眠たいです(^oo^;)
でも、ちょっと書いてから寝ようっと。

ほんの数週間のつもりで行き始めたお仕事ですが、
7月はじめから、もうすぐ二ヶ月になろうとしてます。

やっと最後の追い込みかなって言えるところまで来まして、
どうやら来週の前半ぐらいまででお役ごめんとなりそうです。
最後になって仕事が雑にならないように、がんばらねば。

本当は月末までで終わりたかったところなので、
少しでも早く終わりたいなって思って、
先週から今週にかけては、強化週間が続いてます。


昨日と今日は、9時を過ぎても会社にいました。
久しぶりやな、こんなに働くの。
でも、世の中にはもっと働いてる人もいてはるもんね。
私は、普段が甘えた生活してるからな(^oo^;)


普段なら、6時半きっかりに帰宅するたこぶ(^◎^)を待って、
私が夕食を作り、それまで30分の試合の様子を報告するんだけど、
最近は、その逆。

たこぶが試合の報告をしてくれる。
ゆうべは、帰宅しても、まだ試合をやってた。
びっくりした(@oo@)
延長戦の末の同点引き分け。
でも、粘りがあったし、前日の勝利があったし、同点でいいやん。
よくがんばったよって思えた。勝ってくれたらもちろん嬉しいけど。

で、今夜。
10時近くに帰ったら、たこぶ(^◎^)が興奮しとる。

「あのなあのな、最後の部分から録画しといたからっ(^◎^)」やて。
「えっ、勝ったん(;oo;)なー(;oo;)」?」と聞く私に、無言のたこぶ(^◎^)。


録画しておいてくれたのは、9回の裏、2アウトで球児が投げているところから。
8-7やって。
でも、2アウトから1点取られた後らしい。
ランナーも2人も出てる。
しかも、バッターは、ウッズやん!
危ないよーーーー!!

なんかライブ見てるみたいにドキドキしながら見た。
うわーー、勝ったーーー!!

お立ち台のインタビューもばっちり見れたし、
監督のインタビューもあったし、
ダイジェストもサンテレビが見せてくれたし、
なんか遅く帰ったけど、満足度が高かった。

たこぶ(^◎^)、ありがとーねー!!
あのね、会社の猫好き仲間さんが
「最近、ネコの写真の更新ないねー(^.^)」って言うてはったよー。
よろしくねー(^oo^)



ってことで、なんだかええ気分で、今から寝ようしている私です。
眠たいし・・・・。



そうそう、気になってることをいっこだけ。
あの、ハンカチ王子です、いわゆる。

あそこまで追いかけなくてもいいんですけど。
彼が野球してるところは好きだけど、
一挙手一投足を知りたいとは思わない。
フリータイムのことは、別に知りたくないなぁ。
ほっといてあげてほしいなぁ。

練習もそんなに詳しく知らなくてもいいなぁ。
試合とかだけはカバーしてくれると嬉しいけど。

せっかく高校生として、楽しい思い出になるべく、
アメリカに旅しているのに、
あそこまでカメラに追いかけられたら、楽しくないやん。
何かするたびに、どこかに行くたびに、記者会見じゃ、
周りの目が気になって楽しいこともでけへんやん。

なんて、報道ってちょっと話題になったら、
いつまでも追いかけるんかなぁ。
朝のワイドショー、
ニューヨーク州からわざわざ生中継までせんでええやん。
高校生やん。あの子ら。


なんとなく、いい気持ちしない。
そっとしてあげてほしいって思う。
そうはいかんのかな。


ってことで、今度こそ、おやすみなさい(^oo^)/~~~
[PR]
by butakotanaka | 2006-08-31 23:34 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

う・・・感動した(;oo;)

今頃、トラファンの皆さんは、泣いてることでしょー。
我が家もです(;oo;)(;oo;)


持ち帰り仕事で煮詰まり気味の私でしたが、今夜の試合はよかったなぁ。連敗脱出。杉山も藤川もよく投げた。最近、中継ぎや抑えがくずれることが多くて、ベンチの雰囲気、いや、ブルペンの雰囲気はどんなんやろう・・って思ってたけど。

今日は、テレビ中継が途中で終わり(朝日放送のあほー(;oo;))。
続きをラジオで聴いてた。

ヒーローインタビューは、杉山と藤川の同期コンビ。
杉山は、ハキハキと元気に話す。
藤川、あれ・・・なんか沈黙。
ラジオやから最初わからんかった。
でも、沈黙が長すぎる。

泣いてるんや。藤川、泣いてる。
客席から藤川コール。ものすごい大きなコールが聴こえてくる。
インタビューのアナウンサーもしばらく何も言うことができなかった。

毎日毎日つらいんですけど、ファンのためにがんばってるってことをわかってください・・としぼり出すように言った彼の言葉は忘れられない。

自分自身のこと以上に、同じブルペンでがんばって準備しては送り出されていく久保田やジェフ、江草や桟原が、次々に打たれて帰ってくるのを、毎日本当に砂をかむ思いで見つめてたんやろなぁ。休んでる間にチームの調子が落ちていき、久保田と二人して復帰してからも、連敗・・・。きっと、みんなでほんまにつらい思いしてるんやろなぁ。

岡田監督が本気かどうか知らんけど、「優勝できなかったら責任とって辞める」という発言をミーティングでしたとかしなかったとか。


これからどうなるのか、もう優勝はあかんのかもしれんけど、
捨てたらあかんねんね。

最後までいい試合をひとつでも多くするように、選手はがんばってるねんなぁ。
だって見に来るお客さんは、一回一回違うねんもんね。

なんか今日の試合にすんごく励まされた気がした。
がんばろっと。私も。


ありがとう、阪神タイガースの選手たち(^oo^)
今日は、旦那の姪っ子夫婦が見に行ってる試合だ。
勝ってよかったね、六甲颪を歌えてよかったね(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2006-08-27 21:41 | 日常生活 | Trackback | Comments(4)

