにやるときは、演技が必要なんだろうけど、情報として、一冊の本を朗読して録音したり、新聞を読んであげたりするのって、淡々としかもかなりの速さで読んであげるってのが必要なのかもなあ・・・なんて思ったのでした。

早口言葉の練習がいるな(^oo^;)(^oo^;)
いや、別に私が朗読ボランティアの仕事してるわけじゃないんですけどね。いつかやってみたいなって思ってて、その時のためになります。こういう情報は。面白かった。
[PR]
by butakotanaka | 2005-11-25 01:11 | Watch&Say | Trackback | Comments(0)

笑われても・・・・。

今日、学校が終って帰宅。ラジオを聴きながら夕食の準備してました。
いつも聞いてるスポーツ番組。要するに野球のオフシーズンの間の番組。今日は野球解説の湯舟さんの日。いつも何かの達人に話しを聞きます。今日は張子の虎の達人だったと思います。「思います」というのは途中から聞き始めたから、確信はないのです(^oo^;)でも多分そうだった。

そのインタビューの中で、とっても印象に残った言葉がありました。
「何かを成し遂げようとしたら、とにかく続けることです。続けているうちに、誰かがそれを見て笑うかもしれない。それでも、続けるんです。自分がこれだと信じたものをとにかく続けるんです。笑われても。そうしたら、そのうち自分のものになります。何かが見えてきます」とか、こんな感じの内容。

とにかく、人に笑われてもいい、くだらないと思われてもいい、自分がこれだと信じたものを続ける、これって職人さんの世界でも大切だけど、何かを学ぶ上でも、イヤ、生きる上でもとっても大切なことなのかもなあ・・なんて思いました。

「続ける」ってひと言でいっても、なかなか難しいんだけど。
逆に言うと「続かなくても、自分はダメだと思う必要はない」とも思わないと、落ち込むんだけど。

それでも、信じたことを人の見る目や評価、目の前にある結果や評価を気にせずに、ずっと先を見つめつづけて、がんばりたいなーって思いました。

達人さん、ありがとう(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-11-22 01:36 | Watch&Say | Trackback | Comments(2)

ライティング--同姓結婚について--

この問題は、色々人によって考えも違うし、宗教的なこともあるし、それでもやっぱり個人個人の問題なんじゃないかとか、実際会ってきた人々の顔が浮かんでみたりとか、とにかく、悩みに悩んで書きました。とにかく、人がどう思うかではなく、私の経験と浅い浅い知識と色んなニュースを見たり聞いたりして感じる、今の私の気持、意見ということで、とにかく書いたぞって感じです(^oo^;)


****************

"Other times, other manners"


I'd like to talk about the homosexuality issue today. As I see it, we can rarely meet and directly talk with gay or lesbian people here in Japan. So, I hadn't thought about it so often before going to New York this spring. There, things changed in my mind.


As I've written before, I spent three months in NY. I'm a Christian, so I was attenting Sunday services in a church in Brooklyn while I was there. I could see the church was quite liberal because it has a "social action committee", where the members talk about social issues and often take action concerning them. At the end of every Sunday's service, people stand up one after another, ask help for needs, pray for people in harsh situations, and sometimes encourage us to act for them. I loved the time. There were several lesbian couples sharing some unfair stories about them or their friends. I felt sad and anger to hear those stories. I simply don't understand why some people get discriminated against because of their sexual relationship.


A large number of the opponents against the right of same sex marriage often state that it's unbiblical. However, in my point of view, at the time when the Bible was written, the writers couldn't predict the current diversity of cultures, beliefs, religious values, and sexual orientations. So now, we need a new interpretation in some places.


We should deeply respect each other's differences even if we don't really like some of the differences. Having the right partner to live with is absolutely wonderful regardless of the gender. Moreover, we need some practical rights to decide whatever we want to make related to our lives. So, I think they should be allowed to get married under the law. I believe it will come true all over the world in the near future.


Other times, other manners. We need rules which are suited to the times.


In the end, I'd like to quote the church's creed. I love the sentences apart from whether or not I'm a Christian.

"Hand in hand, we the people of the Park Slope United Methodist Church - black and white, straight and gay, old and young, rich and poor - unite as a loving community, in covenant with God and the creation. Sommoned by our faith of Jesus Christ, we commit ourselves to the humanization of urban life and to physical and spiritual growth."

*********************

最後に教会の名前も引用したので、ブログにあげても大丈夫かなあ・・と教会の友人に確認してからのアップロードとなりました。「大丈夫だと思うよー。いいと思うよー」って返事が来てほっとした。


かなり苦しんだ今回だったけど、苦しんだ時ほど、どんな言葉を選ぼうか、どうやって論理を組み立てようか、どうやって実例を出そうか、これを出そうか、あれを出そうか、いや、これは余分だと、書いたり消したりする作業がいつもよりもめっちゃ多かったです。読んだ記事やらも。

で、結局、こんなに短い文章で、たいしたもの書けてないんだけど、ここにたどりつくまでに悩んだ道のりも含めて自分の栄養なんだなって思います。やっぱり自分からしぼりだす作業、話すことと書くことってのは、受身の作業である聴くことと読むことと同じぐらいかそれ以上に大切なんだなぁって思います。こういうとき。
[PR]
by butakotanaka | 2005-11-22 01:31 | 英語・学校 | Trackback | Comments(10)

18歳の市長くんやって(@oo@)

アメリカではめっちゃ話題になってるみたいですね、これ。

先週、アメリカのミシガン州ヒルズデイル市で行われた市長選挙で、現役高校生のマイケル・セッションズくんが51歳の現役市長をやぶって当選やって!!

