ぶたこな日々(^oo^)

butako.exblog.jp

ぶたこな日々(^oo^)にようこそ。音楽で言葉で心で、今年もいろんな人と対話したいなぁ。

私よりすごい生徒さんたち(^oo^)

私が指導しているから生徒さんたちがすごくなるのではなく、それぞれがきっと人間としての魅力があったり、しっかり努力する人だったり、一緒に何かやりたいって思わせてくれる人だったり、任せてみたいって思う人だったりするのだと思うけど、ここ最近、生徒さんの活躍がたくさん聞こえてきて嬉しい限り。

ある生徒さんは、ピアノ講師されているのだけど、所属する教会で、信者さんたちを巻き込んで、かくし芸発表会みたいなものを企画してみたり、自分の生徒さんたちにチェンバロ体験会をさせてあげたり。ピアノを教えるだけでも大変なのに、いろんな経験を生徒さんにさせたり、生徒さん以外の自分の周りの人たちに音楽や自分ができる芸を磨き、発表する機会を与えること、なかなかできることじゃないと思う。素敵だな。

別の生徒さん。この人も歌やピアノの先生なんだけど、まっ、もともと色々活躍されてきた人だけど、来年の春に一人でコンサートをされることに。ホテルのチャペルだって。だから、その時のためにこれからたくさんの曲をレッスンに持ってこられることに。最初は英語の発音だけを、と来られるようになったんだけど、ずっとお付き合いが続いていて。イタリア語や英語や日本語で歌うらしいから、少しでも言葉や音楽が美しくお客様に届くお手伝いがんばらなくちゃ。


そして、もう一人の生徒さん。この方は、指導者ではなく、コーラスの一人として普段歌っておられるだけ。それが来年の春、ほんの短い歌だけど、一人で歌うことになったと、今から緊張!
コンサート自体は、所属する少人数のアンサンブルで施設などへボランティアで歌うにいって一定年数がたったという記念コンサートらしい。メンバー紹介もかねて、一人ずつ短い一節を歌うことに。でも、そんな短い一節だって、今まで一人で人前で歌ったことない人にとっては、一世一代の出来事!
もうこれさえやれば、できれば、人生変わると思うんです、と、まるで清水の舞台から飛び降りるかのような大決心!
でも、今日もレッスンでお話ししてたんだけど、今回のことは、後で振り返るときっと最初のきっかけになるんですよ!って。その時までに、発声や音楽作りを完璧にしたい、緊張して真っ白にならないように訓練したい、マスターしたいって意気込み。

でも、本番って、やはり重ねるごとに慣れるもの。きっと今回は、初めて人前で、一人で!歌うのだって思って練習するわけだから、これまでのコーラスの中で歌うための発声をよくしたい、みんなの中で足を引っ張らないようにっていう姿勢とはまったく違うはず。だから、得るものも絶対大きいはず。私の予想は、本番が終わったとき、あー、やっと歌の入り口が見えた気がします、ドアまで届いてノックしたぐらい。だから、ここまで来たら、この先の世界が見たいです!、そう思うんじゃないかな。だって私がそうだったから。

みんなで合わせるアンサンブルはとてもとても楽しいもので、自覚が高ければそれも十分素晴らしいスキルで。でも、時々、けっこう人数が多いアンサンブルだと、どこか甘えていたり楽してる自分がいて。

ここ数年、ピアノでも歌でも、時々下手くそだけど一人で演奏する機会が増えて、それまで持っていたしょうもないプライドが、ちっぽけに見えてくるし、結局、私、まだまだ、ずっと永遠に、下手くそで、でも、もうちょっとやったら、もうちょっとよくなりそうで、その先の世界が見てみたい、景色が見てみたいって思って、また練習を続けて、すごく怖くてすごくイヤだけど、誰かに聴いてもらう機会をいやがらずに持っていく、これしかないんかもなーって最近やっと思えるように。

これがどれぐらい続くのか分からないけど、今回初めて人前で歌うというその生徒さんも、この出来事が、いいきっかけになって、さらに自分の音楽にピアノでも歌でも磨きをかけてほしい。

今日もその生徒さんと話してたんだけど、「自分は他の人以上に緊張したら、何もわからなくなって、普段の実力が出せないんです。これはどうしたらいいんでしょう?」って。

で、私が「前からお薦めしていますが、本番前、とにかく誰でもいいから、何度もいいから、友達や家族に演奏を聴いてもらうという、緊張する練習してますか?それを何回やるかで、本当の本番のとき、緊張に少し慣れて実力が少しずつ出せるようになります。これは必ずそうなる、と信じています」と言ったら、その生徒さん、これまではうちのおさらい会の時以外は、誰にも聞いてもらってこなかったんだって。私からは薦めていたんだけど、恥ずかしくてできなかったと。だったら、本番がたった一回の第一回目なわけだから、緊張して真っ白になるの、当たり前かも!って話に。

今度は必ず、ご主人や子供さんやお孫さんに、何度も何度も聴いてもらってくださいね!約束ですよ!って、念押ししました。

プロの人たちだって、緊張はすると思うけど、なんといっても、私たちよりも回数が多い、審査されることだって経験している、そんな厳しい環境の中で、緊張と付き合う自分を鍛錬されているんだと思うし、私たちアマチュアはそこまではいかないけど、発表会なんかで演奏する曲は、それだけ仕上げたのだから、はっ発表会だけで演奏するのはもったいない!自分の周りの大切な人に、時間を作って、あえて改まって、しっかり日ごろの感謝を込めて、愛を込めて演奏して、聴いてもらう。これって素敵なことだと思うなー。

今日書かなかった中にも、いろんな人がいて、
それぞれ立場の違う生徒さんたちが、いろんなところで音楽の花を咲かせてくれている。嬉しいな。もっといい指導ができるように、そして自分自身もいい音楽が届けられるように、生徒さんたちにえらそうに言う前に、自分もがんばらなあかんな。今日の生徒さんのレッスンを終えて、自分の歌の練習にちょっと気合が入りました。ドイツ語は相変わらず難しいけどっ。

さて、明日は月に一度のドイツ語レッスンと、週に一度の英会話レッスン。
いろんな言葉で脳みそが満タンになりそう!
予習、しよっと。
[PR]
by butakotanaka | 2017-10-18 21:57 | 日常生活

ぶたこな日々(^oo^)にようこそ。音楽で言葉で心で、今年もいろんな人と対話したいなぁ。


by butako