あえて、カテゴリを英語にしてみました。

というのは、今日は、英語学習友だちとのデートだったから(^oo^)
先日、ここでも紹介したfunfunさんとお会いしてきました。

オフラインでお会いするのは初めてです。
いやー、楽しかったなぁ。
あっという間に4時間近くがたってしまいました。


最初にfunfunさんを知ったのは、どうしてやったかな。
英語の学習を始めて、いろんな人の英語学習について知りたくて、
毎日のように英語を勉強している人の日記やらウェブサイトやらを
検索して読んでいた時期がありました。

何か感じることがあったページは、
ずーっと読み続けていました。
そんなにたくさんのページを読み続けることはできないから、
気に入って読んでたページもだんだんしぼられていきます。

その中でfunfunさんのページは印象的でした。
なんでって、全部、英語で書いてあるし・・・(@oo@)
そのうち楽天でブログも始まって、これがまた全文英語の日記。

そのころの私は、更新される日記を読むたびに、
わからない単語、知らない表現だらけ(^oo^;)
この人すごいなぁ。勉強一生懸命やりはってんなぁ・・と感心の連続でした。

それに、考え方もとっても前向きで、明るいし。
苦労話もさらっと書いてはるし。

わかったようなこと書いてる私ですが(^oo^;)
とにかく英語だけで書かれていて、
知らない単語だらけだったわけですから、
ようわからん内容もありまして・・(^oo^;)
辞書で調べる元気がないときは、
わかったような気になってるだけのときもあったかも・・・。


そんな私が、最近、彼女の日記を読んでいて
大体、調べなくても内容がわかるようになった。
「おっ、私、funfunさんの日記が大体わかるようになった。
これって成長やん!」と彼女のブログを通して、
自分が学んできた道を確認できたりしたのでした。

丁度、仕事の関係で関西に来られているということで、
はじめての出会いが実現しました。
昨日はがんばって残業して、今日は定時で退社。

天満橋のスタバの前で待ち合わせ。
二人とも初対面やねんけど、何かそんな感じはしないんですねー。
それに、私たち、どこか見かけも似てるような気がした。

会った瞬間からもう何度も会ってるような感じで
話し始めて・・・。
そうこうしてるうちに旦那も到着。

最近お気に入りのイタリアンOliへ。
ちゃんと予約もしてあったから、窓際のええ席に案内してもらった。

いつも頼む(ってまだ3回目やけど(^oo^;))2600円のコース。
6時半から9時半近くまでずーーーっとしゃべってましたさ。
あははははは。モトはとったな。

名残惜しいので、少し散歩しようってことで、
近所にある大阪城のライトアップの見物に行ったあと、
まだ名残惜しいので、さらにお散歩。

そっからドーンセンターの前をとおり、
天満橋から北浜へ。ライオン橋を渡り、梅田に向かって歩き、
滞在してはるホテルまで。
ロビーで別れを告げて帰ってきました。

今度はいつ会えるのかな。
また近いうちに会えるといいな。

海外から帰られたばかりで疲れているかな、
元気かな・・ってちょっぴり心配してたけど、
めっちゃ元気な方でした(^oo^)


ネットってのは、いろいろ悪い評判もあるけど、
やっぱり新しい出会いを運んでくれますね。
イタズラとかも確かにあるけど、
いろんな原石がいっぱいあって、
その中にいくつもの宝石が眠っているって感じ。
あるいは、その原石の磨き方一つで、
素晴らしい自分だけの石に仕上がっていくともいえるか。

磨くだけの自分のエネルギー、器、余裕ってのがいりますね。
人生を実りあるものにしようとすると、
そういう要素ってのは必要ですね。
・・・そんなことを感じた今日なのでした。


さてっと、早く寝て、明日もがんばろっと。
おやすみなさい(^oo^)/~~~
[PR]
by butakotanaka | 2006-08-25 00:12 | 英語・学校 | Trackback | Comments(4)

印象に残った抗議デモ。

今日は、夕食を別々に食べると最初から決めていたので、少し長めにお残業。といっても、たかだか8時すぎぐらいまでなんですけどね(^oo^;)でも、いっぱい働いた気分ではあるもんです。はい。


ところで、今日の昼前、会社近くで、ハンドマイクで何か行進してるみたいな、デモしてるみたいな声が聴こえてきました。よく右寄りの皆さんの街宣車が通るので、今日もそれかな~って思ってたら、なんだか様子が違う。なんていうか、歌とか聞こえてくる。それがまたセンスがあるというリズム感があるんです。グレゴリオでもないけど、ソウルでもないけど、なんて言ったらいいのか、日本人っぽくないって思った。

丁度昼休みの時間。思わず会議室の窓から下をのぞいてみて、驚きました。
ここはマンハッタン?って思ったよ、一瞬。
だって、30人だか50人だかぐらいの人数でデモ行進してたところまでは、予想の範囲は超えていなかったんだけど、驚いたのは、その全員がおそろいのティーシャツを着た黒人の皆さんだったこと(@oo@)えー、大阪にこんなたくさんアフリカ系の人がいるんやー。そういえば、うちの近所の商店街でも、アフリカ系の外国人経営のスポーツウェアの店あるなぁ。大阪弁がうまくて地域にすっかり溶け込んでるええヤツって感じの人。

でも、こんなにたくさんいっぺんに大阪の街で見たのは初めて。
カフェでお昼するためにエレベーターに乗り込んだら、同じ会社で働いてるアメリカ人のSと、もう一人私の仕事担当してはるSさんが一緒になった。

「あれ、何ですか?(@oo@)」と問う私に、
「多分、ここに住んだり働いたりする権利がほしいとか、そんなんちゃうかぁ」って大阪弁じゃなくて(^oo^;)、英語で答えてくれたSでした。そうやな、この辺ってパスポートセンターとかもあるから、そういうのかも。

「とにかく、行ってチェックしよう」と三人で下りた。
丁度、会社のすぐ前に行進が来ている。
私たちにもわかりやすいように、持っているプレートは英語と日本語のバイリンガル。ちゃんと警察の先導を受けて、車の通行を止めて、ばりばりやっている。ちゃんと事前に届けてマナーを守ってやってる様子。しかし、デモとしてはそれほどの人数じゃないんだけど、メーデーとかでおとなしくゾロゾロ歩いてるああいうんじゃなく、全員がやる気満々で、すんごいおっきな声を出し、時には歌いながら訴えているので、迫力満点やった。

