<   2007年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

きれいな模様だなぁ。

今日、家の近くで、とてもきれいな模様の蝶と出会いました。
しかも、ゆっくり飛んでいて、あんまり私たちを警戒していない様子。
もしかして、暑さで弱っていたのかもしれんけど(^oo^;)
とにかく、撮影させてもらいました。

b0057103_152487.jpg


自然ってすごいなぁ。
こんな美しい模様って、描こうとしても描けるもんぢゃないですよね。
感動。
あれから、元気になって、また飛び回っているといいけどな。
[PR]
by butakotanaka | 2007-06-30 23:05 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

終わった、歌の本番(^oo^)



恥ずかしいけど、今日は特別に、顔も映った写真を公開しちゃいまーす(^oo^)
コンサート、終わりました。
ご来場くださった皆さんにも、来られなかったけど成功を祈ってくれた友人たちにも、感謝です。ありがとうございました!


さて、今日の一日を振り返ってみよー。
起床は、8時。さすがに目覚ましが鳴る前に起きました。やっぱ緊張しとるんかしらん。
9時ぐらいまでは、ゆっくりいつものように朝食をとり、新聞を読んで、ワイドショーをチェック。そっからシャワー浴びたりして、少し練習。本番用の衣装も着てみる私たち。9時半ごろだったか、たこぶのお姉さんから電話。本当は、今日、来てくれるつもりだったんだけど、なんと、こないだ手の指を二本も骨折してしまった!!ということで、行けないけどがんばってね・・との激励の電話。ありがたいなぁ。そのほかにも、夕べ、何人もの人が、激励のメールをくれました。そんな人たちの顔を思い浮かべながら、練習しました。

10時ぐらいからは、髪の毛をさわったり、メイクしたり・・・。
今日は、髪をおだんごにまとめて、ヘアピースをつけてみました。こうすると、ロングヘアになった気分です。昨日、一回練習しておいたので、バッチリうまくいきました(^oo^)

家を出たのは、11時。
向かうは、阪急の宝塚線の庄内駅です。
梅田駅で、ちょうど昼ぐらいになったので、何か食べておこうと、改札横のベーカリー風カフェに。何を食べようかとサンドイッチの棚であれやこれやと迷っていると、横にいた女の子がこっちを向いてます。「どこかで聞いたことがある声だと思ってたんですけど・・・」あっ、ピアニストさんだ!!なんという偶然なんでしょ。せっかくだからと、三人でランチ。いろいろ話もできて、緊張感もすこしやわらぎました。彼女は、この一週間、仕事を控えて練習に励んでくれたんだそうです。ありがたいですね。

電車の中では、打ち合わせ大会。
わたしやたこぶが歌う曲について、ここはどんな風に歌うのか、ここはどんなテンポなのかと、楽譜をひろげて、あーやこーやと話しました。この時間にゆっくり打ち合わせができてラッキーでした(^oo^)

雨を心配してたんだけど、歩いてる間は、ほとんど雨にあわなかったです。
駅からホールに向かう道。途中のコンビニで、私たちは水を、ピアニストさんはストッキングを購入。会場についても、まだ集合時間まで20分以上あって余裕。水を飲みながら休憩。

リハーサルは13時から。出演順に一人ずつ。この時間が今日一日で一番緊張したかもなあ。歌ってる時間というより、待ってる間が・・・・。冷房がきいた客席で、少しずつ順番が迫ってくるうち、二人とも神経が参りそうになりました(^oo^;)(^oo^;)

そうはいいつつも、なんとかリハーサルも無事終了。歌詞を忘れることもなく、二人とも乗り切りまして・・・・。

こっからが今日はけっこう忙しかった。
二人の動きを追いますと・・・・。

リハ終わり
 ↓
たこぶは本番用衣装に着替え。
ぶたこは舞台さんと開演時間や予ベルのタイミングなどの進行を打ち合わせしたあと、受付へ。
 ↓
リハが5分ほど押していたので、ホール入り口前では、入場を待つお客様が、たくさん・・・・・。おっとー、なんとその八割ぐらいが、私たちが一緒に練習しているシルバーコーラスの皆さんではありませんか!!!
「あっ、先生!!!」ぶたこの姿を見て、嬉しそうにロビーで手を振る皆さんの姿を見て感動してしまいます。だって、そのときすでに、10人以上の方がおられたんですから!
さっそくドアを開けて、他のお客様も一緒に中へご案内しました。
 ↓
着替えを終えたたこぶが受付に到着。
「ちょっと、客席に行って、コーラスのみんなに挨拶してきたら?いっぱい来てくれてはるで(^oo^)」と私がいうと、嬉しそうに会場に向かうたこぶ。そしてほどなく、ニコニコしながら戻ってきました。足が弱い方もおられるし、私たちが住む東大阪からホールのある豊中は遠いし、ほとんど来られないかも・・と思っていただけに、こんなにたくさん来られていることに感動してしまいました。
 ↓
お客様が次々に入場。
もちろん私たちのお客様以外にも、たくさんの方が来てくださいました。
シルバーコーラスの人たち以外にも、友人たちが5人ぐらい。
英語勉強会の仲間、レッスンに通ってくださっている生徒さん、そしてネット仲間。
ありがとう(^oo^)
 ↓
開演時間になり、一足早く受付を離れ、楽屋へ向かうぶたこ。
メイクと着替え。出番は6番目です。
 ↓
ゆっくりメイクして(いつもより相当丁寧にしたよ。いつもなら塗らないマスカラまでしたもんねっ)、着替えたら、もう4番目まで進んでいた。そのころ、たこぶが受付を引き上げて戻ってきます。
 ↓
5番目の出番の方が演奏。
私は舞台袖で待機。水を飲みながら、体操しながら、緊張をほぐします。
たこぶが舞台袖まで来てくれて、横にいてくれました。心強かったです。
緊張する心の中で
「来られなかった、お姉さん、お母さん、激励のメールをくれた友だち、NYのリサ、ドレスをなおしてくれたあの人・・・・」とみんなの顔を順番に思い出していたら、少し落ち着いてきました。
 ↓
おっと、出番だ。
ステージのドアが開き、舞台中央までいって、前を向いて立つ。
うわっ、すごい。
思ったよりもたくさんのお客様が!!
それに、なんか見慣れた風景・・・・。
というのも、シルバーコーラスの練習のときと似ているから(^oo^;)
練習のとき、メンバーの方の笑顔が目の前にずらーっと並んでいて、私はいつもそれを見ながら幸せな気持ちで指揮させてもらうんだけど、その笑顔が、前から三列目と五列目ぐらいのところに、ずらーーーっと中央に並んでました。いつものようなニコニコ笑顔。すごいっ。これは、ありがたい。笑顔を見ているうちに、ハッピーになってきた。完璧なんて目指せるはずもない。とにかくベストを尽くすのだ。
 ↓
あっという間に曲が終わってた。
あー、幸せな時間だったなぁ。
あとで、先生に「なんて嬉しそうに歌っての!よかったわよ」と言ってもらえて、うれしかったです。
 ↓
出番が終わったところで、上の写真を撮っていただきました。
私は終わったところ、たこぶはこれから・・・って写真です。
 ↓
ここで、私はまたドレスを脱いで普通の服に着替え。
たこぶは、もうすぐ出番だから体操とか、ウォーミングアップ。
 ↓
たこぶの前の人が歌い始めた。
着替えが終わって、荷物を片づけた私は、舞台袖へ。
今度はたこぶを応援しなくちゃ。
 ↓
たこぶの出番はあっという間に訪れた。
ええ感じで入場していって、ええ感じで、ええ音楽をかもしだしていた。
うん、あったかくて、欲張らなくて、とてもいい感じ。
 ↓
たこぶが演奏しているあいだ、舞台係りさんとお話。
もうこの舞台さんとは顔馴染みで、いつも門下のコンサートで受付と影アナをしているので、話がはずむ。たこぶが歌った「椰子の実」が大好きなんだと、語ってくれた。
 ↓
たこぶ、本番終えて退場してくる。
たこぶ、着替えへ。
ぶたこは、受付へ。
 ↓
たこぶの出番は最後から二番目だったので、私が受付についた頃には、最後の人が歌ってはった。ほどなく、終演して先生が挨拶。
 ↓
お客様が出てこられた。
コーラスの皆さんが次々に出てこられた。
「いやー、よかったですー。幸せな時間でしたわー、
先生たち夫婦の幸せそうな様子見てるだけでも、幸せですわー、
来てよかったですー」と、口々に感想を言ってくれる。
ほんま、足もとも悪いなか、遠い中ありがとうございました。

