<   2008年 03月 ( 53 )   > この月の画像一覧

年度末かぁ。

ってことで、土曜に年度末休日出勤したたこぶは、本日代休。
二人して、空いているサイゼリヤで日替わりランチを食べて、空いている大学の図書館でゆっくり本を読みました。私は、マヂメな本を手にとる気にはなれず、まず向かったのが新聞コーナー。お目当てはスポーツ新聞です。デイリーと日刊を三日分読みました。はい、三連勝の分ですよ。あー、面白かった。それから、PC関係の雑誌を何冊かと、ファッション関係の。といってもファッションのは若い人向けのしかなく、NONNOをとったけど、全然ついていけなかった(^oo^;) そして、地球の歩き方のニューヨークを手にとって、ヘラヘラと読んでいました。新しいガイドブックを買うほど知らない土地でもないので、今回は、自分が行くであろう場所の地図をネットからいくつかプリントアウトしていく・・・それだけになりそうです。分厚いガイドブックって重たいし。


で、年度末。
一月から行き始めた教会の牧師先生が、昨日、最後の礼拝を迎えられました。
本当に短いお付き合いだったけど、どこか相性のいい教会を・・・と数年探していた私たちにとっては、この先生なら・・と思えた方で、礼拝のお話も一回一回の充実した内容に、準備の大変さを思って感謝がいっぱいでした。朝の礼拝は、先生のご親戚の方や、久しぶりの方々が多く来られていて、とても賑やかでした。私たちが行き始めてから、一番の人数だったんじゃないかなぁ。

先生は最後の挨拶で、とても粋なことをおっしゃいました。
「私は、こんな風に思うんです。教会の主はあくまでも神様。たとえていうなら、牧師は列車の運転手のようなものです。途中の駅で運転手が交代しても、列車は運行表どおり、かわらず走り続ける。その途中のひと駅というだけなのです。だから皆さんは安心してこの列車に乗り続けていただきたい」

たこぶはこの言葉にいたく感激。「ええ話やなぁ。ええ感じやなぁ。」って。私もそう思いました。



礼拝の説教の題は
「あなたの願いはかなえられる」でした。
メインの聖書の箇所は、「カナンの女の信仰」という部分でした。ある女が、神様に繰り返し繰り返し、あきらめずにお願いしたら聞き入れてくださったというような内容です。最初は拒否され、どこかで信仰を試していたのかもしれない、そして何度もあきらめずに娘のために救いを求めた女の願いを最後にはとうとう聞き入れてくださったと。


途中、先生が有名な聖句を引用されました。
マタイによる福音書の七章から。
日本語でいうと
「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。 
だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる」
ちなみに、ここの英語は、
「Ask, and you will receive; seek, and you will find; knock, and the door will be opened to you.
For everyone who asks will receive, and anyone who seeks will find, and the door will be opened to those who knock.」

これを聞きながら、いろんなことが胸によぎりました。
ああ、私、求めて、幸せなことに与えられてきたんだなぁって。

先生は、その中でこうもおっしゃいました。
「私たちはドアを叩くけれども、簡単にあきらめることが多いのかもしれません。もしかすると、しつこく叩き続けたらドアは開くのではないでしょうか」のようなことです。

私はまた思いました。
ああ、私は今回NYに行けるけど、それは、あきらめずにドアを叩き続けたからこそ実現したんだなぁと。もちろん周りの支えもあったけど、途中なんどもあきらめてもいい場面があったのに、家族や友人の励ましも手伝ってくれた上で、私はあきらめずに、ドアを叩き続けたんだなって。

さっきの聖書の先に、もう一箇所、私の目に止まりました。
狭い門~The Narrow Gate~ という部分です。

「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。 しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない」
英語だと、
「Go in through the narrow gate, because the gate to hell is wide and the road that leads to it is easy, and there are many who travel it. But the gate to life is narrow and the way that leads to it is hard, and there are few people who find it.」

いい言葉だなぁと思いました。
キリスト教を信じる人にも信じない人にも、聖書を読む人にも読まない人にも、この話は真理だなぁと。これからも、狭い道だからとあきらめず、ドアが開かないからと簡単にあきらめずに、挑戦し続ける気持ちが大切なのだなと、改めて教えられました。


夕方の礼拝で、三回目のオルガン奏楽をさせていただきました。
前奏には、先週うかがった先生の一番好きだという讃美歌を。私からのささやかな感謝の気持ちです。夕方の礼拝もいつもより数人多くて、賑やかで楽しかったです。いろんな話もできました。

いつも日曜の朝は仕事をしていて夕方の礼拝にしか来られない20歳の若者が、帰りしなに私に声をかけてくれました。彼と会うのは昨日が三回目。まだ日は浅いんだけど、夕方の礼拝では、終わったあと一時間ぐらいみんなで話をするので、お互いのことをだいぶ知ることができます。彼の仕事は、朝4時半から正午までというキツイ時間帯。

そんな彼が
「ぶたこさん、アメリカでのボランティアがんばってください。僕も、これからボランティアをやりたいと思っています。ボランティアをやる劇団に入るつもりなんです。それから、実は仕事はもうすぐやめさせられることになってしまって・・・・。だから新しい仕事を見つけて、それから劇団を見つけて、がんばっていきます」と話してくれました。なんだかジーンとしました。若いけどがんばってるなーって。

「うん、君なら大丈夫。誠実だし、きっといい仕事が見つかると信じてるから。がんばってね!っていうか、お互いがんばろうね!また何か進展があったらお便りちょうだいね」といって住所を書いて渡しました。新しい仕事を探すのは、簡単じゃないと思うけど、本当にまっすぐで誠実な彼のことだから、きっと見つかるはず。面接官が彼の人間的魅力に気がつかないはずがない、そう信じたいです。がんばれっ、若者(^oo^)/~~~

別れ際、教会の玄関で先生とお別れ。私たちが門を出るまで、寒かったのに先生は玄関に立ったまま見送ってくださいました。門を出てから振り向いて、もう一回大きく手をふって「さよならー!」と手を振りました。来週からおられないなんて想像もできないけど、寂しいけど、別れというのは、人生にはつきもの。乗り越えていかなければいけないんですよね。新しい教会で先生の生活が充実されますように。

うん、昨日は、いろんな思いが胸を交錯した一日なのでした。

もちろん、タイガースの三連勝に胸を躍らせたのはいうまでもあーりませんがっ(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2008-03-31 23:16 | 日常生活 | Trackback | Comments(9)

