ここんところ、ドーハにお世話になってるなぁ。

サッカーは普段あまり興味があるほうじゃないけど、ワールドカップとか国際大会となると、やはりジャパンのことが気になって見てしまいます。今回のアジアカップの舞台は、カタールのドーハ。サッカーのことをあまり知らない私もでも記憶にある「ドーハの悲劇」があったところ。でも、今回は、悲劇にならなかった。見事優勝!すごいっ。準々決勝あたりからマヂメに見始めた不良な私たちなんだけど、準決勝、決勝と二戦連続で延長になって、盛り上がったなー。夜中まで起きて次の日寝不足で・・・。それをこの国の多くの人と共体験しているんだなぁと思うと、不思議でなんとなく嬉しかったり。

で、もう一つのカタール。そして、同じドーハ。
これは、中東のニューステレビ局アルジャジーラです。本部がここにあるのですね。
ここのところ、毎日PCを立ち上げたら、この放送局の英語放送をつけています。ネットで無料で試聴できるのです。なかなか太っ腹です。エジプト情勢を見るためです。

エジプトが大変なことになってます。その前のチュニジアから始まって。チュニジアのときは、大きな動きがあってんなー、ジャスミン革命かー・・・と少し遠くで起きたことのように感じていたけど、エジプトの今回の動きは、気になって仕方がないです。どうなっていくんだろう。

たこぶも書いてたけど、エジプトってどんな国? 政治は? 歴史は? 宗教は? と問われてどれ一つちゃんと答えられない自分がいて、今回はじめてウィキとかでこの国のことを少し学んだ気がする。学校で習ったはずだけど、頭に一つも残ってない。

そういえば、NYで三ヶ月英語学校に通ったとき、エジプト人のクラスメートがいました。私と同じ年代だったかなー。他の生徒が若かったから、彼と私は、数少ないおじさんとおばさんという感じで、落ち着き組同士仲良しでした。右から左に書くアラビア文字が珍しくて、私の英語のテキストに「何か書いて!」とリクエストして、落書きしてもらったりしたことを思い出します。彼はどうしてるのかなー。あれから無事NYで仕事見つけて暮らしているのかな。いまのこの動きをどう見守っているんだろう。こうやって一人でもエジプトの人とふれあったことがあるだけで、世界で起きている、遠くで起きていることが、身近に思われるから不思議です。

アルジャジーラから送られてくる映像は、あんなに遠くの国のことだけど、心にまっすぐ響いてきます。広場に響き渡る人々の声、それをかき消すような軍のジェットの騒音、けが人を運ぶ人々、デモする人たちと肩を組み合う警官や軍人。敵とか味方とか、何が悪くて何がいいのか、これからどういう方向にむけばいいのか、答えを見つけるのがそれほど簡単ではないことがだんだん分かってきます。アメリカとの関係もある。改革が成功して、イスラム主義の国になったらいいのか、そうならないほうがいいのか、いや、何よりも、「普通に」選挙が行われ、国民が人間としての権利を「普通に」得られるべきなんだけど、そのためにはどうなっていくのがいいんだろう。


私が考えても仕方ないことなのかもしれないけど、それでもそんなことを考えながら、毎日ドーハから送られるアルジャジーラの放送を見守っています。本当に便利な時代になりましたね。こんな情報がネットで無料で世界中の誰もが受けられるのだから。ツイッターでは、CNNのニュースや、アルジャジーラの局からの情報、各エジプト駐在特派員のつぶやきなども読むことができます。BBCも毎日何かが起きるたびにライブで情報を更新してくれているし。

そんなこんなしてる間に、この数日は、ずいぶん英語をたくさん聴いてるし、読んでるなぁ。勉強のためって思うと、短い時間でもしんどいけど、こうやって何かをひたすら「知りたい」と思うと、長い時間英語にふれていても、そんなにしんどいとか思わない自分がいて、これが本来の学びなのかもしれんなぁって思ったり。アルジャジーラのキャスターや特派員は、どちらかというとイギリス英語の人たちが多いのかな。使う言い回しとか、発音もそんな感じ。アラビア語なまりの英語も、少しずつ聴こえるようになってきたなぁ。

そうそう、アルジャジーラで時々天気予報が入るんだけど、中東のテレビ局なのに、まずオーストラリア・ニュジーランドからはじまって、中央アジア、東アジアって感じで進んでいきます。オセアニアもこの地域なんだーと妙に納得したりして・・・。


ドーハから運ばれてくる歓喜と、情報に、ここのところお世話になっている・・・というお話でした(^oo^)

アルジャジーラの英語放送が試聴したい方はここへどうぞ。
[PR]
by butakotanaka | 2011-01-31 10:47 | 英語・学校 | Trackback | Comments(0)