そのほか、来てくれた友人たちとも、十分話はできなかったけど、
少しは話せた。
細かい技術のことやら、難しいことは、私たちにもようわからんけど、
とにかく、気持ちよく歌えて、気持ちよく聴いてもらえていたら、
それが一番。
本能で感じる、よかったわぁ・・・というのが、一番大切な気がするから。

ってことで本番終わりっ。
おわったあとは、みんなで梅田に移動して、中華料理やさんで打ち上げ。
そうそう、ちなみに梅田までの電車で、またまたシルバーコーラスの皆さんと一緒になり、話の続き。ちょっと大きめの声で話さないとお互い聴こえにくいので(^oo^;)、ちょっと周りの方々に迷惑だったかも。。。。許してー(^oo^;)(_●_)


ってことで・・・・。
終わりました。
開放感に包まれた我が家です。


帰ってみたら、どうやらタイガースの試合は、流れたようですね。
私たちが見られないって思ったら、神さまが中止にしてくれたんかな。うふ。

これで、もうしばらくは、喉がつぶれても大丈夫なのだ。
甲子園行くぞー!応援するぞー!

それから、勉強もしなくちゃ。
この数日、やっぱ音楽のことがいっぱいで、翻訳の課題が進んでなかったもん。


それからそれから・・・・。
帰ってみたら、一ヶ月前に提出した児童文学の課題が返ってきていました。
生まれてはじめて翻訳した文章を添削してもらった。なんか嬉しい。
先生の丁寧なコメントも嬉しかったし、評価のAも、はじめてのわりにはよかったのかな・・・ってうれしかった。でも、訳抜けや誤訳も、もちろんたくさん。「原文のリズムを生かした弾んだ訳文」という言葉をいただいて、この部分が一番嬉しかったかな。あかんかったところは反省しつつも、これぐらい思い切って訳してもいいかなってところが、マルついてたのもあったし、これを励みにして、次の課題もがんばろーっと。


なんか、嬉しいことがいっぱいあった今日なのでした。
今日に至るまで、落ち込んだり、暗くなったり、また浮き上がったり明るくなったり・・・と、いろいろ上下が激しい日々だったけど、今となっては、よかったです。
ただ、もうしばらくは、人前で歌いたくないよーって感じやけど(^oo^;)しんどいもーん(^oo^;)(^oo^;)でも、今日は幸せでした。

また、これからコーラスの皆さんと、レッスンの生徒さんと、地道にコツコツと楽しく気楽に、音楽を学んでいきたいと思います。



ということで、今日の報告でした(^oo^)
おやすみなさーい(^oo^)/~~~
[PR]
by butakotanaka | 2007-06-29 23:10 | 音楽・趣味 | Trackback | Comments(8)

この言葉を何度も何度も、最近のニュースや、ブライアンの番組で耳にしてきました。
何やろう・・・何のことやろう・・・。なんか新しい税金なんかな、お金に関することみたいやな・・・と想像しつつも、ちゃんと調べてなかった。

英語で書くとCongestion Pricingです。
混雑料金ってことになるのかな。直訳すると。

今日も、ブライアンの番組で、市長が、朝食会の会見で、話してました。これについて。調べてみたらわかってきた。

これは、ニューヨークのブルームバーグ市長が、新しい導入しようとしているシステムのようです。これは、マンハッタン中心部の交通渋滞を緩和するために、地下鉄やバスをもっと利用してねって、うながす政策だそうで、平日の朝から夕方まで、マンハッタンの86丁目よりも南側に入ってくる車両は、高速道路みたいにお金を払ってくださいってもの。タクシーや特殊な車両は除外されるみたいだけど。今の予定では、普通車は8ドルで、トラックは21ドルになるんだって。けっこう高いな(^oo^;)

これについて、ここにちょっと説明されてます。

ロンドンが2003年から、この制度を導入して、成功してるねんて。
そういえば、ニュースで見たような気がするなあ。
ロンドンの場合の呼び名は、コンジスチョン・チャージ(Congestion Charge)。

日本の高速道路を思い浮かべると、料金を徴収するおぢさんがいる料金所を設けるイメージだけど、そんなん、全部の道路の入り口にしてたら、その人件費で赤字になるもんね(^oo^;)ロンドンの場合、どうしてるんかっていうと・・・・。

ある車が、課金ゾーンに入ります
 ↓
各境界ゾーンに設置されたカメラが、ナンバープレートを撮影
 ↓
撮影された画像が認識システムに送信されて、所有者データベースと照合
 ↓
車の所有者が識別されて、通行料金が課金される
 ↓
この料金は、オンラインでも支払えるし、市内にある指定のお店や、1万台も設置された支払い機でも払えるんだって。
 ↓
課金は一台につき8ドルなんだけど、その日の夜10時までに支払わないと、なんと130ドルになる!28日を経過すると200ドルになるねんて。


これによって、交通渋滞が2割軽減されたらしいです。ロンドン。
あと、バスに乗ってる人も、目的地に着くのが早くなってんやろな。
それに、儲かるよなぁ。そのお金で、もっと公共交通機関を充実させられるってことか・・・。

それにしても、けっこう高いよね。
日本円にして千円とかぐらいでしょ。
一回でそんだけのお金払えるのって、お金持ちだけやんね。
子どもを送っていきたい人とか、病気の親を病院に連れて行きたいとか、そういう人は除外されるんかな。いや、そんなに甘くないんやろな。なんとなく、もう少し詳しく調べたくなる話ですな。

このロンドンのシステムと似たのを、ニューヨークも導入するつもりみたいです。
反発は必至でしょうね。

ロンドンのシステムについては、ここに詳しく説明されてます。
[PR]
by butakotanaka | 2007-06-28 01:05 | NY・留学 | Trackback | Comments(0)

