<   2005年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

今年もあと一時間ぐらいかぁ。

今日は、大晦日。
大掃除をすることもなく(^oo^;)
お散歩に出かけた今年一年を象徴するようなお気楽な私たちです。

コジマで、マッサージ機でタダで身体をもみほぐしてもらい、新製品などを色々見て回りました。来年欲しいなぁ・・って思っているのは、掃除機、電話機などなど。掃除機は、継ぎ目のところにガムテープつけて、もう長いことたこぶががんばって使ってくれていて、もうそろそろ限界かなぁって感じ。とはいっても、毎日毎日掃除しないズボラな我が家では、もう少し大丈夫かも。

電話機は、今だにディスプレイがないタイプ。でもって子機も、もうバッテリーがダメになって使えない。まっ、安くていいのがあれば、ディスプレイついてて、子機が一個ついたのが欲しいなぁ。

で、見ただけで何も買わず、たこやきラーメンの店でたこやきと、チャーシューメンとたこやきラーメンをランチで食し、その後ビブレをひやかし、ホームセンターコーナンをひやかし、サティでステンレスの水筒を買って、帰ってきまして・・・・。

今は、紅白見てます。
そば食いました(^oo^)昨日の残りの味噌汁と一緒に食べるという、めっちゃヘンな組み合わせやった(^oo^;)(^oo^;)


今年が終る前に、今年もええ年やったなぁ・・って書いておきたかった。
色々しんどいこともあったんだろうけど、こうやって振り返ってみると、楽しかったこととか幸せなことが残ってるというのは、とってもいいことだ。これからも毎年こうやって年が終れるといいな。

今年の一番のイベントはやっぱりニューヨークに行けたこと、行かせてもらえたことかな。
行くまでの準備、いろんな困難な出来事、行ってからのもう信じられないような素敵な出来事の数々、ほんのちょっとのつらかったこと、たこぶと過ごした最後のニューヨークでの数日、帰ってきてからそこでつながりが出来た人たちと持ちつづけたふれあい・・・。

年が終る今になっても、とっても鮮やかに心の中に出会った一人一人のことが浮かびます。

私がこんなに幸せな思い出を作れたのも、笑って喜んで送り出してくれた旦那さんがいるからだし、いない間の不自由を気にせずに応援してくれたコーラスの団員の人たちや、レッスンの生徒さんたち、でもって向こうにいる間、ここに愚痴やら報告やらを書くたびに、メール、コメントをたくさんくれて励ましたり慰めたりしてくれた友達がいたから。

本当に、人は人を必要とするんですよね。
どんなに1人1人が違っていても、分かり合えることってできるはず。
違うってことは、言葉、肌の色、文化、考え方、家庭の環境、そしてその人の個性と、いろんな要素があるんだけど、そのどの違いも理解できないことはなくて、時間はかかっても、途中誤解があったとしても、最後までお互い違ったままだったとしても、分かり合うことはできるはず。

日本語以外の言葉を学ぶということを通じて、やっぱり年の最後のこんなことを感じてしまいます。

何度も何度も、世界中で言い尽くされている言葉だけど、やっぱり、願うのは「平和」。これが一番。そして、できるだけ世界の人たちが、等しく健康で、受けるべき教育を受けて、食べたいものが贅沢でないけど食べられて、やりたいことがやれるぐらいの暮しができる、そんなふうになってほしい。どんなに時間がかかっても、お互いが歩みよって、なんとかならないかなぁ。その実現にこんな小さい存在の私たちって、毎日何をすればいいのかって、そういうことは難しくてわかんないけど、それでも、来年、何か小さなことでもできるといいな。

自分の暮しを我慢することはないと思う。自分がやりたいことは、自分の人生を後悔しないためにも、いつ終わるかわからない人の命の不思議さを思うと、やるべきだと思う。できるだけ先に延ばさずに、やりたいことのほんの先っぽでもつかみつづけていたい。特別にやりたいことがなくてもそれでもいいと思う。楽しくおだやかに、平和に暮らすこと・・・、これも「やりたいこと」の選択肢の1つかもしれない。そんな「快適さ」を、世界のできるだけたくさんの人が味わえるような時代が、早く来るといいなぁ。


