燃え尽きた週末(^oo^;)

なかなか充実しまくりの週末でしたー。
金曜はシルバーコーラスの練習。季節柄かお休みの方が少し多かったかなー。市の文化祭の出演も決まり、その舞台で歌う三曲(ユーミンの春よ来い、九ちゃんの上を向いて歩こう、岡村孝子の夢をあきらめないで、というポップスナンバーなのだっ)を練習。三曲ともやろうと思ってたけど、ついつい、深く深く入り込んでしまい、岡村孝子のはできなかった。しゅん。次の時はこの曲からやるぞ。


土曜は、そのコーラスのために、練習音源作成。
楽譜ソフトでたこぶ(^◎^)が入力してくれた楽譜ファイルを、音声ファイルに変換して、1階にある電子ピアノとパソコンを接続した上で、データを転送します。ピアノにデータが入ると、入力した通りにピアノが音を鳴らしてくれるので、ICレコーダーをセットして、二人してそれを伴奏に歌って録音するのです。コーラスでよくある練習音源は、大体音声ファイルだけで、音だけなので歌が入っていないのですが、それだと、聴くときに自分で楽譜を広げて、歌詞を見なくてはいけないし、時々ややこしい歌詞のつき方だとわかりにくいこともあります。

私達の声を一緒に入れておくと、楽譜がないところで聞いていても、だんだん歌詞を音と一緒に覚えてくれるはず、これが狙いです。自分たちの声を録音するのは、いつもかなりの苦しみです(^oo^;)うまくいかないことも多いし、ちょっとでも間違うと、はい、最初からやり直しーってなるので、3時間ぐらい今年もかかったかなー。

三曲それぞれ、上のパートだけ+伴奏、下のパートだけ+伴奏、二重唱+伴奏の三種類いれます。自分が上のパートだったら、まずは、上のパートだけのと一緒に歌えるようになり、そのうち合唱のと一緒に自分のパートを歌えるようになり、最後には、違うパートだけが入っているのを聞きながら、自分のパートを歌ってハモる、これができると素晴らしいです。それぞれのレベル、段階に合わせて練習できるようにと願いつつ、いつも録音します。夕方終わった頃には、けっこうへらへらでした(^oo^;)


で、日曜。
大阪教育大学まで出かけてきました。ここのギターマンドリンクラブの演奏会を司会としてお手伝いするのですが、そのリハーサルです。たこぶもいつもついていってくれて、色々アドバイスをくれます。日本にいない時や、昨年のように自分たちの本番と重なってしまったときは、お手伝いできなかったのですが、それ以外は、もうかなり前からずっとお手伝いさせていただいています。彼らも人数が減ってきていたり、やり方も変わってくるかもしれないし、いつまでこの関係が続くかわかりません。私が何かの事情でできなくなることもあるかもしれません。いつまでもあると思わずに、毎年毎年が、一期一会だと思って、できるだけのことをしたいなといつも思います。

今年は卒部してゆく四回生がたった一人。昨年、彼は、指揮者と部長を兼務していたそうです。これはかなりきつかったと思います。そして、普通なら三回生が役員の中心となるはずだけど一人しかいなかったので、他の役職は他の学年がすることに。二回生はいつもより早くやることになり、まだ段取りが分からないことだらけだったと思うし、昨年の四回生にとったら、もう何もしなくてもいい学年になったと言えずに最後の学年でまた忙しく働いて。。。みんなにとって、かなりの困難を乗り越えた年だったと思います。

そのせいもあるのかもしれないけど、今年、決して多くない人数で構成されたこのメンバーたち、雰囲気はとても明るく、学年の壁がほとんどないというか、いい意味でまとまってるなーと思いました。ハーモニーも音色も、小さなアンサンブルということで、他のパートの音もよく聞こえるからなのか、音楽面でもまとまりがありました。それでも、やはりギタマンは人数がもう少し多い方がまた別の楽しみがあるはず。来年はたくさんの新入生が入ってくれることを願うばかりです。

昨日は、私達は午後の早い時間に到着したのだけど、彼らはもうすでに午前中の早い時間に来ていて、ひと通り演奏の練習をし、本番通りに出入りの練習を終えていました。とてもとても几帳面に段取りを踏んでいくやり方にただただ感心。こないだ終えた私達が入っている社会人の団は、いい意味でも悪い意味でも、その場その場でものごとが決まっていっていて、もう少し前もって何が起こるのか分かるといいなーと思っていたので、彼らのそんな営みを見ながら、えらいなーと尊敬してしまいました。

ステマネのOGさんはもう今年で4年連続だそうで、用事があって出かけていた関東から駆けつけてきました。
演奏面でも、現役だけでは苦しいパートもあるので、曲によって数人のOBOGがエキストラで加わっていました。