多い多いって、書きたくないけど、出会う確率が多すぎるなぁ。
今夜も、英語の勉強会帰りに、JRに乗ろうとしたら、なにやらアナウンスが。
尼崎の「立花」駅で人身事故やって。
今回は、前のときの学習で、とにかくアナウンスが聞こえたら、事態がはっきりする前にさっさと決断して、Jスルーカードをキャンセルしてもらって、地下鉄で帰ってきました。前、同じようなことがあったときに、しばらく待っていて、人がいっぱいになるわ、駅員さんも忙しすぎて、何が何やらわからんようになった経験があったので。とにかく近鉄に早く行きつかないと、帰れなくなるし。

さっさと動いたおかげで、いつもの電車に間に合いました。
四人いたメンバーのうち、私ともう一人、わりと遠い組がさっさと決断し、あとの二人は、わりかし近い組だったので、もう少し待ってみるとのこと。ちゃんと帰れたかな?ちょっと心配。ほんま、最近、なんか事故が多い気がするなあ。世の中どーなってるんかなぁ。



さてさて・・・・。
今日は、一時間ぐらい早めに家を出て、駅前のお店を見てまわりました。
目的は二つ。
絶対買いたいってわけじゃないけど、いいのがあったら買いたいなってのが二つあった。

・なんちゃってパールのネックレス。
・前開きのワンピース。

この二種類。両方とも本番関連。
ネックレスは、ドレスに合うような、パールっぽく見えるうそもんのネックレス。家にあるねんけど、こないだつけてみたら、ちょっと糸が頼りない感じ。ホワイト以外にもドレス用にいくつかあるなんちゃってパールのネックレスのうち、一本は糸が切れてた。ちょっと心配になってきたのですね。もし、歌ってる最中に、汗とかかいて、糸が切れたらどないしようって(^oo^;)うそもんパールの粒粒が、ステージいっぱいにこぼれまくって、オロオロしつつ、お客様に「申し訳ありません。最初からやり直させていただきます」とか、言い訳してる姿まで目に浮かんだ(^oo^;)

ってことで、新しいのが安かったら買ってもいいかなと。
私は体も大きいし、首も細くもないし、顔も大きいし(^oo^;)・・・・。いや、だから、要するに、粒が大きくないといけないわけです。小さいと、余計に自分が大きく見えるのです。何軒かアクセ屋さんを回ったけど、なんかさ、みんな同じ問屋さんから仕入れてるやろって確信するぐらい、ほんまに同じのしかなかったで。値段も同じ。でもって、全部パールっぽくて、シンプルで、フォーマルにいけるのって、めちゃ種類が少ないねん。だから、いろいろ見に行ってもあんまり変わらんかった。でもって、もうちょっと大きな粒やったらいいのになっていうサイズ。思ってるのよりは一回り小さいのしかなかった。でもって真っ白もいいけど、ちょっとだけベージュかかってるのが、趣味やねんけどなぁ。そういうのないかなぁ。まっ、見つからなかったら、持ってるのでいこー。



もうひとつの前開きワンピースってのは、当日着ていく服。
リハーサルは、靴だけ本番のを履くけど、服は着替えないということもあって、そんなにしめつけないのがいい。でもって、ズボンでもええねんけど、最後はドレス着て歌うわけやから、やっぱすそがスカートかワンピースの女の子仕様がいい。でもって、そんなに本格的にいじくるわけじゃないけど、一応、髪の毛もちゃんとしていくわけで。そうすると、着替えるときに、「かぶり」じゃない方がいいわけです。後ろジッパーか、前ボタンがよい。一人で着替えるから、できたら、前開きのボタンが一番都合がよいわけです。

で、家にある前開きボタンのワンピース、昔のを引っ張り出してきて、着てみたけど、なんとか着られるかなってのは、一枚だけやった(^oo^;)ほら、やっぱり長年のうちに、体のシルエットというのは、劇的に変化するわけです。かぶりでも、ジッパーでも、ボタンでも何でもよければ、なんとか選択できるぐらいあるけど、前ボタンと限ると、もう「これ」しかない。それも、20年ぐらい前に買ったやつ(^oo^;)いや、クラシックでもいいんですけどね。

でも、この機会に前ボタンので、ラクチンで、めっちゃ今風でなくてもいいから、自分の体が美しく見える(ここが肝心だ。本物よりもベターに見えないといけないのだっ)ワンピースが、5千円ぐらいで売ってないかしらん・・・と探してみることに。


いやー、しかし・・・・・。疲れた(^oo^;)
だって、ネックレス以上に・・・・。感じましたよ。
何をって。何やねん!服という服、みーーーーーーんな、同じようなデザインばっかりやんか!!サティに行っても、ビブレに行っても、他のショッピングモールに行っても・・・・。
ミセス用でも、ミス用でも、ギャル向きでも。
大体が、下半身は、ジーンズ短め半端丈か、スパッツ(すそにレースがついてたりする)、
上半身は、フォークロア調みたいな、レースついてたり、くたくたの生地やったり、ほとんどがプリント地で、でもって、ほとんどが胸のすぐ下で切り替えられているショートワンピース型。

もうそのデザインが大半、ほとんどなわけです。
街で、同じようなかっこした人が歩いてるなあ・・って思ってたけど、これは、ニワトリか卵かの話なのだとわかりました。だって、選択の余地がないねんもん。そんな服しか売ってないねんもん。

そうじゃない服って、リクルート用のものすごーくかたい服(それも今の時期ほとんどなかった)か、まっ普通丈のジーンズか、あってもスポーティなティーシャツぐらいか。で、長めのワンピースと思うと、急にものすごくフォーマルになる。サテンの生地だったり、オーガンジーやったり。

そんなオーバーなんはいらんねん(^oo^;)
足首よりちょっと上ぐらいの生地で、ストンって落ちるシルエットで、ちょびっと腰のところ細くなってるよーって、すきっとしたのがほしいねんって思っても、ほんまになかった。「普通の服はどこだー」って、心の中で叫んでた私だけど、わたしが思ってる服ってのが「普通」ではないねんね(^oo^;)きっと。その、いっぱい並んでた去年から今年にかけて、一気にはやってきたデザイン、あれだけが「普通」やねんね。きっと。

でも、流行に左右されずに、自分の体がきれいに見える服を着ていたい人ってのもいると思うねんけどなぁ。そういう人は、シャネルやらの高級ブランドに通うしかないのんかしら。安くて、個性的なデザインってのは、望めないのかなぁ。覚えてる限りでは、NYとかって、店によって個性がもっとあった気がするなぁ。流行を追ってるのは、一部の店で、安い店の中でも、自分たち独自のデザインがあって、それがどこの店でも同じってことなかったよなぁ。大体、街を歩いてる人も、出身国の民族服を着ている人も多かったし、堂々と何十年も前のデザインのを着てる人もいたし。自分がきれいって思う服やったら何でもいいやんね。

そういう選択をさせてくれるような、買い物ができるといいのになぁ。10軒も20軒も店が並んでいるモールにいっても、同じ店を何度も見ているような感覚になるのって、おかしいやんね。


