オリンピックも終わって、夜更かしする必要もなくなり、平穏な暮らしに戻っている我が家です。
今日はね、たこぶくんのお父さんのお誕生日でした。もう亡くなっているから、お祝いすることもなくなったわけだけど、グーグルカレンダーに登録してあるから、今日の予定としてメールで送られてきたよ。
去年はお誕生日近くに面会に行って、お父さんニコニコ笑顔で写真撮ったなーとか、あの時は珍しくお母さんのこともはっきり分かっていて、元気やったな食欲もあったなーとか、少し思い出してしまいました。そうだ、お母さんにメールしたらいいのかな、こんな思い出一緒に話すといいのかな。今、思いついた。明日になったらメールしよっと。

昨日は、合唱団の練習だったから、昼から出かけたのだけど、その分と思って午前中はめいっぱいピアノの練習して、午後は合唱団の練習も三時間半とかあって、なんだかクタクタに(^oo^;)でも好きなことやってるんだから、贅沢いっちゃいけませんね。団員の方で一人、呼吸や発声のことについて真剣に考えて真剣に悩んでおられる方がいて、その方と話していたら、自分のこれまでの音楽やる中での葛藤やらいろんなことを思い出しました。高校で合唱部に入った頃は、ただ歌が好きで、ハモることが好きで、自分がうまいとか下手とかよく分からなくて、っていうか、時々わりとうまいんちゃいのー?ぐらいにも思ってて、それは大きな思いあがりでしかなかったと、今でははっきり言えるのだけど(^oo^;)

で、音楽の道に進んだわけでなく、幼稚園の先生になるぞと、高校でピアノはバイエルからやりなおして、短大を受けて、でも、短大の途中で音楽の道にということになり(高校時代の恩師の音楽の先生が薦めてくれて、自分もその気になって)、芸大の受験日と短大の最後の実習が重なったことや、まっぶっちゃけて卒業するための成績も多分足りなかったこともあって、もったいないことに短大を中退して、声楽科を受験することに。その受験までの一年は、ピアノも歌も毎週何時間もレッスンがあって、練習も大変で、かなりやった日々やったけど、今から思い出すと、ほんま下手くそやったよ。その気になってただけで(^oo^;)

でも、なんでかわからんけど、声楽科には受かって。きっと楽譜が読めたという点が大きかったのかな。今でもそこんところが自分の長所なのかなと思うけど、音楽の1つの技術でもあるけど。演奏能力はやっぱ、昔から、なんか自信なかったなー。

声楽科にはいったものの、歌の自信がないというへんな話で。大学での声楽の先生も、とにかく一年生では発声しかやりませんという人で、曲はテストのときに一曲のみみたいな感じ。でも、ひたすら喉をあける、お腹をぱんぱんに使うという発声で、力が入りまくり、今から思い出すと、全然響いてなかったし、声帯のピントがあってなかった。うまくならない。楽しくない、という感じ。先生には、もうやめたら?とまで言われたこともあったなー。とにかく伸び悩んでました。でもその頃から、専攻じゃないけどピアノは好きで、ソナタアルバム程度のレベルやったけど、声楽科の友達の中ではうまい方だったから、練習室では友達の伴奏ばっかりしてた。コンコーネとか曲とか。適当にしか弾けないけど、友達の中では一番マシで、伴奏ばっかり頼まれて。いざ、私が歌うとなっても、弾ける子が他にいないことと、人前で歌ってきかせるなんて、先生以外の前ではすごくイヤで(^oo^;)、なんでやねんっ、ほんならなんで声楽科に入るねんって、自分で突っ込みたくなるけど、そんな子で、だから、ますます全然うまくならない。

親の経済状態が悪くなったこともあって、その大学も二年で結局は中退で、大学というカテゴリで、私は人生最大の無駄遣いを時間においても、お金においてもしたって感じ。

でもまっ、50代になった今となっては、その無駄遣いも、とてもいい勉強だったと思うし、受験するまでに学んだことは、今でも生きているし、そう考えるとやっぱり無駄ではなかったのかな。

その後の人生でも、独奏はずっと苦手で、誰かと合わせたり伴奏したり、どこか目立たない感じのものが好き。で、一人でやらされると、緊張してひどいのだーって、自分でそう決めてた。

きっと、あれは、自意識過剰だったせいかなと思う。自分が目立っている、見られている、恥ずかしいーっていう。で、恥ずかしくないように、失敗しないように、と思うと、身体が動かないし、うまくできない、それがまた次へのトラウマになる感じ。でもって、自分の演奏に自信がないから、自分の歌やピアノで誰かがいい気持ちになるとか、楽しんでくれるとか思うはずもなく。

でもって、それが変わってきたのは、なんでだろう。
やっぱり、もしかして、これって、英語の勉強に関係あるかも。
英語って私の人間性にほんまに大きな影響与えてくれてるなーと、改めて実感。

