急須求めて三千里~(^oo^)


ここ何週間か探し続けてきたものがあります。
急須です。
お茶入れるやつ。あれです。

b0057103_2313270.jpgb0057103_2313308.jpg


わが家はご飯のときお茶を飲むのですが、少しずつ何度もいれるのが億劫なので、大きめの急須(上品な湯のみではなくて、コーヒーとか用のでかいマグカップに三杯以上はお茶が入れられるぐらいのでかいやつ。たぶん1リットル近く入る)を使ってました。取っ手が竹素材のよくあるヤツです。

ずっと愛用してきた急須、帰国してすぐの頃、なんでか知らんけど、たぶん、時差ぼけもあってボーッとしてたんかなぁ。とにかく、手がすべって、落としてしまい、見事にがらがらがっちゃーんって粉々に割ってしまったのです(^oo^;) まぁ、結婚以来、いや、もしかして独身の頃から使っていたかもしれない急須だし、寿命だったのかもしれんけど。

今まで当たり前のように存在していた急須がないと、なんか不便。いただきものの小さな急須はあったんだけど、それだとマグカップにして一杯とちょっと、小さな湯のみに二杯分ぐらいしか入らなくて、お茶がなくなったら、何度も継ぎ足さないといけない。

わが家では数年前から電気ポットを使うのをやめた。一日のうち、それほど何度もあたたかい飲み物を飲むけでもないのに、沸騰したあと、ずーっと保温モードになっているのが電気代もったいないし、夏なんかは、台所の部屋の気温が、一定の間隔をおいて再沸騰するたびに、保温してる間も、あがる気がして、なんだかムダな気がしてきたのですな。で、それからは、あたたかいものを飲みたいって思うたびに、こまめにヤカンでお湯を沸かすことにした。今はやりの電気ケトル(ティファールのとか)を買おうかとも考えたけど、高いし、何よりも電力をすごく食うから、朝なんかにコーヒーのお湯を沸かしながらトースターで同時に食パンを焼く状態に台所のブレーカーが落ちないか自信なし。ってことで、昔ながらのヤカンでガスでお湯沸かしてます。

まっ、そんなわけで、お湯を沸かすときには一度に沸かして、急須にどばーっと入れて、少しぬるくなっても、お茶のお代わりはそのでかい急須からつぐ・・・というのが私たちの希望なわけです。

愛用していた大きな急須を割ってから、急須ほしいなぁ・・・って思い続ける生活が始まりました。
それが、あーた、急須って案外高いんですね。安いのないかなぁって、ホームセンターにいっても、私たちが欲しい大きさは、急須単独で1500円とか1800円するのです。そんなに上等のじゃなくても。百円ショップでもしかしたら・・と思ったけど、ほんまのミニサイズしかない。それやったら家にもあるし。

オークションを見てみた。安いのも出てるけど、送料に千円とかかかるし、あかんやん(^oo^;) たこぶに「急須どっかで売ってないかなあ・・」って相談したけど、最初のうち、たこぶもこのミッションを軽く見てた。急須なんて、そんなに高くないって思ってた。せいぜい五百円ぐらいやろとか思ってた。はいはい、私も思ってましたよ。でもね、高いねん。急須。二人して、ホームセンターやらスーパーやら、百円ショップやらをまわって、急須が案外高いねんってたこぶにも分かってもらった。

で、思いついたのがリサイクルショップ。ギフト商品とかを安く買えるから、そこに急須あるかも・・・って。わが家の近くのリサイクルショップをグーグル。小さなところだと品揃えが悪いかもしれないしと、大型めの店を探す。そこでヒットしたのが、エコ倉庫生活館っていうチェーン店。テレビでもおなじみとあったから、全国展開なのかな。我が家の近くでいうと東大阪店と最近オープンした生野店があるらしい。


昨日、東大阪店まで二人してお散歩してきました。わが家も東大阪にあるからといってこのお店が近いというわけではなかった(^oo^;) 駅でいって三つ以上離れてる。歩いたら軽く一時間以上かかってしまいました(^oo^;)お天気よかったから、汗だらだらかきながら、たこぶがブログに文句書いてる荒れた公園とかも通りつつ、テクテク。やっと着いたけど、これっていう急須はなかった。でも、このお店自体は気に入った。私たちが欲しいサイズの急須はなかったけど、急須と湯のみのセットはいーっぱいあったし、他のものもなかなか安くていいのがそろってた。またもう少ししてから出直そうかって阪神のゲームに間に合うように急いで帰宅。

で、今日。月曜だけど、たこぶはこないだ休日出勤した分の代休。今日は阪神もナイトゲームだしってんで、ぶーこを引き取ってもらった後、今度は生野店にテクテクすることに。大阪市生野区というのは東大阪市の隣にありますねん。だから、うちからも徒歩圏内。徒歩圏内といっても、わりと距離はあります。途中で、安売りでお馴染みのスーパー玉出でアイス買って、歩き食いしたり、別のリサイクルショップ見つけて入ってみたり、色々寄り道しつつ、倉庫生活館生野店に。急須単独のはなかったけど、湯のみとセットで735円で、上の写真の急須を発見。私たちが探していた大きなサイズ。竹の取っ手。完璧だ。本当は湯のみは不要だけど、店の人に聞いたら、単品は引き取ってないから、急須の単品はなかなか出ないんだって。セットで買った後、湯のみだけを引き取ってもらうこともできないらしい。こうなったら、湯のみも込みで買って、誰かに湯のみをあげるしかないのだ。教会に寄付するのもいいかもなぁと購入決定。だってセットでも、普通のお店で急須単独で買うより安いねんもんっ。

湯のみセットのでかい箱をさげて、またわが家までテクテク。途中、布施の王将でお持ち帰り餃子を夕食用に買い込み、サティで89円食パンも。12時半ごろ家を出て、帰り着いたのが4時半。途中休憩したのは、どっかのバス停で10分ぐらい座ってお茶飲んでおまんじゅう食べただけ。いやー、よう歩いた。エクササイズして、ええ買い物して、大満足。ちょびっと疲れたけど(^oo^;)

