年末長野旅(^oo^)2

というわけで、長野への一泊旅行日記の再開です(^oo^)

この週末は、年末年始の中でも一番の寒波と天気予報で盛んに言っていたので、心配半分、期待半分でした。近畿でも降るって言ってるねんから、松本なんかめちゃ寒そうやんと。平野部といっても、長野県やし、駅降りたら銀世界~!と期待していた私達を見事に裏切り、松本周辺は、全然積もってませんでした(^oo^;)道が凍ってて滑るよーと友人から警告受けていたものの、全然すべりそうにない感じ。

雪の中を美術館やお城観光するイメージだったから、移動にも時間がかかるのかなーとか、色々思っていたけど、すべてが違う方向に(^oo^;)
こうなると、逆に雪もあまり見ないまま長野を去るのはもったいないねーってことに。
当初は、一日目は午後早い時間に着くから、とにかく年末営業がその日までという美術館にいって、話題の草間弥生さんの作品を見よう、で、それできっと夜になってしまうよねーって予想でした。でも、実際のところ、松本城もその日のうちに見てしまえそう。

で、翌日の予定を考えた。
よし、大糸線に乗ろう!と。
大糸線のJR東日本の端っこの駅、「南大谷」まで朝の電車で行って(所要約二時間)、向こうで一時間ほど待ち合わせて、また戻ってくるというのが可能と分かり、それにしようかなーと。

でも、一応地元の人に聞いてみようと思い、松本駅の観光案内センターに入って聞いてみた。
そしたら、若い案内のお姉さんが、南小谷なんて、何もないですよーって(^oo^;)「穂高」駅近くなら、食べるところや見るところありますよーと教えてくれた。松本から補高までは半時間ほど。そうかー、何もないんかー。。。。とその時点では、んじゃ穂高で過ごすのもいいかもねーって心が傾いた。

実は、結果として、一日松本で過ごすうちに、またまた心変わりして、南小谷に行くことになるんだけど、その話はまた後で。

とにかく、翌日のイメージがつかめたところで、ホテルまでテクテク。
宿泊したホテルは、駅から徒歩5分強くらいかな、ホテル・ブエナビスタというところ。
これがなかなかしっかりしたホテルでした。いつも泊まる格安のビジネスホテルとかじゃなくて、結婚式場や大きな会議場もあるし、展望レストランやら、バーやらと、シティホテルの様相です。

ホテル玄関に到着すると、ベルマンのお兄さんがとても愛想よく声をかけてくれて、荷物持ってくれるし、そのままチェックインに付き添ってくれるし。高級ホテル気分を味わいましたよ。フロントのお兄さんもとても親切な感じで。ほんと二重丸のホテルでした(^oo^) ここで明日までお世話になります。明日の朝は朝食つきなのだ。展望レストランでだよー。楽しみ!

b0057103_1742443.jpg

b0057103_1742496.jpg
b0057103_17424279.jpg
b0057103_17423573.jpg
b0057103_17422734.jpg
b0057103_17421993.jpg
b0057103_1742123.jpg

[PR]
by butakotanaka | 2014-01-03 17:42 |