多才な私の先生たち(^oo^)

私の尊敬するお二人の先生から、案内のお便りが届きました。


一人は、高校のときの数学の先生、長谷岩友さん。
多才な方で、民謡の見事な歌い手でもあり、画伯でもあります。
私たちが高校のときも、授業に飽きた学生たちが「先生、一曲うたって~!!」とリクエストすると、たまに民謡を一節うなってくれたりしました。隣の教室から「うるさくて集中できないので、やめてください」なんて、抗議が来たりして(-oo-;) 数学は嫌いだったけど、先生は大好きでした。

お父さまが長谷太郎さんという著名な大和路画家で、いつの頃からか親子展を開催されるように。そのお父さんも亡くなり、先生が後を継ぐ形で、製作を続けられています。

次回の個展は、
4月26日~29日まで。
場所は
嶋屋画廊
〒600-8005
京都市下京区四条通富小路東入立売東町23
です。

「古都京都・古都奈良・水都大阪とフランスの風景画を一堂に展覧いたします」
とのことです。フランスに旅されたのかなー。
行きたいけど、私はこの頃もう日本にいないのであった(^oo^;)

先生の作品はいくつかウェブにも掲載されています。
興味ある方はここをご覧くださいね(^oo^)




もうお一人。
私の歌の先生が、新しいことをはじめられました。
前にもここに書いたことがあると思うけど、先生は声楽をされるということもあって、語学に対して深い興味を持っておられます。私が発音記号の種類や発音の仕方を学んだのは、語学の学校でではなく、この先生からでした。歌のレッスンの他に「ディクション」と呼ばれるレッスンをされていて、そのドイツ語版のレッスンを受けました。そこで辞書に載っている各発音記号について学んだことは、今でも役に立っています。

先生は、ノバに通っておられました。英語ではなく、ドイツ語とフランス語のレッスンを主に受けておられたようです。去年、色々なことがあって、レッスンが中断。英語と違って、ドイツ語やフランス語は、代わりの教室もすぐに見つからず、試行錯誤の日々を送られていたようです。

その先生が、今回、とうとう、語学教室の設立に関わられたというお便りが届きました。すごいなー!!

何人かの信頼できる先生と、責任感があり、運営能力がある元生徒さんが集まって、フランス語を中心とした教室を開かれるそうです。場所は、大阪の南森町。偶然、私が前に通っていた英語の勉強会の場所と近くだ。学校の名前は「エコール・オーレリア」だそうです。フランス語わからんから、意味わからんな(^oo^;)(^oo^;) フランス語が中心だけど、英語の指導も行われるようです。

生徒として通っていたところから、先生と協力して語学教室の運営に関わるなんて、先生の新しい挑戦を、私も心から応援したいと思います。うまくいくといいなぁ。

フランス語の教室ってなかなか見つかりにくいと思うし、大阪近辺でいい教室を探している方がおられたら、ここの先生は、とにかく人間的に素晴らしいと先生が絶賛しておられました。それって、とても大切なことだと思うのです。先生を信頼できて、先生が好きになれたら、勉強ってがんばれますもんね。

興味がある方は、教室のウェブ、ここまで(^oo^)


いやー、数学の先生の個展、歌の先生の語学教室・・・か。
多才・多彩な先生を持って、私は幸せだなぁ、なんて思ってしまいました。
先生方を見習って、私もがんばろーっと(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2008-03-31 11:42 | 音楽・趣味 | Trackback | Comments(2)

祝・開幕戦勝利(^oo^)/~~~

うわぁぁぁぁぁぁぁぃ(^oo^)/~~~

タイガース、見事、開幕戦勝利をおさめましたー!
それも最高の形で!!!

それまで寺原から全くヒットが出ていなくて、なんとか四球でつないでくれたランナー二人をおいて、次のランナーが金本・・・となったとき、ごめんなさい、正直、あー、ダメかも・・とよぎりました。

ところがっ、ゲスト解説で来ていた、この日始球式をつとめたやしきたかじんさんが、軽く、ほんまにめちゃ軽く「打つでしょう」と言ったのです。私は心の中で「そんなこというけど、あの島野さんの追悼試合のホームラン以来、全然打ててないねんでー。故障あがりやねん、だから、もうちょっとあとで仕上がったらええって、みんなそう思って待ってるねん。そんなときやから、期待せんと見守って・・・」とか、そんなことを思っていたら、あーた!!!打ちましたがなー、パァーンっと!

しかも、走らなくてもいいホームランでなく、犠牲フライでもなく、三塁打!!
二塁ランナーの新井に対して、三塁コーチャーの手は止めていたらしいのに、後ろから血相変えた金本が走ってきて、三塁まで来る勢いなわけだから、新井としては、ホームに突っ込むしかないわけです(^oo^;)いやー、岡田監督が繰り返し言ってた「ジャパンの四番より、阪神の三番の方が大変でしょう」とか「金本が後ろで打ったら、そらもう必死で走るやろ」っていうのが、バッチリ生きた打順なのです。これで2点で同点!

そこからがまた感激です。
次の打順は今岡。これまた今年あかんかったら、この人はどうするんやろう。後がないってのはこのことやなっていう状態。5番今岡は怖いでーって言われてたのは、今は昔・・・なんて、ささやかれていることは、彼も感じていると思う。でも、彼こそが、今年のキーで、彼が活躍したら阪神は優勝するんちゃうかっていう人も多い。オープン戦での成績は決してよくなかったはず。

その今岡が、あーた、三塁まで走った金本のあとに、ピッチャーの横を抜けるセンター前です!今岡の真骨頂のセンター前!!!

この二人が3点取れたなんて、こんな嬉しいことはありません。タイガースファンは雄たけびをあげ、歓喜の涙にむせいだに違いありません!!