英語を学ぶようになって、外国の人と少しずつ話せるように。
もう何年も前だけど、所属していた合唱団がイギリスの団とジョイントコンサートをすることになり、その時の本番の舞台袖で、短いソロをした私の声を、イギリスの団の人たち何人もが、ラブリーな声だねーと声をかけてくれたのだ。それがお世辞という感じはしなくて、他に何人もソリストはいたのに、わざわざ私を探してくれて、通じるか分からないのに、英語で一生懸命話しかけてくれたのだ。私の歌声は、ビブラートが少なくて、響きもあまりなくて、ストレートで、いわゆる愛想がない系(^oo^;) 自分でもそれがコンプレックスだったのだけど、その時のイギリスの団は、団の音色がそんな感じで、で、初めて知った。こんなまっすぐな声がいいって思ってくれる文化があるんだって。

そこから、もしかしたら自分のこんな声も、音楽のジャンルによったら生きていく道があるのかなーと思えてきた。自分を受け入れる、自分を好きになるはじめの第一歩という感じ。

で、何度か経験した語学留学で、語学が目的だったけど、その滞在のときに通った教会の聖歌隊や、入ったコーラスで、自分の声を受け入れてくれる感じが、日本よりもすんなりいっていて、驚きもあったけど、とても幸せで、そしてまた自信も少しずつ育ってきた感じ。でも、今から思うと、呼吸も発声も何もわかってなかった。原石にも満たない未熟な歌。そのことに気がつくのに、高校時代合唱をはじめてから、なんと二十年以上かかったことになる。2008年にNYで一年滞在したときにレッスンを受けた先生、多分はじめて、呼吸の大切さ、響きの大切さを学んだ気がする。日本で習っていた先生が繰り返し教えてくださっていたことも、多分同じことを言っていたと思うけど、私は理解していなかったと気がついた。そこから一生懸命呼吸のことを考えだして、その時にはまだわかってなくて、帰ってきてから、また何年もかかって、先生の言っていたことを過去にさかのぼって思い出しながら、だんだん理解しているのかなーという感じ。

今日のタイトルの、できたり、できなかったりは、発表会に向けて、とてもむずかしいショパンのバラードの練習を続けながら、ちょっとやっては分かった気がして、テンポあげて弾いてみたら、まったく弾けなくて、いつも同じところで間違えて、手がこわばって、脱力もできないのかよーって落ち込んで、またゆっくり、リズム変え、基礎練習とやって、できた気がして天国気分になって、翌日はまた落ち込んでの繰り返し。そんな今の私でもあるけど、これまでの何十年もかかって、わかったような、わからんような、の繰り返しで、でも何十年というスパンで思い返してみると、いろんな経験、そう、すべての経験と、すべての指導してくださった先生方や仲間たちのおかげで、今の私の音楽があるのだなーということ。どれも無駄はない。学んでいたということに気がついていなかったこともあるし、ばっちり学んでいるやんけ、と自信満々だったときが大間違いだったことも今になったらわかったり。

学ぼうとしたときから、自分がいかに知らないかを知り、いかに知らないかを知ったら、学びたいと思い、学び続けていると、終わりがないということをますます知る。だからやめられないし、だから、苦しいとも言えるけど、楽しいとも言える。この繰り返しなんかなー、人生って。

時々息抜きが必要なのも事実で、時々息が詰まって、あーなんて自分は才能がないのだ、どんだけやっても一緒やで、と落ち込むことも多々。そんなときは、どんなに小さな進歩でも幸せを感じようと心が思えるような癒やしや、気分転換も必要だったり。そんなときは音楽以外の、旅だったり、美術だったり、お笑いだったり、映画だったりがよかったり。

私の疲労感なんて、真央ちゃんや高橋くん、オリンピックに出た人たちに比べたら、米粒よりも小さいな(^oo^;)間違いないっ。

さて、生徒さんのおさらい会で曲を聴いてもらうまで、一ヶ月を切りました。
ぶつぶつ言うてないで、落ち込んで練習する気になれんとか言うてないで、コツコツやる、それのみなのだ。
健康な身体が与えられて、時間も与えられて、好きなことができる、これ、一番の幸せやで、あんた、と自分に言い聞かせる日々です。

幸せだな、うん(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2014-02-24 23:14 | 音楽・趣味 | Trackback | Comments(0)

もう閉会式かー

ソチ五輪、今日の深夜がもう閉会式なのですね。始まる前は、まだまだ先だと思っていたけど、いざ始まってみると、二週間はあっという間でしたねー。

本当にハラハラ・ドキドキで、自分の娘たちがすべってるような気持ちになった女子シングルのフィギュアスケート、思うような演技ができなかったショートとくらべて、フリーはそれぞれ後悔のないすべりができたようで、見ていて何度も胸が熱くなりました。