三が日もいつのまにやら過ぎ去り、明日から仕事のたこぶは、私の横で最後の読書タイムを満喫してはります。

今年は、どんな年になるのかな。


おととし2009年は、四月にNYから1年の滞在を終えて帰国して、その年の後半は、なんというかもう一回普段の自分の暮らしに戻り、心を平静に戻し、ペースをつかむために費やした気がするなー。案外のんびりしていたはずなんだけど、どこか所在無いというか、落ちつかなかった。なんというか、置いてきてしまったモノ、残してきたできなかったことなんかもあったり、でも戻ってきたことも素直に嬉しかったり。でもって、この先自分は何をするんだ、どうするんだと、追い込もうとしていたけど、分からないまま過ぎた気がする。


で、去年2010年。大きな出来事のいくつか。
まず一つは、思いがけず友人に誘ってもらい、アメリカのワシントンDCで開かれたルネサンス時代の合唱音楽を国立の大聖堂で歌うというワークショップに参加させてもらったこと。現地に住む友人宅に滞在させてもらい、たくさんお世話になったし、ワークショップでは貴重な体験をたくさん。その後合流したたこぶとワシントン観光も。たくさん楽譜をお土産に買って帰ったなぁ。

それから、音楽関係では、イギリスの古い時代の歌を教えてくれる講座に一月から通い、リュートと一緒に歌う機会があったこと。10月には講座の発表会が中津のギャラリーで。

シルバーコーラスの活動としては3月に市の文化祭に出演。2年ぶりの本番で、あーみんな元気で一緒に歌えてありがたいな、留守していた間待ってくれていて本当に感謝だなーって思いで指揮したのを思い出す。残念ながら今年の3月の文化祭は抽選がはずれてしまって出られないことが分かっている。これはこれで基礎的なことをしっかり勉強するチャンスでもあるし、のんびりと本番仕様じゃない小曲を色々やるチャンスでもあるととらえて、練習していきたいな。

12月には、ニフティのクラシックフォーラム時代の仲間とのアンサンブルの集いに参加。連弾、歌、ピアノ伴奏をさせてもらった。アンサンブルの楽しさをやって、聴いて、見て、改めて実感。これからも時々こういう活動ができるといいなーと思った。

で、もう一つ大きな変化として、個人レッスンの生徒さんがかなり増えたこと。私は、ほとんどボランティアと思ってやっていて、収入が激増ということはないんだけど(^oo^;) それでも、3-4人ぐらいのペースでここ数年推移していたのが、今年だけで、歌が三人で、ピアノが二人かな・・・増えた。実は今年からもう一人増えるかもという予定もあったりで、10人を超えてきた。で、その一人一人の生徒さんが私の背中を押してくれたともいえるんだけど、あー、私も指が回らないとか譜面を読むのがしんどいとか、練習が嫌いとかいって、ずっと辞めてたピアノレッスン、もう一度挑戦しようかなという気になり、12月から、以前みてもらっていた先生のところに通い始める。これ、生活の大きな変化。行くと決めてから、年末年始を含めて今日まで、多分練習しなかった日が数えるほどしかない。ってことはほとんど毎日何か練習しているわけだ。えらい変わりようだなー。


音楽から離れて、英語。
たしか去年の始めには、翻訳がんばるぞって言ってた気がする。YAものの手持ちの本を一冊訳すぞーとか。しかし、やり始めてみたものの、自分の実力のなさに挫折の連続。再開しては、またダメ・・・。で、読書に走り、また戻るけど、また挫折。このまま英語はダメダメで終わるのかーと思いきや、後半になって、技術翻訳の仕事をいただいた。単発ものだし、大きなものではないけど、でもすごく勉強になった。初めての日本語から英語という方向で、チェックまでさせてもらったので、ネイティブさんの直しファイルとかも見せてもらえて、何倍も得した気分。学校に通ってもここまで長時間やらないし、色々な面を体験できない。収入の額は関係なく本当に素晴らしい経験だったなーと思う。これをこのままにしていいのか、いいはずもない(^oo^;)



その他、プライベートなことも色々あったけど、ほぼ順調に。
たこぶとの生活は本当に快適で、私たちの相性って奇跡的にいいのかなーと思う。もしかしたら旦那さんがだいぶ我慢してくれてたりしてー(^oo^;)と、時々疑ってみるものの、でもまっ、楽しそうだからそれでいいのだーと思いなおす。お互いが楽しく快適なのが一番なのだ。何をどのぐらいの値段で買うかという節約感覚も同じくらいだし、どのテレビ番組が見たくて、どのぐらいになるとウルサイから消してしまいたいか・・・と、そういうのも似ていたり。図書館に通うのが嬉しかったり、必要なときにはいっぱい話すけど、普段は同じ部屋にいて、お互いが自分のことをしていて、それが快適だったり。このままずっといくといいな。

ネコたちも元気。新入りのクリも、秋で一歳。あばれ盛り。おかげで夏には網戸を破りまくり、ステンレス製の上等なのに取り替えて出費だったけど、それもまっ、仕方なし。
おばーちゃんのモモは、クリに刺戟されて、最初はくたびれておったが、少し慣れてきたのか、食欲もましてかえって元気になったようにも見える。このまま長生きしてほしいな。

