冬の旅の旅

去年の後半から、シューベルトの冬の旅という24曲からなる曲集を勉強しておりまして。ここ数年、アメリカの友人エリオットから伴奏を頼まれたことがきっかけで、ドイツリートを学ぶ日々が続いています。最初はシューマンのリーダークライス、次が詩人の恋。どちらも二年とか三年ぐらいずつかけて勉強した。そしてその二つはどちらも、あくまで伴奏できるようになる、というのがゴールで、そのために歌もわかっておきたい、と歌のレッスンに通ってた。

去年、詩人の恋の本番が終わって、次はシューベルトの冬の旅、と言われたときも、同じように勉強するんだろうなと自分では思ってたんだけど、今回は、自分も誰かに聞いてもらう歌をうたいたい、と少し方向転換。

たぶん、私自身の変化もあるのだと思う。ピアノの学びが深くなってきたことで、今まで大の苦手だった人前でピアノを弾くということが、少しずつ大丈夫になってきた。それは、うまくなったとかそんなんじゃなくて、マヂメに勉強するようになってきたら、適当に勉強してた頃より、「誰かと比べて落ち込む」ことが少なくなった、というのが一番かな。何を成し遂げるのでも、どんな分野でも、たぶん、自分より下のレベルの人もいれば、永遠に上のレベルの人もいて、いや、そもそも、レベルが上とか下とか語ること自体がナンセンスなのかも。一般的に言われる「レベルが下」という曲を演奏したとしても、人の心をつかむ素敵な演奏はあるし、超絶技巧をノーミスで弾いたとしても、誰の心にも届かない演奏というものが実際は存在する。

演奏って、その人がどのぐらい時間をかけて、エネルギーをかけて、その曲を愛してきたか、見つめあってきたかが透けて見える。

少しずつそんなことが分かってきて、自分の演奏、音色を誰かほかの人と比べるのではなくて、昨日の自分、前回の自分と比べて、少しでも成長していたい、そう思えるようになって、心に平安が訪れるようになった気がする。

ダメなことっていつもあるし、でもその代わり、よかったことだって、いつも必ずあるんだって、思うようにしてる。そしたら、演奏の後、いつも落ち込んでたピアノの演奏も、今回はこんなところがよかったなと思えるように。次はもっとこうしたいなって思えるように。

歌は、ピアノ以上に、コーラスでは歌うの大好きだし、指揮も嫌じゃないけど、一人で歌うのは本当に苦手だった。

そんな私が、冬の旅を一人で歌うのだーって勉強しているのは、自分の変化もあるけど、他からの後押しも。

ちょうど、歌の先生が去年の夏をもって、指導していた生徒さんによるコンサートに一区切りつけることになり、そのことで、指導する生徒さんの数も、半分以下に。残った数少ない生徒さんに、たくさんの生徒さんによるコンサートはもうやらないけど、目標をもって学んだ方がいいから、一人か二人でのジョイントとかの形で、小さくてもいいから自主コンサートをやりなさい、とすべての生徒さんに課すことにされたのだ。で、先生は私のことを伴奏もする人だとわかっているし、一人で歌うことがとても苦手だと知ってるし、生徒さんによるコンサートも出ていなくて受付のお手伝いしてただけだとわかってる。だから、私には強く押しては来なかったけど、どうする?と提案はしてくださった。

そのころ、私は冬の旅のいろんな録音を聴き、楽譜を眺め、解説本を読み、だんだん冬の旅の世界に引き込まれていっていたころで、本当にこの曲集が大好きになってきていた。この曲なら、この曲集となら、誰かに聴いてほしい、表現したいって思えるかもしれないって、そんな気持ちがわいてきていた。一つの大きなアリアとかを、どうだーーー!って聴かせるような声量やテクニックは私にはないけど、たぶん少しだけあるとしたら、コツコツ長く努力の積み重ねができるかもしれないことと、語学の勉強が好きだということ。ドイツ語の短い曲が24集まって、旅路の物語をつむいでいく、その間の心理的な変化を語っていくこの曲集なら、自分にも何かできるかもしれないって思った。

で、どこでどんな形かはまだすぐには決められないけど、やってみますって返事。24曲全部まとめての演奏は、積み重ねの結果、いつか訪れるといいなと思うけど、まずはその中から6曲をこの春にピアノの生徒さんたちに聴いてもらう機会があって、そして次の機会は、来月あることに!3曲だけと多くはないけど、音楽関係の友人、歌だけでなく楽器を奏でる昔からの友人たちとのアンサンブルの集まりで、今度は歌うことに。

春からドイツ語のレッスンに通い始めたことも、この曲集の歌詞を理解すること、語り方の感じを深めることに、とても大きな役割をかっていると思う。

今週、ピアニストさんとの合わせがあり、その翌日、月に一度の歌のレッスン。
その前のレッスンでうまくいかなかったこと、先生に指摘されたことを参考に、自分なりにさまざまな面から見直したことや、前日ピアニストさんとあれやこれやと、二人で悩みながら音楽づくりをしたいとなみが、うまくかみあって、先生からとてもよくなったと言ってもらえて、本当にうれしかった。

正統派のドイツリートになっているわよ。って最高の誉め言葉かも。
先生は特にドイツリートに思いが深い方で、ドイツ語のレッスンにも長年通っておられるし、そんな先生からそんな風に言ってもらえたことが何よりうれしいし、若いころから、私がもっともっと未熟でどうしようもなかったころから成長を見守ってくださっている先生からの言葉だから、もっと嬉しい。

先生とも話していたのだけど、
歌って、一度ええところまで来ても、ほんの少しのバランスが違うと、一気に崩れることがあるし、ゆがむこともある。肉体的なことだけじゃなくて、精神的なこと、心理的な感じ方とのバランスもとても大切で、それがうまくかみあわないと、何もかもがうまくいかない。

これからずっといい状態に保てるかどうかはわからないけど、今週のレッスンのこと、忘れないで心にもっておいて、保つ、のではなくて、恐れずに、失敗を繰り返しながら、さらに前に進めたらなーと思う。

失敗の数だけ学べる、先生もそうおっしゃっていたし、私もそう思う。
よかったとき、そこでとどまってじっとすることって、できない、と思う。じっとしてるつもりでも、いつの間にか後退するような気がする。とどまらない、恐れない、先を見る。これからもそうやって、歌もピアノも音楽の学びも、そして語学の学びも、いや、それだけじゃなくて、人としての生き方にしても、全然頼りない私だけど、失敗を恐れずに学んでいきたいなー。

しかし。
55歳になって、何か特に集中することがあると、以前より疲れやすくなったことは否めない。

もう一つ思うべきことに、休むべきときは無理をしない。これもあるな。
時々はだらしない自分を許してあげて、疲れが癒えたら、また進み始める。
これも大切。
[PR]
by butakotanaka | 2017-10-06 11:32 | 日常生活