訴えていたことは、はっきりとはわからなかったけど。
とにかくアフリカ系の黒人が、多分「ジョン」とかいう人が、強制送還のためにつかまった何かで、その末に亡くなったんだとか。「殺された」とは言ってないけど、何かあったんじゃないか、本当のことを知りたい、真実を知りたい。

何か虐待があったのでは?もしかして政府に殺されたのでは?・・・ってことなんやろな。
いったいどういう事件なんかなって思って、帰ってから調べたけど、ニュースは全然伝えていない様子。

歩いている彼らをじっと見ていたら、何人もの人と目が合った。Sは行列の中の人に「何があったの?」ってちゃんと聞いてたな。私は、親指を突き出して「がんばって!」ってちょっとやってみたら、数人の人がこっち向いて笑ってくれた。

丁度行列の真ん中を信号を渡ることになったんだけど、「えくすきゅーずみぃ(^oo^)」と言ったら、ちゃんと止まって、通してくれたよ。めっちゃ礼儀正しいデモの人々でした。
ヒマやったら、行進に加わりたかったかも(^oo^;)

っていうか、何があったのか、もう少し詳しく知りたいなぁ。もう少し大きな動きになると報道が始まるんかな。誰か写真を撮ってた人はいたけど、大きな報道機関は来てなかったみたい。

うーん・・・。気になる気になる・・・。
・・と言ってる間に、今日も夜だ。
最近、いつものラジオ、前半1時間でギブアップの日々が続いてます。
最後まで聴くと1時なんだけど、12時に寝るのと1時に寝るのとで全然体調が違うねんもんっ。

明日のために、今日も12時で寝ようかな。
こんなに簡単にあきらめるのは、ブライアンが夏休み中だからってのもありまして・・・。
来週の月曜から帰ってくるらしいです。
その日まで力を蓄えておいて、来週はなんとか最後まで聴きたいもんね。

そうそう、今日の夕食は何か食べて帰ろうって思ったけど、ちょっとでも早く帰りたかったから、吉野家の牛丼ぢゃなくて、豚丼(共食いや(^oo^;))をお持ち帰りしました。330円なりー。これがちゃんと七味もしょうがもついていて、美味しかったよ。これもなかなかよろしいな。


ではでは・・
そろそろ寝ます。
おやすみなさい(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2006-08-23 23:52 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

えらい雷でしたねー

今日のお昼は、すごい雷でしたね。
雨もすごかった。
思わず廊下に出て、雨を眺めてしまいました(^oo^;)

ネットで天気予報にちらっと目をやると、
なんと大阪市に大雨・洪水警報とか出てるやん!
大丈夫かいな・・とか思ってるのは私ぐらいなのか、
みんな、クールに仕事を続けてはりまして・・・。


お隣の席のMさんに
「怖いですねー、すごいですねー」と一人で訴える私(^oo^;)
Mさんも、一緒に「怖いねー」と同調してくれる。
同じネコ好き仲間なので、わかりあえるのだっ。



今日は、あんまりネタないなぁ。
昼ごはんに、初めてのお店に行きました。
「かっぽうぎ」というお店です。

どうやら夜は居酒屋の様子。
650円で、メインのおかずを一つと、小鉢を二つ選べて、トン汁とご飯がついてます。
私は、豆腐ハンバーグと菜っ葉のおひたしと、小イワシ2匹の生姜煮にしました。
テーブルの上には、つぼ漬け(これが大好きなのだ)と、カツオのふりかけがフリーでついてます。お茶も冷たいのとあたたかいのと二種類。なんかええ感じでしたよ。会社の人と二人で行ったんだけど、そういえば面白いエピソードが・・・。


今日、ほんとは、私は、いつものように一人でカフェに行って本でも読もうと思ってたんだけど、エレベーターでその人と一緒になりまして。
その人が「今日はね、ご飯とおかずを食べさせてくれるところに行くんだけど」とおっさる。
私が「どなたと一緒ですか?」と聞いたら、
「一人でいくんです。よかったら一緒にどうですか?」
ときた。

断る手はないわけで・・。ご一緒しました。
で、ここは前払いです。
レジに並んで、先にお金を払ってからお盆を持っておかずを取って行くシステム。
で、お金を払おうとしたら、その人の顔色が変わりました。
「うわっ、あらっ、えっぇぇぇぇぇぇぇ!」ってな感じで。
そう、お財布がなかったのです、その方(^oo^;)

でも、これは大事件です。カバンに入ってなかったわけだから、どこかで落としていたら大変!「今日、銀行でお金をおろそうと思ってたんだけど、それどころじゃないわね」って(^oo^;)そらそうやわな(^oo^;)

とりあえず、私がお貸しし(一人で行かなくてよかったと後で気がつきました。神様のお取り計らいかも(^oo^))、おかずをとってテーブルについてから、携帯でご自宅にかけたら、自宅のテーブルの上に忘れていたということで、一見落着。自宅ならよかったよね。行き帰りは定期があるからお金いらないってことで。よかったよかった。


別にそれだけなんですけど。
でも、こういうことってありますよね?
絶対持ってるって思って、買い物に行き、自信満々でレジに並び、お財布忘れてなくても、お金が足りないとか。私、あります(^oo^;)品物を減らすか、もう一回売り場に戻ったりするんだけど、これって恥ずかしいんですよね。


昔、指導させていただいていたお母さんコーラスのメンバーに、とっても厳しいお姑さんと同居されてる方がおられて、その方は、買い物に行くとき、いつも千円しか持たせてもらえないということでした。家族数人の分の食事の買い物に足りるはずもなく、いつも大変で、お金が足りなくて恥ずかしい思いをすることもしばしばだったとか。


「だった」と書いたのは、その方は、もう亡くなってしまわれているから。
その方は、月に2回のコーラスの練習が、もう自分が自由になれる唯一の時間だと、それはそれは楽しみにされていたと、お葬式のときになって初めて伺った私たちでした。いつも疲れておられて、楽しそうじゃないときもあったので、この人、歌が嫌いなのかも・・・なんて誤解していた自分たちの気持ちがとっても恥ずかしかったのを、今、思い出しました。