まっ、私の体が、日本の平均よりは、たぶん、ずっと大きくて、入る服が少ないってことの弊害もあるんですよ。はい。もっとやせたら、もっと選択は広がるのかもしれんけどさ。でも、今のはやりのあのデザイン、似合わない人は、どーしたらええねんっ・・・・・と、ほとんど憤りに近い気持ちを抱えながら、勉強会に向かったわたしなのでした。もちろん、何も買わずに(^oo^;)(^oo^;)


まっ、節約になったね。うん。
旦那も、新しいキーボード買わずに、交換器だけ買ってきてたみたいやし。
節約夫婦だわ(^oo^)よかったことにしよー。言うだけ言って、すっきりしたっと。
[PR]
by butakotanaka | 2007-06-26 23:58 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

突然、人気者に(^oo^)

今日は、きのうのんびりした分、ちょこっと活動しました。
朝は、お手紙書きました。以前から書きたいなって思っていた人がいて、久しぶりにゆっくり時間をかけて、手書きでしたためて、なんか新鮮な感覚やった。最近はメールばっかりやからなぁ。

英語の勉強もちょっとして、昼からは歌の練習も。今日は、本番のドレスと靴はいて。これやっとくと、かなり緊張がマシなんです。すそが長いのとか、靴のカカトが高いのとか、本番で急に身につけると、めちゃ緊張するもんね。それから、今日から、鏡をあまり見ないで歌うことに。・・・・ってことは、普段、私は基本的に鏡に向かって歌っているわけです。鏡ってのは正直で、何か具合の悪いことが体の中で起きているときは、必ず、変なことになってます。体が不自然な動き方したり、口がいがんだり、表情が変な動き方したり。じっと見ていると、何か法則を持って動いているのがわかります。嫌いな音で必ず動くとか、嫌いな母音で必ず動くとか、嫌いな単語の発音で必ず動くとか。とにかく、不得意なことをしようとするとき、動くわけです。そのストレスを解消しようとするために、いつのまにか、カモフラージュしようとしてるのかな。

なので、動こうとする自分をうまくごまかして、あんまり変な動きをしないようにして歌うと、うまくいくときがあります。

でも、だんだん本番が近づいてくると、あんまり細かいことを気にしていると、逆に大局的に音楽が動かなくなるんですね。だから、大きな景色を心の中で思い浮かべて、鏡がない方向を見るようにして歌ってみました。目の前に客席を思い浮かべて。知ってる人たち、大好きな人たちが並んでいるのを思い浮かべて。これがうまく作用すれば、当日も緊張しないで歌えるかな。

このやり方ってのは、いろんなことに役立つと思います。
たとえば、司会や、面接など、人前でしゃべるとき。けっこう鏡の前で原稿を読んだり、話してみたりします。自分が言いにくい言葉をいうとき、必ず、表情が不自然になるのですな。それとか、決まったクセが見つかったり・・・。英語の発音でも、嫌いな発音するときに、必ず口がいがんだり・・・・。ちょっとストイックだけど、慣れると大丈夫。やりすぎは禁物かもしれんけど、けっこう自己診断には役立つと信じています(^oo^)




・・・・・さて、タイトルのお話。
夕方になって、夕食の準備もあるけど、その前に冷蔵庫が空っぽだーってわけで、スーパーに行ってきました。サンディです。

最近、この店で買い物していて、ちょっとイヤだなって思うのは、レジで支払いが終わったあとの、カゴやカートの処理です。半分以上の人が、カゴもカートも、レジの横にある作業台(ここで、カゴから自分が持ってきたビニール袋などに買ったモノを詰める)にあたりに、置きっぱなしなのです。そんなに広くないこの場所が、カゴやカートでいっぱい!でも、一人がそうすると、その次の人も、置いていっていいと思うのか、どんどんその場所が荒れていきます。

はじめは、その状況見て、イライラしてたんだけど、最近は、落ち着いてきた。まぁ、いいやって。とにかく、自分は自分だし、体がしんどいわけでもないし、子どもを連れているわけでもないし、足が不自由なわけでもないし、カゴやカートはちゃんとしまおうって。まっ、どうせついでだから、近くにあるほかの人のカゴとかも、たまに一緒に入り口の置き場所に戻すことにしました。


さて、今日です。
買い物終わって、袋に買ったモノ詰めて、ふと見ると、台の上その辺にカゴが残ってます。全部集めて回るのも、従業員でもないのにあてつけがましいので、とりあえず近くにあった二つと自分のとで全部で三つのカゴをカートに乗せて、入り口に向かって歩き始めます。

途中、野菜売り場です。カートだけ持って、そこになぜかカゴが載ってない状態で、女の人がこっちに向かって、ニコニコ笑いかけてくるのです。何かなぁ・・・って思ってるとその人が「ひとつ、カゴいいですか?」やって。あっ、そうか、カゴがほしいんや。「いいですよー。ひとつどうぞ!(^oo^)」と、なんかカゴ配ってる気分になって、わたしてあげると「ありがとうねぇ」とその60代ぐらいの女の人がニコニコ顔。

自動ドアを出て、カートとカゴを元の場所に戻そうとしたそのとき、また別の女の人が来て「それ、いいですか?」と声をかけてきた。そのとき、気がつきました。カートがなくなるってことは、よくあるんだけど、今日は、いつもならたくさん積み上げてある買い物カゴが、全てなくなっていたのです。買い物した後の人たちが、台の上に置きっぱなしにするか、よくてもレジの横に積み上げてしまうから、玄関前になくなっているのです。従業員も気がついたら、運んだらいいって思うし、私がレジに並んだとき、そんなに込んでなかったから、できるはずなのに怠慢なんかなぁ。

とにかく、その玄関前でも、女の人にカゴとカートを「どうぞ(^oo^)」と渡すと、「ありがとうねー」とニコニコ顔でお礼を言われて、いつもなら、他のお客さんとふれあうことなんてないのに、なんか人と人とのふれあいがあったわぁ・・・。笑顔を向けてもらったわぁ・・・と、なんとなくハッピー気分になって帰ってきたのでした。元々の話は、考えてみたら、マナーがよくなかったり、もっとちゃんと管理したら・・とかいう話なんだけど、まっ、そういうマイナス面は考えるのはやめてっと。笑顔がたくさん見られて嬉しかったのだ。

それにしても、次から次へと私に向かって、ニコニコ顔が向かってきて、急に人気者になった気分だったわ(●^oo^●)・・・という話でした。
[PR]
by butakotanaka | 2007-06-25 23:21 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

お風呂でナメクジ(^oo^;)

・・・と会いました(^oo^;)

ゆうべ、たこぶが先に風呂から出て、私が一人残ったんだけど、
体も洗い終わって、もう出ようかなーって思ったときに、
風呂おけのふちのところに、何か茶色みたいなゴミみたいなのがついてる。
髪の毛のかたまりかいな・・・・。
とって流そうかな・・・・。
あれ、でもなんか髪の毛じゃなくて、ドロドロしてるような感じ。


