バス停での出会い(^oo^)

もう一週間程前になりますが、前の前の日曜、たこぶのお父さんの面会に、たこぶのお母さんとたこぶと私の三人で出かけました。お天気はあまりよくなかったのだけど、雨もあがったので、面会の後、大阪城の梅林まで出かけました。梅はほぼ満開!小雨のおかげで、人出が少なく、日曜の午後だったけどのんびり見ることが出来ました。天守閣にもいってみたいというおかあさんのリクエストで、天守閣まわりもゆっくりお散歩。すっかり足も心地よく疲れて、帰りは、森ノ宮から一駅だけ緑橋まで地下鉄で、そこからおかあさんがバスで帰るということで、バス停でバスを待っていました。

とても興味深い出会いがありました。

バス停のベンチに三人並んで座って、バスを待っていた私たちのところに、けっこう勢いよく、どどどっとって感じで女の人が近づいてこられました。両手にスーパーの袋みたいなのをいくつも抱えて、そして、とにかく声が大きいのです。ほとんど怒鳴ってるような感じ。正直、最初は違和感がありました。

「バスまってはります? ちょっとお願いがあるんですけど・・・」とその勢いのまま私達に話しかけられました。

一瞬ひいてしまったのは正直なところです。
お願いってなんだろう・・・と一瞬の間に頭をよぎったのが、「お願いがあるんです、一万円貸してくれませんか?」とか、そんなこと言われたりして・・・なんてことです。知らない人から突然声かけられて、ちょっと警戒しまうのが素直な反応でした。

でも、そのまま話をきいていると、想像とは違う方向に。

「ちょっと電話かけてもらえませんか」と来ました。なんで自分でかけないのかな・・・といぶかっていると、
「耳が全然きこえませんねん」と、ここで謎がとけたのでした。

耳が不自由な方だったのです。だから声が大きかったのですね。
それにしても、言葉がしっかりしておられます。中途障がいなのかもしれないですね。滑舌が素晴らしく、声は大きかったけど、耳が不自由な人の感じがしなかったのです。少しでも疑ってしまったことを心の中でごめんなさいって謝りました。

「◯◯といいます。電話かけてもらって、誰が出てきてもいいですから、靴屋の前で待ってるというてもらえますか?」ということ。

喜んで・・・と、公衆電話まで一緒に行き、そのかたがダイヤルしてくださり、私が電話に。
男性の声で応答があったので、メッセージを伝えます。「わかりますか?」というと「はい、ありがとうございます!」との返事。一応電話を受けてくださった方の名前をうかがって、メモに「◯◯さんが靴屋さんの前でOKとのこと」と走り書きして、その女性に見せました。

おそらく息子さんなのかな。
一生懸命お礼をいってくださいました。「ありがとうございました!」って。
バス停まで一緒に戻りながら、できるだけはっきり口を開けて、「たいへんですね!」といったら、通じたみたいで、「もう慣れました、家からだとFAXなんですけどね」との返事。とにかく、がんばってと、今度はこぶしを作って、ジェスチャーで応援メツセージ。笑顔でお別れしました。

スマホやら携帯やら、電話テクノロジーがどんどん進んでいる時代だけど、耳が不自由な人が、出先で誰かに連絡するってこんなに大変なんだって思いました。誰かに電話したいと思っても、簡単にしてくれる人なんて見つからないだろうし。不便ですね。faxを持ち歩けるようなことってないのかな。あっ、スマホが操れたら、逆に耳が不自由でも大丈夫なのか。メールって耳が不自由な人の電話がわりになるのですね。今気がついた。

素敵な出会いで、いろんなことに気がつくことができて、感謝。
[PR]
by butakotanaka | 2012-03-26 17:27 | 日常生活