それから、練習は、できるだけ全力でしなくちゃなー、この時間を楽しみに来られる方がおられるんだもんなぁ・・と思うようになりました。

とはいっても、こういう気持ちがずっと続けばいいんだけど、だらけてしまうときもあるんですけどね(^oo^;)とりあえず、今月は休んでしまった練習なので(って同じコーラスグループってじゃないけど)、来月は、いい練習ができるように準備しなくちゃなー。



おっと、また話が、あっちいきー、こっちいきー、またもどりー・・・でした(^oo^;)
失礼しました(^oo^;)
おやすみなさいっ。
[PR]
by butakotanaka | 2006-08-22 22:15 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

もう寝ようかなっと。

夜12時を過ぎたところです。
いやー、昨日の高校野球は感動しましたね。仕事しつつ、ついつい心はそっちに傾いてしまいました。でもって、そうなると今日の結果も、いや、試合の動き一つ一つが気になるではないですか。

ってことで、我が家では、朝、きっちり録画予約を入れました。
昨日みたいな死闘延長戦!になるかもしれんからと、1時から5時までセットしておいた。

今日、私はちょっぴり遅めの8時半すぎに帰宅。
ご飯食べながら、見はじめました。
いやー、今日の試合も、なかなかええ試合でしたね。
点差が一度はついたけど、9回の表にこれからどうなるのー?って思わせる展開まで行くところがすごいよね。それに、あの斉藤くんは、誰もが認めてるけど、やっぱすごいね。きっとこれからいろんなチームからラブコールがかかるんやろね。どうなっていくのか、将来が楽しみ。大学に行くのかプロに行くのかわかんないけど、引き受けたチームは、大切に大切に育ててあげてほしいな。逸材だもんね。


なんか、この週末あたりから、忙しいながらも少しずつ自分のリズムがつかめてきた感じもする。気のせいかもしれんけど(^oo^;)

なんとなく、メールを書いたり、コメントを書いたりする余裕が出てきたって感じかな。そうそう、英語のブログに新しい人からコメントがついて、それも嬉しかったりして・・・。話題が「平和」についてだったりするから、そのコメントに返事はまだできてない。難しくて(^oo^;)でも、週末までにはお返事を返したいなぁ。でもって、こうやって外国からの(その人はイギリス在住の人らしい)コメントがもらえたりするんだし、そんな出来事にも励まされて、英語のブログも短くてもいいから、もっとちょくちょく更新しなきゃなーとか思ったりもする。

やりたいことはいっぱいあるけど、時間は足りないんだけど・・・。でも、短い時間をつかって、少しずつでもやりたいことをやっていくと、なんとなく気分がすきっとするもんですね。なんというか、できないよーって文句言ってないで、とにかく小さいことでも一こずつやっていくんですね。がんばろっと。


お返事を出したいハガキがたまってます(^oo^;)
入院中の病院からくださった方、私がお休みしたからとコーラスの方で励ましてくださる方、色々書きたいんだけど、メール以上に生の郵便ってのは、よいしょって思わないと書けないもんです(^oo^;)今週中には、書くぞー!!!っと、宣言だけしておこう。


なんだか、あっという間に8月も下旬なんですね。今年の夏は本当に早かったなぁ・・・ってまだ終わってないけど(^oo^;)十分暑いけど(^oo^;)(^oo^;)

なんかさ、甲子園が終わると、夏が終わったっていう気がするんですわな。不思議なもんで。あー、眠たい中書いてたら、またまた話が回ってきた(^oo^;)

ってことで、今日もまとまらないまま、おやすみなさい(^oo^)/~~~
[PR]
by butakotanaka | 2006-08-22 00:21 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

おっと・・・。一週間も更新してなかったですね。うーん・・・。
元気にしてます(^oo^)がんばってお仕事に励んでます。
9月に入ったころには、落ち着く予定で、そしたら、またまた楽しいヒマヒマ生活に入って、いろんなものに目を向けられるようになるのかな。


そうこうしている間に、阪神は、けっこう情けない状態になっています(^oo^;)
っていうか、打撃は、めちゃ好調なんですよね。
二ケタ得点も多い。
でも、投手に信頼がおけない状況が続いていて・・・。
でもでも、みんな気を抜いてやってるわけじゃない。
何か歯車がくるっているのかな、ベンチの雰囲気はどうなんだろう・・って想像してしまいます。

ゆうべは、まあまあ気持ちよく勝ってくれたので、ちょっとご機嫌でええ夢を見られたゆうべでした(^oo^)



高校野球も、今日、決勝ですね(^oo^)
駒大苫小牧と早実ですかぁ。
実力ある二つが残りましたね。
早実は、王監督の卒業高校。この偶然に、驚いてます。もし優勝でもしようもんなら、王監督、嬉しいやろなぁ、勇気づけられるやろなぁ・・・って。こんなん計算したり、目指したりしても、簡単にたどりつける結果じゃないねんから。



もうすぐ、地蔵盆ですね(^oo^)
うちの近所は、一つのお地蔵さんをその近所の町内会を2つにわけて、一年ごとに交代で地蔵盆の世話をしています。我が家側の町内会は、去年やったので、今年は、お菓子を配ったりとかそんなお世話はしなくていいのです。で、我が家、今年は、うちの隣組の会計にあたっておりまして・・。隣組の皆さんの会計から、お供えというものをもって行くのがお仕事です。封筒に入れるんだけど、その封筒、どんなんを買ったらいいのかがわからん(^oo^;)

赤いノシやったかな、結びきりやったな、どんなんがええんかな・・・と、昨日、買いに行ったものの、ダイソーでかたまってしまいました(^oo^;)

店員さんは若い人ばっかり。で、その辺におられた少し年配のおばさんに「あの・・・地蔵盆のお供えに使う封筒を買いに来たのですが、どんなのを使うかご存知ですか?」と、いきなり尋ねるぶたこ。おばさんは、おどろきながらも、一瞬考えた後「すんません、わたしもわかりませんわー。お店の人に聞いてみはったらどうですか?」と言われます。「すんませんなぁ、力なれんで」と申し訳なさそう。いえいえ、いきなり尋ねた私が悪いですから(^oo^)