時々、パートソロや、ソロがあるのだけど、やはり、楽器経験年数が長い人たちはうまいなーと聞き入りました。卒部する四回生のソロもとても美しかったし、先輩たちの音色もしっかりと後ろから現役達を技術面でも精神面でも支えている感じでした。礼儀も正しい楽しい人たちで、疲れはしたけど、とても気持のいい一日を過ごしました。今どきの若者、と時々世間ではいうけど、「若者」という言葉で、個性あふれるこんな彼らをくくっては決していけないのだなーと思いました。

演奏会は来週末です。入場無料なので、彼らの勇姿を見届けてやろうと思われる方は、ぜひぜひご来場ください。私も司会という形で、素敵なコンサートになるようにお手伝いできればと思っています。

b0057103_1350675.jpg


今日はお天気悪いですねー。今週は自分のレッスンもコーラスの練習もなく、個人レッスンの生徒さんたちが来るので、少し静かにというか、じっくりと過ごす一週間になりそうです。

来月始めに投函する予定の喪中欠礼ハガキ、今週には宛名書きすませなきゃ。
[PR]
by butakotanaka | 2013-11-25 13:50 | 音楽・趣味 | Trackback | Comments(0)

11月も後半ですね(^oo^)

皆さん、お変わりありませんか?(^oo^)
今年もあと残すところ一ヶ月半かー、ほんとに早いですね。

11月もけっこうバタバタした日が続いています。

10日の日曜には、尼崎のグループホームにお邪魔して、歌をうたってきました。
このホームはたこぶのお父さんが生前入居していたところと同じ系列の別のホーム。
ここの所長さんがギターと歌がとてもお上手で、お父さんが入居していたホームでの敬老会で二年連続、一緒に演奏させていただいてお友達に。で、その方のホームにもぜひお邪魔させてください、となったのが今回の訪問です。

入居者の方々とはまったく初対面だし、うまくいいムードになるかなーとか、楽しんでいただけるのかなーと、行く前は不安だったけど、とてもとても楽しい時間になりました。一番盛り上がったのが、北国の春。掛け声かけてくれる方がいたり、手拍子も歌声もとても元気。終わった後も、たくさんの方々に声をかけていただきました。娘さんに私が似ているという方もおられたなー。昔、歌声の青年会みたいなのがあってそこで歌ったとか。
ふるさとを歌う前には、何人かの方が自分のふるさとがどこかと話してくださったり。ぜひまたお邪魔したいなと思いました。私達は介護や医療の資格は何もなくて、そういう面では役に立てないけど、ずっと好きでやってきた音楽がこうやって、少しでも楽しんでいただけるなんて、幸せだなーと思いました。

12月には、敬老会でお邪魔したお父さんが入居していた方のホームに、クリスマスや冬の歌を持って、少し気軽にお邪魔することになっています。今回はたこぶと二人だけ。みんなの前で演奏というより、私達の気持としては、みんなでテーブル囲んで一緒に歌いましょうみたいになればいいのになーと思ってるだけど、どうなるかな。

11月に入って、もう来月はクリスマス。ということで、昨日の日曜日は、いつもクリスマス礼拝のために聖歌隊指導でお邪魔している教会へ、今年の初練習で行って来ました。今年は新しいメンバーが二人増えていて、喜び(^oo^)そのうちお一人の方は、全盲の方。私の指揮が見えないということで、メンバーの皆さんが心配してくださったのだけど、目が不自由な方というのは、本当に耳がよくて、私の息遣い、周りの人たちの息遣いを感じてくれて、を何も問題はなく、彼女の素敵な歌声が、聖歌隊にまた新しい風を吹き込んでくれて、とてもいい練習になりました。感謝。

ずっと昔、私達が若いころに通っていた教会に、全盲の伝道師の方がおられ、いつも可愛い盲導犬を連れて、一人でどこにでも出かける方でした。年齢的にも私達に近かったので、仲良くしていただいて、よく一緒にお茶を飲みにいったりしました。そのうち、ピアノを教えてほしいと頼まれ、何ヶ月か指導させてもらっていました。我が家への道のりも、一度だけ一緒に案内したら、次からは一人でしっかり通ってこられ、楽譜もなく、一度教えたらすぐに暗譜、次からはもうほぼ弾けているという感じ。もちろんゆっくりだったり、間違ったりはあるけど、忘れるということはほぼ皆無でした。耳がいいということ、記憶力がいいということ、目が不自由だと、そんな能力が生きるために自然と開発されるんだなーと感心したこと、今回の新しい出会いで思い出しました。

彼女も加わった聖歌隊で、今年のクリスマス礼拝での聖歌隊がどんな賛美になるのか、今から楽しみです。練習は三回しかないから、十分な時間はかけられないかもしれないけど、みんなができる中でのベストを尽くして、神様に喜んでいただけるようにと思います。

