軽い燃え尽き状態?

なんだか悲しい事件があって、暗い気持ちで更新したまま滞っていましたが、元気でやっておりますー(^oo^)

しかし、なんとなく、たぶん、軽い燃え尽き状態?になっていたのかも。
毎日、続けて練習しなくちゃ、やるべきことはやらなくちゃ、と思いつつ、アメリカでの一か月の修行旅のようなことが終わってそこはなんとかがんばれて、そのあと、唱歌の集いがすぐにあってそれもなんとかがんばれて、合唱団の九月にある本番のための練習も本腰入れなくちゃと勉強するんだけど、こっちはなかなかこれだーと思うほどには勉強が進まなくて、それでも本番の日はやってくるからやっぱりやらなくちゃと自分をプッシュする日々。

あー、しんど。ちょっと頭を休めたいーって感じにここ二週間ぐらいなっていた気がします。で、実際、少々だれてました(^oo^;)

そんなん言うてる間にオリンピックが始まりました。
やはり刺激されますねー。このために何年もたゆまず練習、努力を続けてきた選手たち。メダルに届く種目もあれば、日本の歴史の中で入賞するだけですごいという種目もあり、それぞれの種目ごとにここまでいったらすごいというレベルが違う。逆に金メダルでも当たり前という種目だと銅メダルをとってもくやしがる「べき」だったり。どんな人の努力もかけがえのないもので、どの選手も全力を尽くしてきたのだし、その後ろには、来られなかった他の選手たちがいたり、支えてくれた指導陣や家族や友達やふるさとの人々かいて。そんな選ばれた人としての人生の積み重ねで、その人の人間をしっかりと作っているから、そこから発せられる言葉もとても味わいがあったり深かったりします。

毎日暑いから、がんばりすぎは禁物だけど、まあ、この大阪のすみっこで、自分の人生の中で自分にできる範囲で、コツコツやっていくしかないのだなーと改めて思わせてくれます。だってやりたいことがあって、それを教えてくれる先生がいて、学んだことをシェアできる生徒さんがいて、学びの喜びが人と人との間に伝わっていくなんて、こんな素敵なことはないのだから。

合唱団の本番は九月の初め。もうすぐですー。
緊張しますー。でも、やれたことしかできないのだし、急に「すごく」はなれないのだから、最後の最後までベストを尽くして、そこまでのところをお客様に届けるしかないのだ。がんばるっ。

歌のレッスンの再開はその九月の演奏会が終わってから。
次のエリオットとのプロジェクト、シューベルトの冬の旅のスタートです。楽譜も購入して、図書館で借りてきた解説本を読んで資料を作ったり、少しずつ準備。24曲からなる壮大な旅の始まり。一つずつ大切に育てていこう。

お休みしているチェンバロのレッスンも再開したいと思いながらまだ先生に連絡できていないなー。アメリカで出逢った素敵なチェンバロの先生のことや、古楽器と歌で共演したことを報告して喜んでいただきたい。連絡しなくちゃ。

ピアノは、10月に発表会だから、これも本気モードにならなくちゃという状況。
シューマンソナタ二番の終楽章を弾く予定なんだけど、まだ全然通らない。間違い間違いつつしか通らない。やばいです。音程間隔がオクターブより広いところも多く、乱暴に練習をやってしまうと指をいためるので、丁寧に誠実に、でも時々は思い切って、このバランスが難しい。あせらず少しずつ、間に合うと信じて。

この発表会では連弾にも挑戦する予定。ピアノの発表会で連弾するのって生まれて初めてかも。友達と小さな集まりで連弾することはあるし、本番でいうとすごく昔、合唱の伴奏で連弾だったことがあったけど。ドボルザークのスラブ舞曲。レッスンで何回か先生に合わせてもらって練習してきたけど、昨日初めてパートナーの方との合わせがあった。楽しかったー!私は低音部なんだけど、その方の指がとてもいい音を出す丸い指先で、たっぷりしかドボルザークらしい音楽になっていて、合わせていて幸せ気分。これから月に2回ぐらいセッションを重ねて本番まで仕上げていくことに。合わせの日は自分のレッスンが昼間で、合わせが夜と1日に2回教室に通うことになるけど、お隣の駅近くにあるのでいいウォーキング。本番の日まで楽しんでいこう。

これを書いている今も水泳で銀メダル!坂井選手すごい!

燃え尽きている場合じゃない。
がんばりすぎないけど、がんばり続ける。
やめないこと、心をそむけないこと、思い続けること、そうすれば進歩が必ずあると信じること。大切なこと。
[PR]
by butakotanaka | 2016-08-10 10:41 | 日常生活 | Comments(0)