へらへらの私たち、この疲れもすっかり吹きとばすぐらい元気をくれたのは、やっぱりタイガース!!!
いやー、ほんま、久保に初勝利をもたらすのに、こんなに産みの苦しみがあるなんてなぁ。。。。
ほんま、今日の試合はしんどかったですな。興奮もしたし、胃も痛くなったし。
でも、最後には、その分喜びも何百倍!
勝ち越しホームラン打ってくれた新井と、移籍後古巣から勝ち取った初勝利の久保(しかも関西出身!)のお立ち台インタビユーは、涙なくしては見られなかったっす(;oo;)(;oo;)(;oo;)


大充実の月曜日。あんまり勉強が進まなかったから、明日はがんばらなければ・・・・(^oo^)


ちなみに・・・・。
わが家でもう一つ探しているものは、「胡椒ミル」ですねん。
NYから何種類かのスパイス瓶をお土産で買ってきたんだけど、その中に粒胡椒がありまして、でも、それを粉にするミルがない(^oo^;)あの木製のイタリアンレストランのパスタやでコックさんが、ギリギリって回してるあれです。お店でもあんまり売ってないし、リサイクルショップでもなかったなぁ。どこで売ってて、どのぐらいの値段するんやろ。どこにいったら安く手に入るのかなぁ。ご存知の方がいたら、情報大歓迎でーす(^oo^)/~~~
[PR]
by butakotanaka | 2009-05-25 23:33 | MONO | Trackback | Comments(0)

今朝、月曜の午前九時になる少し前、たこぶが市の環境事業所に電話してくれました。午後一時ごろに引き取りに行くので、箱に入れて用意しておいてくださいということと、引き取り料金が二千円ということを確認。

待っていたら、なんと、すごく早く来てくださいました。まだ午前11時を過ぎたあたりにピンポーンって。出てくると軽トラックで二人の職員さんが丁寧に玄関でお辞儀してくれて、引き取りに来ましたって。

私が1人の人に料金を渡して領収書をもらって、たこぶがもう1人の人に、ぶーこが入った箱を渡しました。両手でちゃんと受け取ってくれて、胸の高さより下げないで、とても大切にその箱を扱ってくれて、荷台に乗せてくれました。

私たちが玄関口で、そのトラックが去っていくのを見送ってお辞儀すると、向こうも会釈を返してくれました。
とても、飼い主の気持ちを分かってくださっている態度で、心が温かくなりました。

飼い主の中には、市の引き取りに頼んだら、どんな風に扱われるか分からない・・・と、高いお金を払って葬儀社などに頼む人もいると聞くけど、今日の職員の方々の丁寧な扱いを見て、あー、これでよかったんだなってほっとしました。

なんか、週末から疲れていたのか、ぶーこを送り出して、二人とも、はぁーって感じですごく力が抜けてしまった感じです。

金曜の夜は、ぶーこが苦しんでるのと一緒になんかよく寝られなかったのか、土曜の夜、10時間以上寝てしまいました(^oo^;) で、昨日、日曜の夜は、また寝られなくて、タイガースの応援番組、虎バン見て、一時半だか二時だかまで起きていたのに、鼻が詰まって(ネコの毛アレルギーですねんっ、風邪ちゃいまんねんっ)起きてしまい、寝られなくなって、外は少し明るいし、早起きしようって下におりていったら、なんとまだ四時半(^oo^;)早すぎるって(^oo^;)新聞も来てないって。NHKがその時間に、もうニュースやってるのを見て、さすがぁと思ってしまつたけど。一時間ほどネット見たりして起きていて、鼻づまりもおさまったので、二度ね。五時半から寝て、九時前に起きて、さっきのたこぶが環境事業所に電話するところに戻ります。

あー、なんか、これで本当にこの家からいなくなったのねって実感。二人の気持ちは、「よかったね、無事送り出すことができて(^oo^)(^◎^)」って感じかも。


お疲れ様。>自分たち。
[PR]
by butakotanaka | 2009-05-25 22:20 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

b0057103_127512.jpg


ぶーこ、今朝六時過ぎに、天国に旅立ちました。
思い起こしてみると、二年ぐらい前から、食べたエサをもどしてしまう回数が増えてきて、走り回ることも減ってきて、あー、おばあちゃんになってきたのかなあ・・という印象だったけど、それでも、死ぬ数日前までは、自分で水も飲みにいって、トイレもちゃんとして・・・。昨日は、さすがに水も飲みにいけず、ベッドの上で横たわったまま、少し苦しそうに息をしていて、時々よだれのようなものが出てきたり・・・。で、今朝、私とたこぶがちゃんと見守る中で、最後に「にゃー」って鳴いてくれて、お別れの挨拶してくれたみたいに、いってしまいました。

とてもとても親孝行な子だったと思います。
ちゃんと私が帰ってくるまで待っててくれたし。
(たこぶは、もし私がいない間に死んでしまったらどうしよう・・・とひそかに不安だったそうです)
私たち二人ともがゆっくり見守ることができる時間を選んで、いってくれたし。
ぶーこ、楽しい時間をたくさんありがとね。
まだわが家には、あと二匹の家族が残ってるから、天国から見守っていてね(^oo^)


死んでしまったら、もっともっと悲しくなるものかと思っていましたが、
ここのところ本当に少しずつ少しずつ弱っていたので、二人とも今朝までには心の準備ができていたというか、穏やかな気持ちです。それほど苦しんだ様子もなかったし、いい生涯だったねという気持ちかな。

ぶーこは、私たちが結婚してすぐ、約17年前だったか、わが家の近くに捨てられていました。それまで私も旦那も犬を飼った経験はあっても、ネコは一度も飼ったことがなかったので、ぶーこを家に連れてくるとは考えてもいなかったのですが、朝泣き声が家の前で聞えて、あー、ネコが捨てられてるねーって話してて、そのまま置いてて、でもずーっと鳴いてて、たこぶが会社に行ってる間、その泣き声を聞いてるうちに、なんかほっておけない気がしてきて、このあたり記憶があいまいなのですが、その後うちに宅配か何かが来て、そのときに、ぶーこを見てしまって、あー、まだここにいたのね・・・可哀そうに・・・と、顔をあわせてしまって、思わず家につれて帰ってたきたのでした。

暑いときだったのか、ノミがいっぱいついていて、どうしたらいいかわからない私は、今思えばよくないことだったのかもしれないけど、風呂場に連れて行って、ぶーこをシャワーにかけました(^oo^;)ぶーこはいやがっていたけど、本当にまだ小さかったので、なんとか1人でぶーこをシャワー浴びさせて、シャンプーして、タオルで拭いてやって、ドライヤーで乾かして・・・・。で、ピアノが置いてある部屋に、ダンボールに入れて、子ネコの間はそこで飼いました。