シルバーコーラスの皆さんは相変わらず元気に歌を楽しんでいます。
申し込んでいた来年三月の市の文化祭も無事出演が決まりました。
ということで、その演奏に向けてのプロジェクト始動です(^oo^)
歌う曲三曲を決め、先月から練習開始!
今月は、舞台関係の書類や司会原稿を提出。そして月末までに、コンピュータに打ち込んだメロディと伴奏楽譜を電子ピアノで再生しつつ、歌と一緒に練習音源をたこぶと一緒に録音して、それを人数分のCDとカセットにダビングします。12月の練習にそれを配布して、皆さんに自宅でも練習を積んでいただくのです。これで、仕上がりが全然違います。みんなにも自信が少しずつついていきます。

来週末は、大阪教育大学まで出かけます。
これもまたほぼ毎年お手伝いしている、ギターマンドリンクラブの定期演奏会司会のお仕事。そのリハーサルです。この日になるまで、どんな曲を演奏されるのか、司会原稿もどんなものなのか、ほぼ知らないので、毎年、その日が楽しみです。そして、その日のりハーサルが終わったら、来月初めの本番までに、司会原稿を手直ししたり、あまり原稿を見なくても読めるように練習をします。影でアナウンスするのでなくて、表に出て読むので、ちょっと緊張。うまくいきますよーに。

そして、今年は、たこぶのお父さんが亡くなったことがあり、年賀状プロジェクトはなくて、喪中欠礼ハガキを出します。PCで自作することも考えたけど、枚数が300枚以上だし、ネットで注文することにしました。テンプレートがわかりやすくなっていて、とてもスムーズに注文できたし、数日後にちゃんと届きました。年賀状のように一言コメントを添えることもなく、宛名書きだけなので、かかる時間はいつもより短くなりそうかな。12月付けに日付を設定したので、月末に宛名書きして、12月に入ってすぐに投函する予定。そのぐらいがいいだろうと思って12月としたのだけど、11月の半ばから次々と喪中欠礼ハガキが届いて、こういうのって11月に出しても早すぎないんだーと、新たに学びました。知らんかった。


先月コンサートを終えたコーラスの方も、次に向けてのシーズンに突入しています。
次回はモーツァルトのレクイエムと、ペルゴレージのスタバト・マーテル。どちらも名曲だけど、版が珍しいものを使う予定で、面白み満載。けっこう合唱の出番が多い曲が二つ並んだので、一年といっても月に二回の練習が基本だから、間に合うかどうか、かなり厳しいものになりそう。私達はたいしたお役には立てないけど、マイペースでできるだけ参加していこうと思います。

こうやって並べてみると、色々あるなー。
人間の生活って、いろんな違う面でできているのねと思いますね。

ピアノの練習もがんばってます。ここ数月ずっと続けてるショパンのバラード。亀の歩みだけど、少しずつ弾けるようになってきてます。まだまだテンポはあがらないし、間違いもたくさんしてしまうけど。その曲に加えて、初ラフマニノフ。バンクーバー五輪で、真央ちゃんが使った「鐘」の譜読みしてます。すごい曲です。独特のムードです。難しいけど、ええ曲やから、がんばろ。

歌は、シューマンの詩人の恋。四曲目ぐらいまで来ました。難しいです、ドイツ語。16曲あるのでまだ先は長い!そして、まず歌を練習した後は、伴奏の練習が待っています。ちょっとずつでも譜読みを始めなくては。

月に一度だけ通い始めたチェンバロのレッスンは、とてもおもしろいです。チェンバロという楽器に月に一度ふれることができるのも面白いし、ダンスや歌や言語にも詳しい先生のお話がとても興味深いです。いい本もたくさん紹介していただいて、音楽の全体像として勉強させてもらっている感じ。こないだのレッスンでは、途中でショパンのバラードの弾けないところまで、アドバイスをいただきました。違う先生からアドバイスをいただくことで、また違う視点からその曲を見ることができて面白かったなー。チェンバロの先生だけあって、ショパンの曲も、低音から見ていって、和音進行をまずつかんでから練習するといいとか、左手が常にリードして、右手がその上で自由に歌うという、チェンバロと同じ原則で弾くといいとか。そうやってバラードを見なおしてみると、違う面が見えてきて、またやる気が出てきた感じ。

ということで、今日は生徒さんが来ない日。自分のじっくり練習する日と思って、がんばろ。
明日はピアノのレッスン。亀の歩みでも、少しずつでも、進歩した演奏を先生に聴いてほしいから、聴いてくれる先生がいるから、がんばろ。

インフルの季節がやってきますね。ノロウィルスも流行っているとか。
ウィルスにやられないように、栄養、睡眠、しっかりとって体力を保たなくては。。。。。
みなさんも身体に気をつけて、いい時間を過ごしてくださいね(^oo^)

なんでも、ぼちぼち。。。。ですね(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2013-11-18 10:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)