次の回、平野の浅い犠牲フライに、必死に走ってホームインした育郎もようがんばったなぁ。

JFKもすごかったけど、その前のりょうくん、渡辺がカンペキやった。藤川はちょっと打たれたけど、とにかく、みんなで守って藤川をまもった。

開幕戦のお立ち台に、金本と今岡が並ぶなんて、試合前に誰が予想したやろう。もう何もかもが感動やった。とにかく勝ってくれてほんまによかったなぁ。あー、ほんまに野球ってええなぁ。

金本のお立ち台での感謝の言葉は、誰の胸にも響いたと思う。
特に「石原トレーナー」の名前をあげて、感謝していたのが印象に残った。彼にしても、リハビリが順調に進んだといっても、開幕を迎えるにあたって不安はあったと思うし、打って、走って、ホームベースも踏んで、そしてお立ち台でこうやって感謝を言えることが、何よりも嬉しかったんやろなぁ。

ええ試合やったなぁ。

ってことで、たこぶは、たこぶノートの製作にいそしんでおります(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2008-03-28 23:18 | スポーツ | Trackback | Comments(2)

コーラスの打ち上げランチ(^oo^)

b0057103_15233738.jpg コーラスの皆さんと、練習のあと、打ち上げランチがありました。乾杯のあと、お昼にごちそうをいただき、数人ずつと記念撮影をしてまわりました。みんな、少女みたいにはぢける笑顔が、素敵やったなぁ。ここには顔がはっきり写らない程度の写真を公開しますね。シャイな方も多いので(^oo^) 一人のメンバーの方からは、「こないだの本番は感激しました。自分にもこんなに感じる気持ちがあるんだ、胸のときめきを感じられるんだって、そのことにも感動しました」という言葉もいただきました。

今日、練習した曲、「野に咲く花のように」も一回の練習ですぐに覚えてしまわれ、最後には、時間余ったので、二組に分かれて、お互いに鑑賞会。誰かが歌っているところをゆっくり聴くというのも、たまにはいいもんです。それぞれの歌にお互いが感動しておられました(^oo^)


b0057103_1526387.jpg 何人かの方からは、手作りのお手玉や折り紙、手芸品などもいただき、感動。全てを持っていけるかどうかはわからないけど、なんとか荷物に詰めていきたいな。今日の宴会には、総勢45名ほどが参加されていて、ものすごく賑やかでした。大きな本番を終え、暖かい春を迎え、皆さんの気持ちも華やいできているのかな。

宴会の締めに、今日歌った「野に咲く花のように」をみんなで合唱して、お開き。
あと一回練習は私がさせていただいて、そこからあとは、たこぶにバトンタッチです。宴会のときに聞いてみたら、思いのほかインターネットをはじめられた方や、以前からしておられる方、パソコン教室に通った方が多かったので、このブログのこともお知らせしました。前にもお知らせしたことがあるけど、それからだいぶ時間がたってるもんなぁ。その後でパソコンをはじめられた方もいるんでしょね。いやー、いまどきって、若い子の方が携帯とかするけどパソコン持ってない人が多いのかも。私たちぐらいから年配の人の方が、画面も大きくて、簡単には壊れないパソコンっていいのかもしれないですね。タイピングが早くなくても、情報を見ることはできるわけだし。何人かのメンバーがここを読んでくださると思うと、ますます向こうにいってからも、ここで毎日の生活を報告したいなという気持ちが強くなりました。ネットがうまくつながるといいなぁ。

[PR]
by butakotanaka | 2008-03-28 15:30 | 音楽・趣味 | Trackback | Comments(6)

大阪の桜は、こんくらい咲いてますー(^oo^)

今日は、布施の靴修理やさんで今度持っていくハーフブーツの中敷交換。以外とすぐ終わった。はきやすくなってご機嫌(^oo^)帰りに明日からグランドオープンする駅前サティの事前オープン(ソフトオープンとサティは呼んでいる。ふつーに営業してるんだけど・・)に寄って、晩御飯用にホッケの干物とか、春キャベツとか買ってきた。新ジャガと新タマネギは昨日買ったんだけど、甘くて美味しかったなぁ。春ですねーって思いますね、野菜が充実してくると。

帰りに近所の公園を通りかかったら、桜がきれいやった。
っていっても、朝テレビで見た東京の満開桜にはまだ程遠い感じ。二分とかぐらいかなぁ。
西の大阪がこんなんで、東京が満開なんて、日本って面白いなぁ。

b0057103_2320049.jpg

b0057103_23201489.jpg

b0057103_23202611.jpg


桜見て、いい気分で帰って来たら、近所のネコ好きおばさんに遭遇。ネコ話にも花が咲いた。そこのお宅のネコは一番長いので、もう23年も生きてるんだって。きっと人間なら100歳超えてるよねーって。最近元気がないから、医者で点滴してきたら、2000円以上もしたんだよーっていってはりました。それでも元気がなくなったら、できるだけのことをしてあげようっていう愛情が感じられて、あったかい気分になった。うちの一番お姉さんのぶーこは、16歳とかそんぐらいかな。23年も生きてくれるといいなぁ。

いったん家に帰って、今度はコピーやさんへ。
子どもの歌の楽譜を何曲かコピー。
丁度トナーが切れかけている機械だったので、一枚ずつしかコピーできなくて、しかもすごく遅かったから、時間がかかった。二台並んでるんだけど、隣の機械でやってた人が、初めてみたいで使い方がわからずやってあげたりして。最近のコピー機って、コンピュータみたいに難しいもんね。このお店は一枚8円なので愛用してます。お店っていうか、薬局だったりします。サービスのいっかんで、コピーもやってはる。わが家の年賀状もここでいつもコピーします。

帰って、楽譜の製本。途中でスティック糊がなくなって、底までほじくりだして指でぬった(^oo^;) 

夕食のメニューは、
ニンジンとジャガイモとゆで卵のサラダ
切干大根の煮たん
ホッケの干物

切干大根、大好き。
今日のは新物だったから、生の大根の香りも残ってる感じやった。これもまた美味しいね。冷たくなってから食べるのも美味しいから、冷蔵庫に入れて、明日の夜、半分食べようっと。
[PR]
by butakotanaka | 2008-03-27 23:26 | 日常生活 | Trackback | Comments(4)

準備いろいろ・・・。

今週に入って、荷物の準備をちょっとずつはじめました。
今回の荷物は、布製の車輪つきスーツケース一つと、無印の折りたたみバッグ大を一つの計二つを受託荷物として預ける予定です。ユナイテッドは、32キロまでが二つ預けられるはずで、五月半ばからそれが23キロまでにかわると書いてありました。五月半ばからは、23キロから32キロに関しては25ドルを追加徴収しますと、一ヶ月ぐらいまでは、そう書いてあったのです・・・がっ!

