本を読むのは好きなんだけど、たこぶみたいにちゃんと読書の感想を書くことがないわたくし(^oo^;)、最近で感動したのは、たこぶのブログにもあった長崎ぶらぶら節。それはそれは美しい日本語というか、心に届く日本語で書かれていて感動した。登場人物にも、ストーリーにも、そして何より音楽に関しての記述に深さ、喜び、哀しさが、全部含まれていて。

・・・・あれ(^oo^;)、このエントリは長崎ぶらぶら節の感想を書くつもりではなくて・・・・。

私は、YA(ヤングアダルト)作品が好き。中学生あたりの年代がターゲットなのかな。小学校高学年や高校生も含むかも。最初にYAにはまったのは、英語の勉強つながりだった。大人向きは難しいからと、英語で書かれたYA作品を何冊か読んで、自分の子ども時代、思春期の頃の胸の痛みを思い出して、キュン・・となった。特にアメリカのYA作品は、親の離婚や、虐待や、恋する気持ちの芽生えなど、日本の子ども向け作品ではあまり読んだことのない、人生を生きる上での苦しさや、それを乗り越えるたくましさを描いたものが多かった。

そんな作品を読むうちに、ああ、こんな素敵な作品を紹介するような仕事がいつか、死ぬまでに(^oo^;)できればいいのになぁ・・・なんて思うようになった。あくまでも夢ですけどね(^oo^;) っていうか、最近は、肩こりで長い時間PCに向かうことが難しくなるし、老眼だし、そんな仕事なんて無理やろ・・・なんて思うんですけどね。

勉強会に参加したり、通信講座を受けたりして、いざ自分で訳してみようってなって、改めて感じるのは、結局自分の日本語の貧弱さ。思うことや感じることを、的確に、しかも子ども世代に通じる言葉で、こむずかしくない言葉で伝えるための日本語をひきだしてくる貯金がまったくないということ。

去年、1年のアメリカ滞在から帰国してすぐ、向こうで読んで感動した作家さんの本を訳してみようとしたけど、早々と挫折。あかん、私の日本語あかんやん(^oo^;)・・・・。で、そこから、もう一回日本語の本読まなくちゃ・・・となりました。大人向けの本を読んでいたんだけど、最近になって、図書館でふと訳書ではないYAコーナーの本を手にとった。うわ、思ったより素敵な本があるやん・・・と思ったのが、たこぶもこないだ書いていた【8分音符のプレリュード】松本祐子。昔、私が子どもだった頃、こういう思春期向けの小説ってなかった気がするし、そんな年代からおませな子は、太宰とか読んでた気がする。こういう作品もあるんやーなんて発見。

あー、また前置きが長いがな(^oo^;)

そんなわけで、日本語で書かれたYA作品に興味を最近持っておりましてね、こないだウォーキングの帰りに近所の小さな図書館に寄って、タイトルや表紙の裏とかに書かれたあらすじ読んで五冊借りてきた。適当に選んだその中に同じ作家の作品が偶然二冊あって、それが草野たきさんの書かれたもの。そして、その二冊が、一番おもしろかったし、心に響いた。


「ハーフ」は、少年、真治が主役。お父さんとお母さんの三人暮らし・・・ぢゃなくて(^oo^;)、この子のお母さんはヨウコという犬。なので二人と一匹の家族なのです。小さな頃から、お父さんから、お前のお母さんはヨウコだから・・と育てられ、どこに行くにも何をするにもヨウコが一緒。お父さんは、ヨウコのことを心から愛している様子が伝わってくる。でも、真治が大きくなるに連れて、その不自然な「家族」を家族として受け入れ、普通に暮らしていくことに、どこか小さなヒビワレが生じてくる。自分自身がそれでいいと思おうとしても、友達や周りの視線、言葉に傷ついたり、傷つかないぞって思おうとしたり。そんなある日、ヨウコが行方不明になり、お父さんはショックで普通の生活を送れないほどに・・・・。そんな中で、真治は、自分の本当のお母さんは誰なんだろう、どうして犬のヨウコがお母さんなんだろうと疑問を持ち始める。