鈴木選手の演技も大好きなんだけど、今回はやはりなんといっても、真央ちゃんですねー。
前日のあの状態から、どうやったら精神的に持ち直せるのか、切り替えられるのか、それはスポーツという場だけのことでなく、誰しもがさまざまな場面でぶつかる壁をどうやって乗り越えるのか知りたいという気持ちを持っているわけで、そういう意味でも奇跡を目の当たりにしたような思いでした。もちろんあれは、外から与えられた奇跡なのではなく、真央ちゃん本人と、周りでサポートする人たちの必死の思いや行いが起こした奇跡であるのだけど。

回転不足とかエッジエラーとか判定は色々あったみたいで、もう少し出来栄えのGOEを出してあげてほしかったとか思ってしまうのだけど、でも、そんなことを思うことさえ、真央ちゃんのあの純粋透明な偉業を濁らせてしまうような気がして、考えるのをやめました。

もうこれ以上何も必要ありませんね。あの演技だけで十分。
彼女の前回オリンピックからの四年間の集大成を、この五輪という大舞台で見せてくれるなんて、なんて素晴らしい選手なんでしょう。トリプルアクセル、踏み込みの角度が以前よりも浅くなり、なんというか、さりげなく、すっと入るみたいになっていて、優雅でパワフルで、本当に美しかったです。

最後のステップは、いっときも目が離せませんでした。本当に感動をありがとう(^oo^)

昨日はエキシビジョンでした。
一番感動したのは、高橋くん!やっぱりこの人のすべりは大好きです。
美しかったー。かっこよかったー。引き込まれるー。
スポーツであり芸術でありパフォーマンスでもあって。
いつまでもいつまでも見ていたくなります。
今回の団体戦で、プルシェンコ選手の演技を見て、素直に感動したというコメントを高橋くんが残していたと思うのだけど、それが彼の気持ちにどんな刺激を与えたのか、3月の世界選手権を終えて、真央ちゃんと高橋くんが、これからの選手生活についてどんな決断を下すのか、できるだけ静かな気持ちで待ちたいなーと思います。

二人とも、五輪で燃え尽きた、思い残すことはない、というのなら、おそらく引退は間違いないと思うところだけど、真央ちゃんは本来もっとできるはずという実力の持主だし、高橋くんはNHK杯のときの調子をもし保てていたら、と思うと、その後のケガの影響が本人は本当にくやしいと思うし。今回の五輪では、プルシェンコ選手だけでなく、ジュベールもなかなか素晴らしい演技でまだがんばっていたし、ジャンプの葛西選手の活躍もあったし。若手が台頭するのを見るのも嬉しいけど、ベテランと若手のバランスがいいのが、私は好きかなー。フィギュアもいっぺんに馴染みの選手が引退すると寂しいナーと思います。

しかし、人の人生は人の人生。それぞれが決めるべきもの。私達が勝手に色々言うたらあかんね(^oo^;)
と言いつつ、色々書いてしまうのが、私達なんだけど(^oo^;)

とにかくっ、五輪ではたくさんの感動をもらいました。
私も日本の大阪の片隅で、たいしたことはしていないんだけど、ちょっとずつでも自分自身が成長できるように、指導している生徒さんたちの成長を助けられるように、努力を積み重ねていきたいと思います。毎日毎日の、小さな積み重ねしか、成長への道はないのだと、彼らを見ていて実感しました。本当にありがとう(_●_)
[PR]
by butakotanaka | 2014-02-23 22:53 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

寝不足な二週間

いやー、やっぱり見てしまいますー、ソチオリンピック。
ゆうべは、一日レッスンの予定が昼間あったあと、夕方からも合唱団の練習があったので、早い時間に仮眠がとれず(^oo^;) 帰宅して夜中に2時間ほど無理やり寝て、夜中一時過ぎに起き出して、キム・ヨナのグループから女子フィギュアスケートのショートプログラムを見ました。

まさか、日本選手が三人ともミスしてしまう結果になるとは予想していなかったです。逆に三人とも完璧に行くとも予想はしていなかったけど。村上選手は再度チャンスがあるだろうからともかく、今回で最後のオリンピックになるだろう鈴木明子選手と浅田真央選手には、順位はともかく、後悔のない演技になるように神様お守りくださーいと、神頼み状態(^oo^;)

鈴木選手はミスはあったものの、自分らしさを失わない意思の強さみたいなものを感じたけど、浅田真央ちゃんは、見ていて胸が痛くなりました。きっと日本全国が同じ気持ちだったんじゃないかなー。
あそこまでジャンプが乱れたのは初めてみた気がしたし、前回オリンピックから、とても勇気がいることだと思うけど、基礎から見なおして、その成果が出てきていたので、今回こそ、改良した上下運動が激しくない自然な入り方のアクセルジャンプで、成功して評価を得させてあげたいと、なんか親みたいな気持ちになってしまいます。