ゆうべ、航空会社のウェブを確認したら、この変更がもう始まっておりました。前倒しになったのね(^oo^;) 円高の影響かもなー。ってことで、32キロまでではなく、できるだけ23キロまでにおさめるということになりました。折りたたみバッグの方は、バッグ自体に重さがほとんどないので、いくら詰め込んでも10キロ前後になりそうです。15キロにはいかない模様。こっちには、半そでティーシャツ、長袖ティーシャツ、長袖セーター類、そしてズボン類を入れました。クルクルとロール巻きにしてつめていったら、けっこうパンパンになったもんね。衣類なら、少々上から何かがのつかって形が変わっても大丈夫だし。

その他の形がくずれやすそうなものはスーツケースに。これはまだちゃんと詰めていなくて、シワになりやすいスカートや、シャツ類、上着類、かばん類、下着、化粧品、小物、洗面用具、薬、充電器、靴などなどを入れる予定。

その他、機内持ち込みにはリュックを一つと、ななめがけバッグ。いつも同じカバンを選んでしまいます。使いやすいのって思うと、おんなじになるねんなぁ。もう糸とかほつれて、ボロボロなのに、結局いつも同じカバン持ってます。

ななめがけは、肌身離さないので、航空券やパスポート、カメラや、お金など大切なもの。それからメモとかペンとか。

持ち込みリュックには、スリッパ、化粧品、スカーフ、パソコン、ACアダプタ、書類などの資料、そんなんを入れます。



今日は、ドルの現金を両替してきました。大金は持たないけど、ちょっとの間、銀行に行かなくても大丈夫な程度は持っておかないと心細いし。現金の両替って、手数料が高いから、あんまりたくさんすると損するような気がするんだけど、今って、円高だから、なんか損した気が少ないと思った。

銀行のキャッシュカードも使うんだけど、もしATMが使えなかったときのために、トラベラーズチェックも少しだけ作った。手数料がいらないし、使わなければまた日本に戻ってから返せば損はしないし。レートが動いている今なので、ドル口座から作って、使わなければドル口座に返すことにした。

これで、これからはレートをもう気にしないぞー。ここんところのレートの変化はものすごく激しくて、結局、底値のときに両替はできなかったけど、もうええねん。半年前のこと思ったら、すごく円高なわけだ。それでいいのだ(^oo^)



銀行のあとは、コンタクトレンズを購入しにいきました。

私はとても眼が悪いです。0.1以下なのです。
で、普段はほとんどメガネの暮らしです。で、初対面の人に会うときや、指揮やピアノでの本番のとき、司会のときは、コンタクト。これって、月に一度か二度しかないときもある。なので、いつもは一日使い捨てコンタクトレンズを使っています。ケアも不要だし、結局これが楽だとたどりついた。一か月分でもすごーく長くもつし。

でも、今回、アメリカでは、多分毎日コンタクト。メガネを通した顔よりも、自分の素の顔で人と接する方が、壁がない気がして、そうしようと思った。

ここで問題は・・・・。
いつもの一日使い捨てにすると、めちゃ高い。二つの面で高いのだ。
まず、費用。割高になります。そして、カサ。すごい量になります。一日使い捨てって、一箱一ヶ月分だから、両眼で24箱もいるもんね(^oo^;)現実的ではなーい。

あちこちのチラシをここ一ヶ月で集めました。ぱどとか、ホットペッパーとか。どうやら二週間使い捨てタイプと一ヶ月使い捨てタイプがほとんど同じ値段で現実的みたい。ケア用品はいるけど。でも、それは向こうでも買えそうだから、カサは低くなるし。さらに細かく計算してみると、一年分買う場合、一ヶ月よりも二週間タイプが割安な場合が多いもよう。

ホットペッパーのチラシで、2週間使い捨てタイプのアキュビューが、一箱1600円ほどで買えるとありまして。ただし、一人につき2箱まで。三ヶ月分が1箱なのでそれの両眼分です。

それ以上は2300円とかになるけど、まっ、これにしようと思って、果物の名前のコンタクトやさんへ。

そこで、とっても感じの悪い受付のおっさんに出会いました(>oo<)
まず、コンタクトショップ受付のカウンターに行きます。ここの私の担当がこのおっさん。とにかく、早口。何を言ってるのかわからん。早口でも活舌がよかったら許したる。でも、こういう人に限って、調子でしゃべるから、何を言ってるのかわからん。舌もまわつてへん。何度も何度も「えっ?」「今なんておっしゃいました?」とききなおす。その時点で、だいぶ気分悪い。

で、強調したのが
「お買い上げになられても、返品交換はいっさいできませんが、よろしいですか?」
「返品交換できないことをご承知おきくださいね」とかなんとか。
とかなんとか・・・しかかけないほど、何を言ってるのははっきりわからん。でも、とにかく、数々しゃべった中で、このことだけがものすごく強調されていた。

その他、チラシの特別割引は、一日先着5名様までで、「一日使い捨てはもう終わっておりますから、二週間の分だけが有効です。ただし、一人2箱までです。いいですね?」とかなんとか。


そっから、眼科受付にいって、眼科の検診。ここは感じのええ人ばっかりやった。眼科の受付のお姉さんは普通に感じよかったし、眼科の先生はさらにソフトでやさしくて、感じよかった。

そして、検眼担当になってくれたお姉さんは、好みのタイプ(●^oo^●)
別に愛を感じる好みっていうんじゃないんですけどね(^oo^;)

のんびりしてはるんです。落ちついてはるんです。
だから、何でも聞ける。

最初は二週間タイプって思ってたけど、お姉さんが聴きやすいタイプだったから、一ヶ月タイプとの違いをきいてみた。

そしたら、お姉さんのお薦めは、一ヶ月タイプのNOPT OXSIAという製品。これは、他の製品に比べて酸素透過率が二倍以上あって、コーティングがすぐれているから汚れもつきにくくて、シリコンハイドロゲル素材ってので、すごくつけ心地もいいんだって。

二週間アキュビュは、基本的に一日使い捨てのと同じ素材で、柔らかいんだけど、もろい部分と汚れがつきやすい部分があって、そこがこのOXSIAと違うらしい。

この製品は、去年発売で、発売当初は一箱三ヶ月分(三枚)で4000円だったんだけど、その後3000円に下がり、今はキャンペーン中で2400円なんだって。しかも、今でも4000円の某有名メーカー製品と、中味がまったく同じで同じ工場で作られてるんだけど、メーカーが違うってだけで、この値段で買えるんやって。一ヶ月連続装用しても大丈夫だったという結果も出ているとか。長時間の使用に耐えるってことみたい(もちろん眼科医は連続装用は薦めてないけど)。