帰宅したたこぶが驚いてたような記憶があります。
で、それからが大変。なにせ、ネコを飼ったことがない私たち(^oo^;) ネコの飼い方・しつけ方とかいう本を飼ってきて一生懸命読んだり、キャットフードや砂とか買ってきたり。でも、ネコがいる生活は本当に楽しくて、二人の間にもう一匹あいだに入る存在ができたことで、すごくあったかいものを運んでくれたと思います。その後、一年以上あいだを空けて、もう二匹が加わることになるのですが、最初、ぶーこは、自分が一人っ子で育てられてきたので、なかなか新しい仲間を受け入れられなくて、シャイになっていたのを思い出します。

三匹の中で一番からだが小さなぶーこなんだけど、一番年上というのが他のネコに伝わるのか、他のネコとじゃれあっても、必ずぶーこが上になるんですね。優位に立つ。これは不思議だなあ・・・なんて思いながら見てました。


冷たくなったぶーこを、タオルに包んで、ビニールに入れて、それから空いていた靴箱に詰めました。お葬式とかそういうことはしないことにして、市の広報にある環境事業所に月曜に電話して引き取りに来てもらうことにします。参考までに持込の場合が1000円、引き取りに来てもらう場合は2000円だそうです。うちの地元の事業所は月曜から金曜までの午前九時から五時過ぎまでしか営業していないようで、これからだと月曜になるのかな。獣医さんにも相談しましたが、ちゃんと丁寧に扱ってくれるからそれで十分だよとのこと。ペットが家で死んでしまってそれを始末するというのは初めての体験なので、いろんなことが分からなくて、少し不安でしたが、なんとかなりそうです。

残りの二匹、長生きして欲しいなぁ。
ネコがいなければ、二人して長い旅もできるのになぁ・・・なんて思うこともあるけど、ネコがいる生活はやっぱり楽しいし。

ぶーこ、ありがとね(^oo^)


うちの猫たちの写真を見たい方は、
子ネコのときのは、私のフリッカページのここ(ここには、たこぶの実家のネコ、さりちゃんのも入ってます)、
最近のは、旦那のブログにあるここまでどうぞ(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2009-05-23 12:23 | 日常生活 | Trackback | Comments(8)

ゆっくりゆっくり・・・

ぶーこの様子は、その後あまり変わってません。
指定場所のベッドの掛け布団の上、すみっこの方にじっとしてます。
獣医さんに様子を報告したら、暑くなると体力を奪われるので、涼しくしてあげて、新鮮な水をたやさないようにしてあげてくださいとのアドバイス。電池が消耗していくように、少しずつ体力がなくなっていってる状態だそうです。よっぽど苦しそうなら点滴のようなものをしてあげるといいかもとも。

水飲み場まで来るのもしんどいのかもなぁと、昨日あたりから、夫婦して気がついたときに、水が入った容器を口の近くに運んであげています。気が向いたときは、ぺちゃぺちゃと飲んでくれて、それからしばらくすると、自分の力で飲み場までよろよろと歩いたりします。水分ってのは、生き物にとってとても大切なエネルギーなんだなぁと、改めて実感しました。目はもう見えないみたいなんだけど、目やにがたまって目があかないので、気がついたときにはタオルで拭いてあげたりしてます。少しでも気持ちよく過ごしてほしいな。ぶーこ・・・・。


こないだから取り組んでいる英語の本のシノプシスを作るための英文のタイプ。今日、260ページほどの英文をタイプし終わりました。で、それをワードに貼り付けて、その横にカンペキでなくてもいいから大体の訳文を作っていこうとしています。この作業にうつった途端に、全然進まなくなった(^oo^;)いやー、日本語って出てこないなぁ。英語を見ていると、ふむふむ・・・って簡単に意味が分かる文章でも、いざスムーズな日本語にしようとすると、自分が情けなくなるぐらい出てきません(^oo^;) 時間が少々かかっても、勉強だし、ねばっていくぞー。


新型インフルエンザ。
川崎の学校の校長先生、泣いてはりましたね。会見で。生徒さんから電話があって、迷惑かけてすみませんと言ってた・・・とかそのくだりで泣き出したとか、関西のワイドショーでぴーこさんがいってた。で、さっきネットのニュースで見かけたけど、今回の生徒さん、NYに行った中でも特にインフルエンザに敏感で、ご飯のとき以外はずーっとマスクをしていたぐらいだとか。それで、空港では陰性だったけど、その後熱が下がらなくて、近くの診療所でA型の陽性だという結果が出た。香港型なのか新型なのか分からないけど、これまでならこの時点で、情報が公開されるケース。でも、お母様からの強い要望で、公表されると大阪や神戸みたいにネットなどで誹謗中傷されて、娘さんがショックで自殺してしまうかもしれないから、新型だと確認されるまでは公表しないで欲しいと、たっての希望だったそうな。

なんかちょっとショックだった。こんなことになってるんだ。

新型インフルエンザの症状自体は、決して重いものではないらしい。健康な人がかかっても、死に至るということはマレなんだという様子。でも、この誹謗中傷というのがとても怖い。風評被害というのかな。

インフルエンザにかかること自体が怖いんじゃなくて、かかってしまったら、世の中から隔離されてしまい、社会活動が何もできなくなる。仕事も学校も外出も、家族とさえ普通に過ごせなくなり、その上、まるで悪者のように扱われてしまう。そのことがとても怖いのかもしれない。これって、どうなんだろう。今は、感染が判明していなくても、関西人というだけで、なんか違う目で見られると、今日も昼の番組で堀ちえみさんがいってたな。東京に仕事にいって、駅で、東京の人が関西弁に敏感なのを感じたって。大阪弁で話しはじめたら、周りの空気が、ハッって変わったのを感じたって。ぴーこさんは、昨日、大阪に仕事に行くというと、気をつけてくださいねーってすごい場所に行くみたいに言われたって。感染者の出ている県と出ていない県って色分けされているけど、ニュースの石田さんは「ウィルスには県境とか分かりませんからねー」と。その通りやんなー。どこからどこまでが安全でどこからが危険とかそんなん決められないような気がするねんけど。