なんだか、書いてるうちに壮大な思いになってしまったけど(^oo^;)(^oo^;)
きっと、世界中の人、みんなが望んでることですよね。願ってること。

今年ももう1時間足らずで終るけど、いい年だった。
来年は、もっともっともっともっと、世界中の人たちにとって「素晴らしい年」になりますように。なりますように。


みんな、よいお年を!
来年も変わらず、仲よくしてね(^oo^)



ぶたこ。
[PR]
by butakotanaka | 2005-12-31 23:19 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

今日は、そういえば、色々嬉しいことが重なった日です。
風呂からあがって、もう1つ思い出した(^oo^)


こないだ外国への年賀状を出すための切手を買いに行きました。
50円ハガキで外国に年賀状を出そうとすると、共通価格の70円にするために、20円切手が必要です。これ、ハガキは世界共通の値段みたい。

20切手って、一種類しか模様がなくて、なんだか寂しいって思ったんですね。年賀の時期の今、最近は外国に年賀状出す人も多いんだろうし、20円切手のめでたい版とか作ればいいのにって思ったわけです。記念切手の20円版があってもいいやんって。

そんな意見を書いて、郵便局の玄関にあったご意見投入箱に気軽に入れて帰りました。ほんまに気軽に・・・・。そんなこと、今日まですっかり忘れてた。

そしたら、今日、郵便やさんが配達に来て、ピンポンとベルを鳴らします。
「はいはい(^oo^)」と出て行くと
「ぶたこさんですね」と私の名前。
「なんでしょう?」
「これ、こちらでよろしいでしょうか?」

見てみると、近所の郵便局の郵便課から封筒が届いてる。
開けてみた。
b0057103_23192752.jpg


こんなんが入ってたんです。なんやこれ(@oo@)
ベネトンの綺麗なシャープペンシルやん!

すると中にお手紙が・・。

「ぶたこ様

いつも郵便局をご利用いただきありがとうございます。
先日、当局をご利用いただいた際、ご意見をお寄せいただきありがとうございました。
現在はお客様のお申し出のとおり、20円切手は1種類のみの販売となっております。
ご要望にお答えできず大変申し訳ございません。機会を捉えて意見反映をしていきたく考えております。

これからもお客様のご意見を参考にさせていただき、「お客様にご満足いただける郵便局づくり」に取り組んでまいりますので、どうかよろしくお願い申上げます。

○○郵便局 郵便課」

と、こうありました。
これには、驚いたなぁ。
意見箱にメモ程度の意見入れただけで、高級品でないとはいえ、300円もする可愛いシャーペンを送ってきてくれるなんて!皆さんも、何か郵便で気が付いたことあったら意見書いていれておくと、ええことあるかも(^oo^)


いや、ほんま今日はいろんなことがあったなぁ。
ええ夢見られそうです(●^oo^●)
[PR]
by butakotanaka | 2005-12-29 23:23 | Watch&Say | Trackback | Comments(0)

今日は、個人レッスンの生徒さんの1人が、今年最後のレッスンでした。

レッスンはいつものように、モリー先生の本を音読する英語のお勉強から。
今日の課題は、detachという単語に見られるchの部分。そして、その有声版のjudgeの語尾の部分の発音。これがなかなか難しい!それでも何度かやってるうちに、だんだんそれっぽくなってきて、いい感じ。私もこの2つの発音は、最近気をつけてることなので、一緒にがんばってスラスラーって発音できるようになりたいな。あと簡単なんだけどhe、 hisなどの「ヒ」って部分が、カタカナの「ヒ」になってしまうんだけど、それがどうも違うってところも、今日の課題になったかな。whoが「フー」ってなってしまうのとか。ほんまHの発音ってのは、かなり罠があります(^oo^;)

英語の後は、イタリア歌曲。イタリア語の曲はこの秋からやり始めたばっかりなんだけど、彼女の真っ直ぐな声にすごくあってて、いい感じ。こうやっていろんな歌、音楽を知って、音楽のよさを教師になってからも子供たちに伝えていってほしいなぁ。

彼女は、今年、教員採用試験を受けて、見事に合格したので、レッスンの後は遅くなったけど合格祝いということで、ランチデートに旦那さん(^◎^)もいれて3人ででかけました。

最近お気に入りのインド料理やさんで、ナンとカレーとサラダとラッシーのセット。いつもながら、ナンがめちゃでかくて美味しかったです(●^oo^●)