このお姉さんの話がとても信頼できたし、一ヶ月タイプのほうがカサも低いので、これに決定!
一応、二週間タイプと、一ヶ月タイプと両方、装着して、見え方を確かめさせてくれました。そして、一ヶ月タイプは、つけたまま帰ってもいいって。ってことは、これから一ヶ月は、タダでもらったレンズをつけられるってことで、得した気分(^oo^)

今回、相談したかったことのもう一つに、見え方ってのがあって・・・・。
最近、私も、中年にさしかかりましてー、「老眼」という症状が出てきたわけです。だからかどうかわからんけど、前にあわせたコンタクトだと、近距離が見えなくなったのです。具体的にいうと、メガネだと見えるのに、コンタクトになると、

・パソコンのディスプレイが見えにくい
・電車のなかで文庫本が読みにくい
・ビオラの弦に焦点があわない

というような症状が(^oo^;)(^oo^;)

これについて相談すると、
「遠くは少し見えにくくなりますが、度数を少し下げることで解消しますよ」とのこと。
へー、そうなんやー。
で、お姉さんが選んでくれた度数をつけてみると、見事に近距離の新聞とかがしっかり見えました。わー、これでコンタクトをつけていてもパソコン打てるし、電車のなかで本も読めるやんっ。

まだ遠近両用のコンタクトをつけるほどでもないみたいです。
つけた状態で片目1.0ぐらいまで視力も出たし。

で、お姉さんがさらに一言。
「出発はいつですか? あ、来月の半ば。じゃあ、それまでに何かあわないとか、具合が悪くなったら、いつでも返品・交換ができますので、持ってきてくださいね」

「えっ? 返品交換できるんですか?(@oo@)」

「はい。納得してお買い求めいただきたいですから。封を切ってしまったものは、メーカーに返せないので難しいときもあるんですが、きっていないものは大丈夫ですよ。今つけておられるレンズが合わないと思われたら、いつでもどうぞ」とニコニコ笑顔。

「あの・・・受付の方に、返品交換は一切できませんって、100回ぐらい言われた気がします」(恨みを持って、おおげさに言ってしまった私(^oo^;))

「あっ、そうなんですか? ちがいますよ。またこちらから言っておきますね」
やってー。なんやねん、あのオッサンーー!!


結局、一ヶ月タイプのを1年分と、もし途中で一ヶ月分とかが破損したりなくなったりしたときのための予備で、特別割引で買える二週間タイプを2箱両眼分プラスして買うことに。


で、帰り。
商品受け取りと、支払いは、またあのオッサンのところで。

他のことでも色々うっとおしいことあったけどそれは省略して・・・。
また言いよります。
「はい、では、返品交換は一切できませんので、ご了承くださいねー」

「あの・・・(-oo-メ) 中で、返品・交換はできますって伺いましたが・・・(-oo-メ)」

「あっ、そうですか? ああー、あの、この二週間タイプのは一切、返品交換できませんから」

とまた繰り返し。

「ということは、一ヶ月の方はできるってことですよね?(-oo-メ)」

「あー、はい。ただし、一ヶ月以内ですからねっ」


あのさー。
「できない」ってことばっかり教えてくれて、
「できる」ことを教えてくれないなんて、なんかイヤな感じだけどー。

できません、できません、できませんって、その説明ばっかりで、できますって説明しないのっておかしいんじゃないのって思った。この受付の人がいるだけで、中の人はとっても親切でええ感じでも、一気に店の印象悪くなるやんなー。

まっ、とにかく、お姉さんには今回の状況をゆっくり説明して、ゆっくり相談して、納得して買えたから、結果はオーライやねんけど。一応、お金払うのはこっちやねんし、もうちょっと感じよく買い物させてほしいなーって思ったのでした。

こういうことってありますよね。
きっと、あの人、みんなに嫌われてる気がするなー、そんな気がするなー。
どうしてあんなになっちゃったんだろう。返品・交換する人がそんなに多いのかな。それで困って、そればっかり説明するようになったのかな。わからんけど、そうだとしたら可哀そう。


あー、書いてすっきりした(^oo^)
もう忘れよう。
[PR]
by butakotanaka | 2008-03-26 17:10 | NY・留学 | Trackback | Comments(3)

菜の花シリーズ第二弾(^oo^)

今日も菜の花がきれいに咲いていました。

夕拝のときに牧師先生が教えてくださったのですが、前庭に咲いているあの菜の花も勝手にきれいに咲いてくれるわけではなく、毎年咲きおわったのを、先生が全部抜いて、置いておくんだそうです。それで,秋になって、改めて菜種をまんべんなく蒔くから、毎年のびのびと咲いてくれるんだそうです。そのままほっておくと、だんだん規模が小さくなるというか、少なくなってくるんだって。教会の庭には、桃、カリン、甘夏、柿、デラウェア、びわ、キンカン、といろんな実がなるんだそうです。先生が教会に来て25年の間に、植えたものが育ったんだって。25年の歳月を感じるなぁ。

ってことで、菜の花シリーズ。
先週はミツバチがとまってたけど、今日は蝶々がとまっていて、写真を撮っても、ぜんぜん逃げなかったです。なので、三連続写真でどうぞ(^oo^)
あ、ちなみに今日はイースター礼拝でした。イースターというと4月のイメージがあるけど、今年は早かったなぁ。

b0057103_23203540.jpg

b0057103_23204674.jpg

b0057103_23205742.jpg


春やなぁ(●^oo^●)
[PR]
by butakotanaka | 2008-03-23 23:21 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

北新地と紀伊国屋は遠かった(^oo^;)

今日は、翻訳関係の友人とランチデート。
去年からずーっと一度会いたいと言いつつ、なかなかお互いの都合があわず、実現しなかったのが今日やっと。行く前に間に合ってよかった。

待ち合わせは、阪急梅田駅下の紀伊国屋書店前。
JRおおさか東線で、放出で乗換え、北新地駅へ。いやー、あーた、北新地と阪急梅田は、めちゃ遠かったです。ある程度離れていると覚悟はしてたけど、待ち合わせ10分前に北新地に着いたけど、待ち合わせ場所に着いたのは、5分遅刻で(^oo^;)15分もかかったってことかぁ。それって、ひと駅分ぐらいあるんちゃうのん(^oo^;)