この騒ぎがいつどんな形で収束していくのか。雨が降ったら傘をさすのか、紫外線を避けて日傘を多用するとか、こないだ話してた何事にもすごく敏感な日本人の国民性が、いい方向に働くといいんだけどなぁ。
[PR]
by butakotanaka | 2009-05-21 23:15 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

昼間が賑やかです(^oo^;)

はいはい、太ってます・・・ってのが、いつまでも一番上に来ているのも、開くたびに、はぁーーってなるので、何か新しいネタを・・といっても、あー、今日のタイガースは何なんだーぁぁぁぁっ、あれはぁぁぁぁ。。。(;oo;)(;oo;)最近、ノーアウトのランナーが出ても得点が入る気がしないのは、哀しいなぁ。。。


まっ、そういう哀しいことは忘れてっと。

新型インフルエンザが、週末にかけて、すごい勢いで広がって、広がりすぎて、今までやってきたことができなくなって、入院も重症の人だけになり、空港での機内検疫も症状がある乗客がある場合になり・・・と、感染自体は広がり続けてるんだけど、それに対する人々の対処は落ちついてきているのかな・・という印象なのかな。冬にインフルエンザがはやるのは毎年のことで、電車の中や、人ごみでインフルエンザを移されることもあって・・・。でも、今回のインフルエンザは新型だから、今は弱毒性(英語ではマイルドと言ってた)でも、いつ強毒性に変化するか分からないともいうし・・・って、どこまで気をつければいいのか、どこまで敏感になればいいのか、ほんま難しいですね。

わが家のこの週末は長かったです。月曜、たこぶが休日出勤の代休だったから。久しぶりのいいお天気になって、上本町までウォーキング。電車に乗るよりは、人ごみの中に行くわけじゃないし、この時期の楽しみ方としてはよかったのかな。住宅街の中を歩いたり、表通りを歩いたり、リサイクルショップをひやかしたり、新しくできたお店を見ては、今度行ってみたいね・・・なんて、一時間半ほどの道のりも二人で話しながらだとあっという間で楽しかったです。

こないだテレビで、キャンドウという百円ショップのことがやってて、ダイソー以外にも大きな百円ショップがあるんだと知り、わりと趣味がよさげだったので、そのお店の上本町店に。どこにあるのかと思ったら、ハイハイタウンの前、共栄堂というスーパーがあったところにできていた。色々充実してたけど、特に台所用品が気になったかなぁ。

買いそうになったけど買わなかったものに、保温・保冷素材のペットボトルホルダーの肩掛けタイプ。肩掛けのって今まであまり見なかったから。でもまた今度ってことで、今回はパス。透き通ってて中が見える落し蓋。いつも落し蓋は、アルミホイルでやってるから、これがあるとホイルの節約になるかなと思ったけど、これも今回は保留。

買ったのは・・・。

シンクのドアにくっける、ふきんホルダー。なげしにひっかけるみたいになってて、ネジとかもいらない。

なべの蓋とかまな板とかが本立てみたいに四つかけられるもの。欲しかったのが見つかってご機嫌。

カッティングシート、大小ペア。プラスチックの下敷きみたいな感じ。このシートだけでも使えるし、まな板の上に置いて使っても。魚や野菜やパンなどいろんなものを切るとき、いちいち素材が変わるたびに、まな板を洗わなくてもいいから便利。

ふとん圧縮袋。たこぶのリクエスト。

計量カップ1リットルタイプ。素材とデザインが気に入った。これまでは600mlタイプだったので、ちょっと小さかったし、もうだいぶ古くなって汚くなってきてた。思い切って買い替え。思い切ってって、100円だけど(^oo^;)


帰りに駅の構内にある美味しいパンやさんで、5つで525円というのを買って、納得買い物でご機嫌で帰宅(^oo^)(^◎^)楽しい週末が終わったのでした。どこも込んでなかったし、電車の中も空いてたな。マスク率は、歩いてるときは一割程度で、電車の中や駅や百貨店の中でも半分もなかったかも。


今週の金曜にコーラスの練習があって、ピアニストさんは三人の子持ちなので、今週学校が休校になっててきっと大変だろうと、「ムリしなくて休んでいいよー」ってメールしたら、塾と中学はお休みだけど、なんと市立小学校は普通どおりなんだって。ちなみに大阪府の南部の市。そうかぁ。府立の高校は休校だけど、市立になると、その市各自に判断が任せられていて、大阪府も南部には感染が広がってないから、普通どおり学校があるんだ。知らんかった。

うちの近所の子どもたちも、お休みの子が多いようで、今日は一日、あちこちから子どもたちの賑やかな笑い声や遊んでる物音が聞こえてきてました。お休みの日みたい。っていうかお休みの日よりも賑やかだったかな。普段なら空いてる時間習い事や塾があるけど、学校のはずの時間がお休みになったら何も予定がないから、遊べるもんね。勉強が遅れたりするのも心配だけど、なんだかのどかだなぁ・・・と思った私は不謹慎か(^oo^;)


一週間とにかく休んでそこから先は通常に・・・というのが府知事さんの思いのようだけど、来週からは通常通りの生活にすんなり戻るのかなぁ。今月末から来月初めにかけては、合唱団のコンサート受付、大阪北部の市主催の日舞の会のアナウンス、声楽の先生の門下生によるコンサート受付など、毎週のようにイベント関係の仕事を頼まれてるけど、予定通りやるのかな。来週から通常に戻ったら、やっぱりあるのかな・・・とか、なんか予定が定まらなくて、落ちつかない気分です(^oo^;)



それからそれから、裁判員制度。
昨夜TBSでやってた裁判員制度に関係するドラマはしっかり作ってあって、なんか入り込んで見てしまったなぁ。出てる俳優さんの演技がしっかりしてて、脚本もわりとよかったと思うなぁ。今まで見たあの系統のドラマは、裁判官とか裁判長とか、「お上」の側が頭よくて、しっかりしてて、正義の味方で、人間味もあって、裁判員側の市民があまり「賢くなくて」(^oo^;)、感情的になったり、言い争ったりして、被告がいっぱい真実隠してて、それを検事や弁護士が暴いていって・・・と、「公」側に有利に作られていたって気がする。

