3年ぶりNY2016日記 6/24(金)の続きから(^oo^)

お待たせしましたー!って誰も待ってないか(^oo^;)
これ書いてるのは、火曜の夜ですが、金曜の続き書きまっせ。

メアリと無事会えてワークショップの会場であるマサチューセッツ州のスミス大学というところまで向かうのだ。

待ち合わせは午後1時。予定通りの時間に出発したんだけどね、結局着いたのは、午後5時半ぐらいになってたかな。

とにかく、途中で、道路工事が定期的に行われているわけです。
それがあると、簡単に30分ぐらい通り過ぎるのにかかるわけです。
それがどこにあるのか、グーグルマップのGPSで見ながら。
きっともっと賢い人たちは先の方まで情報見て、混んでない道を選びつついんだろうけど、メアリの車にはGPSついてないし、彼女はスマホGPSも使わない人で、本能で行くタイプ。こうなったら私も乗り合わせたのだからお付き合いするしかありません。

でも、一人だと退屈だけど、二人だから、なんかほんまに一気に仲良しになるというか、あんだけ長い時間二人きりで過ごすわけだからね。若者たちのための心理カウンセラーみたいなお仕事しているらしくて、今日の待ち合わせ場所もそんな場所、中学や高校に通っているような世代の人たちが、家庭とか男女関係とかドラッグとかいろんな問題を抱えていて、そんな人たちが集まって話し合ったりするのかな。

そんな仕事の話もしたけど、数年前に亡くなったご主人のことやお姑さんのこと、どんな風にそんな苦難を乗り越えてきたか、ご両親のこと、私も自分の家庭のことや結婚のことも、もう何も隠すことないぐらい色々話せた。

ワークショップは初めてではないけど、何度も来ているわけではないらしい。
でも、前回いったときに、確実に自分の進歩を感じて、NYで入っている団の人たちからも、夏に何があったの?って秋からのシーズンが始まったときに言われたんだって。やっぱり少人数のアンサンブルって音楽力を高めるには効果があるんだね。まっある程度まで行ったら、そこからまた一歩あがるのが難しいというのもあるかもしれないけど。

長い長いドライブ、お疲れさまーってことで、無事コンサートが始まるだいぶ前に余裕でスミス大学に到着!当初予定よりも2時間半出発を早めてほんまによかったねと、何度もメアリが車の中で言ってました。道路工事だけでなく、時間が遅くなると夕方のラッシュアワー、しかも金曜だから週末ということでめちゃ込みやったやろうって。

受付してくれてるリズとかマークとかがいて、無事おつかいした楽器を渡してミッション完了!3年前のときにすごくお世話になったシャーリーもいてさっそくハグ!懐かしい人たちがたくさん。

夕食は、初めて出会ったジョアンとリチャードという二人が誘ってくれて、車の運転してくれたメアリと、8年前に一度一緒のグループになったことがあるクリスティナという人と全部で5人で、なんと「大阪」という名前の日本食レストランに行きましてん。

お寿司、巻きタイプを一つ頼んだだけだけど、これまた十分の量がありますねん。また帰国してから元気があったらこっちにも写真あげまするー。天ぷら食べてる人、弁当食べてる人色々いて、これは本物に近いかどうかとか、日本に行ったことがある人たちが思い出を語ってくれたりして楽しかったです。

8時からはいよいよワークショップの始まり。最初はウェスタンウィンドのコンサート。チェックインした宿泊場所である学生寮から10分ほどキャンパスを歩いて、これから8日間アンサンブルの練習を毎日する音楽棟へ移動。その中にあるセイジホールというホールでコンサートがあります。すごく響きのいいホール。
週末コースは、月曜夜から始まる5日間コースよりも短くて、金曜から日曜までなので、講師陣の数も少なくて、ウェスタンウィンドのメンバー以外は、古楽器奏者のボブだけ。でも、コンサートは素敵でした。

コンサートが終わるとその場でオリエンテーション、で、そのあとすぐに一緒に歌うのです。今回の全員で歌う一曲はエリオットが作曲した曲でエリオットの指揮。これから毎朝、朝のウォーミングアップの後にみんなでこの曲を練習して、そのあと、それぞれのグループに分かれるという段取り。

長い長い1日が終わりましたー。学生寮に戻ってレセプション。初めて会う人たちもいて、飲み物とおやつが少しあって、交わりのとき。しかし、疲れている、かなり疲れている(^oo^;)明日からのこともあるし、夜更かしはできないのであったー。

てなわけで、やっと金曜が終わったところまでで、おやすみなさい(^oo^)/~~~
[PR]
by butakotanaka | 2016-06-29 11:58 | 日常生活