でも、環状線の大阪駅に比べて、東西線の北新地駅は、空いてます。なので、帰りもがんばってそこまで歩きましたさ。

正午丁度に待ち合わせた私たち、気がついたら4時。はい、4時間話してたわけです。昨日に続いて、よくやるわ、私(^oo^;) でも、ずっと会ってなくて、メールはしてたけど、詳しく全部書けるわけじゃないし、その場でやり取りするうちに、話はどんどん展開するから、会話してると、本当に時間がたつの早いねんなぁ。まっ、英語やったらここまで話ははずまんけど。だって、英語やったら、的確なマで、突っこんだりでけへんもん。それがつらいところです。こうやって、ポンポンって話がはずむ感覚も、向こうにいったらしばらくはないんやろなぁ・・・とか、そんなヘンなことを考える今日この頃です。

1年の留学経験のある彼女に、色々話しをきけて、収穫も多かったです。
今週は、人にたくさん会う週やなぁ。
たこぶも来週ぐらいまで期末で仕事が多忙のもよう。
一段落したら、ゆっくり休めるといいね。
とはいっても、仕事が忙しいってのは、ありがたいことなのだけど。
週末も、ちょこっとだけ会社に行きはるみたいです。超珍しいです。年にこの時期だけのことですね。もうちょっとの辛抱だ。がんばれ、たこぶ(^oo^)

きっと詳しくはたこぶが書くと思うけど、
昨日、今日の世界選手権フィギュアスケート、何よりも私の感動は、中野です。めっちゃよかったよ!!!ここ数年だけどずっと見守り続けてよかったなぁって、今日の演技を見てつくづく思いました。今季ベストの得点だったけど、開場のお客様は、ブーイング。あのブーイングに救われたなぁ。トリプルアクセル回転不足やったらしいけど、なんか、きれいに回れてるようにも見えた。素人の私にはわからんかった。とにかく、いろんな要素すべて、丁寧に、できる限りのことをしていて、手を抜いていない、それぞれの要素をとても綿密に練習積み上げてきましたってのが見えて、魂がこもってた。ほんまに感動しました。来季もぜひ続けてほしい。年齢は決して今の時代では若いとはいえないのかもしれないけど、ここ二年ぐらいの伸びっぷりはすごいから、もうあと何年かみ続けたいと思うから。

浅田真央も、安藤も、今回は、ほんまにドラマチックやったな。
それから今回は、バレエって感じのヨーロッパ風と、アスリートって感じのアメリカ風があるとしたら、前者が得点高かった気がする。私の好みもそっちではあるけど、自分の中の順番と審判のつけた順番がずれてるなぁって思った部分もあったかな。曲もクラシック系の静かめなのが多かった気がする。で、そうなると、明日の高橋クンの、あのヒップホップ白鳥の湖がどういう評価されるのか、すごく興味があります。明日っていうか、向こうの時間では、あともう少しで演技が始まるみたいだけど・・・・。もう南里くんは終わったし。

あー、男子でもしも・・・なんてことになったら、アベック優勝やんか。そんな奇跡のようなこと、起きないかなぁ、起きないかなぁぁぁぁぁぁ。起こったらすごいなー。
[PR]
by butakotanaka | 2008-03-21 23:17 | 日常生活 | Trackback | Comments(8)

弦楽器レッスン仲間の送別会(^oo^)

最近、何人かの友人に聞かれました。
もう準備は進んでますか?と。
何を着るのかとか、何を持っていくのかとか。
持っていくもの、着るものをリストアップしても、全然おしゃれじゃないし、全然華やかぢゃない今回の渡米です。大体、通うところが老人ホームなわけだから、考えることといったら「さわって気持ちがいい素材の服。やっぱ綿かなぁ」とか「やさしい色合いがいいな。濃い色よりはパステル系かなぁ」とか、「かがんでもしんどくない服、ひっぱっても、伸びても惜しくない服」とか、そんなん。

どこに行くんですか?と聞かれて、その場所がニューヨークといういわゆる超有名な場所だけに、自分がやろうとしていることとのギャップになんとなくとまどいさえ感じています。すごく地味な場所に地味なことをしにいこうと思っていて、地味な決心をして、地味なことの積み上げの結果なんだけど、なんとなく華やかに思ってくださる方も多くて。

果たして、行った先での自分の生活がどうなるんか、余裕しゃくしゃくなんか、全く余裕ないんか、その「余裕」も、心理的余裕なんか、肉体的余裕なんか、どっちもまったくわからん(^oo^;) どっちもないような気がする。そうなったら、私はどうなるんやろうって。追い詰められるんかな、神経質になるんかな、誰とも話したくなくなるんかな・・とか。そんな状態に一度はなるけど、立ち直るんかなとか。一年という期間だけに、見えないです。どうなるんか。それが、ある意味楽しみでもあるし、怖くもあります。でも、自らが望んで「お客さん」で終わらない長い期間いようとしているわけだし、「お金を払うお客さん」である学生でない、働き手として滞在しようとしているわけだから、それでいいねんけど。

まっ、そうやってほっといたら、怖いよー、不安だよーって思ってしまう私に、周りのみんながとても明るく送り出してくれるわけだから、それこそがありがたいのかもしれないですな。周りも暗かったら、ますます不安になるわけだもんね。そうだ、それでバランスがとれているのだって、書いてるあいだに思ってきました。



さて、今日の私。
祝日ですが、年に数度しかない、たこぶが休日出勤。
午前中、私は、珍しく家のお掃除をしました。
「珍しく」としかいえないところが、恥ずかしいのですが(^oo^;)

こないだの土曜に出会った京都の卯月さんから預かっているiPodTouchの使い方を指南しに、友人が夜訪ねてくる予定だったので、その準備です。もう、あまりにも汚かったのです(^oo^;)我が家・・・・。旅行の準備もあって、必要なものとか、これから必要になるかもってものが、みーんな出しっぱなしで。でもって、まだ寒い日も来るかもしれないからと、冬用のコート類が何枚かかけてあるままだし。

友人のおかげで、冬ものを片付けることができました。ついでに、手袋やマフラーや冬帽子やコートをみーんなしまいました。ちらかっていたテーブルの上のチラシや手紙類もちょっと整理した。こういう機会がないとしないもんです。結局二時間ぐらいで片づいたもんね。やればできるのだ。


で、昼からは、タイトルの集まりでした。
去年の春から習いはじめたビオラのレッスン。
私の前の時間帯に習っているバイオリンの生徒さんと、途中から、入れ替わりのときに挨拶をかわすようになりました。それだけなんです。「お疲れ様でした」とか「おっ、今日は帽子可愛いですね!」とか。でも、なんとなくお互いに感じるところがあったようで、その生徒さんから「あの人と話してみたいです」といってくださって、先生が「もうすぐアメリカに行かれるんですよ」ときかれたその方が「じゃあ送別会をしましょう!」 ということに。