それから後、またまた我が家に戻り、一緒にDVDを鑑賞することに。
こないだ買ってもらったモリー先生をみんなでこたつに入りながら見た。ネコたちも一緒に。いつも人見知りで近づかないネコたちが、三匹とも、彼女をほとんど怖がらず、30分もしたら近づいてきて、なめたりしだしたのには、驚いた。彼女のこと気にいったのかな。この子ら(^oo^;)

映画も終わり、階下で紅茶飲みながら、私たちが前にいった旅行の写真をパソコンで見たりして少しおしゃべりしてお開き。なかなか楽しい一日になりました。これから大学から社会に飛び立っていく彼女。すんごくピュアで素敵な人で、いい先生になってくれるんちゃうかなぁ・・・と、楽しみです。これからも時々でもいいから、関わりつづけていけたらなって思います。

さてと・・・・。今年もあと二日ですな。早い!!
明日は、ゴミの最後の日。
ブライアンの番組は、カレンダー通り月曜から金曜まであるんだそうです。年末年始は交替で休むみたい。我が家は、明日は年末の買い物かな。あとはお掃除もかな。

おっと、お風呂の時間です。あったまってきまーす(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-12-29 22:51 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

こないだのクリスマスの日、ニューヨークタイムズで、とっても素敵な記事が出てたんだけど、読んだ人がいるかもしれません・・・。まだ読めるみたいなので、リンク貼り付けておきます(^oo^)

He Loves New York, and It Loves Him Right Back

ゆうきくんという少年のお話で、彼が10歳の時ニューヨークに引っ越してきてから、20歳になった今まで、いかにニューヨークの人に愛されてきたかの物語なんです。メトロポリタン美術館の中のことは、職員よりもよく知っていたり、地下鉄がどんなスケジュールで走っているか、週末の変更はどうなっているのかに誰よりも詳しかったり、近所の消防士さんたちの内輪のパーティに呼ばれるほど仲良しだったり、ドアマンやセキュリティの人たちとの友情、とにかく、彼の周りの人は、彼のことが大好きだというのが伝わってきます。

これを読んで本当に感動しました。で、英語で書いてるブログの方に、とってもいい記事だって書いたんですね。私もぜひぜひ彼の友達になりたいなぁって。

そしたら、これが本当に驚きです。
さっき、そのブログを見たら、コメントがついてました。1つは英語で、もう1つは日本語でです。
驚いたことに、英語の方はその勇貴くん本人から、そして日本語の方は、彼のお母さんの洋子さんからだったのです!!!ねっ、みんな、すごいでしょ?もう本当に驚きました。少し遅れたクリスマスプレゼントをサンタさんからもらった気分です。

同じ日本人として、こんな素敵な男の子がニューヨークにいるなんて嬉しいなぁって思ってたら、なんと更にびっくりしたんだけど、彼ら親子は、大阪出身なんだそうです。これまた同郷として嬉しいじゃーあーりませんか!

実現するかどうかわからないけど、次にニューヨークに行って、彼らと会えたりなんかしたら、すんごく素敵だなって、次への楽しみがまた増えました。いやー、年末になって今年もすんごく幸せな気分で終えることができそうです。

英語があんまり得意でない方も、ぜひぜひこの記事読んでみてください。勇貴くんの写真も出てるから、英語ダメな人も彼の姿だけでも見にいってあげてね!

ここでもお礼をいっておこう。
勇貴くん、洋子さん、素敵なコメントの贈り物をありがとう!

色々難しい問題もきっとあるんだろうと思うけど、彼の魅力、愛、魂の素晴らしさで、そしてお母さんとの絆で、どんなことも乗り越えられると信じてます。応援してます(^oo^)/~~~
[PR]
by butakotanaka | 2005-12-29 17:47 | NY・留学 | Trackback | Comments(4)

別に写真が気にいったわけではないんだけど、スキンを変更してみました。字が大きいのがこれだったというのが理由。

遠くからでもよく見えるし。
読者のたこぶくんが言うには
「ぶたこな日々の読者としては、キミの日記は長いから、字が大きいと何回もスクロールせなあかんのが、まっ、不便といえば不便かな(^◎^)」ということです。