「メジルシ」は、少女、双葉が主役。両親がもうすぐ離婚、双葉はこの春から全寮制の高校に進学。父親の提案で家族は最後の家族旅行にと北海道へと向かう。これはその旅が始まってから終わるまでの物語。双葉は、いつの頃からはお父さんのことを健一くん、お母さんのことを美樹さんと呼ぶようになった。両親の前では「お父さん」「お母さん」と呼ぶんだけど、仲良しの友だちの前や自分のなかで親のことを考えるときにそんな呼び方をすることで、気持ちが楽になる自分を発見したから。親が離婚することも、家族がバラバラになることも、みんな独立して、ただ「解散」するだけなんだから・・・と考えると気が楽だ。この家族旅行も全然気が進まないけど、とにかくお父さんの願いを最後にかなえてあげるために、旅の終わりまでがまんがまん・・・という感じ。でも、旅が進むごとに、ただ時間が過ぎるを我慢・・・というわけにはいかなくなり、気持ちのぶつかり、高まり、落ち込み、怒り、絶望、いろんなものがこみあげてくる。



この二冊に共通して出てくるキャラとして・・・。

子どもは、「いい子」。というより、いい子を演じてる。
どこかで機能していない家族。
お父さんは、とてもいいやつ。まじめ。まっすぐ。あつい。で、ときどきそのまっすぐさが、うざい・・かも。
お母さんの存在は、どこかで母親として足りない部分をかかえている。
友だちの存在も大切な役割をになっている、でも家族の代わりにはならない。

ぐるっとまわるけど、もう一度子どもに戻って、そんな機能しない家族のなかにいると、子どもって、「いい子」あるいは「大人な子ども」になるしかないのですね。物分りがいい、ませている、ムリはいわない。で、親からは、この子は大丈夫と思われる。でも、子どもっていうのは、絶対的な安心の中で、ワガママを言ったり、時々は爆発したりしながら成長するのがおそらく健全で、そんな機会を持てない、持ってはいけない環境だと、少しずつ少しずつ、雪が静かに降り積もるみたいに、たまってくる。子どもってのは、思ったよりもずっと周りとの「調節機能」みたいなものを持っていて、でもそのままでいると、どんどん苦しくなって、いつか限界に達してしまう。この二つの物語に出てくる子たちは、たぶん幸せな方なんだろうなぁ。まだ「子ども」であるうちに、そんな限界を見せることができて、爆発することができたから。でも、そこに至るまでの苦しさが、胸が痛くなるほど、読んでいると伝わってきます。


この子たちに、私は親近感をもった。
私が子どものとき、親と暮らしていなくて、周りのオトナたちの顔色を見ていたからかな? ワガママはいえない立場なんだから・・・と、どっかで我慢してたから? 親と一緒に暮らしてからも、家にいないことが多かったし、私には兄弟もなく、親も母親しかいなくて、その母もいつも仕事が忙しくて、悩み事を相談する気になれなかったからかな?

そんな風に自分を「特別だから」と、かわいそうな存在に押しやってしばらく考えたあと、思いなおした。

いや、もしかしたら、私と違う環境で育った人でも、誰もが親近感をもつのかもしれない。
表面から見て、どんなに恵まれて育ったように見える人でも、どこかのポイントで「息苦しさ」を感じる、これが思春期なのかなって。そして、そのキズや思いは、大人になっても、心の底のどっかにズキズキ、チクチクって残っていて、こんな作品を読むと、そんな気持ちがむくむくっと出てくるのかもしれない。そんな気持ちを思い出すのも悪くないのかもしれない、そう思ったのでした。


うーん、うまく書けないけど、素朴でとてもいい作品です。この作家の他の作品も読んでみたいな。うん、読んでみよう(^oo^) 皆さんも図書館で見かけたらぜひ手にとってみてください。大人の心にもしっかり響くと思います。
[PR]
by butakotanaka | 2010-05-23 19:45 | 読書 | Trackback | Comments(0)

ニューヨークという街は、歩くのが楽しい街だったなぁと思い出します。公園のなかでも、街の通りでも。自然を見るのも、お店を見るのも、歩いている人やカフェやいろんな店先でしゃべってる人の笑顔を見るのも楽しい。だから、ずんずん歩きたくなります。でもって、もう一つの理由は地下鉄があっても、よく遅れたり止まったりするから、アテにならない。それなら歩く方が何分かかるか計算ができるというのもありました。