ってことで、今日は、弦楽器レッスン仲間が私をいれて四人集まり、ランチしました。
祝日でも空いていてゆっくりできるところはないんかってことで、心斎橋の大成閣という中華レストランを選択。840円の定食は、メインとサラダとフルーツに、食後コーヒーがついています。広い店内は、満員になることはほとんどなく、気がついたら、なんと三時間も滞在しとりました(^oo^;)1時に入って、4時です!もうびっくり。三時間があっという間って感じるぐらい話がはずみました。先生以外は、ほとんど初めて話す人たちだったのにです。

それから、そのノリで、みんなでプリクラを撮りに行きました。
プリクラなんて、何年ぶりかな。多分十年以上です。今のプリクラのすごさに驚きました(@oo@) 四人で400円。一人100円で、何ポーズも撮れて、その中で、出来によって何枚かをセレクトできて(全部を選ぶこともできる)、それから、いっぱい飾りを書き込むことができます。フレームとか、キラキラマークとか、ペンで字を書き込んだり。四人のなかで一番若手のメンバーが、全部やってくれました。年上メンバーたちは、最初の何枚も分のポーズを撮り続けるだけで、ある意味、げっそりしてしまい(^oo^;)、落書きする頃には、「あー、もうどーにでもして~」状態(^oo^;) いやー、面白かったなぁ。出来上がったプリクラをハサミコーナーで切って、みんなで分けました。

そっから、道頓堀をうろうろして、法善寺に出て、クレープ・ケーキのアルションに。めちゃ美味しいクレープセットをみんなで食して、気がついたら六時になってました。私はそこで早退。残りのみんなは晩御飯まで一緒したそうです。いやー、最後の方は、お互いの生い立ちまで話がいたり、すごく濃いメンバーで、それぞれの人生が彩り豊かで、ええ時間でした。今日はじめて話した人たちとは思えないほど、帰る頃には、妙な団結心みたいなのが生まれていて。あー、一年後、またこの人たちとこうやって話したいなって思いました。私以外の生徒さんたちはバイオリンの人たち。ビオラは全体のなかでもやはり少ないんだそうです。


急いで家に帰り、友人を迎えます。
たこぶも帰って来て、三人でiPodTouchと格闘。友人の分かりやすい説明のおかげで、一時間ちょっとで、大体のことがわかりました。スピーカーともつなげたし、卯月さんがやりたいって言ってた音楽を再生しながら、写真のスライドショーというのも、細かい設定はわからないけど、一応できるということはわかった。全く何も知らなかったときよりも、だいぶ理解が進んで、めちゃよかったです。ありがとー>Cさま(^oo^)

土曜、卯月さんと出会った夜にも、iPodTouchを持っている友人に電話して、日本語のマニュアルがダウンロードできるサポートのページを教えてもらったし、その後、もう一人の友人からもアドバイスもらったし。ほんま、持つべきものは友ですなー、こういうときは。




***********
新しい出会いがあるたびに、どこかで寂しさを感じるときがあります。
出会うってことは、別れのつらさもあるんやろなぁって。
そんな別れのつらさや、関係を保つことの自信のなさで、あー、もう誰とも出会わなくてもええねん、今までの貯金だけで生きていけるねんなんて、そんなことを思ってしまうときもあるねんけど、そんなときの自分は、やっぱ元気がないときの自分やねんやろなぁ。最近の私は、新しくやることが決まって、すごく幸せなはずなのに、あー、また新しい関係を最初から築き上げるんやぁ、それって、楽しいけど、ちょっぴりしんどいなぁなんて、ネガティブになったりして。どこか生真面目で、どこか付き合いの悪い自分もいて、もっと柔らかに人と付き合えればいいのに、どこかかたくなな自分がいて、そんな自分を新しく出会った人たちに受け入れてもらえるかな、うまく説明できるかなって思ったりもして。

でも、実際こうやって新しい出会いがあると、やっぱりいいなって思うのですね。また。
人と出会うことは、死ぬまでやめられないんやなって。
しんどいこと以上に、得られる幸せがそこにあるんやなって。
無人島で生きてるわけじゃないんだから。

今日出会ったメンバーの一人一人のこれまでの人生に、私は、とても愛おしさを感じました。うまく表現できないけど、それぞれの人を抱きしめたくなった感じ。うんうん、よくがんばってきたねって。それでいいねんでって。それは自分も含めて。それでいいねんでって、思ってあげなくちゃって。うーん、なんか、わけが分からん言い方やけど、そんな気持ちがわいてきました。いい一日でした(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2008-03-20 23:59 | NY・留学 | Trackback | Comments(4)

ビオラくん、ばいばい(;oo;)/~~~

今日の昼ごはんは、卵ご飯と、サンディで買った一袋99円の大根の浅漬けと、今、ダブリンで短期留学してる友人がくれたイカナゴのくぎ煮。めちゃ美味しかったよ。こういうご飯が1年は食べられなくなるってことなのね・・・としみぢみしちゃった。イカナゴ食べながら、友人のことも思った。無事着いてるのかなぁ。学校うまくいってるかな。ホームステイ先はどんな感じなのかなぁって。明るくて愛されキャラの彼女のことだから、大丈夫だとは思うけど。


さて、今日はビオラのレッスン最後でした。
うちはビオラを購入する余裕もなく(^oo^;)、レンタルだったので、今日は楽器の返却もしてきました。いつもは手ぶらでレッスンに行って、教室の楽器を借りるんだけど、今日は楽器を持ってお出かけ。こういう日に限って、めちゃ天気悪いねん(>oo<) ゴミ袋二枚をつなげて、楽器ケースにかぶせて完全防備。返却するのにぬれたら申し訳ないもんね。

1万円の保証金が戻ってきました。それと引き換えにビオラがわが家からいなくなっちゃった。寂しいなぁ。家で練習していても「あー、今日でお別れなのねー(;oo;)(;oo;)こんなことなら、もっともっと毎日練習するんだったのにぃぃぃ(;oo;)」って、まっ、お別れのときになったらこう思うのが、人間ってもんです。はい。

レッスンは、二回分を一度にやってもらいました。だからいつもの倍の一時間。
一時間ってのは、すごいです。30分だと、家でやってきたことを先生に見ていただいて、その場でアドバイスはもらうけど、何度も弾いてみるという時間はないから「来週までに練習してきます」という感じで終わるわけです。それから後の一週間、どんな風に練習するかの方向をいただくって感じ。