ちなみに、私の視力は、0.01にも満たないのです。
コンタクトレンズは、どこか人前に出るときにしかつけなくて、
普段はメガネで暮らしてます(メガネの方が老眼にもよい(^oo^;))。
ってことで、風呂に入るときは、裸眼。
だから、風呂の中の景色は「だいたい」です。

その「だいたい」の目には、ドロドロが何かはわかりません。
顔をかなり近づけました。
たぶん、キスできるぐらいは近づいたかと。

そしたら、あいつ、ツノみたいなのをくいって立てて、挨拶しよりました('oo')(;oo;)
ひっぇぇぇぇぇ~~~~~!!!
思わず、風呂のドアを開け、あられもない姿のままで
「たこぶぅぅぅぅぅ!!!来てぇぇぇぇぇぇ!!」と悲鳴をあげるぶたこ。

風呂上りでのんびりしとった、たこぶが
「なんやなんや!!!」と駆けつけてきます。


(;oo;)「おるねん、何か、風呂のふちんところ。たぶん、ナメクジやと思う(;oo;)」
(^◎^)「なんや、ナメクジか。おー。たまに出てくるねん。これ。どっから出てくるんかな」
(;oo;)「ぇー、たまに出てくるん?知らんかったぁ。一人やったからびっくりしたもん(;oo;)」
(^◎^)「で、どこにやってほしい?」
(;oo;)「えっと、流すのもかわいそうやし、窓の外に逃がしてあげたら?」
      (自分がやらないとなったら、なんでも言えるゲンキンなぶたこ)
(^◎^)「はいはい。」(と言いつつ、窓をあけ、ナメクジをつかんで出してあげるたこぶ)

(^oo^)「よかった。あのさ、ナメクジって、かたつむりに似てるね!だって、私と目があったとき、ツノを二本、くいっとたてて挨拶したよ」
(^◎^)「ぶっ・・」(意味不明の笑い)
(^oo^)「えっ、なんかおかしいの?かたつむりの仲間じゃないの?だとしたら、ナメクジは、将来、何になるん?」
(^◎^)「えっ(^◎^;)ナメクジはナメクジやろ・・・」
(^oo^)「えっ、ナメクジって、何かにならないん?」
(^◎^)「・・・・・・」(口の端がひきつってたけど、なんでやろ・・・・)




会ったときは、怖かったけど、あとで思い出したら、なかなか可愛かったな。ナメクジ。
と、過ぎ去ってみたら、言えるのだ。
[PR]
by butakotanaka | 2007-06-25 23:03 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

だらだら週末だぁ。

この週末は、予定を入れてなかった。
昨日の土曜は・・・。
午後から野球あるし、見てたら何もできなくなるってことで、午前中に練習。
ピアノの部屋を二人交代で使う。
私は、練習してるうちに、何か新しい歌い方のヒントを得たような気がして、たこぶに聴いてもらった。こういうとき、二人でやってると便利です。いろいろ意見を言ってもらえるし。

昼ごはんは、前日の残りの味噌汁と、焼き飯。
ご飯が一人分しかなかったから、タマネギ丸ごと一個、ニンジン一本、シメジ一株と、豚肉。具だくさんにして、二人で分けた。

野球が始まると、それしかでけん(^oo^;)
一応、本などを合間に読もうとするが、頭に入らない(^oo^;)

野球が終わったら、もう晩御飯の時間やん。
買い物は明日にまわして、夕食は外食にしようかってことに。
歩いて10分ぐらいのお隣の駅近くにある、イタリアンに行こうということになった。久しぶりのお店。おいしいねん、あそこのコースが。1500円ぐらいやけど・・・・と、頭の中がいたりあ~ん気分になりつつ、店に向かう。

店についたら・・・・・。
シャッターが閉まってる('oo')('oo')しょっくぅぅぅぅ。
土曜のディナーと日曜終日お休みになってんてー。しかも6月から。知らんかったよー。なんか、すっかり食べる気になってたから、代替案が浮かばない私たち。あてもなく、駅前の商店街をウロウロする。弁当でも買って帰ろうか、パンでもかって帰ろうか、その辺にうまそうな食堂でもないか・・・って思ってウロウロするけど、こういうときに限って、気分にぴったりのところが見つからないわけです。なにせ夜になると、飲み屋が多いねんなぁ。料理出すところでも、一品と酒となるんですね。ランチならご飯やってるところも。他の人が酒と一品やってるところで、晩御飯食べるのもなあ・・・って。


で、結局、どうなったかって(^oo^;)
b0057103_21494615.jpg


そうです。ミスド(^oo^;)
いやね、入る前には、「ミスドで、おかず系のドーナツもええね。ツナが入ってるのとか、グラタンみたいなのがのってるのとかあったよね」・・・とそういうのを期待して入ったんだけど、行ってみたら、いわゆる、おやつ系のドーナツしか残ってなかったのです(^oo^;)甘いのばっかり、三つも食ってしまいましたー。

たこぶと言ってたんだけど、こういうのって、大人だからできるんだよねって。
子どものとき、「晩御飯、ドーナツがいい!」「ケーキお腹いっぱい食いたい!」って思っても、親や家族から「あかん!あほか!晩御飯食べて、それでもまだ食べられたら、おやつ食べるねんで」と叱られたもんです。こうやって、甘いおやつ系のドーナツを夕食にできるのも、「おとな食べ」っていうですか。一種にぜいたくなんかもねって。

飲み物は、ひいきにしているカフェオレです。ミスドって、ホットコーヒーとカフェオレは、お代わり自由なんですよね。だから、勉強したいなとか、ゆっくりしたいなって思うとき、けっこうこれを頼んで、一人でぼーっとしたりしに行きます。今回も、しっかりお代わりして、二杯楽しみました(^oo^)なかなかうまかったです。ちょっと甘かったけど(^oo^;)


帰っても、夜あんまりすることないし、本読んだり、タイピングしたりして夜をすごし、のんびり。YouTubeで、ヘンデルのメサイアに関する動画を検索して見たりしてると、あっという間に夜中になっとった。風呂入って寝ました。


日曜。
ほんまは、野球が始まるまでの午前中に、サンディに一週間分の買い物に行って・・・と、予定していたのだ。雨は月曜には降るけど、まだ日曜は曇りぐらいやって予想しとった。

しかぁぁぁぁし!!
目覚めたら、すでに、ザザ降りではあーりませんか!しょっくぅぅ。
こうなると、予定が狂いまして。
ベッドの上で目覚めた時点で、雨の音が聞こえている中で、たこぶもテンションが低かったですよー。「昨日、洗濯したのに(^◎^;)・・・・。まだ入れてないのに。今日入れようって思ってたのに。昨日入れといたらよかった('◎')」とこんな感じ。二人して、やる気ゼロ(^oo^;)

どーせ、この分なら、野球は100%ないやろな。ってことは、昼からも何もすることないってことやな。ほんなら、歌の練習は昼からにしよう・・・と心積もりをする私たち。

いったん9時過ぎにおきて、トーストとコーヒーで朝食するも、なんかダラダラ。
テレビちょっと見たけど、おもしろくないし・・・。雨降ってるし。
本を持って、またベッドへ。寝ながら読む。たこぶも途中から横に来て本読んでました。
小澤さんと広中さんの対談本、これ、なかなかおもろいです。
新潮文庫の「やわらかな心をもつ」という本ですが。