でも、このフォントの方が顔文字も可愛い気がするし(●^oo^●)
しばらくこれでいってみようって思います。

そんだけ・・・。
[PR]
by butakotanaka | 2005-12-28 23:52 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

旦那さんのたこぶですが、一応職場では昨日「納会」みたいなことやったらしいです。早めに仕事を終えて、お寿司やらの出前をとって軽い宴会。なので、ゆうべは普段でも早いのに、それ以上に早く帰ってきはりました(^oo^;)ちなみに、いつもは6時40分ごろ帰宅で、昨日は6時過ぎには帰ってきてはりました。

で・・・昨日で終わりなんかっていうと、現実は厳しく、会社的には昨日で終ろう!という目標らしかったんだけど、いかんせん仕事の相手先の公的機関などが今日までの営業ということで、実際はほとんどの人が今日も出勤してはるらしいです。

たこぶくんは、午前中処理されたものを午後から入力という仕事を頼まれたらしく、たった今出勤していきはりました。午後から出勤で、その1つの仕事が終り次第帰宅らしいです。すぐかもしれないし、何時間かかかるかもしれないらしく、帰宅時間は未定。

流動的な予定なので、私の方もなんか中途半端な一日になりそうです。
どっかに出かけるっていってもなぁ・・・・。
家でまた本でも読むかな。
おっと、ほんとは大掃除とかすべきなんかも。そうなんかも。一応主婦やし。でもしんどいな。明日からたこぶ休みやし、二人で一緒にやった方が楽しいし、しんどくないかも。だから、今日はゆっくり過ごそう。・・・ン?毎日ゆっくり過ごしてるやろうって?確かに(^oo^;)(^oo^;)


そうそう、日記に書き忘れてたけど、こないだの週末クリスマスデートをわが母としたとき、またまた機嫌がよかった。「なんでも買ってあげるわよ」と言うんだけど、高級すぎるものをねだるわけにもいかず・・・。そんな話してたら丁度ツタヤの前を通りかかったので、DVDを買ってもらうことにした。「10枚ぐらい買いなさい」とかデカイことをいった母だったけど、見たくもないもの買っても仕方ないし、気が短い母は、待ち時間15分かそこらが限界。ってことで、短い時間で3枚のDVDを選んで、買ってもらった。早めのお年玉ってところかな。ありがとー、おかーさん(^oo^)


買ったのは・・・・。

「ラブ・アクチュアリー」
これって、確か香港に行ったときに向こうの映画館で見たんだよなぁ。広東語の字幕と英語音声だけで見たので、細かいことがわかってない。イギリス英語やし(^oo^;)その謎を解くべく、今回購入。永久保存版にしてもいいぐらい、気にいった作品やったし。英語字幕で観るのが楽しみ!

「めぐりあう時間たち」
これは、近所の布施の映画館で見た。ふと軽い気持ちで見にいったんだけど、えらい気にいった。今まで見た映画の中でもかなりの上位に入るぐらい好き。しぶい。
字幕本も購入した。全部読めてないけど(^oo^;)
ニコール・キッドマンがこれでアカデミー賞受賞したけど、この映画は三人の女優さん全員が主役って感じ。メリル・ストリープもジュリアン・ムーアもすごくよかった。ゆっくり御正月にでも見よう。

「モリー先生との火曜日」
これはテレビ映画。エミー賞4部門受賞したらしい。
ここにも書いたと思うけど、ここ最近この本をレツスンしてる生徒さんからもらって読んでる。レッスンのときも、このうちから抜粋して音読する練習したりしてる。人生におけるレッスンって感じの内容で、ゆっくりかみしめながら読める本。
このテレビ映画は、何年か前NHKだったと思うけど、テレビでやっていて、見た覚えがある。で、こないだ本をもらって読んでみて、改めていいなぁって思った。もう一回映画が見たいなって思って探してた。アマゾンで検索したけど、DVDは一種類しか出てないみたい。しかも、英語の字幕はなくて、日本語字幕と英語と日本語音声だけ。迷ったけど、欲しかったから購入。いつか英語字幕のも出るといいのになぁ