と、ここまでは思い出話。
こっちに帰って来て、あきらかに運動不足です。

こないだから耳鳴りがけっこうひどくて、お医者さんにもいったりして。
結局、はっきりした理由は分からんけど、ひどい鼻づまりからか、肩こりからか、ストレスからか。

私が出した結論は、運動せなあかん。肩こりしない生活にしなあかん、ストレスたまらん生活をめざさなければ・・・です。

毎日会社勤めしてるたこぶも、ひと駅余分歩きを実行しているし、私も見習おう・・というわけで、おとついから自分の好きな時間に歩きはじめてます。おとついと昨日は、午前中に生徒さんが来られたので、レッスンが終わったお昼ごろに。一日目は、半時間強。

ウォーキングがめんどいなぁっていう理由の一つは、誰かと会うのが面倒だったりするのもある。正直(^oo^;) 私もたこぶもこう見えて、人付き合いが苦手というか、宴会が苦手だったり、いっぱい人が集まって雑談する場所にはあまり顔を出さない傾向にありまして。たとえば日曜の教会の礼拝でも、みんなと話すのは楽しいんだけど、礼拝の後のお茶の時間までは残らない。なんというか、エネルギーをどこかで使って、疲れてしまうんですな。そういう自分のときが多い。ほんの時々、誰かともっと話したいなという前向きエネルギーに満ちているときがあるけど、大体は、静かなところにいたいかなーって気分になるんです。でも、人と話してて、イヤというわけではない。レッスンに来られる生徒さんと、なんやかやと成り行きで話すときはけっこう楽しい。話すために集まるとか、そのためだけに・・・というのが、前置きとしてめんどくさいのかなー。

で、歩きの話に戻ると(^oo^;)
ずんずん歩いてみて、この街もいい感じなのかなと再発見。近所のいろんな道を開発してみよう。

一日目が気持ちよかったので、二日目の昨日は、ちゃんとお水も装備して、一時間にしてみた。30分歩いて、そこからは戻ってくる。あんまり普段通らない商店街の遠くの端に、おっちゃんがやってる八百屋さんがあって、しろ菜(白菜の仲間らしい。関西ではよく食べます)が三束で100円と激安。思わず買ってきた。家にかえって、ダシで薄味にさっと煮。収穫だ。

三日目もがんばるぞって思っていたら今日は雨やん。でも、こやみになったときを見計らって、40分ほど。今日は、歩いて20分ぐらいのスーパー玉出まで。食パンが切れてたから買うのが目的。98円の安売りのあったし、しっかり2斤買ってきた。ついでに安かったから、りんごとかトマトとか。ムダ買い?いや、安いし食べるからええねんええねんっ。普段行かない遠くのスーパーまで足をのばすついでにウォーキング。これって、主婦のモチベーションとしてはええ感じちゃいます? かわったお店に行くと、なんとなく楽しいし。しかし、玉出に入るまではこぶりだった雨が、出る頃には本ぶりに。帽子かぶってるから平気だもんって、雨の中を歩いて帰ってきました。

そういえばNYでは、雨でも傘をさす人少なかったなぁ。よっぽどの大降りになると、ムリに傘をささずどこかの店に入って休憩したり。小ぶりだと平気でテクテク歩いてる。そんなことを思い出した。


耳の調子がよくなって、やっと音楽も元のとおりに近く楽しめるようになった。一番ひどかったときは、小さな音でもワンワンと響くし、とにかく音程感覚がおかしい。ドミソの和音を弾いてもハモッていない気がしたり、こんな音が鳴るはずと鍵盤をたたいても、その音がしないから哀しくなったり。自分ではこの音を歌ってるつもりがその音が聴こえてこなくて、私はアホになったんかと思ったり。コーラスのみんなが歌う声もうまく聴こえなかったり。

それが、少しだけワンワンになり、ときどき音程がよく聴こえるようになり、そして、今日あたりは、ほとんどワンワンしないし、防音の部屋に入っても耳鳴りがしないし、自分の耳のなかでもう一つの音が鳴ってないから、歌っても一人デュエットにならないし、ドミソを弾いたらちゃんとドミソとハモって聴こえるのが妙に嬉しい。幸せ気分でつい二時間もピアノを弾いてしまった。バランスを聞き取れるから、曲を磨いていくこともできて、練習も楽しい。次の教会での奏楽に向けて、やっと練習ができる。嬉しいな。