真央ちゃんが、前回のオリンピックである程度のベストが尽くせたにもかかわらず、キム・ヨナに負けてしまったからこそ、これでは勝てない、どうすれば勝てるのか、もっとスピードが必要、もっと精度が必要、もっと室の高さが必要と、赤ん坊に戻ったようなつもりで、懸命に励んできたのに。神様も意地悪だなー。。。。と思ってしまいました。いや、でも、これが計画された試練だとしたら、どうなんだろうとも。

なんとか三人にはフリーで、自分自身のために、あるいは日本の人たちのためという知らない人も頭におくよりは、自分の大切な人たちのために、より自分を自由にできる形に気持ちを置いて、のぞんでほしいと願うばかりです。

またまたピアノや音楽のことに比べてしまうけど、今、私も、かつてはこんな難しい曲弾けるはずないと、雲の上のように感じていたショパンのバラードをもう一年近くも練習し続けていて、雲の上だとあきらめていた頃には感じたことがない感覚を少しずつ感じ始めています。そう、弾けるようになってきたのですね。これはすごい。これはすごい、と感じる一方で、少しできはじめると、もっと質をあげたいと欲も出てきます。ただ弾けるだけではなくて、もっと深く音楽的にしたいとか、もっと音色を磨きたいとか。その先に向けた目標があり続けることこそが、モチベーションをなくさないために必要なんだけど、時々、すごく疲労感におそわれるわけです。もう、どれだけ続けても、自分の能力には限界があって、思うような音楽にはなりっこないんじゃないかという絶望感であったり、才能がないんだわと思ったり。

でもって、何か新発見をしたとして、たとえば指の形だったり、触感だったりを変えてみようと思って連取ぅし始めると、その曲がそれまで「だいぶ弾けてきた」という状態から、いったんかなり後退するような感覚におちいるわけです。それって下手になるんじゃないの?って。でも、何度も続けてきてわかってきたのは、その「後退」に見える営みこそ、根本からの改良のためには必要なことで。でも、どれだけ時間がかかるんだろう、どれだけエネルギーがかかるんだろうと考えると、もう今のまま、間違わないようにだけ精度をあげればいいじゃんとも思えてくる。

でもって、どの時点で、その「いったん後退したとしても、根本からの改良に取り組むか」は、本番までどのぐらい時間があるかにもかかってくるわけです。

どんな改良にも、いったん波線が落ち込むときがあって、その波線の最高のときを本番にあわせることが本当に難しいです。これは技術的にもだし、精神的にも。

来月、我が家でやる小さなおさらい会と、5月はじめにある発表会との二回この曲を本番で弾く機会があるのだけど、安定した状態にもっていって、気持ちの上で「もう大丈夫」となり、「ああしてこうしてこうなって。。。」と何も考えることなく、自分の言葉が自然に自分の心からの表現として口からあふれでるみたいに、その曲が自分の身体の中からあふれでる、そんな状態に持っていくために、技術とメンタルを整えること、本当に大変だなと、これは今、自分自身が音楽の上で感じていること。

そんなことを昨日の浅田選手の演技を見ながら、考えていました。
ベストを尽くしたはずで、最良の道だと信じてたどってきたこの四年間、いろんな思いがあるだろうし、それが間違っていたわけでは決してないのだけど、最良を尽くしても、結果がともなわないときというのは、悲しいかなあってしまうのですね。

今夜も早い時間に仮眠をとって、フリーの演技はぜひ見届けたいと思います。
明日はシルバーコーラスの練習、寝不足やろなー(^oo^;)(^oo^;)(^oo^;)っていうか、寝不足な人たちの集まりになるのかもね、わははは。

シルバーコーラスの方も、本番までほぼ二週間。歌詞を何度も読んで、どんな風に歌うといいのか、どんな風に三曲の演奏をつないで、思いをつないで、みんなの気持ちが1つになれるのか、これまでは比較的発声のことやリズムや音程のことなど、技術的なことをメインに練習してきたので、そこに音楽の魂を入れていかねばと思います。心と身体が一緒に働いてこそ、納得のいく演奏ができると思うから、これからの最後の二回の練習は、とても大切。メンバーの皆さんが、いい演奏ができるように、私は何ができるのか、どんな光を示して導けば、皆さんの最大限の力が表現できるのか、正念場です。

結果が出なかったにせよ、見事出たにせよ、日頃の小さな努力を見えないところで積み重ねてきたオリンピック選手の皆さんに、毎日毎日刺激を受けています。感謝(^oo^)
[PR]
by butakotanaka | 2014-02-20 13:38 | スポーツ | Trackback | Comments(0)