でも昨日のドラマは、「お上」側がしっかりしていないところを、「市民」側がただすとか、気づかせるみたいな方向も出ていて、あー、こんな風にしてもいいんだって思わせてくれた気がしたな。裁判を早く済ませるために、事前に証拠とか裁判の内容を整理しておくっていう手続きがあるんだけど、それによって、最初から裁判にかかわれない、ゆっくり状況を吟味できないというハンディが、後から参加する市民裁判員にはあるのかって気がつかされたし。なんか、用意されたレールに乗っかって、「はい、この通りに歩いて、この通りの方向で結論出してね。これこれここまでは決まってることだから、こっちかあっちか、そのどっちかの範囲内で決めてね。それ以外はナシよ」って、決められたら、すごく気分悪いなぁ・・・、アホ扱いされてるみたいやなぁ・・・と思ったり。

自分がやることになったら、どう思うんだろう、すすんでやりたいって思うのかな、いややなぁって思うのかな。そうなってみないと分からないけど、今日ラジオで、ざこばさんが面白いこといってた。

ざこばさんの知り合いで、今のところ裁判員候補になったと呼び出しが来た人、三人いるんだって。1人はテレビ関係の人。あとの二人が面白い。なんと、夫婦なんだって(@oo@)これには驚き。夫婦の両方に偶然呼び出しが来たんやって。そんなことってあるんですねー。夫婦して同じ裁判の裁判員には・・・多分採用されないとは思うけどさ(^oo^;) でも、夫婦して了承さえすれば、別々の裁判に同じ時期にかかわることになったりして。そしたら、面倒見る家族がいる場合とかどうなるねんとか、ほんま、そんなこともありえるんやーって思った。




今日は、以前から見ていた歌とピアノの生徒さんが1年ぶりにレッスンに来られまして。復活第一号でした。久しぶりにお会いして、お話したり、レッスンしたり。あっという間に時間が過ぎていきました。これから始めたいという人も、復活したいという人も、私が生活のリズムを取り戻すためにも、こうやって来ていただくのがいいのかなぁ・・・って思いました。私のようなモンに習おうなんて思ってくださって、通ってきてくださって、ありがたいことです。はい(^oo^)

ってことで、もんちゃんさぁん、ここで呼びかけるのもなんですけど、まだ気持ちが変わってなかったら、レッスン始めるのもいいかもしれませんね(^oo^)




・・・最後に一つ心配なこと。
うちの三匹のネコちゃんのうち、ぶーこの具合があまりよくないみたい。っていうか、もう年をとっていて、老衰状態なのかもしれんってことです。NYに夫婦していってる間、ネコたちの面倒を見てくれた獣医さんによると、ぶーこは、もう白内障が目がほとんど見えなくなっていて、食欲もなくなっていて、多分腎臓があまり働いてないんだと。

ここ数日、特にふらふら歩くようになったし、布団の上でずっと寝ていて、おしっことか、お水を時々飲む以外は、あまり動かなくなってしまいました。その前までは、隣の部屋でテレビを見ていたら、お腹の上にのってきたりしたけど、今はベッドにいて、隣の部屋に来なくなってしまった。ちょっと心配になって、昨夜はドライフードをお湯でふかしてあげてみた。やわらかい方が食べる気になるのかなって。でもあんまり食べてくれなかった。心配だけど、ここで点滴をしたり、何か特別の治療をするのもなぁ。私たちの中で、ペットはあくまでもペットだと思っていて、特別豪華な治療をするとか、死んだら人間顔負けのお墓を作ってあげるとかは、やりすぎかなぁ・・・と思うのです。もし死んでしまったらきっと哀しいし、ずっと覚えているし、ずっと思い出してあげるけど、家族同様といっても、ペットはペット。そこんところはしっかり区別しないとなと思います。

一日でも長く生きてほしいな。ぶーこ。
ゆっくり休みながらでいいから。ね。
[PR]
by butakotanaka | 2009-05-19 23:57 | 日常生活 | Trackback | Comments(5)

そんなに、持ってる服がなにもかも着られなくなるほどは太ってないけど、多分、太ったんやろなー。はいはい、分かりました、太りましたよ、だから、もういいやんか。。。。という感じ(^oo^;)

これも考えてみたら、NYにいる間は、太ってますねとも、太りましたねとかも、やせましたねとかも、やせてますね・・・とも、あんまり言われなかったなぁ。でもって、私から見て、太ってる人も、やせてる人も、その状態を気にしてなかった気がする。自分は自分だって。あ、時々、太ってるせいで糖尿だったり、足が悪かったり、心臓が悪かったり、高血圧だったりする場合はね、やせて健康になりたいわーんって言ってる人いたけど。

さっきも教育テレビで、小学生の子どもがやせたい願望があるっていう話をしてた。

帰って来てから、いつものことだけど、そう、いつものこと、外国にしばらく行って帰ると大体、「こえはりましたねー」「こえた?」「太った?」と聞かれますねん。はい、太りました、という看板下げて歩きたいぐらいです。多分、会話のきっかけだと思うねんけど、あんまり言われて嬉しい言葉でもなく。

今回の場合、帰るまでそんなに太ってなかったかもしれんけど、夫婦して暮らすようになって、やっぱ楽しいし、モノは美味しいし、毎日そんなに活動しないし、まっ、安心太りするわけです。

最初は言われて気にしてたけど、そのうち活動するようになったら、落ち着いてくるでしょうと思うようにしてます。今は、太ってもええねんって。楽してるからそうなるわけで、幸せやからそうなるのかもしれんし。でもまっ、食べすぎには注意だ。太り「すぎ」には注意だけど。

そういうこともあって、出かけるときは、ついつい「やせて見える」服を選ぼうとしますねん。これが、おばさんになっても、乙女の部分が残ってる女っちゅーもんですな。この「やせて見える」という考えさえなければ、もっと自由にいろーんな服が着られるのになぁ・・・なんて思うこともあります。

あと、化粧。
もっと気楽に出かけたいというか、ウォーキングせなあかんな、歩きたいな・・・と思うこともあるけど、朝起きたら、髪はボーボー、暴れ放題(^oo^;)、目ははれぼったく、顔は汚い(^oo^;)っていうかこれが生まれたままの状態。まがりなりにも出かけようとすると、少しは髪もおとなしくなってもらい、少しは眉毛をかいたり、目の周りをいぢくったりと、無駄な抵抗をするのが、女っちゅー生き物ですわいな。これが面倒だー。これをしてまで、出かけようというのには、「よいしょっ」がいる。この「よいしょっ」は毎日は出てこないエネルギー。ってことで、何日かに一度しか外に出ない・・・となり、動かないから・・・とこのエントリの最初の部分に戻るのですな。