年末まではネットの名作劇場、年始は、このDVDで映画鑑賞もいいかも(^oo^)
どこに旅行に行くという予定もなく、たこぶの実家を訪ねるぐらいなので、家でまったり・・・・という御正月になりそうな我が家です。紅白は・・・しょうもないかもと思いつつもやっぱり見てしまうのかなぁ。今年の御正月は、二人で交替で大風邪ひいて、たこぶの実家詣でに私は参加できず、えらい目にあったから、今回の御正月は、元気で過ごせるといいな。
[PR]
by butakotanaka | 2005-12-28 12:27 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

年末までの名画劇場(^oo^)

ヤフーが動画配信の数を一気に増やしてます。
Yahoo!動画

この中で、BB会員が楽しめる世界名作映画ライブラリーというのがありまして。最近、時々ここで楽しませてもらってます。今年のはじめからぼちぼち公開されてたみたいなんだけど、全然知らなくて、ごく最近気が付きました。で、よく見てみると、この年末、12/31までの公開みたい。ってことで、この数日は毎晩1つは見ようってことで、がんばってます。せっかくタダで見られるんだし。

それに、ここに公開されてる古い映画って、いいんですよねー。英語もわかりやすいし、ストーリーもめちゃくちゃオーソドックスで、それがまた好みです(●^oo^●)うちのパソコンは、20型のテレビぐらいは大きいデスクトップ型なので、全画面表示にすると、まるでテレビみてるみたいに楽しむことができます。パソコンの前に椅子ならべて、お菓子とか食べながら見てます。

ゆうべ見たのは、「我等の生涯の最良の年」という1946年の作品。約170分という超大作です。物語は、戦争が終わり、軍用輸送機に乗り合わせた三人の復員兵が同じ故郷の街に帰ってきて、その後の人生がお互いからみあってドラマが展開される・・・となります。元銀行員で、帰ってからの仕事や人生も比較的順調、でもそんな毎日になかなか馴染めない人、若くて仕事もアルバイト程度、妻とも新婚ホヤホヤのまま出征し、帰った後なかなかうまくいかない毎日を送る人、そして、戦争で両腕をなくし義手で帰ってきて、婚約者とのこれからの人生をどうしたらいいのか悩みに悩む人・・と、それぞれの葛藤を描いてます。3時間近いんだけど、飽きることなく見つづけてしまういい作品。

1946年のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、脚色賞、音楽賞、編集賞を受賞し、ゴールデングローブや英国アカデミー賞作品賞を受賞した作品なんだそうです。

私は戦争は嫌いだし、もう二度と起こってほしくないと思う人なんだけど、この作品を見ていて、軍隊という組織のよさもあるんだなぁって思いました。それは、その人が金持ちだとか地位があるとか、元々いた世間でのレベルというのが、関係なくなるということかも。ある意味「平等」なんですね、軍隊では。階級に差が出てはくるけど、それはその人が金持ちだとか、社長だとかそんなことは関係ない。

で、復員して帰ってくると、そこには元いた現実の世界が待ってるんですね。でもって、戦争でいかに手柄を得たかが、その後のキャリアに影響する場合もある。それに戦争でどんな仕事をしていたかで、その後の仕事に役立つ場合は、全く役に立たない場合とある。

この映画では、日本や、広島って言葉も何度か出てきて、アメリカの相手は日本だったんだなぁ・・って実感します。それに日本の戦後すぐの状態と、アメリカの状態との違いにも驚かされる。なんか、感動しつつも、色々考えさせられた映画でした。


ちなみにその他、この中で今まで見た作品は、
「素晴らしき哉、人生!」→これは有名。前に途中まで見たことあった

「緑色の髪の少年」→なんか不思議なムードがある反戦もの

「オール・ザ・キングスメン」→日本では公開されなかった政治もの

「街角 桃色の店」→ユー・ガット・メールの元ネタになった作品らしいです。

の4本です。


有名な「雨にうたえば」とか「34丁目の奇跡」とか「名犬ラッシー」とかもあります。ヤフーBB会員の人がいたらぜひぜひこの名画シリーズを(^oo^)


最近、テレビの年末年始スペシャル番組はしょうもないのも多いし、今年の休みは、これで年末まで楽しもうっと(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-12-28 11:19 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

ほとんどの出すべき年賀状は、この間の金曜までに出しました。早だしキャンペーンの応募用紙を50枚に一枚つけて・・・。ちょこっと残ってたのを昨日両替のついでに投函しました。