店員さんに「地蔵盆に使う封筒はどれかご存知ですか?」と尋ねるも、その人は若くてわからんみたい。で「少し年齢が上のものに聞いてきますのでお待ちください」と他の店員さんを探しにいってくれた。しばらくして戻ってきた、50代ぐらいの男の人。あかんかった(^oo^;)
「いやー、地方の習慣とかもありますからねー、そのあたりはわかりませんわ」やと。

地方の習慣って、私、遠くから来たんじゃなくて、近所から来たんですけど(^oo^;)この近所のことやし、もうすぐ来る行事やし、わかっておいた方がいいんじゃないの?・・なんて思うのは、客の勝手なんかな(^oo^;)

とにかく、わからんかったから、あきらめて帰った。で、我が家の近所で、いつも地蔵盆のお世話の中心になってくださっている不動産やさんの事務所の前を通ったら、いつものおばさんがいてはった。ガラガラっと扉を開けてお邪魔する私たち。

「こんにちはー。質問があるんです。あのー、地蔵盆のお供えに使う封筒ってどんなんですか?」といきなり質問するぶたこ(^oo^;)おばさん、親切に去年のを置いてあった本物のお供えの封筒出してきて、「こんなんでいいのよー」と教えてくれた。そうかー、赤いノシで結びきり(蝶々結び)のでいいんやー。本格的のでなくて、そのノシが印刷してある簡単なのでいいのよーとも教えてくれた。よっしゃ、これでわかったぞ。おばさんありがとー(^oo^)


昨日は、秋に行こうかって思う旅行のことも決めに、HISに。
すごく込んでた。で、順番を待っていたら結局、何人かおられる社員の人たちの中で、去年NYむに行ったときにお世話になった人に当たった。とっても可愛い方で、でもってしっかりしていて、仕事ができる人で、もう完璧な対応をしてくださったいい印象が残っているので、めちゃラッキー気分。早速、候補にあがってる行き先から、色々一緒に検討してもらい、最後には納得行く選択ができた。予約も済ませて、もうめっちゃ旅行気分(^oo^)行くのはまだ先だけど、早速帰りにガイドブックを買い込み、お昼を食べながら、たこぶと眺める。うふふふふ・・・。


そうそう、本屋では、イングリッシュジャーナルも買った。初めて買ったかも(^oo^)
なんで買ったかというと、ネットでお友だちになり、仲良しさせてもらっているfunfunさんのインタビューが掲載されているから!すごいよね、あんなメジャーな雑誌に取り上げられるなんて!テーマは英語でブログ!彼女はもう何年も前から、英語だけでブログを書き続けている。もう尊敬。私なんて、はじめてはみたものの全然続いてないもんなぁ。見習って新しい気持ちで、毎日何か書かなくては・・と思うんだけど。

彼女のブログには、毎日、学ぶ喜び、人とふれあう喜び、家族との心の結びつきなど、ハッピーな文章にあふれています。

興味のある人は
ここまで(^oo^)
ただいま、海外での数週間の滞在のお話があって、更に楽しいことになっています。



やっぱり、しばらく日記書かないと、書きたいことが多すぎるな(^oo^;)
さぼらないで、ちょくちょく書かねば・・・。

この土日は、お持ち帰り仕事をやっていて、なんだかとってもあわただしい気分です。それでも、しっかり野球は見てるし、こうやってブログも書いてるから、あわただしいといいつつも、やりたいことやってるな(^oo^;)(^oo^;)

さてっと、がんばろっと。
[PR]
by butakotanaka | 2006-08-20 09:54 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

このお休みは、持ち帰り仕事もあったんだけど、今日は、お遊びモードでした(^oo^)
久しぶりに会う友人とデート。
旦那と三人です。

京橋近くの1号線沿いの小さなフランス料理やさん。
ランチは満員でした。

では、最初からご紹介(^oo^)
b0057103_23153865.jpg

スープです。ニンジンの冷製スープということで、まろやかでけっこうなお味でございました。お皿までしっかり冷たくしてあって、心遣いが感じられました。

次っ。
b0057103_2316304.jpg

メインはミラノ風カツレツです。カツの下にひいてあった、きしめん風パスタも、周りに添えてあったポテトもみーんな美味しかった(●^oo^●)


b0057103_23172099.jpg


デザートです(^oo^)
これ以外に、コーヒーか紅茶の飲み物、小さなサラダ、パンがついて、千円でした。いやー、値打ちあるわぁ。また行きたいなっと。店の名前をメモってくるの忘れた(^oo^;)


1時に待ち合わせした私たち、この食事をゆっくりした後は、近所のお店をブラブラ見てまわり、ダイソーじゃないとってもおしゃれな百均に行ったりしました。たこぶはそこで、なぜか洗濯バサミを買っていた(^oo^;)

徒歩で行ける距離の友人のマンションにお邪魔しまして・・・。
もう、ずっと話してました。
友人のマンションから見える景色が素晴らしいんです。

b0057103_2320422.jpg


こんな感じ。
すごいでしょー?
大阪城が見えるんですもんねー。
こんなところにいたら、毎日散歩したり、ジョギングするのが楽しそう!


景色を楽しんだあと、お腹いっぱいのはずなのに、またまたおやつが出てきまして・・・。
b0057103_23205329.jpg



なんやかやとしてる間に、いつの間にか夕方。
近所のホームセンターに丁度壊れたので買おうと思ってた、目覚まし時計を見に行きました。カシオのええ感じのを780円で購入。スヌーズ機能もあるし、ライトがつくから夜でも見えるし、なかなかです。なぜか、それに加えて三角コーナーのメッシュ袋も買いまして(^oo^;)


うどんの杵屋でカレーうどんを夕食に、またまたおしゃべり。
結局、9時まで8時間一緒にいて、ずーーーっとしゃべってました。
1年ぶり近くなので、一年間に起こったことを色々話すので、もう時間が足りません!