本読みながら、またウトウト。
目覚めたら、もう一時過ぎてる(^oo^;)どんだけ寝るねんっ。
昼飯の時間や。何も動いてないのに、なんでお腹は減るんやろ。食べたら罪みたいな気がするけど、やっぱりお腹空いたもんっ。

昼は、ストック棚にあったパスタとパスタソースで。きのこのクリームソースのパスタがあっという間にできあがり。なかなかうまかったぞぃ。

そうこうしてる間に、2時になった。
ドームのゲーム以外は、ほとんどやってないやろ・・・。
そう思ったわたしは、バカでした(^oo^;)
びっくり(@oo@)(@oo@)だって、全試合がおこなわれてるんだもん!そんなにええ天気じゃないよね?全国的に。びっくり(@oo@)
あわてて、テレビをつけた。うわっ、やってるやん。時間どおり。阪神園芸さんすごい!さすがにお客さんの入りは少なかった。たぶんやってないやろって、切符持ってる人たちもそう思ってんやろな。でも、えらいもんで、試合がはじまって1時間もしないうちに、満員になってきた。入場者は、なんと48000人超!いつもの週末の入りやん!

ゲームはタイガースの負けで、見事(^oo^;)、連敗かぁ。
なんか、二点もリードされてるのに、なんでJFKなんか、ようわからんかった。朝刊に投手コーチの言葉が紹介されてたけど、JFKの出番ばっかりで、他の中継ぎ投手の出番がなくて、調整が大変やって。ほんまにそうやと思う。同点でもJFK、一点ビハインドでもJFK、でもって、今日みたいに二点も負けてても、いくら明日から休みだからってJFKとなると、他の選手のモチベーションはどうなんやろう。ちょっと負けてるシーンで投げて、なんとかふんばって、味方が逆転してくれるのを待つ・・・そんな根性をつけるのも、中継ぎの人たちにとって大切やと思うねんけど。ものすごーく大量に負けてるときにしか投げさせてもらえないってなると、なんかかわいそうやなって思った。


ってことで、野球の試合が、あったわけです。
何もでけんかった(^oo^;)
野球が終わったら夕方。
これから何かせんとあかんのに、試合内容が悪かったこともあって、またダラダラ。
なんか腰も痛いやん・・・・。もう一回ベッドへ。(何回行くねんっ)
また本の続き。一時間ぐらいネコたちとダラダラ。
サンディの買い物も、雨のため断念。うーんどこにも出かけてないなぁ。

晩御飯の時間だ。
冷蔵庫の中は、限られた、ほんまの最後の最後のモノしかないで。
ご飯も冷凍がなくなったで。炊かないと・・・・。
考えた末、雑炊に決定。
ニンジン、ジャガイモ、干しシイタケ、切干大根をきざんで、米と一緒にぐつぐつ・・・・。出しと、酒、みりん、しょうゆ、塩で適当に味付け。
おかずは、焼き鳥風。とりモモ肉を2センチ角ぐらいに切って、ニンニク醤油で炒める。これ、わりとうまかったっす。

これで冷蔵庫はほぼ空っぽだ。
明日は買い物に行かなくてはっ。

夜、ご飯のあと、ちょこっと練習。
一日ダラダラしていたせいか、身体が寝ていて、なかなか声にならない。
不調だー。不調なときは、長く練習してもしゃあないから、切り上げて、CD鑑賞したり・・。こんな日もあるよね、不調なリズムが本番の日に当たりませんよーに。


明日は、きびきびと暮らさなくては(^oo^;)
いや、のんびりしすぎた週末やったかも。
やばいっ。

でもま、こんな週末もあっていいよね。うん。
雨は、やる気をなくさせますねー。
梅雨、早く終わらないかな。
[PR]
by butakotanaka | 2007-06-24 22:10 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

またまた音楽系の話題だぁ。

今日は、シルバーコーラスの練習でした。
新しい曲を増やそうか、ここ数日悩んだ末、一曲増やすことに。
なんとなく、自分自身も心理的に助けてほしいような気持ちだったし、あんまり興奮するような音楽はやりたくない心境だった私が、選んだのは、小椋佳が作って、美空ひばりが歌っていた「愛燦燦」。

いやー、ええ曲ですねー。この曲。
前からやってみたいなぁって思ってたんです。
コーラスのメンバーにぴったりやなって。
色とりどりの人生を歩んでこられたみんなに。

そのとおりでした。
はじめてだったけど、三連符のリズムが難しいところもあったけど、それを順番に練習していって、歌が仕上がってくるときの、空気はすごかったなぁ。みんなの曲に対する愛情が、ひしひしと伝わってくるんですね。元々知ってる曲だから。たぶん、ほとんどの皆さんが好きだと思っていた曲で、いつか歌ってみたいと思われていた曲だから。

だから、いつもなら、新曲をやったときには、ずっと楽譜とにらめっこで、指揮の私を見てくれない人がほとんどなんだけど、早い時間から、ちょこちょこと、私を見つめて、心をこめて歌ってくださる方、多し!!


歌詞を全部引用することは、著作権があるからできないけど、
私が、今日の練習で、一番心に響いたのは
「人は かわいい かわいいものですね」という部分。

「かわいい」という言葉は、もう今ではどこの国に行っても、
商売する人が「かわいいよー」って、日本語で言えるぐらい日本人がよく使う言葉。
でも、今日、この曲のなかの「人はかわいいものですね」という言葉は、よく世間で使われるような、聞こえてくるような、軽めの「かわいい」じゃなかった。

あー、この人たち、ほんまにかわいいなぁ。
って、いつもこのメンバーの人たちを見ながら、思っている自分に気がついた。
いわゆる「かわいい」年頃である、子ども時代、青春時代、そして娘時代をすぎて、人は、親になり、大人としての責任を果たす時代があって、そのときには、けっこうムリしてる。親としてちゃんとしなくちゃ、社会人として責任を持たなくちゃ、ちゃんとちゃんと・・・・って、がんばる時期。30代とか40代ぐらいかな。

で、子どもたちが成人して、結婚して、孫ができるぐらいの年代になると、今度は、そのちゃんとちゃんと・・・とがんばる時期が過ぎて、肩の力が抜ける時期が来るような気がするねんなぁ。そしたら、もう一度、自分のために時間を使ってもいい時期、自分のやりたいことに目を向けられる時期がやってくる。特に、このメンバーの人たちにとっては、若い頃にやりたいことがやれなかったわけだから、今、その時間を娘さんのように、純粋な気持ちで楽しんでいるだって。そういう気持ちが、ひしひしと伝わってくるんですね。いつも。

私が言うことに、本当に真摯に耳を傾け、新しいことを学ぼう、楽しい時間を過ごそうって、子どものようにキラキラした瞳をしている。おもしろい話には、大声で笑う、悲しい話には、涙を浮かべて聞いてくださる、タイガースの話には、一緒に興奮し、連勝した後には、大拍手をしてくれる!