でも、二時間やったら、耳も目も頭も疲れた感じ。で、ランチしてウォーキング。午後からは英語の勉強しようかな。頭が痛かったり目が疲れやすかったり、とにかくめちゃ眠くなって、すぐに疲れていたから、ここしばらく本を読むのもおっかなびっくりやったけど、やっと少しできるようになってきたもんね。音楽と英語の間に、ウォーキングというクッションを入れる生活、続けられたらバランスいいかもー。ちょっと、目指してみよう。この生活の維持。たこぶもがんばってるしね。

さっ、ちょっと勉強しよっと。
すぐに疲れるかもしれんけど(^oo^;)
[PR]
by butakotanaka | 2010-05-19 14:10 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

Jennyさんへのご報告もかねて・・・(^oo^)

たけのこ、しっかりいただきました。
Jennyさんのアドバイスを見たときは、もうお腹の中に入っていたので今回は参考にできなかったけど、次回にはぜひ(^oo^)

えっと、根元、真ん中、さきっぽに分けて三種類で食べました。

参考にしたのは、高校時代からずっと愛用している「土井勝・家庭のおかず」この本大好き。

根元は、直ガツオ煮にしました。
タケノコと少し古くなりかけていた削り節を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら中火にして、砂糖、みりん加えて落し蓋でしばらく。甘味がついたら、しょうゆを加えてまたコトコト。これだけ。削り節が山ほど入っているから、ダシの素はいらないわけです。タケノコもおいしかったけど、削り節そのものがうまかったです。ご飯の上にかけて次の日まで楽しめた。

真ん中は、いりだし、というのに挑戦。本に書いてあるやり方とは少し変えました。

余ってたダイコンをおろします。
鍋に、だし汁、しょうゆ、みりんを入れて、煮立ったら、ダイコンおろし加えます。これでひと煮立ち。

別に、フライパンに油を少し多めに入れて、あたたまったら、タケノコの薄めの輪切りをゆっくりこげ色がつくまで焼きます。

焼きたてのタケノコに、鍋で作ったおろしダシをかけていただきます。
これも、なかなかヒットでした。木の芽とかあったらもっとおいしかったかもしれんけど、これでも十分(^oo^)

先っぽの姫皮を含む部分は、もっと味わって食べればよかったなー。
結局、お味噌汁に入れました。おネギとお豆腐と一緒に。でも、これもやわやわでうまかったっす。


200円のタケノコで、いっぱい楽しめて大満足。
全然苦味もなくて、あまかったです。
これで扱い方も分かったから、来年からは生のタケノコをもっと買うぞー。
[PR]
by butakotanaka | 2010-05-17 09:19 | 日常生活 | Trackback | Comments(5)

たけのこ(^oo^)

今日は涼しいけどいいお天気ですね(^oo^)
午前中ピアノの生徒さんが終わったあと、おつかいいろいろあったので、お隣の駅までお散歩しました。気持ちよかったー。

最初に向かったのが楽器やさん。布施には小阪楽器というまあまあ大きな楽器やさんがあります。心斎橋のヤマハとかMIKI楽器ほどじゃないけど。お目当ては、ピアノ教本。初心者向け。実は、友人の子供さんにピアノを教えるという話が持ち上がっていて、次の土曜にお試しレッスン。三歳と五歳ぐらいで(多分(^oo^;))、両方とも男の子。兄弟です。ずっと昔、お隣に住んでいた8才ぐらいの双子の女の子をしばらく教えたことがあるんだけど、今の生徒さんはみんな大人。50代ぐらいから上の人たち。レッスンも一回ごとにお互いの都合を見て、次回のレッスンを決めるという形。二週間に一度ぐらいの方がほとんど。今のところ人数は10人はいないってぐらい。