その間に、友人は、悲しいことにおばあちゃんが亡くなったんだけど、最初に病気のことがわかって落ち込んでいたころに比べたら、亡くなるまでのおばあちゃんの日々が、想像していたよりは普通の生活をギリギリまでできて、入院期間も長くなく、最後は、ギリギリまで家にいて、病院に運ばれた後、たった半日ぐらいの間に、少しずつ息が弱まっていったんだそうです。素敵な人生を生きたおばあちゃんに、神様がくださったそのおだやかな最後だったのかなぁ、残された家族へのご褒美でもあったのかなあ・・なんて、聞いていて思いました。


まだ新婚1年ちょっとのマンションは、まだまだモノが少なくて、すんごく初々しい感じでした(^oo^)お世話になりましたっ>友人



さてっと、明日から3日間は、家で仕事だー。がんばるぞっと。
体調は、おかげさまでしっかり回復して、元気になっとります(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2006-08-12 23:25 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

昨日は眠たくて、日記を書けなかったなぁ。
まあまあ寝たはずやねんけど、今朝、突然疲れてた(^oo^;)起きてすぐに・・。変なの。
身体に力が入らなくて、重くて(ほんまに重いねんけどっ)、何かおかしい。
とにかく電車に乗ったんだけど、途中の地下鉄の乗り換えで、ベンチに座って、ひとつ電車を見送って休憩して本読んでた。いや、別に倒れるってほどじゃないので心配なく。(って誰に言うてんねんっ(^oo^;))

こういうときは、地下鉄の階段がつらいもんで、いつもの倍ぐらい時間かけてのぼりましてぇ。仕事に着くも、パソコンのキーボードを打つ手が鉛のよーに重いのだ。んでもって、眠い眠い(^oo^;)気を失いそうに眠い(いや、倒れるってほどじゃないねんけどっ)

そんな私ですが、昼休み、カフェでこないだアマゾンから届いた「バド、バディじゃなくて」の英語版の本を読みながら、ちょっぴり昼寝したら、午後から調子が出てきた。あーよかった。冷房のせいかなぁ。冷房消したら寝られへんし。難しいですね。夏は。いわゆる夏ばてってやつかもしれません。週末で元気を取り戻そう!


**********
で、書かなかった昨日のこと。

昨日は、お昼に会社の人に誘われてランチをご一緒しました。
で、ゆば丼を目指したんだけど、あいにく満員!こないだは空き空きだったのに。そうかぁ、夏休みやから、ランチを豪華にって人が多いのかもね。仕方なくうろうろしていたら、こないだ夕食を豪華に食べたイタリアンのOliに着いた。一番安いランチが1200円!湯葉丼の900円よりもだいぶ高いなぁ。でも、たまには豪華ランチもいいでしょうってことで、思い切って入ることに。他を探す時間もなかったし。

パン食べ放題と、メインに本日のパスタかピザか料理の中から一つ選びまして、サラダ、コーヒーか紅茶がつくというラインナップです。デザートは追加料金にて・・でした。

しかし、これで十分です。もうお腹いっぱい!残してしまったぐらいやもん。
びっくりしたのは帰りのレジで。
なんと、12時半までに入店した人は、200円引きやって(@oo@)
ってことは、私たちの1200円はなんと千円ぽっきりに!すごいっ!
1000円やったら突然安いような気がするから、人間不思議です(^oo^;)なんだか千円は払ったにもかかわらず、得したような気分でレストランを後にした私たちなのでした。


その会社の人に教えてもらった情報で、シティモールの地下にあるスーパーでは、お魚とかが7時ぐらいになると安くなるんだとか。

最近、乗換駅の上本町にある近鉄百貨店の5時からの市に行くことが多かった我が家なのですが、昨日は、このシティモールの地下に行ってみました。お目当てはお寿司とかの割引もの。

でも、行ってみて気が変わりました。全く変わってしまいました(^oo^;)
買ったのは、カンパチの一匹分のアラと、黄色のパプリカです。
アラは、元々398円のがなんと100円!パプリカも同じく100円。そう、二つ合わせて200円だけしか買わなかった(^oo^;)突然アラが食べたくなったんだもん。値段も安いし。おいしそうやし。どうやって料理しようかなぁ・・とか、電車の中で考える。


帰宅。
アラは、フライパンで焼きまして、しょうゆ+ミリンを同量ずつ入れて、照り焼き風。最後の仕上げにゴマをどどっと入れた。ゴマ照り焼きって感じかな。

パプリカ丸一個と、残ってた小さなサイズのお豆腐と、キュウリ一本と、ミックス豆の水煮(ひよこ豆とか大豆とか色々入ってるやつ)。これを全部まぜて、しょうゆドレッシングに酢を足して、さっぱりさせて混ぜた。サラダのようでもあるが、洋風白和えのようにもなった。


とにかく、200円しか買わなかったけど、家に残ってたものを使って、すんごく豪華な食卓になり、かなりご機嫌だった(^oo^)


今日は・・・・。
疲れ気味だったこともあり、無理せずに、またまた弁当でしたがっ。
近鉄の地下に入ってる「米八」というおこわのお店がお気に入りです。夕方になると全品100円引きになるので、よく630円のお弁当を二人分で1050円で買います。週に一度ぐらいは最近これかも(^oo^;)やばいなぁ。主婦のはずなのに。あははははは(^oo^;)

でも、思ってたんだけど。自分に甘い私は、「ものは考えようだー」って思うことにしてます。普段、ずっと家にいるから、百貨店とかの夕方の市とかで買うことなんてないし、仕事が終わってたこぶと待ち合わせして外食することだって、ほとんどないし。こうやって、外に出ていることをチャンスだと思って、家にいるときと違う生活を楽しめばいいわけです。永遠に続くわけでもないんだし。そーだそーだ・・と自分で勝手に納得する私。