今日いえなかった言葉、それは「来週までに練習してきます」なのだ。
だから、逆に集中できた気もした。

新しくやってみたこと。
その1
曲の中ではじめて4の指(小指)を使った。二回前のレッスンで一度だけ音階練習のなかで小指の使い方を教えてもらったけど、曲のなかでは使ったことなかった。

その2
スラーをつけた。
ピアノとかだとスラーは「音をつなげる」ってそれだけなんだけど、弦楽器のスラーって? これまでの私は、一つの音=一回の弓 だったわけです。
でも、スラーをつけると、一回の弓で複数の音を弾きます。
「ドーレー」って弾くときに、ドとレで往復するのがこれまで。
今日新しく挑戦したのは、ドとレを同じ弓で続けて弾く。弾きながら引き返さずに途中で左手の押さえを変えるのだ。ちょっと、なんていうか大人になった気がした。メロデイーが大人になった感じ。ヘンな言い方やけど、そんな感じがした。すぐにうまくはできなかったけど、でも、嬉しかった。


それからね、今日は特別なことをしました(^oo^)
これまではテキストに載っている曲だけをやってきたんだけど、今日はじめて、自分がやりたいって持ち込んだ曲をやりました。

最初に、ニ長調の音階が弾けるようになったとき、讃美歌をながめて、ニ長調の曲を探しました。1オクターブにおさまっている曲。で、二曲をぬきだして、ビオラ用にハ音記号の楽譜を手書きで作成。先生に見せました。「いつかできたらいいですね!」とおっしゃってくださって、すぐにはできなかったけど、ここ二回ぐらい前からそのうちの一曲を「では讃美歌も練習しといてくださいね」と言われていて、少しずつだけど練習してました。

それを今日、はじめて見ていただいたのです。

もっとすごいことに、今日は讃美歌の本も持っていっていて、先生に
「よかったら、私が伴奏するので、先生に弾いてほしいです(^oo^)」とお願いしてみました。先生は快くOKしてくださり、レッスン室の中の電気ピアノをオルガンの音色にして、私がオルガン、先生がビオラでアンサンブルしちゃったもんねー(^oo^) さすが、先生!ええ音楽やわーって感動しちゃいました。なによにりも、先生と一緒に音楽できたことがすごく嬉しかった。
ちなみに讃美歌の354番。飼い主わが主よって曲です。

で、隣に書いたもう一曲の「キリストにはかえられません」って曲。これもええ曲なんですよーって言って私がオルガンを弾き始めると、先生がメロディであわせてくれた。これも一曲まるまるアンサンブルしちゃいました。

先生も「ええ曲ですねー」って気に入ってくださった様子。よかったー。

その後、私も讃美歌を弾き始めまして・・・。もちろんうまく弾けたわけじゃなかったけど、さっきまで鳴っていた先生の音が耳の中に残ってる感じで、すごく気持ちよく弾けたかも。

時間が残り少なくなっても先生は、できるだけたくさんのことを伝えておこうとしてくださって、「本当はもっと低音の音域もやるとよかったんですけど。ビオラの本当の魅力はそこにありますもんね。試しにちょっとC線を弾いてみませんか?」って、開放弦だったけど弾かせてくれました。そして、これぐらいの力加減で鳴るんですよーとか、教えてくださいました。

私が「また来年、続きを教えてください(^oo^)楽しみにしています!」というと

「向こうでも何かできるといいですね。誰かバイオリンぐらいは持ってる方がおられるかも!」って。できるといいけど、きっと練習する時間とかがとれないだろうなぁ。

レッスンの終わりに先生が
「本当に練習熱心な生徒さんで、教え甲斐がありましたよ!」ってコメントをくださいました。

しつこく細かい質問をする生徒に、いつも丁寧に答えてくれて、先生の教え方がうまかったから、先生と相性がよかったからこそ、楽しくレッスンを続けられたんだと思います。ほんまに感謝です。子どもではなくて、大人の生徒って、難しい面もあると思うねんなぁ、教える方も。やる気をそいでしまわないで、楽しくやり続けて、でも、ただ生ぬるいのではなくて、練習が楽しくなるように・・・・。私も大人の生徒さんを教えていて、いつも自分の足りなさが申し訳なくなるから、難しさがちょっとはわかる。

いい先生に恵まれてほんまによかったです(^oo^)
お天気は悪かったけど、気持ちのいいレッスンで、最後だったから寂しかったはずなんだけど、帰り道はスキップしたいぐらいの気分でした(^oo^)

大好きな楽器、ビオラと仲良しになって1年足らずかぁ。
来年戻ってきて、お金と時間を作って、また習いたいなぁ。
心からそう思いました。

ビオラくん、しばしの別れだ。
またわが家に戻ってきてね(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2008-03-19 23:13 | 音楽・趣味 | Trackback | Comments(10)


ぶたこな日々(^oo^)にようこそ。音楽で言葉で心で、今年もいろんな人と対話したいなぁ。


by butako

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

Yuko H. さま(^..
by butakotanaka at 22:17
演奏会で指揮をされたりピ..
by Yuko H. at 16:18
ゆうこさま(^oo^) ..
by butakotanaka at 21:57
お帰りなさい。素晴らしい..
by Yuko H. at 15:09
ゆうこ様(^oo^)コメ..
by butakotanaka at 21:32
久々にブログを開いてみた..
by Yuko H. at 08:43
伸浩さま(*^oo^*)..
by butakotanaka at 08:29
 突然ですが、コメントを..
by 萩原伸浩 at 23:00
Yukoさま(^oo^)..
by butakotanaka at 00:07
久しぶりにブログにお邪魔..
by Yuko H. at 18:25

最新の記事

気持ちの起伏が激しい今週
at 2017-11-04 01:35
台風怖かったなー
at 2017-10-23 10:01
私よりすごい生徒さんたち(^..
at 2017-10-18 21:57
野球シーズン終了(;oo;)
at 2017-10-17 22:07
旅の旅(^oo^)
at 2017-10-15 23:13

記事ランキング

カテゴリ

全体
日常生活
ぶたこぶのコレ書いて
英語・学校
音楽・趣味
メディア・ラジオ
NY・留学
Watch&Say
MONO
ぶたこの自己紹介

スポーツ
読書
未分類

リンク

フォロー中のブログ

multicultura...
宝やの宝物。
ミンサイ・ドラゴマン

ブログジャンル

音楽
語学

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

検索

ファン

画像一覧