運動不足は相変わらず。もう少し歩くとか、なんとかせーよ・・・と思うものの、出かけるとなると、一応オンナってのは、髪も服も顔も気にしなくてはいけなくて、とってもめんどくさい(^oo^;) このあたりのズボラを克服しないと、運動不足は解消しないものと思われ・・・・(^oo^;)




***********
ってなわけで、今年です。

昨日は、たこぶの実家にいってきました。
最近は、たこぶの姉兄の皆さんもそれぞれに子どもや孫があったりして、全員同じ日に揃うということが少なくなりました。今年は、お兄さんとその息子さん、それから私たち夫婦が昨日でした。二人のお姉さん家族は別の日に。たこぶはその日が仕事なので残念ながらいけないのであった。

でも、昨日は昨日で楽しかったです。
みんなして出前の御寿司食べながら箱根駅伝の復路を観戦。ゴールしてインタビューを受ける早稲田チームの選手、話もきかんと、一人一人の顔を評価する私たち(^oo^;) その後、ミカン食べて、おやつ食べて、いっぱいしゃべった。たこぶのお父さんは近くのプールでの水中ウォーキングに健康のために何年も通ってるんだけど、お母さんも今度から通ってみようかなーという話。でも、水着になって体がさらけだされたり、水につかってお化粧がとれたり髪がぬれたりって、オンナには面倒なのよねーって。分かる分かる。健康にいいって分かるけど、私もそれがあるからプールは苦手かなー。でも、時々は行こうとしているお母さんはえらいっ。

時間になっておいとまして、帰りは、梅田に出て、新しく出来た丸善&ジュンク堂書店へ。ナマ安藤さんを見て感動。たこぶは建築が大好きだから喜んでた。使っていなかった手持ちの図書カードで新しい楽譜を何冊かゲット。コーラスものとピアノもの。両方いい買い物できて満足。その後、ヨドバシで写真のプリントして帰宅。充実した一日なのであったー。


正月もあっというまに過ぎていってます。

今年はどうしよう。

こうやって去年のこと振り返ると・・・・。

コーラスや個人の生徒さんには、誠意もって、今年も一生懸命指導せんとあかんなぁ。
そのためには、自分のスキルをしっかり見つめなおして、自分を磨こうとするから、新しい発見があり、誰かに伝えたいことも出てくるわけで、自分自身の栄養が足りてなかったら、他の人に栄養を分けられないのだ。それを肝に銘じて、ピアノの練習がんばろう。せっかくはじめたのだから、簡単にやめない、あきらめない。前に習っていてできなかったこと、一つでも二つでもクリアしつつ、成長を続けたいな。技術的なことだけでなく、もっともっと深い部分で。

それから、どこかに書いてあったけど、生徒さんから何よりも「先生が好き」と思ってもらえることが大切と。コビを売るとかではなく、そういう意味で、受け入れてもらえるような人間になりたいなと思う。立派なというのとはちがって、なんというか、すんなりと受け入れてもらえる、お互いが素になれるというか、そんな関係を築けるといいなと思う。一人一人の方と。

英語・・・・。
あかんあかん。たいした成長してないやん。
というか、きっとスピーキングとか落ちまくりやと思う。これは課題。しゃべらないし(^oo^;)
アメリカに旅してた間だけやもんなー。
普段のアウトプットもっとしないと。
英語のブログ、全然更新してないやん。これ、もうちょっとやらないと。
どこか英語で話す機会があるといいな。同好会とか、ボランティアとかお金かけないでやれる機会ないかな。探してみようかな。うまく時間調整して。やりたいな。

耳鳴り、今でもときどきおこって、私に注意してくれる「がんばりすぎだよー」って。これをうっとおしいと思わず、友だちだと思うことにした。はいはい、休憩しますってば・・・と。耳が疲れてるときは、神経が疲れているのだ。無理はしない。自分のペースを守る。できるだけ大きく体調を崩さずに、安定した状態で1年を過ごしたいなというのも、大きな目標かなー。


あとは、楽しいこと、読書や、お散歩、旅、そのあたり、時間を作って、たこぶと楽しめたらいいな。
お互いの家族みんなが健康で、楽しいときに集まれるそんな1年になるといいな。


健康あってこそやもんね。そう。これ一番大切。
そして、前に向う気持ち。ものすごく必死で・・・ではなく、少し先に小さな楽しみがあり続ける・・・それだけでもう少し生きていたくなる、生き続けていたくなる、もう少し先の自分を、そして自分の周りの人たちを見ていたい・・・それで十分なんかもしれんね。


あーあ、またダラダラとわけの分からん長いエントリになりましたが。
去年の振り返りと、今年こんなんなったらええなーの日記でした(^oo^)


こんな私ですが、ここを時々読みに来てくれる皆さん、今年もよろしくお願いしまーす(_●_)
[PR]
by butakotanaka | 2011-01-04 21:02 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)