今日は、早めに退社してちょっぴり仕事を持ち帰り、野球見ながらやってました。
うーん('oo')('oo')('oo')('oo')('oo')('oo')(泣き顔が100個続く感じっ)
私の矢野っちが、あんなに怒ってるのは、見たことがない。大体、彼が退場するようなことをするところ、見たことがない。ビデオで見たら、どう見てもファウルだ。バットにバッチリ当たってるもんね。主審が死角になって見えなかったことはありえると思う。でも、後で「四人の審判で協議した結果、バットに当たったことは確認できませんでした」と言ってた。それはないでしょー。なんで塁審に見えないんだー。大体、バットに当てた本人だって当てたってわかってるはずやん。当たってないフリして、二塁まで走るって、実は心の中でつらいんちゃうの?スポーツマン精神とかいうけど、こういうときって、黙ってたら勝ちみたいなところもあって、複雑だ。

退場を申し渡されても、それでもずっと子供みたいに、少年みたいに、抗議の態度を続けていた矢野を見ていたら、泣きそうになった。その後、選手たちはがんばったと思うけど、何か歯車が狂ったみたいな試合になってしまった。変な負け方。変な試合。きっとシーズンが終わっても心に残ってしまうような、後味の悪い試合やった。

明日からは、とうとう中日との試合。
切り替えて、エネルギーに変えて、がんばってほしい。

がんばれ、阪神タイガース!
がんばれ、矢野ぉぉぉ!!!
ほんまに、がんばってな(;oo;)('oo')

おやすみなさい(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2006-08-10 23:16 | 日常生活 | Trackback | Comments(5)

さっき書いたブライアンの番組でやってるリーディング・ブロジェクト。
これは、たまにやってくれるんだけど、何日か先のゲストが来る前に、サイトにその人が書いた記事やら著書からの抜粋をあげてくれるんですね。それを事前に読もうってもの。で、事前に何か感想を書いて送ってもいいし、当日、その著者がゲストで出演したときに電話してもいい、前もって何を言いたいか考えておいてもいい、電話しなくてもいいそのことについて事前に考えておくだけでもいい・・・そんな感じです。

これは、私みたいに英語をその日にぱっと聴いてすべて理解するのが難しい学習者には、ありがたい企画です。だって、事前に書いたものを読んで予習できるんだもん。そしたら、そのゲストが当日言ってること、普段のゲストの言ってることよりも何倍も聴こえてくるからすごい!効果は抜群なんですね。ブライアンの番組では、ブログがあったり、番組のウェブがあって、関連する記事とかへのリンクをその日にあげてくれたりはするんだけど、当日の朝早くにあげくれても、番組が始まるまでに読める量は限られていて、私にとってはちょっとしか準備する時間がないわけです。でも、この企画なら、何日も前から読んでおけるので、私でも追いつけるのだ(^oo^)


今回の記事もとっても興味深いものです。
リンダ・ハーシュマンって著者がゲスト。
女の人についてです。
本の題名は
「Get to Work - A Manifesto For Women of the World」で
Viking Press社から出版されてます。

その本からの抜粋がここで読めます。英語で読んでみたい人はどうぞ。

この人、以前にもこの話に関係した記事を書いてて、印象に残ってます。そのときの記事の内容が本になったようです。

1996年のある3回分の日曜版のニューヨークタイムズのスタイルセクションで結婚記事をあげた女の人のその後を追った・・というインタビューを敢行しはったんですね。この方。ニューヨークタイムズの日曜版のスタイルセクションで結婚記事をあげる人ってのは、総体的に教育程度も高くて、生活レベルも中流以上で、キャリアをこれからの人生で積んで行くであろう人材の宝庫と思われるっていう見方から。

2003年から2004年にかけて、その中の41人をとりあげ、その後の人生を追った。大学院卒の「優秀」だと思われた人、その後キャリアを積んでいくって思われた人たちのうち、結婚してたほとんどが家で子育てをしていた。

90%の人が子供を持っていた。30人はまだ赤ちゃんの母親。5人だけがフルタイムで働いてた。25人はフルタイムでは働いてなかった。その25人のうち、10人はパートタイムで働いてたけど、教育を受けた分野とは程遠い仕事をしていた。

そして、結婚していた女の人のうち半数は、全く働かず専業主婦をしていたんだそうです。
こういう数字が色々この後も続くんだけど(他の人の研究結果とかも出してきて・・・)。


とにかく、お金があって教育もあって、キャリアをつめるだけの才能もあって、だけど、家で子供を育ててる。しかも、一昔前だったら、「私、働きたいんだけど働けないのよー。子供がいるけど、本当は働きたいの」っていう女の人が多かったはず。

一番の大きな違いは、「私は、自分で選んで子供を育てるということをしているの。これは誰かに強制されたわけじゃない、私の選択なの」っていうことなんですね。旦那さんたちも「ボクが強制したわけじゃない、彼女が自分で選んだんだ」っていう。

ここが大きな違いなんだそうです。自分で選んで、子供を育てるということを「偉大な仕事」として選択する・・・教育ある女の人の間でこんな動きがあるんだそうです。これは、番組でも何度かこんな話が取り上げられていたので、私もふーんって思ってたことです。

面白いのは、大学や大学院での男女比。現在、アメリカでは(日本もそうなのかなあ)、女の人の方が多いんですよね。大学院でも女の方が多い。それはとっても優秀な大学でも一緒。いわゆる「優秀な」女性は増えてきている。そして大学に行く人も、大学院に行く女性さえ増えてきている。

そしたら、世の中の社長さんや実業家や政治家の男女比も半々かあるいは女の人が多くなってきても自然なはずなんだけど、ところがこれが違う。いつまでたっても、CEOやら政治家の比率は、男が圧倒的に多いまま。いろんな国があるんだろうけど、アメリカではそんな状況。

これはなんでやねんってことになると、「勉強はするけど、仕事を続けず、自ら望んで家庭に入る女性が増えている」ってことになるみたいです。

で、大学や高等教育機関での男女比は女が多くなり、男の子の中退が増えたとかADHDが増えたとかいうてる割には、実際世の中を動かしているのは男が中心なわけで、そうなると、男に都合のいい法律を作り、男に都合のいい会社を作り、男に都合のいいルールが会社の中でできてくる・・・。女性が暮らしやすい世の中になるには、女性が社会進出しなくてはいけないと言われ続けて長年になるのに、教育を受ける女性は増えても、社会的に中心的な役割をする女性は増えない・・というわけみたいです。