あー、この人たち、なんて「かわいい」んだろうって、私は思っているんですね。いつも。それに改めて気がついた。この「かわいい」は、英語でいうと、なんだろうって考えた。たぶん、lovely(ラブリー)が一番近いのかなぁ。わからんけど。とにかく、愛らしいんです。もう、いとおしいんです。いとおしくて、いとおしくて、たまらなくなるときがあるんですね。目の前で歌ってる人たちが。

そんな話をしました。歌ったあとに。
「あのね、この、人はかわいいものですねってところ。一番そうだなぁって、今日思いました。だって、みなさん、かわいいんですもん!私、いつもいつも思ってるんですよ、みなさんって、本当にかわいいなぁって。愛らしいなぁって。こんなこと、若輩の私からいうのは、失礼なのかもしれないけど、本当に、みなさんのことが、いとおしいんです」って告白しちゃいました。


みんなは、本当に本当に嬉しそうに、私のこの生意気な言葉を聴いてくれました。
人は、かわいいものやねんな。生まれたときから、死ぬそのときまで。
純粋で、誠実で、感動し、悲しみ、喜び・・・・・。いろんな感情を素直に表現する、分け合える、愛らしい存在やねんなぁって。そう思った今日なのでした。



もしかしたら、この夏ぐらいに、ボランティアで、訪問演奏をさせてもらうかもしれないという、話が持ち上がりました。そのときには、この曲をぜひ入れたいな。聴いてくれる人とも一緒に歌いたいなって思いました。ええ歌です、ほんまに。
[PR]
by butakotanaka | 2007-06-22 23:58 | 音楽・趣味 | Trackback | Comments(2)

来週の本番の前、今日が最後のレッスンでした。
行ってよかった。

なんていうか、心の整理をする日って感じになった。
こないだの日曜の伴奏合わせで感じたいろんなことを先生と確認し、日曜から今日まで、出来る限り自分なりに修正してきたことがうまくいったかどうかの確認。それから、本番に対する心の動きなんかを、カウンセリングを受けるみたいに、ゆっくり先生と話せた。誰かと比べるんじゃない、自分の音楽をすればいいんだもんね。先生やたこぶや、私たちの周りの人たちに、私たちの成長を聴いてもらう日なんだもんね。自分の中の恥ずかしさや、恐れや、欲や、いろんな「余分なもの」を、先生との会話で取り除くことができた。

準備体操がわりにコンコーネっていう練習曲をすこし歌ったあと、本番の曲は、全部で二回通しただけ。一回目が終わったあとも、先生のコメントは「いいわよー。ブレスの位置もタイミングも、ぜんぶいい感じではいってる。音楽がぶたこさんの中で流れているから、すごく気持ちいいわ」って言ってもらって、ほとんど、あそこをこうしろとか、ああしろとか、そういうアドバイスがないまま、もう一度、気持ちよく歌いましょうーって感じで、最後に歌って終わった。


本番で歌うって決めて、レッスン行き始めたのは、五月やん。ちょっとしか準備期間がなかったわりには、何年も前から、いつか歌ってみたいって思ってた曲だったこともあって、毎日練習するうちに、音楽が身体と「同調」してきた感じ。なんていうか、身体の中の流れと、その曲の音楽の流れが一致してきた感じ。もちろん、私の技術なんて、ぜんぜん完璧どころじゃないし、まだまだなんだけど、自分なりに、ベストを尽くせそうな、くいなく歌える可能性が出てきたってところまで来た気がする。よかったなあ・・・・って、まだ本番終わってないんか(^oo^;)

あとは、当日まで体調を崩さないように、ムリして練習しすぎないように、喉をこわさないように、でも、身体が忘れない程度に歌い続けることかな。気持ちを途切れさせないで。

いつも門下のコンサートでは、受付のお手伝いをすることが多い私たちなんだけど、今回も、出番が後半ってことで、ヒマだから、受付やりますとかってでた。先生も「やってくれると助かるわ。ムリがないのなら」ってこと。うん、そのほうが緊張しなくていいよ。来てくれたお客様も迎えることができるし。

ってことで、当日来てくれるお友達の皆様(^oo^)
皆様を、受付で私たちがお迎えしますので、よろしくっ!!
開演時間まではヒマやしね。
それから着替えて準備すればいいねんし。
旦那は、受付するときから、本番用の礼服着るっていってるけど。
私は、いくらなんでもドレス姿で受付ってわけにもいかんやろ(^oo^;)いや、それもおもろいかもしれんけどさっ。


今回、歌う歌の歌詞に
「神さまは、平和をわたしたちに語ります。
異教徒たちにだって、区別なく、平和を語るのです」ってところがあって、ここが一番好き。考えが違う人も、宗教が違う人も、わかりあいたい。話し合いたい。理解しあう努力をたやさないで、ずっとずっと、不可能かもしれなくても、争いをしないで、平和を追い求める人類でいたいなってそう思うから。私が何をできるってわけじゃないんだけど、そんな願いもこめて、歌えるといいな。



なんか、気持ちが落ち着かないので、ここんところ翻訳の課題がとどこおってる(^oo^;)まだ日程に余裕があるからってのもあるけど、エンジンがかからんぞぃ。なんか、音楽関係の本に手がのびてます。こないだは才能教育の鈴木鎮一さんの本を読んで、そのあと、今は、指揮者の小澤征爾さんと、数学者の広中平祐さんの対談の本をよんでます。すごく面白い。

そういえば、その間に、一冊、児童文学読んだな。
「13ヵ月と13週と13日と満月の夜」っていう本。著者は、アレックス・シアラー。
これ、めちゃおもしろかった。私、大好き。こんなの。

この話のストーリーと直接かかわる部分じゃないのかもしれないし、もしかしたら核心にかかわることなのかもしれないけど、本の中で「一番ひどい盗みは、だれかの時間を盗むことだと思う」という表現があって、本当にそうだと思った。

今、私はコンサートの前なわけだけど、こういうイベントに知り合いを招待するときに、いつも思う。その人の「時間」をいただくんだなって。大切な時間をさいて、来てくださるんだなって。それは、何にもかえがたい、貴重なことなんだなって。「とき」ってのは大切ですもんね。

コンサートのこととは関係なく(^oo^;)、この本、おもしろいです。今、たこぶに薦めているところ。よんだら感想文書いてくれるかな。
[PR]
by butakotanaka | 2007-06-21 23:58 | 音楽・趣味 | Trackback | Comments(7)

年を重ねるということ。

たこぶが「竹内まりやの新しいアルバム、聴いた?ええなぁ・・・。思わず買おうかなって言いそうになるぐらいは(^◎^)」とゆうべ話してくれた。

そういえば、朝日新聞に少し前、彼女のインタビューが載ってたなぁ。デニムってのが今度のアルバムのタイトルやって。彼女も50代に入って、年を重ねることが悲しいことではなくなってきた・・・とかそんな内容やったかな。私は記事を読んだだけで、まだ音をさわりしか聴いたことない。

ってことで、いつもの動画投稿サイトでちぇっくぅぅぅ!
果たして、こないだNHKで放送された30分番組が全部投稿されていまして・・・・。何曲かを聴くことができて、そのプロモビデオがどんな風に撮影されたか、竹内まりや本人のナレーションで見ることができました。