子供さんとなると、また大人とは違うんだろうし、一週間に一度決まった時間にした方がよさそうだし、だいたい、どんな教本を使ってるのかなぁと悩んだ。幸い、コーラスの伴奏してくれているピアニストさんはベテランのピアノの先生で、三月に発表会の司会でお手伝いしたときも、子供の曲をいっぱい聴いて、最近のピアノの曲って、初心者でも楽しい曲が多いんだなぁ。。と知った。彼女は頼りになる・・・と思い出し、どんなテキストがいいの?ときいてみたら、何冊か候補を教えてくれたのだ。ほんと、昔は、バイエル、ブルグミュラー、とかそんなんしかなかったけど、最近はおしゃれだけど簡単にアレンジされた曲がたくさんあるのですね。

で、その候補のテキスト、本当は昨日、歌の講座で梅田に出かけるときについでに楽譜専門店のササヤに行ってみようと思ってた。でも、昨日はあいにく体調不良でお休みするはめに。う・・・間に合わないよーと悩み、ふと思いついたのがこの布施の小阪楽器だったのです。

しかぁし、なんと木曜は定休日だったのでした(^oo^;)ちゃんちゃん。
明日また行ってみようっと。お天気だといいな。明日も。こうやって理由があって用事があると、出不精の私には出かけるきっかけになってかえってええのかもね。

次の用事。銀行で振り替え作業。
しかぁし、なんと必要なカードをわすれてきた(^oo^;) ATMの前で気がつく。間抜けだ。

あーあ。二つの用事とも不発かよ。

ふてくされつつ、気晴らし気晴らしと、百円ショップのキャンドゥーへ。
なんか知らんけど、10色アイシャドーセットとかどうでもええもん買ってしまう。まっ、百円やし。楽しいし。目の上、いっぱい色つけて、春を楽しむのだ。それもいいのだ。

近商スーパーでイワシ5匹で128円。おしょうゆとお酒で下味つけて、片栗粉まぶしてフライパンで焼こうっと。これが今夜のメインなのだ。

その帰り。やっとタイトルの話になります(^oo^;)
高架下商店街にあるお米やさんの店先で奈良あたりでできた直送野菜を売ってる店で、いちごが1パック200円。安い。ふとその横を見ると、朝堀りたけのこが。おいしそうやな。

でも。
実は私、たぶん、今までの人生で、掘ったばかりのたけのこを最初から調理したことがないのです(^oo^;)はずかしー。そういう旬の野菜をどうやって下ごしらえとか調理とかするのかって、スーパーではなかなか聞けません。今日は思い切って聞けるかも。。。と、お店のお姉さんに聞いてみました。

(^oo^)「たけのこ、おいしそうですね」
店 「そうですね。もうたけのこもそろそろ終わりですね」

(^oo^)「あの・・・たけのこって、米のとぎ汁でゆでたらいいんでしたっけ? あの、やったことないんですけど、どうしたら・・・?」

ちょっと驚き、軽くあきれ気味のお姉さん、気をとりなおしてやさしく
店「はい、とぎ汁でもいいですけど、うち、ほら米やですから、米ぬか差し上げますから。それでゆでてください」

(^oo^)「あの、皮はむいたらいいんですか?」
店「・・・ああ。先の方は切ってもらって、鍋に水いれて、米ぬかいれて、それでたけのこも入れて、しばらくゆでて」

(^oo^)「何分ぐらいゆでたらいいんですか?」
店「何かでさしてみて、やわらかくなるぐらいですから、20分ぐらいかな」

(^oo^)「なるほどー。なら、やってみます。今まで、水ゆでのとかしか買ったことなくて・・・」

ということで、200円のたけのこ、お姉さんにいいのを選んでもらう。
いざ清算となって、また少し不安になるぶたこ。

(^oo^)「あの、さっきの先を切り落としてゆでるってところなんですけど、どのぐらい切り落としてそれからどのぐらい皮をむいたらいいんでしょう?」

お姉さん
店「もうここでやっときましょか?」と笑顔で、包丁を持ってくる。

で、手際よく先の部分を切り落とし、
私が「どうして切り落とすんですか?」としょうもない質問するのにも丁寧に
「ほら、先は皮が重なってるだけで食べるところないんですよ。でも、ほら、少し切ったこの先は、姫皮いうて、やわらかいから食べられるところ。こういうところは、ナマのたけのこでないとついてないからねー」

で、きれいに皮もむいてくれて、
「これで、このままゆでてください。米のぬか入れてゆでて、できたら、そのまま鍋に入れて、一晩おいて、明日にでも使ってください(^.^)」