女はめんどくさいなー、こういうとき、男の人に生まれてたら、何も用意しなくてもすぐに出かけられて、女よりは太ってるとかやせてるとかないかもしれんし、ファッションも気にしなくていいかもしれんし、スカートもはかないから、ズボン系の中からしか着るものもえらばんでいいし、楽かもしれんなーなんて思ったり。

うーん、でも女も楽しいしな。
どっちがいいんかな。
わからんけど。
[PR]
by butakotanaka | 2009-05-16 23:40 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

高速千円とエコポイント

政府がすることって・・・・と思う今日この頃です(^oo^;)

・高速千円均一。
えっと詳しいことよく知らないんです。運転免許持ってないし、車乗らないから。確かに子どもさんがいる家庭とかは、移動は車の方が便利だとは思うし、そんな家庭にとってはありがたい話かもしれん。

でも、なんか、納得いかないのも事実。
環境によくないやーん・・・ってまず思ったこと。もっと公共交通を利用して、車を減らそうよって、そんな方向じゃなかったっけ?環境のこと考えたら・・・。経済を活性化するんだったら、高速千円だけでなくて、電車乗って旅する人にも何か恩恵ないの? どーも、車業界とつるんでる気がする。車をもっと買え~ってそっちの方があるのかな。うーん、わからんけど。排気ガスが増えるのはイヤだなぁ。私には関係なくても、道路が混雑したり、トラックで運送の仕事してる人たちが迷惑をこうむる話もなんかイヤだなぁ。みんなが別々に休みをとって、別々に行動するんならいいけど、またお盆やお正月の時期にもやるといってて、ますます込むやん。それに、ますます車を持たないって決心した人たちが、また車生活に戻るやんか。それっていいんでしょうかね。


・エコポイント
完全にぼやき日記になってきたかも(^oo^;)
これもようわからん。
今週から制度が始まった・・・と思いきや、どんなモノがもらえるのかは、来月決まるとか。それに、まだ予算委員会を正式に通過もしていない。広告とかに入ってるエコポイントのマークの下に、老眼の始まってる私らには、メガネかけても、はずしても、絶対見えないような小さな字でそんな但し書きがある。

冷蔵庫とエアコンは5パーセントぐらい、テレビはなぜか10パーセント。冷蔵庫は星が五つ以上だけど、テレビはなぜかゆるくて、四つ以上からが対象。ものすごテレビに甘い。地デジを推し進めたい、テレビをもっと買ってくれ~というのが主で、エコのため、環境のためっていう風には見えない。

この政策を施行するために、国民一人当たり約2300円の税金が使われてるねんて。この時期に何も買わない人、すでに買ってしまってる人、わが家のようにもっとデジタル化ギリギリになってから買おうと思ってる人には、2300円払っただけで、何も恩恵がない、すごく迷惑な政策にも思える。なんだかなー。

何かを買うタイミングを、政府にコントロールされてるみたいで、すごくイヤ。

それに、ポイントの還元がめんどくさいやんか。
必要な領収書とか保証書とかリサイクル券とかいう三点セットを、指定業者に送ることになるかもとか。もらえるものも、政府指定のものから選ぶことになるとかなんとか。

ニュースに街の電気やさんがうつってた。この制度施行のためのポスターとか資料が送られてきてた。日本全国の電気やさんに送ってるんかぁ。郵便代高いやろなぁ。

この指定業者かなんか知らんけど、もらえる商品の候補に入る会社、もうかるやろなぁ。
それから、作業を担当する業者か何か知らんけど、そこに送って、そこから送られてるくるって業者、これもその作業代だけで儲かるやろなぁ。

なんかもっとシンプルに、業者をたくさん使わなくていい方法なかったんかな。

給付金もそうやけど、手続きが面倒で、その分手間がかかって、人件費がかかって、郵送費が往復かかって。ものすご費用がかかる。やってる業者と政府がつるんで儲けてるみたいな、そんな気がしてしまうのは私だけか?


こんだけ騒いで、エコポイント、予算委員会で否決されたりして(-oo-;)(^oo^;)笑えない話や。
[PR]
by butakotanaka | 2009-05-16 23:30 | Watch&Say | Trackback | Comments(0)

天気予報

これから夏に向かっていくわけですけど、天気予報見てて、一番驚いた表現。

「今日は紫外線が強いので、”注意が”必要です」というの。

アメリカで時々天気予報見てたし、ラジオでも聴いてたけど、紫外線のこと、こんなに詳しくしてなかったよなぁ。晴れか曇りか、雨なら割合はどのぐらいかってぐらいで。あと気温か。湿度もあったかな。ときどき。

でも、紫外線かぁ。しかも、「注意」が必要かぁ。強い表現やなぁ。紫外線が、太陽の光がまるで、悪魔かというような。ちょっとびっくり。



アメリカの人たちはどっちかというと、太陽が出たら、すごく喜んで、カフェでも屋外の席を陣取ってお茶飲んだりね、します。少々気温が低くてもいいのだ。とにかく太陽が照ってたら嬉しい。部屋の中にいるのはもったいない。

で、晴れてて外出するとき、まぶしいからサングラスはかけるけど、帽子をかぶってる人は少ないと思った。どっちかというと冬の寒いとき、寒さから頭や耳を守るために、帽子は必ずかぶるものって感じ。

こっちに帰って来て、みんな日焼けにすごく敏感だと思った。あっ、ちょっとした雨にも敏感だけど。とにかく傘が大好き。晴れても傘、雨が降っても傘。それがあまり強くなくても。

確かに紫外線は身体にはよくないのかもしれないけど、日焼けもあんまりよくないのかもしれないけど、敏感になりすぎると、なんとなく自然を楽しむ喜びからは遠ざかるというか、自然に生きていないというか、そんな気がして寂しいなぁ・・・とも思った。どうなのかな。

そんな私も、しばらく晴れて暑かった日に、一日化粧もしないで外出したら、顔の皮がむけてしまいました(^oo^;) もう若くないんだから、肌の手入れはある程度必要やな・・・と反省した次第(^oo^;)
[PR]
by butakotanaka | 2009-05-16 23:17 | Watch&Say | Trackback | Comments(4)