悩むのが、海外への年賀状です。
普通、海外への郵便って、今、何日ぐらいで届くんだろう。アメリカとかだと昔は、二週間っていってたときもあったけど、今だと一週間、いや、もしかして3-4日なのかもなぁ。

ってことで、年賀状。
国内だと、12月18日以降だと、いつ出しても元旦までは配達されないけど、海外だと、早く出しすぎると年内に着くんちゃうのん・・と疑うわけです。年が明けてから遅くなるのはマシだけど、年内に着くのはマヌケちゃうかなぁって。で、何日に出そうかいろいろ考えて、ゆっくりめに書き始め、ゆうべ書き上げてまして、さっき郵便局で出してきました。

ハガキは、世界共通で70円。なので20円切手を貼って出します。「普通に年賀状の投函口に出せばいいですか?」と、切手を買うときに窓口のお姉さんに聞いたら「あっ、分けた方がいいので、窓口に持ってきてくださると助かります」ということで、切手を貼ってもう1回列に並び、窓口で渡してきました。さてさて、何日に着くんでしょね。

ちなみに出した国は、香港、ニュージーランド、アメリカ(ニューヨーク、シカゴ、コロラドなど)でーす。

帰りに近所の図書館行って、ちょっとだけ本借りてきた。
BBCのラジオ7でやってるクリスマスキャロルを今、MP3プレイヤーにライン録音してるところなんだけど、丁度英語のペーパーバックをこないだアマゾンで購入してて、今回、図書館で子供向けの翻訳された本を借りてきました。これで3方向から物語を把握できて、これも楽しいかと。

「高慢と偏見」ですが・・・・。いや、参ったかも(^oo^;)
ややこしいです。言い回しが。かなり丁寧に読まないと、皮肉っぽい言い回しや、イヤヨイヤヨも好きのうちって感じの言い方とか、夫婦ケンカの裏の裏を読むような会話の進み具合が、しんどい(^oo^;)もしかして、今の私には背伸びした作品なんかも。っていうか、これがイギリスの文学作品の特徴でもあるんかなぁ。でもって、それを1回でも丁寧に読んだら、他の作品が読みやすくなるんかな。今回その他にも安かった「嵐が丘」を買ったんだけど、これ全部読めるのはいつになることやら(^oo^;)やれやれ・・・・。
[PR]
by butakotanaka | 2005-12-27 15:18 | 日常生活 | Trackback | Comments(4)

フィギュアスケートの全日本、盛り上がりましたねーーー!!
もう二人して、毎晩興奮してしまいました。

こないだのグランプリファイナルはテレビ朝日がやってて、松岡修三がキャスターで、今回はフジが担当で国分太一くんがキャスター。私は、この国分くん、けっこう好きです。タレントとして好きとかじゃなくて、このスポーツキャスターとしての彼の色がすんごく気持ちいい。邪魔にならない、うっとおしくない、で、好感がもてます。ムリに自分の個性を出そうとしてないところがいいし、競技している人たちの気持ちを大切にしてるし、邪魔したくないって思ってるのが伝わってきます。だから、この間の中継番組よりも、すんごく気持ちよく見ることができました。ありがとー、国分くん(^oo^)

ちょっと残念だったのは、男子の競技があまりフォローされてなかったこと。フジ系では土曜の夜中、3時とかそんぐらいに男子のフリーの番組があったんだけど、なんと関西テレビは全然違う番組やってた。フジテレビのウェブで番組があるとチェックしていたので、関西テレビても絶対あると信じていただけに、新聞の番組表見たときはショックやったなぁ。

でもまっ、日曜の昼にあったダイジェスト版で、織田くんと高橋くんのだけはカットなしで見せてくれたから、まっよかったけど。

女子は、ほんま熾烈な争いでしたね。あれって、グランプリ・ファイナルよりもレベルが高かったのでは?って思った。グランプリファイナルで世界一の座についた真央ちゃんよりも、更に上に二人もの選手が立った今回の大会って、日本の国内にどれだけの高レベルの選手が存在してるかってのの証明なのかなとも思った。真央ちゃんのトリプルアクセル二回成功ってのもすごかったし。