得票差が微妙やったから、負けた元市長が票の数えなおしを求めていたんだけど、この週末に「もう負けを認めます。数えなおししなくていいです」と言ったために、彼の当選が確定したようです。この春、候補を決める時点ではまだ17歳だった彼、立候補資格がなかったんだって。で、この9月に18歳になったマイケルくん、write-inという形で候補者になったらしいです。私も詳しくないんだけど、辞書によると、春の時点で登録してたら、投票用紙にすでに名前があってそこにマークするだけとか、穴あけるだけとか、そんな投票。このwrite-in候補の場合は、投票する人が、彼の名前を書かなくてはいけない。それって、得票しにくいよね(^oo^;)

得票数は、メディアによって伝えてる数が違うんだけど、670対668というのが多かった。2票差!それにしても、670票で勝てるんか(^oo^;)とも思いますね(^oo^;)市の全体人口は8200人って言われてます。これまでにも19歳の市長ってのが2人生まれたことがあるらしいけど、両方とも今回よりももっと小さな市だったんだって。多分歴史上彼が一番若い市長じゃないかって。それにしても、現役高校生で18歳になったばっかりで「市長」ってすごいねぇ。

この市の市長って、執務室も机も引出しもロッカーもないんだって(^oo^;)彼は自分のベッドルームをオフィスにするって。で、お給料は250ドルなんだって。そういう市長ってあるんやぁ。前の19歳市長はもっと規模が小さいっていってたけど、アメリカの「市」っていうのは、基準が日本よりも低そうですね。人口とか規模とかいう点で。面白いなぁ。

勤務時間を問われた彼は、朝7時50分から午後2時半までは高校生。午後3時から6時までは市長として働くと答えてました。働きものですねー。

いや、なかなか刺激的なニュースでした(^oo^)
http://msnbc.msn.com/id/10004343/
↑ここにニュースがのってます。英語で読みたい方はどうぞ。彼の写真も見られます(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-11-21 20:17 | Watch&Say | Trackback | Comments(2)

サンディのあかんところ見つけた(-oo-メ)

すっかりお気に入りになった新しいご近所スーパー、サンディですが、何日かたって欠点も見えてきた。「本日限り!」っていう安売り品がなくなるのが早い!と思うのです。

午前中に行ったり、昼前後に行ったり、夕方行ったりと色々してみたところ、夕方の品揃えが悪いっ!ってわかってきました。今日、学校の帰り夕方に寄りました。夕方行くのは二回目。

狙いは本日限りっていう「若鶏ムネ肉100グラム28円」ってやつと「豚モモ赤み切り落とし100グラム88円」ってやつ。肉類って、なんとなく夕方になっても品切れはないでしょーって勝手に思ったけど、見事に何もなかった(^oo^;)私が行ったのは夕方6時。ここり営業時間は午後7時半まで。

まっさっ、仕方ないから北海道シチューの200グラム入り箱を99円で買ってきたけどさ(って全く関係ないもんですが(^oo^;)安かったから・・・)

遠いところからこの奉仕品をめがけて自転車で来た人はがっかりしたやろなぁ、勤め帰りにわざわざ途中下車した人もいたかもなぁ。夕方6時っていうとまだこれから勤め帰りの人がどんどん来る時間。何時から品切れしてるのか知らんけど、このお店、お勤め帰りのママの味方じゃないんかなぁって思いましたわ。まっ、他の野菜とかはまあまあ安かったけどさ。

学習したので、これからは「本日限り」の安売り品は、早い時間に買いに行こうっと。
[PR]
by butakotanaka | 2005-11-21 20:05 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)


ぶたこな日々(^oo^)にようこそ。音楽で言葉で心で、今年もいろんな人と対話したいなぁ。


by butako

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

Yuko H. さま(^..
by butakotanaka at 22:17
演奏会で指揮をされたりピ..
by Yuko H. at 16:18
ゆうこさま(^oo^) ..
by butakotanaka at 21:57
お帰りなさい。素晴らしい..
by Yuko H. at 15:09
ゆうこ様(^oo^)コメ..
by butakotanaka at 21:32
久々にブログを開いてみた..
by Yuko H. at 08:43
伸浩さま(*^oo^*)..
by butakotanaka at 08:29
 突然ですが、コメントを..
by 萩原伸浩 at 23:00
Yukoさま(^oo^)..
by butakotanaka at 00:07
久しぶりにブログにお邪魔..
by Yuko H. at 18:25

最新の記事

気持ちの起伏が激しい今週
at 2017-11-04 01:35
台風怖かったなー
at 2017-10-23 10:01
私よりすごい生徒さんたち(^..
at 2017-10-18 21:57
野球シーズン終了(;oo;)
at 2017-10-17 22:07
旅の旅(^oo^)
at 2017-10-15 23:13

記事ランキング

カテゴリ

全体
日常生活
ぶたこぶのコレ書いて
英語・学校
音楽・趣味
メディア・ラジオ
NY・留学
Watch&Say
MONO
ぶたこの自己紹介

スポーツ
読書
未分類

リンク

フォロー中のブログ

multicultura...
宝やの宝物。
ミンサイ・ドラゴマン

ブログジャンル

音楽
語学

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

検索

ファン

画像一覧