いやぁ・・・・ええ歌ですねー。特にあの「人生の扉」。
歌自身もいいけど、いろいろ感銘を受けた。

・この人、ナレーションがすごーーーーくいい!!今まで聴いたどんなアナウンサーよりも、役者さんよりもいいって思った。あたたかくて、正確で、文章の区切り方がとても心地いい場所で切られていて・・・・。頭がいい人なんやろなぁ。

・英語の発音、めちゃ自然!!「人生の扉」のサビはほとんど英語なんだけど、そのいちいちの言葉が、すごくきれいな英語だと思った。少なくとも私の耳にはそう聞えた。ただ「それらしく」発音しているええ加減な英語でもなく、かといってジャパニーズ英語でもなくて、丁寧に発音されているのに、自然に英語っていうか・・・。私にはそう聴こえた。

・スリムやなぁ。きれいやなぁ。ファッションセンスも好きやなぁ・・・。なんて美しく年を重ねているんだろう。この美しさは、苦労なく年を重ねてきたのではなく、いろいろ悩んで、いろいろやってみて、迷って苦しんで・・・・。その末にたどりついた「心地よさ」「悟りの境地」みたいなものかなって想像した。あんな風になるには、急にはムリで、日々の積み重ねなんやろなぁ。



音楽以外のいろんなところに感銘を受けて、そういうこの人からつむぎ出される今回のアルバムが、すごーくいいなって思った。

年を重ねること。私もシルバーコーラスと縁があるというのもあるし、何人か私よりも人生の先輩である友人たちに恵まれている。昔、自分が10代のころ、20代のころ、年を重ねるのは、ある意味怖かった。何もできなくなるんじゃないか、誰かの世話になるしかないんじゃないかって。でも、今は、あー、年を重ねるのも素敵やなって思えるようになってきた。若い頃、妙に人の目を気にしていた自分が、年をとって自由になるって面があったりするし。逆に心が若くピュアになっていくってところもある。自分を見ていても思うし、周りにおられるもっと人生の先輩を拝見していても、みんなすごくピュアで、ある意味自由で、ふっきれているというか・・・そんな感じ。

もちろん、できないことは出てくるだろう。身体の中に不自由な部分も出てくるかもしれない。でも、それでもどこかの部分がまだ何か「できる」はず。できないことを数えるんじゃなくて、できることを数える、できないことを悲しむんじゃなくて、できることを楽しむ・・・そんな風に年を重ねていけたらいいなって思う。そんな大切なことを、私の周りの人生の先輩たちが、いろんな方法で教えてくれているって気がするのだ。

竹内まりや、買おうかしら。ポップスのCDなんて、何年かに一枚しか買わないんだけど。久しぶりに。とにかく、ええ感じやったのでした。



*******************

今日の日記を最後に短く。

午前中、たこぶのお母さんから電話があった。
昨日、たこぶのお父さんとお母さん宛にFAXを送ったそのお返事。
FAXは別に深い内容ではなくて、
「母の日も父の日もうかがわなくて、本当にごぶさたしてばっかりでごめんなさい。
たこぶも私も来週、小さなコンサートで歌うのですが、
なんか不安と緊張の日々が続いています。
お父さんとお母さんに会ってお話したら元気になるので、
またぜひぜひ遊びに行きますね」みたいな感じ。

こんな不義理な嫁のFAXに、お母さんはとてもやさしかった。
「緊張してるんか?そうか、一人で歌うんやぁ。コーラスの本番かと思ってたら。
一人で歌うやったら、そら、緊張するわな。
がんばりや。がんばるねんで。
ぶたこのお母さんは元気か?
お母さんにはやさしくしてあげな、あかんで。ほんまに。やさしくしたりや」

と、私の母親のことを気にかけてくれた。
お母さんは、去年自分の母親をなくされて、
正月に会ったときも
「お母さんのこと、大切にしたりや。なくしてみて、もっとやさしくしたったらよかったって、後悔するもんやで。なっ」って何度も言ってくれた。お母さんだって十分おばあちゃんの面倒をかいがいしく見ていたし、やさしかったと思うのに、それでも後でもっとやってあげられたら。。。って思うものなんですね。親子って深いなぁって思う。

短い電話やったけど、
「怖いんですー、緊張するんですー」って泣き言いう私を、どっちかっていうとシャイなお母さんが、一生懸命励ましてくれて、なんかあったかい電話やった。ありがとう、お母さん(^oo^)

それから歌の練習を少しして、午後からはレッスン。月に一度の生徒さん。
先月ぐらいから、ピアノは新しい段階、スケールに突入していて、たぶん、とっても難しかったと思うのに、きれいに弾けていた。きっとすごく努力されたんだろうなぁ。
歌の面でも、今日は確実な進歩があったと思う。
私自身が、本番に出るってことで自分が毎日練習しているうちに新発見がたくさんあって、それをお分けできるという副産物もたぶんあったと思う。やっぱ、たまにはこういう機会は必要なのね。それから、今日は、ブレス(息継ぎ)の面で、大きな進歩。今までは、どうやらとっても身体に力を入れたままで、息を吸っていたみたい。私の出っ張ったお腹をさわってもらって、鏡の前で見てもらって、こんな風にあんな風にと説明したら、息を吸うときには、一番からだが「開いて」「脱力して」「重心が下がって」という状態だということが伝わったみたい。その後にうたった「赤とんぼ」はとても素敵だったのだ。よかったー。

夜は、英語の勉強会。
それぞれの週末をクラスのはじめに報告するんだけど、その時点でかなり話がはずんで、いい感じ。



そうそう、久しぶりにNYの友だち、ケイラからメールが来た。
ケイラは去年からハーレムの荒れた小学校で、図書館を整えて、子どもに本を読ませる習慣をつけて、いろいろなゲストを呼んできて講演会をしたりして・・・・というプロジェクトに取り組んでいる。私も子どもの本に興味があるし、彼女の取り組みを本当に尊敬するし、すばらしいって思う。あー、近くにいたら、どんな雑用でもいいから手伝えるのになぁ・・・なんて、話を聴くたびに思うのでありました。彼女とは、ブライアンのラジオのイベントで隣同士に座ったってことから友達になったんだけど、帰国してからも、たとえ数ヶ月に一度になってもメールの交換が続いていて、毎回、とても長い内容の濃いメールをくれる。それに返信するのは、かなりのエネルギーがいるんだけど、この大切な関係をつづけたいから、がんばって返事を書かなくちゃ。明日書くぞ。


ってことで、今日は夜はいなかったわたしですが、10時ごろに帰宅したら、たこぶが録画してあった試合のおいしいところだけ(得点シーンだけ)を見せてくれたら、あっという間に終わった(^oo^;)

いや、とにかく勝ったんだ。おー。
意気込み意気込み・・・・って、エネルギーのいる質問ばっかりするなっちゅーに>ヒーローインタビューのアナウンサーさん。

のんびり、前向きに、あせらずに、一つずついきましょう(^oo^)
がんばれ、阪神タイガース!
矢野っち、とっても「らしい」二塁打をありがとー(^oo^)/~~~
[PR]
by butakotanaka | 2007-06-19 23:58 | 日常生活 | Trackback | Comments(9)