帰って来てから、いろいろ細かいことに、へー、とか、ほー、とか、うーん・・・とか、いうてます。
でも、なんとなく書くぞって気持ちがしないまま、ノートの切れ端にメモッてまして・・・。いつか書こう、いつか書こうって。何もまとまってないけど、っていつもやけど(^oo^;)、ネタごとに細かくエントリ分けてみようっと。

そう、タイトルの話。お笑い芸人が人気みたい。それは私がNYに行く前からやけど。なんか帰って来てからしばらくTV番組いろいろ見てて思ったけど、お笑いそのものだけで人気って人もいるけど、それ以外のことにもすごくがんばらないといけないのですね、最近の芸人さんは。

面白いから売れるというわけでもない。いや、面白い芸人さんも売れてるけど。
芸人さん系が売れるのに、三通りの番組傾向があると思った。

・ネタ発表系
これは芸人さんの本業のネタ、おもにコント系のネタを発表して競うみたいな感じ。常に新しいネタを仕入れなくてはいけなくて、しかもテレビ番組だから、時間が限られてる。だから短い笑いを何度もとったもん勝ち。

昔は、漫才も漫才作家という人たちがいてはって、人が考えたネタをやるのが普通やったと思うし、今もそういう漫才の人も多いと思うけど。その場合、人が考えたネタをいかに面白く「演じるか」「やりこなすか」が勝負やった。最近の主流はこういう自分でネタ考えて発表して、ネタが面白いとやってる本人が面白いとなるのですね。

この時間が限られてる・・・というのが私は苦手かなぁ。いとし・こいしさんみたいな、のんびりした長い間のが好きかもなぁ。10分ぐらいまったく笑わなくても、その末にムフフフ・・・みたいなのがあったら、あー面白かったって思うような。そういう芸人さんはこの環境では生まれることもできないな・・・。


・喉自慢系
カラオケを「お笑いの人が」歌うという番組も多いみたいですね。昔やったら、おもろいかっこして歌ったり、モノマネやったり、ものすご音痴やったり・・・。真面目にやっても誰もよろこべへんかった。お前、何勘違いしてんねんって具合に。でも、ちらっと見ただけやけど、みんなものすご真面目に歌ってる。ほんまの喉自慢や。しかも、うまい。っていうか、うまい人が人気出る。だから、みんな必死で歌も練習するんやろなぁ。面白く歌うんじゃなくて、マヂでうまく歌うために。そういう人が人気あるし、もてる。


・クイズ系
これがまた、昔やったら、芸人さんは真面目に答えたら、お前、何勘違いしてんねんってゴツンってどつかれたところ。しかし、最近は、高学歴系の芸人さんがマヂで答える。めちゃ物知りやったりする。それが受ける。見た目が面白いのに、実は物知り。学歴がある。あるいは学歴なくても雑学王。こんな人が人気。


ってのをずっと見てて、あー芸人さんって面白いからというだけでなくて、歌がうまい、頭がいい、という理由で人気が出て、でもって、異性にもてるようになって、俳優さんとのミスマッチ結婚がそういうのもあって増えてるんかなあ・・・と思ったり。

面白い世の中ですな。
[PR]
by butakotanaka | 2009-05-16 23:11 | Watch&Say | Trackback | Comments(0)

 という日々を送っている感じです。

毎日決まってやることがなくて、毎日のリズムができていないこともあるのかな。
いや、毎日のリズムは自らが作るもので、それを作ろうというエネルギーもないのかな。

帰国してから、していること、というか、してしまうこと。

ずばり、整理。
とにかく、いろんなモノが、古く見えたり、不要に見えたり、無駄に見えたりして、四六時中、あそこのモノをあっちに動かして、こっちにアレを持ってきて、アレとコレは捨てて・・・とちょっとでも家の中に空間が増えるように考え続けている気がします。で、それを少しずついろんな場所で毎日実行し続けてる感じ。

やったこと。
台所。
大改革としては、食器棚を一つ減らした。大きいのが一つ、小さいのが一つあったんだけど、いただきものやら、使わない食器がどんどんたまってきて、大きな食器棚の下半分は開かずの扉状態になってた。ひきだしも三つあったけど、箸やらカテラリー系で普段使わないのが化石化してた。その下半分を覆うようにして、ワゴンを置いていて、開けようと思っても開けられない状態。これを改革しようと、下半分にあった食器を全部点検して、いらない食器、もう使わないのとか、割れてないけど思いきって処分することに。ダンボールに入れた。そして整理して空いたスペースに小さな食器棚に入ってた食器がおさまってしまった。この食器棚もまだ使おうと思えば使えるけど、もう20年以上使ってるし、古くはなってるし、置いておいてスペースを占領されるよりは、広くなる方を選ぼうと処分することに。役所に電話。二週間後に不用品として引き取ってくれるそうな。

それに始まって、台所は、シンク下、ガスレンジ下、炊飯器の下の棚、電子レンジの下の棚、レンジ横に置いてあったラック、窓際にいつだったか板を二枚渡して棚に・・と思ってたけど、食器棚の後ろに隠れて使えなくなってたのの復活、と次々に整理。無駄に集めたペットボトル、腐りかけの洗剤や石鹸(^oo^;)、絶対に使わない汚い鍋とかを処分したら、ものすごーく広い空間が空いて感動。だからといってまだいっぱいモノが買えると買ってしまったら負けだ。この余裕のある状態をできるだけ保って、すべてのモノが見える状態で、すっきり暮らしたいなぁ。

居間も書類棚、モノがいっぱいのテーブルの上、パソコン机の下の棚、本棚を整理した。決心がいるものとして、何年前までの郵便物を置いておくのか・・があったけど、年賀状は二年前までを置いておくことにしてそれ以前を処分。その他のハガキや手紙は古いのももう少し保管することにしてダンボールに。あと悩むのが英語などの教材関係。何度かの短期留学の英語学校通いで使った教科書なんかは捨てられない。でも、今回プリント類、2001年のカナダ、2002年のNZでのテスト用紙やプリント類は思い切って処分。こういうのって、タイミング難しいなぁ。NHKの講座のテキストとか。いつか見直したら勉強になるよって思ってずっと置いておくけど、見直すことなんてないのかも(^oo^;) サイマルの教材はまだ捨てられなかったなぁ。それでも、もう処分してしまった電気製品の説明書や保証書とか、見直すとムダなものっていっぱい置いてあって、とりあえず今置いておこう・・ってのが、結局何年もになるのねーって実感。居間もまたまた広い空間が生まれました。まだそれでもスッキリ暮らしてる人に比べたらゴチャゴチャしてるけどね。