(^oo^)「なるほどー。今日ゆでたら、今夜のおかずでなくて、明日のおかずに使うのですね。これで、これから自信を持って、ナマのたけのこを買うことができます。ほんまにありがとうございました!」

店「それはそれは、よかったですー(^.^)」

ってなやり取り。お天気もよかって、気持ちもよかったけど、このお姉さんとのやり取りでまたまた気持ちよくなったぶたこなのでした。


私って、小学校の頃から自分で食事を作っていて、朝も夕食も自分だし、お弁当も自分だったし。母が作る食事は年に数回で、大体は鍋物か、サンドイッチと決まっていて、そういう旬の野菜とか使った料理は作ってるのを見たことなかった。もしかして母もあんまり得意じゃなかったのかな。とにかく、夜の店をやっていたから、夕食を作ってもらうこともなかったし、商売やめてからも生活時間があわなかったから、お互い台所を共同で使ってる感じで、交代で自分の分だけ料理してた状態。

なので、私の料理の知識って、適当。
高校のときに通った辻クッキングも一年ぐらいでは、使う材料は限られていたし。野菜とかは下ごしらえが済んでるのも多かった。

昔からの伝統的な料理や旬の野菜の扱い方とか、本当に知らないのだ。
恥ずかしいけど。
でも、親に教えてもらわなくても、町にこうやって教えてくれる人がいると心強い。スーパーでなく八百屋さんのよさがここにあるのかな。

もう中年の域に十分達している私だけど、知らないこと、これからもいっぱい学んでいきたいな(^oo^) 明日、たけのこご飯しようかなー。うふふふふ。
[PR]
by butakotanaka | 2010-05-13 16:06 | 日常生活 | Trackback | Comments(1)

えー・・・・ずんずんと更新していくはずだったんだけど、ほんまに体調が安定しなくて、GW中は、半分沈んでました(^oo^;) ってことで、順番に時間を追っていくと旅日記が終わらないので、項目ごとにすることにしたぞ。食べたものシリーズから。

着いてすぐに食べたランチの皿うどん、ちゃんぽんまではあげたから、その後から。

ランチしてから、路面電車に乗って平和公園にいって、いっぱい歩いて、雨の中疲れたので、駅ビルのアミュプラザ一階にあるフードコートで休憩。甘いもんでも・・ということで食べたのがこれ。
b0057103_9573875.jpg


噂にはきいてたけど、食べたことがなかった白い鯛焼き。なかなかおいしかったです。カスタードクリームと、あんこがミックスになったのと二つ。飲み物はタピオカミルクティ。

このあとホテルに戻って一時間ほど昼寝。で、夕方になって、もう一回お散歩・・と思ったけど、雨がひどくなってきた。ってことで夕食は、ホテルの近所の商店街にある喫茶店「カラカス」。昔ながらの喫茶店という感じ。食べたのは、これまた長崎ローカルフードのトルコライスですー。

b0057103_1015290.jpg


向こう側に見えるたこぶが食べたのが正統派。定義としては、ピラフ(長崎ではフライ・ライスと呼ぶ店が多かった)、サラダ、スパゲテイ、それにトンカツがセットになったものらしい。大阪にもトルコライスあるけどまた違うんですね。大阪の場合、カレールーがかかっていたり、オムライス風に卵焼きがピラフを包んでいたり、ドライカレーだったりする。色々あって私もよく知りませんが(^oo^;) 長崎のトルコライス、うまかったですよ。普通に(^oo^)

その他にも、中華街でもう一回、皿うどんとちゃんぽん食べたり、なぜかガストでチーズ入りハンバーグ食べたり(^oo^;)、まぐろ漬け丼食べたり、魚のてんぷらがおいしかったりしたけど、あんまりええ写真がないなぁ。

最近オンラインパワーが減っているわたくしですが・・・、長崎で見てきたもの、感じてきたものもいっぱいあるので、また不定期に思い出したらここに書いていくってことにしようかな。全部あげてしまうぞって思うと、しんどいから。旅の後も、枚岡散歩とか大阪城散歩とか、甲子園とか、色々あってんけどなー。写真も撮ってんけどなー。ここに報告するにいたってないー(;oo;)(;oo;) また追々ゆっくりと(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2010-05-10 10:08 | | Trackback | Comments(0)