うーん・・・長くなりましたが(^oo^;)
この人、とにかく、女よ、働けと言ってはります。
豊かな人生のためにも、自分が受けた教育を社会に返すべきだと。
自分が社会から受けた恩恵を限られた人、家族だけ子供だけのために使うなんてもったいないと。もっと多くの人のために使うべきだと。


確かに納得できる点もあるんですよねー。
でも、どうも、全面的に納得できない私がいたりもします。

これ、どうなんでしょう。
女の人が結婚して子供ができて、子育てするために仕事をやめる。このこと自体が悪いわけじゃない。その人が選ぶことなんだから。

絶対そうするべきだと強制されるのはイヤだけど、そうしたければそうしていいはず。
でもって、旦那さんが子供を育てるために仕事やめたっていいはず。
ここが平等にいかないところが問題なんかなぁ。


こうなってくると、私の中で、
「なんで女が子供を産むんやろう」っていう、自然の摂理に対する疑問がわいてくる。いや、疑問ってわけじゃないなぁ。

女が子供を産む。これは決められていて、産むことで何ヶ月かは働いていも休まなくてはいけなくて、産んだら育てたくなるのも心情なのかも。男の人が「子供を育てるためなら仕事やめてもいいぞー」って思う確率よりは、女の人がそう思う確率の方が高くなるのが自然なのかも。

でも、それでも、女の人がみんなそう思うわけじゃない。
やりたい仕事、事業、研究がある女の人もいて当然。一生かけてやり遂げたいことが女性にあるなら、それができる世の中ではあるべき。

でも、高等教育を受けたからって、その受けた教育を社会に返すべきなんかなぁ。うーん、そうなんかなぁ。これ、大きなテーマですね。ここ数日、けっこう考えてるねんけど、ようわからん(^oo^;)


で、更に長くなりますが、DAVID BROOKSさんというニューヨークタイムズのコラムニストさんが2005年の1月に書いたコラムがあって、これがまた女の人と結婚に関するものです。この記事、印象に残ってたので、パソコンに保存しておきました。

この人の意見は新鮮です。

この人の見方では・・・。
普通、よくあるパターンとして女の人の人生は
「大学を出る →更に教育の機会を求め大学院へ進むこともあるかもしれない

学んだことを生かして就職する(この人によると、子育てをするのに一番体力的にもエネルギーが充実している年齢なのに就職する・・とあります(^oo^;)

せっかく得た仕事なのですぐにはやめたくない、だからしばらくは働き続ける

30過ぎになってやっと結婚
子育てのため仕事はここで中断

まっ35才ぐらいで子供ができたりする

子供が少し大きくなり落ち着いた頃、求職活動再び

しかし、キャリアを生かそうにも、受けた教育がさびついていて難しい
ここで大学院に再び行きなおす人もいるかも

そのまま就職した人は、キャリアを生かせず、中断した数年がひびき、
たいした役職にもつけず15年ほど働き

業績を残すこともなくリタイヤして
人生の最後の20年を過ごす

みたいな感じです(^oo^;)


そして、この方が提案する女の人の新しい人生コース。

大学を出ます

ムリして大学院には進まず
ここで結婚します

そうすると25歳から35歳ぐらい子育てに

35歳ぐらいから子供も大きくなるので、ここで大学院など親向けにケアが行き届いた
高等教育を受ける

大学院でMBAでもとったらそれを生かした仕事を得ます

そうすると40歳から70歳ぐらいまで、キャリアを積み上げて行く
仕事のやり方ができまして・・・。
大学院で受けた教育を効果的に生かせ、ムダな中断期間もないし、
一番体力があるときに子育てもできますし、
大人として成長した頃に丁度働く時期になる・・・



ってな感じです。
私、これをブライアンのラジオで取り上げたとき、かなり腹が立ちました。
なんで大学出て、一番体力あるからって、結婚して子供をすぐ生む人生を選ばなあかんねんって(^oo^;)(^oo^;)いや、いいんですよ、そういう人もいても。でも、それがお手本みたいな、いい時間の使い方やって言われてもなぁ。

大学出て、すぐに家庭に入るのも選択かもしれんけど、一回社会に出るのってええと思うねんけどなぁ。確かに成熟してないけど、仕事って、キャリアだけのもんなんかなぁ。仕事って、職場で築く人間関係やら、仲間と一緒に飲みに行ったり、スポーツしたり、取引先との付き合い方や交渉の仕方を学んだり、失敗をしても立ち直る時間があったり・・・いろんなことを学べると思うねんけど。で、そんな経験をした後に、母親になるってのもいいと思うねんけどなぁ。



この二人の考えって本当に違っていて、両方とも極端で、だから、読んでると色々考えさせられます。男の人って、自分の相手にどうなってほしいんやろ。

私自身は、子供を持っていなくて、子育てで中断するっていう理由はなかったけど、自分で考えて仕事を辞めて、家に入ったわけだけど。私はこれでよかったって思ってる。仕事で走り続けていたときには見えなかったことが、ゆっくり家で時間を過ごすうちに見えてきたし。時間をかけて何かを学ぶ、何かにじっくり取り組むなんてこともできるわけだし。

でも、一方で、ずっと働き続けていたら、仕事という面で自分の可能性はどうやってんやろ・・って考えることがないわけじゃない。

人生って、分かれ道の連続で、あそこで反対側を選んでいたら・・・なんて考えたらキリがないもんね。

でも、研究者やコラムニストや評論家の人たちは、社会的に「少子化」になってることや、「保守化」しててることなんかの原因をどんどん提言していく。それについて私たちも考えさせられるきっかけになる・・ってことなんかな。

「私が選んだんです。子育ては立派な仕事だと。キャリアを捨ててでもやる価値があると」という女の人がアメリカで増えているのは事実みたいで、これは興味深い話ですよね。


結局、全然まとまれへんかったなぁ・・・(^oo^;)(^oo^;)
いつものことやけど。
でも、こうやってあーでもない、こーでもないって考えた時間は、なかなかよかった・・・はずだ(^oo^;)



最後まで読んだ方・・・
お疲れ様でした(^oo^;)
[PR]
by butakotanaka | 2006-08-08 21:32 | メディア・ラジオ | Trackback | Comments(0)