三階。冬の間コタツを置いていて隠れてる棚の中。居間、コタツを片付けているので、開かずの扉が開く状態に。中を思い切って見てみたら、怖かった(^oo^;) すごく昔に使ってたもの、いただいたものなどの置き場に。特に多かったのがオルゴール。昔、オルゴールを演奏会なんかの差し入れでもらうことって多かったなあ・・・と思い出す。くださった人に悪くて、ずっと置いていたけど、今回思い切っていくつかを処分。すいませーんと心の中で謝りつつ。小さな二つの棚スペースが空っぽに。ちょっとすっきり。

タンスの中も捜索。いらない服をたくさん発見。今回、特に思い切って処分したのは、ディズニー模様の服たち。シャツとかティーシャツとか。まだまだ着るかもしれないと思って置いてた。破れてないし。でも、もういい加減そんな年でもないでしょと、自分たちを冷静に見て思った(^oo^;) こういう決心ってなかなか難しいのですな。はい(^oo^;)

・・・・てな感じで、別にいつまでにやらなくちゃいけないってことではないんだけど、毎日毎日、少しずつ、あっちが気になり、こっちが気になりと、小さく整理していくうちに、家の中がすっきりしてきています。外に出ないせいもあるかもしれない。っていうか、もしかして、外に出たくない自分がいるのかもしれない。自分の気持ち、自分でよく分からないここんところの私。




で、人。
1年間会えなかった家族や友達。会いたい・・・・と思う気持ちがあるものの、どうも活動的になれない自分がいます。会って何を話せばいいんだろう、いっぱいあるようで何もない気がする。自分の話をしたいこともあるけど、その人がこの1年間どうしていたのって聞きたいという気持ちもある。でも、なんか過ごしてきた時間が、非日常的過ぎてなのかどうなのか、誰かと会って話したいとか、何かしたいとかいうエネルギーに決定的に欠けているというか、そんな感じかなぁ。

そして、NYで知り合った素敵な人たち。この人たちとも、どう連絡を取り続けていいのか、どう感謝の気持ちを表せばいいのか、何か送らなくていいの? 誕生日になった友達にはどんなメッセージを送ればいいのって、心の底の方でずっと考えてて、でも、たいしたことができていない・・・。そんな自分がすごく薄情だったり、冷たかったりする気がして、なんとなく悲しくなったり。


時間。
時間の過ごし方が落ちつかない。
まず、朝、比較的早く起きるようになったかも。時々たくさん寝てしまって昔のぶたこにカッチリ戻ってるけど(^oo^;) それでも、なんか一度は五時とか四時とかそんな時間にベッドの中で目覚めて、いや、こんな時間に起きたら後がしんどいから、寝なくちゃ寝なくちゃって思ってがんばって寝るって感じ。昼間眠たくなる。昼寝したりもするけど、しなかったときは、夜になるとぐたーっとしてる。時差ボケが残ってるのかな。っていうより、一日という時間をどう自分なりにちゃんと過ごせばいいのか分かってない気がする。


音楽。
もって帰ってきた楽譜、先週の半ばに、ジャンルごとに分けた。そこまで。まだ本棚にはしまえてない。毎日のように発声して歌の練習してたあっちでの生活だけど、こっちではほとんど歌ってない。二回あったシルバーコーラスの練習のその日の朝に歌ったぐらいかな。前夜に曲選びしたときも、楽譜を眺めて決めただけで、実際に歌ってみて決めてないし。なんか声を出すのに、すごく「よいしょ」って気持ちがいる。エネルギーがいるんだけど、それが沸かない。それでいて、ずっと歌わない自分がすごくダメな気がして、さぼってる気がして、次に歌うとき、歌えなくなってる気がして不安になったり。



英語。
どうやったら忘れないでいられるんだろうと考えるときもあるけど、逆に、これからの日本での生活で、英語が必要な場面なんてあるのかな・・・とも思う。ないんだったら、そんなに必死で保とうとか、磨こうとか思わなくていいのか・・とも思ったりもした。

でも、そんな日々の中で、向こうで大好きになった十代の子ども向けの小説を書く作家の作品のことを思い出して、アマゾンで注文した。向こうでは図書館で借りて五冊ほど読んだんだったかなぁ。その人の作品を訳してみたいなって思った。先週、その本が届いた。今、そのうちの一冊を思い出しながら、英文タイプ中。全部訳せるかどうか分からないけど、シノプシスというあらすじをまとめたモノを作ってみようという挑戦。

この作業では英語を声に出すことはないけど、英語だけで読んでたときは、分かっていたつもりだった表現を、いざ日本語に直そうとすると、日本語が出てこない。当たり前だけど、自分の日本語力が足りない。そう認識したら、新聞を気をつけて読むようになるし、日本語の本ももっと読みたいと思うし、他の邦訳本がもう出版されているものを、日英比較読みしたくもなる。ひとつの挑戦によって、自分の英語学習に対するエネルギーがほんの少しずつ戻ってくるのを、なんとなく感じはじめたかなってところ。


方向感覚(^oo^;)
最近、とみに感じるのは、方向感覚の乱れ(^oo^;)
前から方向音痴だなって自分で思ってたんだけど、あれ、私、ボケたんじゃないのって思うぐらい方向感覚を失うときがある。これは、外に出かけたときじゃなくて、家の中で起こるから、なんとなく怖い。たとえば台所のどこかにいて、さっ、ゴミを捨てようと思うときに、あれ、今たってるところから、ゴミ箱はどの方向にあるんだっけって思うわけです。一瞬、何がどこにあるのか、まったく分からない。居間にいて、そうだ、上の階の本棚にあの本を取りに・・・と思うけど、その本棚がどの方向にあるのか頭の中に浮かばない、っていうか、上にあがる階段はこの部屋からどの方向にあるんだっけ・・・と思ったりする。

これっておかしいのかなぁ。
みんなもこんなんあります?
[PR]
by butakotanaka | 2009-05-11 12:54 | 日常生活 | Trackback | Comments(4)