私の好みは、なんといっても村主選手。トリプルアクセルも4回転もないけど、彼女のまるで踊ってるような、パントマイムしてるような、とにかく芸術的な演技には、いつも心がゆすぶられる。まだケガからの復帰で本調子じゃないみたいだけど、オリンピックまでに更に調子あげてがんばってほしいなぁ。

荒川選手は、今期はじめて演技してるところを見た。それまではニュース写真でしか今季は見たことなかった。ここまで、全ての部分でレベルが高くなってるとは知らなくてとにかく驚いた!!演技から演技の流れがものすごくスムーズで美しい。でもって、どれ1つとっても半端じゃなくて完璧って感じ。前に見たときよりも、身体が柔軟になってて、しかも強い「意思」を感じる。やらされてるんじゃなくて、自分の意思でやってるというのを強く強く感じた。身体もしぼられた気がするし、この人、今、ミスさえしなければ、世界で一番うまいんかも・・とさえ思った。

真央ちゃんは、ジャンプがすごい。でも、ずっと周りと比べてみていると、ジャンプ以外の部分で、身体は軟らかいけど、まだまだ磨きがいのある原石なんじゃないかなぁという感じ。スピンとか、演技と演技のつなぎとか、ステップとか、まだまだ磨けるって思った。次のオリンピックまでに体型の変化をうまく克服して、でっかく成長してほしいなぁ。めっちゃ楽しみ!

次に好きな選手は、中野選手。この人、フリーでリズムがある曲を選んでるんだけど、それに比べてエキシビジョンのアメイジンググレースがすごくよく見えた。本人が思う以上にスローテンポのバラードが向いてるんじゃないかなぁ。シンプルなスケーティングが、スローテンポな曲にもすんごくあってて、気持ちいい。やさしい。美しい。彼女のよさがゆっくりの曲に合う気がした。集中力もある人だし。最初に見たときよりも、見るたびに「強く」なってきてる気がするし。世界選手権や4大陸選手権で、いい成績残して、世界に認められて、まだ20歳だし、次のオリンピツク目指してほしいなぁ。

安藤選手は、これからの人なのかなぁ。4回転ができちゃったことで、すんごく注目されて、また日本人離れした体型と顔立ちも助けて、アイドル扱いされて、なんかここ数年大変な時期を過ごしたみたいで少し可愛そうな気もする。でもそれを乗り越えて、今、精神的に成長していってる途上なんだなぁ・・って思う。オリンピックに経験者のお姉さん二人と一緒して、何か得るものがあると思うし、この春までに、彼女はめちゃ変わる気がするなぁ。その意味では楽しみ(^oo^)

私があんまり好みじゃないのが恩田。ジャンプはうまいんだけど、それ以外のところで、普通にすべってる時に、音楽がなくてもあっても変わらないんじゃないかなぁって感じるところが多々ある。華のあるスケートを目指して外国に渡ったと紹介されているけど、華って難しいんだなぁと改めて思う。それでも、エキシビジョンで選んだハードロック系の曲は、彼女のキャラにあってるなって思った。江戸っ子みたいに豪快な人で、繊細さというのとはちょっと距離がある気がするし、豪快な曲にして、豪快にすべるのがいいのかもなぁ。

こうやって見てみると、フィギュアって、常に音と共にあるもので、その音選びってのが、大きいのかもなぁって思ってきた。その音楽とその人の個性、そしてそれに合わせた振り付け、個性を理解してくれるコーチや振付師との出会いとか。あと、指導方法も、誉めて育つタイプと叱咤激励されるのが向いてるタイプといろいろいるんでしょうね。

男子も、織田くんは、どんないがんでいて、バランスが悪いように見えるジャンプでも器用に着地するセンスはすごいし、エンターテナー性もあるし、これからが楽しみ!
高橋くんは、めちゃ基礎力のある人。ステップめちゃうま!!ジャンプは安定性には欠けるところあるけど、ちゃんとあがった時の美しさは格別。この人足元だけ見てると、私から見ても素人ながら、足さばきの美しさが伝わってくる。片足だけですべるときとか、めちゃうまいって感じる。調子をあわせて、オリンピックで本人のためにもいい成績残してくれるといいなぁ。

いや、ほんま、すごく迫力ある試合でした。興奮しました。楽しませていただきました。
ありがとー。


でもって、昨日は、裏でやってたM-1グランプリを録画しておいてあとでみました。今までローカル番組でレポーターやコメンテーターやってたブラックマヨネーズをずっと見てきたけど、彼らがこんなに面白い漫才やるとは、全く知らんかった。今日の記事とか読んだら、今年からネタのやり方変えたんだとか。ネタ2つ見たんだけど、両方ともめちゃ面白かった。

テンションって高ければ盛り上がるってもんでもなく、おとぼけ味も、それだけで売ってたら、飽きられてくる。テンションあげてても、「間」は必要で、それがないとこっちも笑えないし感じるヒマがない。それにやっぱネタの内容が、いかに共感できるものかってのもあるのかなぁ。自分たちの「ブスです」とか「デブです」とか「肌があらいです」とかいうと特徴を使うのは、悪くはないんだけど、そのネタの間中、その特徴だけで笑わすのは、やっぱ飽きてくる。そこからどう発展させるかって、普段まわりの景色をどう観察してるのは、人々をどう観察してるのか、それをどう面白い面で切り取れるのかって、その感性がないとあかんねんね。

いや、ほんま、ブラックマヨネーズは面白かったわぁ。来年は絶対売れるんやろなぁ。8年目っていってたし、今まで苦労してたやろし、なんかひとごとながら嬉しい。

最近テレビ番組面白くないなぁって思ってたけど、この連休はとっても充実してたのでした(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2005-12-26 14:44 | スポーツ | Trackback | Comments(7)

なんだかクリスマスクリスマス・・・と思ってるうちに、もう年末モードやん(^oo^;)
すっかり忘れていた姪っ子、甥っ子たちへのお年玉のために、新札両替にいってきました。

新札両替する前にお金をおろすために並んだATMは、軽く見積もって、20人以上は並んでました。30分ぐらいで順番が来たので、まだマシなのかしらん(^oo^;)行列を見た瞬間「何か読む本を持ってくるべきだった」と後悔した私でした。ちなみに時間は午後1時すぎね。

最近の銀行って、両替するのにも、両替機にその銀行のキャッシュカードを入れないとできないんですね。要するに、この銀行と取引がある人だけが両替してね、それ以外の銀行の人はダメよってことですよね。全ての銀行がそうなってるのかどうか知らんけど、それってどうなんかなぁ。

時間外にお金おろしたら手数料取られたりするし、なんだか銀行って、ほんま使いにくくなってる気がするなぁ。その代わり、一定の金額預けてたら、その手数料取られる時間帯が少なくなって得することも確かにあるねんけど・・・。

今日出かけた銀行は、「5千円札の新札は終了しました」とあったんですね。げっ、終了って!?そんな簡単に終了してしまうもんなん?まだ年末の最後の日ってわけでもないのに。
仕方なく千円札だけいくらか新札に両替して、郵便局に向いまして・・・。

小さな郵便局で、支局って感じの。
「五千円札の両替できますか?」って聞いたら
「もうなくなりかけてますけど、どのぐらいご入用ですか?」と返ってきた。ほんとはもう少し欲しかったけど、最低限の金額で
「えっと、4-5枚あれば助かります」と答えると
「あっ、4枚ぐらいならなんとかなりますよ」との返事。

無事、4枚の五千円札をゲットできて、とっても助かったぶたこなのでした。
郵便局での両替は、名前や住所は書かされたけど、別に郵便局の通帳を見せろとかそんなことは言われなかった。誰でもどうぞって感じ。これがサービスなんやろなぁ・・・・。

これから民営化されて小さな近所にある郵便局が減っていくっていう話やけど、こんな時は、郵便局が小さくても近所にあってやっぱり助かるなぁ・・って思った。銀行は、すんごくなんていうかいろんな意味で限定されていて、使い方が「難しい」ともいえる。

自分の取引のある銀行がどのぐらいの支店があって、それが自分にどのぐらい都合がよくて、サービスの種類も自分が欲しいものに見合ってるのかどうか・・・。そういうのをめんどくさくても見極めないと、かなり損するんですよね。いろんな情報を一生懸命得つづけないと損する時代かぁ・・・。得することも多いのかもしれないけど、なんだかめんどくさいなって感じることもありますね。


あーあ。なんか疲れた(^oo^;)
[PR]
by butakotanaka | 2005-12-26 14:17 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)